« 続 夏目友人帳 第3話「妖怪 湯けむり行」 | トップページ | 明日のよいち 一の太刀「サムライ来る!」 »

2009年1月26日 (月)

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第16話「誘惑の罠」

大方予想通りの話でした。

同じ職場の中島公司を流してしまった男 名和章宏。
彼を止めようとした御景ゆずきは“地獄少女”閻魔あいに金縛りにかけられた。

職場にやってきた宮嶋幸は美人で、職場の男たちから声を掛けられるも、名和に接触。
中島の関係者というのが判りやすい。

名和は工場の隣に住む女の子 滋田加世と仲良くしていて、ロリコンという噂も立ってます。これは仕方ないかと思うものの、輪入道の台詞が痛い。
確かに昔ならそんな色眼鏡で見る人なんていなかったよね。その手の人が増えてしまい、しかも犯罪を犯すようになったのが原因か。
ネットのせいでその手の情報が手に入りやすくなってしまったから、そーゆーのが表に出てきたのが原因か。

加世に中島を地獄に流してしまった事を打ち明ける名和。
中島は本物のロリコンだったようです。
ただ実際に手を出すというところまではいかない人物だったようだけど。

話を聞いた加世は翌日になって、それでも構わないと名和に好意を示す。
しかしこれで地獄流しが確定してしまったのが判る。もし本当に彼のした事を受け止めたなら、中島の関係者だという事をバラしただろうと思うから。

実は中島の恋人だった加世。
しかも彼がそっちの趣味があると知っていて、それでも自分といる時はちゃんと付き合ってくれてたから良かったらしい。ちょっと理解しがたい精神構造。
美人でモテるんだから、そんなロリに拘らなくてもいいだろうに。
仲の良かった名和が何か知ってる思って接触。そしてど真ん中ストライク。
幸せの絶頂から一気に奈落へ転落。彼が今度は地獄送り。
今回はコントなしです。
どうせなら、ここで下手に足掻くより、仕方ないと腹を括って欲しかったな。

全てはあいがゆずきに見せた未来の出来事。
運命を変えられないというあいに、それでもゆずきは名和が流されるのだけは止められるかもしれないと思うも、金縛りが解かれた時には既に見失ってました。わざとか?
に、してもあいが一体何をしたいのか、まったく見えてこない。
自分が肉体を取り戻すために依代にしたゆずきに対して、関わってしまった彼女を諦めさせようとしているだけなのか、それとも彼女は何かあるのか。

地獄流しの連鎖。
本当に二期のラストのようになってきた。
ゆずきはやたらと携帯を使っている人を気にしているけど、地獄通信にアクセス出来るのは真夜中の0時なんだから、それ以外で触ってる人を気にしてもしょうがないのではないだろうか。

次回 第17話「藁の中」

次回はようやく山童の話。
彼は元々は人間だったようです。
しかも親はまだ生きている時代なので、本当に最近なったばかりのようだ。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 続 夏目友人帳 第3話「妖怪 湯けむり行」 | トップページ | 明日のよいち 一の太刀「サムライ来る!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第16話「誘惑の罠」:

» 地獄少女三鼎第16話感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
地獄少女三鼎#16「誘惑の罠」 名和章宏(杉田智和)ハルヒ再び宮嶋幸(桑谷夏子) [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 21時29分

» 地獄少女 三鼎 第16話『誘惑の罠』 [書きたいことを書いてみた(丑)]
ロリキョン。ごめん、色眼鏡で見てたわ。 [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 16時22分

« 続 夏目友人帳 第3話「妖怪 湯けむり行」 | トップページ | 明日のよいち 一の太刀「サムライ来る!」 »