« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #13「開戦」 | トップページ | »

2008年12月22日 (月)

ヴァンパイア騎士(ナイト)Guilty 第11夜「二人の命~ソウル~」

玖蘭李土から開放されて目立てた支葵千里。
ベッドに眠ってる遠矢莉磨と若いです。
バンバイアなのに普通にポッキーとか食べるのですね、この二人。
思わずこの後、喰零の黄泉と神楽よろしく加えて食べさせるのかと思いましたよ。

一条拓麻は決着をつけると言って何処かへ行ってしまったようですが、やっぱり一翁を殺しに行ったんでしょうね。
しかしどう考えても爺さんの方が強そうなんだけど、ただあっちはかなり高齢になっているというのがハンデになるのかな。

李土配下のヴァンパイアたちと戦い続ける架院暁と早園瑠佳。
すっかりと良いパートナーになってしまってるな。
星煉もいました。
前回はどこに消えているのかと思ったけど、ちゃんと戦っていたようです。
相変わらず地味に忠実だよね。
学園にはもった多数の夜間部の生徒達がいる筈なんだけど、彼らはどうしているのだろうか。一緒に戦っているのか、それとも実家に帰っているのか。

そして藍堂英も参加。黒主優姫の事を訊ねられて見失ったと惚けた結果、暁に今度こそ枢様に殺されるとか言われて青ざめてます。
まぁ、確かにこの子は護衛役としてまったく役に立たないよな。

夜刈十牙は驚いていますが、何がやってきたのか不明。

閉じ込められて不安な学生たちを守る黒主灰閻。
そこにやってきたハンター協会長に牙を剥きました。
てか、理事長強すぎだよ。剣による衝撃波が地面を削ってますよ!?
最強の称号は伊達じゃないという事なのか!

その頃、李土は月の寮にまでたどり着いた配下たちとカオスな宴。乱交状態ですな。
てか、いくら血が食事でも血を吸いすぎです。
李土はどうやら錐生零がやってくるのを待っているようです。

で、その零は身体の中でヴァンパイアの血が暴れ始めたところに、弟・錐生壱縷が登場。
血薔薇の銃(ブラッディローズ)を零に撃つ。
血薔薇の銃で零を撃たれた瞬間、みんな反応してますな。みんな零の血だと直ぐに判ったのか……
一縷の持って生まれるものを奪って出てきてしまった零。
それに後ろめたさを抱えてしまっていて、母親に平等に愛をはぐくんで欲しいと思って無かった。しかしそんな事を敏感に感じてしまった壱縷。
壱縷が両親を殺したのは、緋桜閑の愛した人間を殺した手でも普通に触れていた事などが耐えられなかったらしい。

が、壱縷は既に李土に一矢報いようとして、李土に深手を負わされてしまっていたらしい。
そして自分の血を吸わせるためにわざと零を彼を撃ったらしい。
零は一縷の最後の願いを聞いて、彼に血を吸い、李土との戦いに赴く。

クラシックな銃を手に零の下に向かおうとしていた優姫を呼び止めた玖蘭枢。
これまで秘めていた秘密を吐露。
枢は自分のやるべき事があるからと何処かへ行ってしまい、残された優姫は零の下に。

次回 第12夜「世界の果て~ピリオド~」

いよいよ決着。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #13「開戦」 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンパイア騎士(ナイト)Guilty 第11夜「二人の命~ソウル~」:

« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #13「開戦」 | トップページ | »