« CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第17話「ガラスのゆりかご」 | トップページ | CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第15話 「夏の名残に」 »

2009年1月31日 (土)

マリア様がみてる 4thシーズン 第4話「未来の妹 La future soeur」

紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)小笠原祥子から「妹を作りなさい」と命じられた紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)福沢祐巳は、同じく妹(プティ・スール)のいない黄薔薇のつぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)島津由乃の提案によって妹(スール)オーディションを開こうという話となる。オーディションという形式に抵抗のある祐巳の発案により、それは茶話会と形式で広く姉妹(スール)を求める人々の交流の場として開催されることとなる。

妹が出来るのが楽しみだという由乃。従姉妹でありお姉様でもある支倉令とはまったく違う関係になるだろうと語る。
令が鳥居江利子の妹となった時、嫉妬したが今なら令の気持ちがわかるのだという由乃の気持ちを受け止める令。
百合百合モード全開の黄薔薇姉妹。残念ながら由乃を取り合う事は出来ません。

薔薇の館に集まった生徒たち。
既に姉妹となっている藤堂志摩子と二条乃梨子はお手伝い。
由乃の自己紹介から始まる。
自己紹介でお姉さまが小笠原祥子だという祐巳に心の中でツッコミを入れる由乃。確かに、そんな人はいないだろうし、もしもそれを知らない子がいるとしたら、この場には来ていないだろう。
中等部から山百合会の人々に憧れていたという内藤笙子。
美人だ。笙子ちゃんってこんなに美人だったか思わされる。
原作では由乃は笙子が内藤克美の妹と知っていたのですが、アニメでは知らないのでただの失礼な子としてしか見えてません。
積極的に色々な生徒たちと会話する由乃と対照的に、祐巳はさすがに大人気で、祐巳目当ての3人の子から質問攻め。。

笙子と会話をする機会を得た祐巳は、彼女が薔薇の館の一員になりたかった理由を知る。
リリアン学園祭で写真部のパネルで、薔薇の館の面々の写真があまりにも活き活きとしており、自分もその中の一員になりたいと感じたのだという。
しかし祐巳は彼女の間違いを指摘する。そうして輝くのは何も薔薇の館の住人である必要などないのだと。
「つまり、私は振られてしまったのですね」
笙子の言葉を躊躇なく肯定する祐巳は、心から自分の妹になりたいと思ってくれる人に妹になって欲しいのだと願っていた。
この後の蔦子さんと笙子ちゃんの話はまるまる無くなりました。

結局茶話会では2組の姉妹が出来るも、肝心の由乃と祐巳には出来ずに、祥子からは何も変わってないと呆れられてしまう。
しかし妹候補として祐巳に3人、由乃に2人、これから毎日薔薇の館へ手伝いにやってくる事となっていた。
一人目、祐巳妹候補 藍子 髪の毛の手入れで遅刻し、祥子が怒りに震える
二人目、由乃妹候補 その子 令たちにサインをねだる
三人目、祐巳妹候補 のぞみ お友達を4人も連れてくる
四人目、由乃妹候補 美佐江 由乃が少し叱ったら泣いて出て行ってしまった
五人目、祐巳妹候補 千草 現れず
かくして全滅となった。
藍子ちゃんをフォローしようとする祐巳とかはお姉様らしくて好きなんだけど、
原作では瞳子と可南子が引き合いに出されて、二人の優秀さが語られてたりしていますが、逆にこんな2人が先に手伝いに来てしまっていた事も問題なんだろうな。
1人目の子なんかは、上手く導いてやればなんとかなったのかもしれないし。

そうこうしている間に太仲女子高校剣道部との交流試合。
相手は令の宿敵田中姉妹が2人。
由乃は鳥居江利子が約束を忘れている事に期待するも、儚い夢。
原作にあるここでの細かいやりとりは全てカットされた!
唯一元薔薇さまによる由乃の妹当てだけが描かれたよ。
佐藤聖  : 山口真美
水野蓉子 : 二条乃梨子
鳥居江利子: 松平瞳子or細川可南子 → 有馬菜々
菜々はちょっと江利子に似ている評価する。
そして中の人は一緒(笑)。
現白薔薇姉妹は西洋人形と日本人形呼ばわり。日本人形の方は髪の毛伸びそうだけどな。
瞳子と可南子が別に参加必須の行事というわけでもないこの大会の見学に来ているのが原作を読んだ時からの不思議な感じ。
そして更に今回の映像で気になったのは、席が埋まってるから山百合会の面々は姉妹事にバラバラになったのに、ガラガラで一緒に座れそうなのに、白薔薇姉妹が別の場所にいることかな。

試合では最初のうちこそ江利子の事が気に掛かってる由乃。
試合は大将戦となり、田中次女に苦戦する支倉令の姿にハッとなって声を張り上げて応援する由乃。その声に押され、相手を押した令は勝利。
しかし試合は残念ながらリリアンの負け。
    リリアン    太仲女子
先鋒 島袋 × - ○ 西脇
次鋒 今井 × - ○ 田中(い)
中堅 上原 ○ - × 樫野
副将 新垣 × - ○ 大本
大将 支倉 ○ - × 田中(ミ)

負けた悔しさに無く仲間を励ます令。それを見詰めていた由乃だが、不意に江利子の事を思い出して、逃亡を図ろうとする。会場の外に江利子の姿を見つけた由乃は脱兎の如く逃亡するも、江利子に呼び止められる。
妹が出来なくて逃げるつもりじゃないわよね、という江利子の挑発に乗ってしまい進退窮まる。
まだロザリオを持っている事を指摘されると、ロザリオは江利子の前で渡すつもりだと口にする。
由乃は妹が手洗いの中にいると言うとトイレに逃げ込もうとする。
しかしそこでお手洗いから出てきた菜々と鉢合わせになり、彼女がリリアンの生徒だと気付いた由乃は咄嗟に話をあわせてくれるように頼むと、彼女が妹だと紹介する。
菜々の機転で彼女の事情でロザリオの授受をしていないという事にした二人に、江利子はあまり深く追求する事をやめる。
実は奈々は中等部3年で、江利子はその事をしっかりと見抜いていた。
菜々は由乃の妹になれば、彼女の持つロザリオを貰えるのかと問う。
この時点で菜々の由乃に対する認識は「支倉令様の妹」というカテゴリー。
これがまさか随分と先のヒキになっていようとは……

土日の間に有馬菜々の情報を収集した由乃は、彼女が太仲の田中四姉妹の末っ子だったと祐巳に話す。
苗字が違うのは菜々が祖父の養子になっていたからで、その祖父の意向で太仲ではなくリリアンに入学したのだという。
色々とワケアリだった菜々だが、由乃はもし3年になっても妹が出来なければ彼女を自分の妹にすると決意を表明するのだった。
山口真美も新聞部の後輩である高知日出実と茶話会をキッカケに姉妹となっていました。そっか、この2人は茶話会がキッカケだったのを忘れてた。

隔して祐巳は更に追い込まれる事となる。
しかし茶話会を開いてよかったという祐巳。茶話会を開いた事で妹について真剣に考える事が出来たからだと祥子に説明する。
お互いに心から好きだと思える相手に出逢えたらいいと思うようになったという祐巳。
「そうね。それは本当に単純だけど、意外に難しくて、そして、一番大事な事だわ」
祐巳の言葉を肯定する祥子。
「祐巳、わたくし達みたいにお互い大好き……
 そう思える妹を見つけなさいね」

祐巳と手をそっと繋いで校門を出て行く二人。
何気に自分たちの絆について確固たるものをもっているところが伺えるな。まあ山あり谷ありのスールだからね。に、してもベタ甘。
たぶん3組の中で一番ベタベタです。

物凄い駆け足の回でした。アニメは全体の流れと祐巳にスポットが当たっているとは言え、あまりにも端折り過ぎな気もするな。
今までの中でも飛びきり駆け足だったのではないだろうか。
茶話会の話が霞んでしまうほどに薄い。
祐巳と瞳子の関係を成立させるところまで進めるためなんでしょうが、あまりにも早すぎる。そこまでやるなら、2クールで持ってきて欲しいなぁ。

次回 第5話「紅薔薇のため息 Lesuir de la rose rouge」

次回は祐巳と祥子様の遊園地初デート。
柏木さんのナイトっぷりが披露される場面だね。
予告では令ちゃんのお見合いを見に行く由乃と奈々について触れられていたけど、予告映像の中に無かったという事はアニメ中では省かれてしまうのかもしれない。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第17話「ガラスのゆりかご」 | トップページ | CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第15話 「夏の名残に」 »

マリア様がみてる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/43908908

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる 4thシーズン 第4話「未来の妹 La future soeur」:

» マリア様がみてる 4thシーズン 第4話「未来の妹」 [SUGO FACTORY別館]
妹探しの茶話会は総勢27名が参加することになった。姉妹を探す、という名目で行われ [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 22時41分

« CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第17話「ガラスのゆりかご」 | トップページ | CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第15話 「夏の名残に」 »