« みなみけ おかえり 第4話「あるべき秩序が」 | トップページ | とらドラ! 第17話「クリスマスに水星は逆行する」 »

2009年1月29日 (木)

源氏物語千年紀 Genji 第2話「六条」

今回は六条の御息所の話。

葵の上:左大臣の娘で源氏が元服してすぐに双方の親の計らいで結婚した相手。
 しかしプライドや源氏の女好きもあって、夫婦仲は最悪。
 能でも演じられる有名な人物ですな。

東宮と死別した六条の御息所
声は鶴ひろみさん。納得のキャストだな。
書が達筆だという六条の御息所の事を頭の中将から聞いた光源氏は、早速出向いて所の教えを請う。
長らく通ってる間に、どんどん源氏に惹かれていってしまう。しかしプライドが高いので御簾を開けようとはしない。
頭の中将は敗北。てか、モテ男ですが、今後も源氏との勝負は全敗ですから

そして源氏が藤壺の琴を聞いた夜、来訪しない予定だったのを急遽翻して訪れると、そのまま手篭めに。
美人で強要に秀でて年上という条件が、藤壺と一致していた事で、藤壺の代替品になったのです。

この後、愛人関係が続くわけだけど、矜持の高い彼女に源氏の足が遠のいてしまい、生霊飛ばして同じ愛人である夕顔や、牛車の件でもめる本妻の葵の上を呪い殺すようになる恐ろしい人です。

しかしこの話は見ていてイライラする。
源氏に感情移入できないというのが最大の原因なのだろうな。
藤壺に対する思いを引きずりつつ、女を片っ端から食っていくし、好きになれないんだよね。

次回 第3話「夕顔」

次回は源氏がのめり込む相手の夕顔のターン! この人は不幸この上ない。一番の不幸は源氏と関わったことなのかもしれないが。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« みなみけ おかえり 第4話「あるべき秩序が」 | トップページ | とらドラ! 第17話「クリスマスに水星は逆行する」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語千年紀 Genji 第2話「六条」:

« みなみけ おかえり 第4話「あるべき秩序が」 | トップページ | とらドラ! 第17話「クリスマスに水星は逆行する」 »