« 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第13話「六文灯籠」 | トップページ | かんなぎ 第十三幕「仁、デレる」 »

2008年12月29日 (月)

TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #14「閉ざされた過去」

インゴベルト六世は実の娘でなかったと判った途端、モースの思うがままにナタリアやルークたちを殺して開戦ののろしにしようとしてしまうも、鮮血のアッシュの手助けを受けてなんとか逃げ延びたルーク達。
みんなはナタリアの事を励ましてくれていますが、混乱したからと言って殺されたんじゃシャレにならないだろう。
ガイには天然の女たらし疑惑が……

停戦に失敗した一同は、ベルケンドに言って昔からの音機関に関する資料集め。

セフィロトの液状化は休止状態にある地殻が激しく振動しているのが原因であり、更にその振動を引き起こしているのがはプラネットストーム。
エネルギーを覚醒全体に循環させるシステムらしい。
単純にそれを止めればいいのか、というとそういうものでもないらしく、止めたら今度は符業や符術も効果が極端に落ち、音機関も使えなくなるのでパッセージリングが停止してしまう。
唯一の手段はプラネットストームは維持したままで、振動を止める事のようです。
その為には特定の音機関が必要、という事でヘンケンとキャシーに協力要請。

うまくガイ・セシルに丸め込まれてます。
アルビオーレを作ったシェリダン「め組」のイエモンはノエルの祖父。
「め組」とヘンケンたちベルケンド「い組」は仲が悪いらしい。
そんな話を立ち聞きしていたスピノザ。
いつの間にか潜り込んでいたようです。

セフィロトの周波数を調べる必要が出てきた一同は、逃げるスピノザを放置。
これが後々の災いになりそうだな。
雑魚だからといって、こーゆーのは放置しない方がいいんだけどな。

ガイは子供達から何やらメモ受け取り、一人で何処かへ向かう。
ガイを呼び出したのはヴァン・グランツでした。
ヴァンは元々ガイに使える人間で、元々は二人は協力関係にあったようだ。
しかしアッシュと同じく、ヴァンがここまでやるとは思っていなかったようで、彼のやり方についていけずに、関係は離散しました。

アニス・タトリンの母親登場。
この人もスコアの教え通りに生きていれば幸せになれる、と考えてしまうタイプのようで、金は全て教団に納めてしまっているようだ。
アニスの守銭奴振りはこの親の下で育ったからなのですね。

そこに襲いかかってきた妖獣のアリエッタ。
子供を守ろうとしたイオンを庇って、パメラが重傷。
母親の敵として戦った挙げ句、アリスの母親を傷つけてしまったのがかなりショックだったようで、しかもイオンの怒りを受けてこの場は撤退。
更にはガイが自分の過去とだぶらせて、家族が殺された時の記憶が甦りました。

ガイの姉、マリィベル・ラダン・ガルディオスはガイを守る為、押し入ったキムラスカ兵にメイド諸共惨殺されてしまったようです。その指揮を執っていたのがインゴベルト六世。
彼の女性恐怖症は、その時の姉の姿がだぶっていたからのようだ。その時の記憶が甦るのを心の奥底で恐れていたから、女性に対する恐怖という形になっていたのかな。
そしてヴァンは彼の守り役で復讐を誓った仲だったようです。
今はヴァンとは違うというガイに、一も二もなく信じるというはルーク。
まぁ、当然だよな。あれだけみんなから見放されていた自分を信じてくれた相手を信じられないようじゃ、人として終わってるよ。
他のみんなももちろん信じてくれてるものの、アニスだけは……
ジェイドはわざと憎まれ役になって、蟠りが残らないようにしてくれたのかな。こうした事は隠しておいて、後々発覚する方がややこしくなるからね。

クローズド・スコアを詠んだ結果、ここまでの展開が全て記載されているようです。
ルークの存在はキムラスカ繁栄を呼ぶのは、キムラスカがマルクトを支配出来る、という事のようだ。
微妙に狂っているのは、レプリカルークの存在があるからのようだ。
本来ならあの場でヴァンに利用されるのは本物のルークで、ルークはそこで死亡していた筈なんですね。
ヴァンの提案にアッシュが乗ったのも、レプリカの存在がスコアから解放される道になると考えたからなのかな。

セフィロトのあるタタル渓谷にやってきた一同。
このアニメ、移動はとことん一瞬だよな。
アニスが追いかけてる蝶は、EDでアニスが捕まえようとしている蝶だね。
自信で谷底に落ちかけたアニスをガイが助ける事が出来た。ガイの女性恐怖症はやはり記憶の回復と共に無くなったようです。

パッセージリングがヴァンによって停止してしまっていたが、何故かティア・グランツに反応して再起動。
彼女がユリアと関わりある者なのか、それともヴァンが何か仕掛けをしていたのか。

次回 第15話「それぞれの決意」
両国の王の決意、更にはガイとかナタリア、ティアなども含まれているのだろうな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第13話「六文灯籠」 | トップページ | かんなぎ 第十三幕「仁、デレる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #14「閉ざされた過去」:

» テイルズ オブ ジ アビス 第14話『閉ざされた過去』 [風庫~カゼクラ~]
やっぱりガイが一番好きだ!と再認識したテイルズ オブ ジ アビス。 これはもう多分最終回まで揺るがないだろう(笑) しかし女性恐怖症を克服した天然タラシなガイって・・・末恐ろしいやも。 『君がそんな顔すると助けてくれた皆が悲しむぜ?』 『ナタリアの笑顔が取り戻..... [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 00時18分

« 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第13話「六文灯籠」 | トップページ | かんなぎ 第十三幕「仁、デレる」 »