« 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-43「年末オソウジ」 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #11「ダブルオーの声」 »

2008年12月14日 (日)

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第11話「滲んだ頁」

 【ストーリー】

市役所勤めの上坂六郎が発行した小説『摩天楼の影』。
映画の話なども上がってきている作品だったが、この小説の影響を受けたかのような殺人事件が連続して発生していた。
それほど大ヒットしている本ではないが、ネットではそれらが噂となっている事を御景ゆずきは親友の高杉秋穂から聞かされる。

ジャーナリストの浅羽須美はネットの噂を目にして、『週刊実現』の編集部にこの話を持ち込むと、上坂の取材を行う事にする。

今回の事件が『摩天楼の影』の影響によって起きたものならばどうするのか、そう問いかける須美に、上坂は人殺しは殺したいから殺すのであり、自分も書きたい者を書いたのだ。暴力的や猟奇的な事でしか表せない事もある、そう主張する。

そんな取材の最中、犯人の少年が検挙される。
少年は『摩天楼の影』を読んで、カッコイイと思って自分も殺したくなったと供述しているというTVのニュースで報道される。
須美は上坂が真剣な態度で向き合っているという事を知り、今回の取材の内容を責任を持って纏めると約束をする。

だが、発売された『週刊実現』に書かれた内容は、彼が言ってもいないような内容であり、開き直りしているような代物だった。
秋穂はその記事を見て、ゆずきにやはり『摩天楼の影』が事件と関係していた。作者が自分たちの町に住んでいて怖いと話すが、直ぐ横に上坂がいる事に気付くはずもなかった。

犯人・越智浩人の実家からは、ホラービデオ、暴力的表現の含まれる漫画やゲーム等が押収され、その中に『摩天楼の影』が含まれていた。

『週刊実現』の編集部に抗議する須美。彼女が書いた記事が、編集長・三枝健吾の指示で無断で差し替えられてしまっていたのだ。
真実よりも話題性をとった編集長は、真実なんていずれ誰かが書くのだと悪びれた様子もない。
彼の態度の腹を立てた須美は雑誌を編集長に叩き付けて出て行ってしまう。

東京から道生由比が上坂を訊ねて市役所にやってくる。
市役所では上坂に同僚の中山仁一が先日、母親のために貰った『摩天楼の影』を突き返しているところだった。先日までは持ち上げていたにもかかわらず、掌を返したような態度の中山。
由比は健吾に殺害された最初の被害者である少女の姉だった。
彼女は誰にその怒りをぶつけていいのか判らず、最初に浩人と面会した。
落ち込んだ様子の少年は小説を読んだら現実と虚構の区別が付かなくなり、気が付いたらやってしまっていた。何も記憶にないのだと力なく語ったという。

上坂が『週刊実現』の記事はデタラメだと主張すると、証拠を求める由比に須美が現れて謝罪、事情を説明する。
須美から話を聞いた由比は本当に偽の記事があるのだと知り驚くも、怒りを誰にぶつけていいのか判らなくなってしまう。
須美は取材する中で、浩人が捕まる前に友人に対して、小説のせいにすれば刑が軽くなると口走っていたという事を伝える。
それが本当なら許せないと憤る由比は、地獄通信の事について話題に触れる。

彼女は怨むべき相手が判れば地獄少女に頼んで地獄に流して貰うつもりだった。
だが誰を流していいのか判らない。
すると上坂がここに3人の人間がいて、少なくとも3人の相手は地獄に流せると口にする。

浅羽須美は三枝健吾を、道生由比は越智浩人を流す事が直ぐに決まり、上坂六郎は悩んだ末に自分として許す事が出来ない中山仁一を選択する。
それぞれに地獄少女とアクセスした3人は、一同に会すると一斉に藁人形の糸を引く。

パラレルワールドで『摩天楼の影』に模した殺害を行う三藁。
もはや言わなくても判るだろうと殺される浩人。
ジャーナリストが偽の報道をした事を罪とされる三枝。
何故殺されるのか判らないという中山は都合良い時は持ち上げて、掌を返したように冷たく当たったからだと告げられる。
それをただ母親に言われたからと必死に弁明する中山だが、ビルから落下。他の2人共々閻魔あいによって地獄に流されてしまう。

全てが終わった。
これからは3人で時々集まって『地獄会』と称してささやかなパーティでも開こうか、と提案する上坂はホテルの冷蔵庫からシャンパンを取り出そうとする。だが、次の瞬間彼の姿が須美と由比の前から消えて無くなっていた。

彼もまた犯人・浩人の母・越智里子から地獄に流されてしまったのだ。
息子が殺人事件を起こしたのは、彼の本のせいだと思い込んでの行為だった。
自分を怨んで何になるのか、そう訴える彼に、それは彼が地獄に流した同僚も同じ事を言っていたと冷たく言い放つあい。
上坂に、涙目のきくりが「ふりがなふっとけ!」と抗議する。
自分はただ書きたい事を書いただけだと悲痛な叫びが轟き、彼は地獄に流される。

次回 第12話「真夏のグラフ」


 【感想】

次回予告できくりメインかと思いきや、まったく関係なかった。てか、あんなくだらない理由で泣くなよ。

今回は凄いね。一気に4人地獄流しだよ。あいたちも第2期の終盤並に忙しくなりました。

今回の事件については、色々な問題が山積しているのでしょう。
偽装報道やら、マスコミに踊らされる人々。
愁傷な態度で罪を逃れようとする少年。
そして自分の言動に責任を持たない人間。

上坂も『週刊実現』の記事がデタラメである事をちゃんと取材に来ているマスコミに対して訴えるべきだったのですよ。信じられなくなっていた、というのもあるのでしょうが。
『週刊実現』を訴えるなどの手もあったはず。

中山はこれまた随分とマザコンでした……
自分の意志というものがないのか、奴には

浩人は嘘八百言っているのは簡単に判りそうなものなんだけどな。

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは<a href="http://ameblo.jp/adam/">本館(http://ameblo.jp/adam/)</a>へお願いします
基本的に考え方がみんな短絡的になってるよな。

|

« 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-43「年末オソウジ」 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #11「ダブルオーの声」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第11話「滲んだ頁」:

« 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-43「年末オソウジ」 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #11「ダブルオーの声」 »