« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」

前回のギャグが嘘のように、真面目な話。
天空の宮に向かったジル一行を追いかけるウラーゴンと黄金騎士団。そして彼らに道案内として連れて行かれることになったメルトとクーパ。
クーパは服と髪型が元に戻りました。あの後着替えに戻ったという事か……

塔の最上階には何もない。それは半年前に再度登った時と同じ。
いきなり痴話喧嘩なファティナとジル。ジル、一応働いたりもしていたけど、どの仕事も一日で首になってたのね。ただのヒモという訳でも無かったのか。
その中でカイが呪文を唱え続けると、邪神ドルアーガの形をしたガーディアンが復活。しかし塔が力を失った事で、ガーディアンにはもう以前ほどの力はなくなってしまってました。まぁ、それでも攻撃力だけは強そうです。

続きを読む "ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第15話 「夏の名残に」

子供が出来て喜ぶのも束の間という展開。
序盤は幸せムードで渚は自宅出産も考慮したり、岡崎朋也が3人分の生活費を稼ぐ為に気合い入れたり、芳野祐介の語りがあったり……芳野さん、途中でカットされました。

しかし案の定体調を崩した渚。

続きを読む "CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第15話 「夏の名残に」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリア様がみてる 4thシーズン 第4話「未来の妹 La future soeur」

紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)小笠原祥子から「妹を作りなさい」と命じられた紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)福沢祐巳は、同じく妹(プティ・スール)のいない黄薔薇のつぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)島津由乃の提案によって妹(スール)オーディションを開こうという話となる。オーディションという形式に抵抗のある祐巳の発案により、それは茶話会と形式で広く姉妹(スール)を求める人々の交流の場として開催されることとなる。

妹が出来るのが楽しみだという由乃。従姉妹でありお姉様でもある支倉令とはまったく違う関係になるだろうと語る。
令が鳥居江利子の妹となった時、嫉妬したが今なら令の気持ちがわかるのだという由乃の気持ちを受け止める令。
百合百合モード全開の黄薔薇姉妹。残念ながら由乃を取り合う事は出来ません。

続きを読む "マリア様がみてる 4thシーズン 第4話「未来の妹 La future soeur」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月30日 (金)

CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第17話「ガラスのゆりかご」

花が咲いていると笑う二人の子供と、それを見守る身重の母。
「掛け替えのない命が、ここで花開くのを待ってるのよ」
大きなお腹をさすりながら母は優しく微笑む。
きっとこれはレダの見た、そして叶わなかった夢……

続きを読む "CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第17話「ガラスのゆりかご」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を見上げる少女の瞳に映る世界 第3話「立ち向かうこと」

天上人と下界の人間によるアクトを巡る戦いがあった。

入水自殺のような事を始めた今村スズメと高森カズヤ。追いかけてきた教師達は自殺するつもりだと思って必死に説得するが、日高ユメミと小野イチコは彼女たちが何か成し遂げようとしているのだと励ます。
てか、普通に考えて自殺する奴が浮き輪なんてつけてないだろう。

小学校の頃、スズメと同じクラスになったユメミは急な病気で遠足に行けなくなってしまった。言えに誰もいない中で、スズメはユメミのことを聞いて、遠く離れた公園から何キロも離れたユメミの家にまでやってきた。
友達のことを考えてくれるスズメを同じように信じるユメミたち。

続きを読む "空を見上げる少女の瞳に映る世界 第3話「立ち向かうこと」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まりあ†ほりっく 第4話「悦楽の代償」

宮前かな、桐奈々美の付き合っているという発言や石馬隆顕の守る発言から、妄想炸裂な夢を見てる。
どれだけ欲望に忠実な奴なんだよ。

かなこと祇堂鞠也の部屋の前には隆顕が……
鞠也は何故かメイド服。絶対に趣味=女装だよな。汐王寺茉莉花は毎朝屋敷から通ってるのかな、やはり。
隆顕のストーキング護衛がここから始まる。
授業中も授業参観よろしく教室の中に立ってたり、注意されて出て行ったかと思ったら廊下に待機したり、常に行動を共に。
せっかく関係が良好になりかけた筒井穂佳の中も「みさかいなし」だの「うらぎりもの」だのと言われて再度悪化。

続きを読む "まりあ†ほりっく 第4話「悦楽の代償」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

とらドラ! 第17話「クリスマスに水星は逆行する」

「罪悪感は無くなった?」
川嶋亜美の言葉が心を貫き、動揺の隠せない櫛枝実乃梨はソフトの試合でも大事な場面でミスしてしまう始末。
明らかに最近様子がおかしいと後輩たちが気にかけるほど、実乃梨の態度に異変が生じている。
元々おかしな人とか後輩に言われてるよ。

クリスマスが近づき浮かれてテンションの高い逢坂大河と、高須竜児はスーパーの特売や大掃除が出来ると喜ぶ。
大河はクリスマスが近いから良い子にしていると発言。
手乗りタイガー……サンタクロースを信じてました!!!
毎年親父がこっそりクリスマスプレゼントを持ってきているのだろうか。
みのりんとの関係が進展してない竜児を叱責。
まぁ、確かに竜児はいくらなんでも待ち姿勢過ぎるよ。

続きを読む "とらドラ! 第17話「クリスマスに水星は逆行する」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

源氏物語千年紀 Genji 第2話「六条」

今回は六条の御息所の話。

葵の上:左大臣の娘で源氏が元服してすぐに双方の親の計らいで結婚した相手。
 しかしプライドや源氏の女好きもあって、夫婦仲は最悪。
 能でも演じられる有名な人物ですな。

東宮と死別した六条の御息所
声は鶴ひろみさん。納得のキャストだな。
書が達筆だという六条の御息所の事を頭の中将から聞いた光源氏は、早速出向いて所の教えを請う。
長らく通ってる間に、どんどん源氏に惹かれていってしまう。しかしプライドが高いので御簾を開けようとはしない。
頭の中将は敗北。てか、モテ男ですが、今後も源氏との勝負は全敗ですから

続きを読む "源氏物語千年紀 Genji 第2話「六条」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなみけ おかえり 第4話「あるべき秩序が」

先週に引き続き「みなみけ」ならぬ「もう一つのみなみけ」になってる。

■トウマが手におえない
帰宅した南夏奈はおやつが好物のパイである事を南春香から聞かされる。
今では南冬馬が先におやつを食べていて、それをつまみ食いしたカナに頭突き。
トウマ、溶け込みすぎだろう。なんでカナやチアキより先にいておやつまで食べてるんだ。

カナはトウマが藤岡といるようになって手に負えなくなってきたとぼやく。
カナは南アキラがトウマがこちらの南家に通うようになって、女らしくなると期待していたけど、むしろ男っぽくなってきたと言っていたことを思い出す。
……藤岡がいる時に男として扱ってるからら、思いっきり目をそらしてますよ、カナ。
そうしてカナが達した結論は、何故かトウマを「ジェントルマン」にする。

続きを読む "みなみけ おかえり 第4話「あるべき秩序が」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月28日 (水)

RIDEBACK-ライドバック- 第3話「そして旗(フラッグ)は、ふられる」

内田すずりと共にRIDEBACK部に正式入部した尾形琳。
レースに参加することになるも、FUEGOはカスタム機の上にフレームも規律(レギュレーション)違反のため使用出来ない。
そんな訳で別のRIDEBACK BALONにて参加。
すずりはまだほとんど乗れないので、琳がいかに凄かったのかという事が判る。

レースでは当然ながら今年も去年のチャンピオンである片岡珠代が本命
琳はBALONとの相性が悪いのか、うまく走る事が出来ない。
すずりは菱田春樹・河合堂太と共に裏方参加で、上村しょう子は応援に。
差し入れがケーキというのは女の子らしいけど、レース参加者や手伝いしている人への土産としては微妙だな。

続きを読む "RIDEBACK-ライドバック- 第3話「そして旗(フラッグ)は、ふられる」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月27日 (火)

黒神 The Animation Episode02「契約」

まゆが死んでへたれに拍車が掛かってきた主人公伊吹慶太。
担任の坪田が慶太に何か悩み事がないかと問い掛けてきて、ドッペルライナーの事を知らないかとか聞くも、軽くいなされました。しかしあからさまに妖しい担任……

相変わらず空腹のクロ。行き倒れかけていたところをプニプニが偶然慶太の家の前にやってきて、佐野茜に拾われてた。
帰宅したら冷蔵庫を漁ってキャベツにかぶりついてるというシュールなシチュエーションに出会ったら、言葉に困るよな。

続きを読む "黒神 The Animation Episode02「契約」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第3話「電子精霊ツェルニ」

リーリン・マーフェスはシノーラ・アレイスラと出会い、涙が流れ落ちる。そしてシノーラに胸を揉まれる
何故!? あの展開からセクハラかよ!
主人公にいきなり寝取られフラグ発生!!

レイフォン・アルセイフが練習試合で見せた力により、第17小隊は人気者となるも、ニーナ・アントークとフェリ・ロスは不機嫌。
シャーニッド・エリプトンは女性が多くて一人だけご機嫌。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第3話「電子精霊ツェルニ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

屍姫 玄 第4(17)話「異月の貌」

花神旺里に対して『弦拍』送儀嵩征によって語られる彼と山神異月の過去。
何も知らないままに契約僧となった嵩征は、屍を倒す為に戦いながらもイツキを普通の女の子として接して過ごす。
光言宗の事を嵩征は何も知らないけど、父親は将来彼に自分たちの役割について話して後を継がせる為に、武術だけは習わせていたのですね。そーゆー意味では戦えるという面でオーリよりは遥かに上な訳だ。

続きを読む "屍姫 玄 第4(17)話「異月の貌」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月26日 (月)

SOUL EATER ソウルイーター 第42話「進撃! ババ・ヤガーの城~なんかモヤモヤする?~」

鬼神阿修羅を手中に収め、阿修羅に自分が守ってあげると囁きながら、彼の狂気を増幅して世界へと発信するアラクネ。

「もやもやする。
 色んな事が起きすぎた。
 沢山の事が、一度に……
 雪崩を起こすかのように」
暗く落ち込んだ状態の続くマカ=アルバーン。
しかし死武専は今、アラクノフォビアの行っている狂気増幅装置に対する対応を最優先とし、メデューサやクロナの事は保留されていた。死武専は鬼神を止めるために作られた組織なのだから、それが当然の事だと頭では理解していても、感情で納得出来ないでいた。

続きを読む "SOUL EATER ソウルイーター 第42話「進撃! ババ・ヤガーの城~なんかモヤモヤする?~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のよいち 一の太刀「サムライ来る!」

強くなりすぎた烏丸与一をもてあました父親が、世の中を知るためと理由をこじつけて、アサミガワ市に出てきて同じ浮羽神風流斑鳩道場にお世話してもらうという話。
ああ、エロ系バトルラブコメなのかというのは、開始直後のヒロイン斑鳩いぶきの沐浴で判明。

ちなみに木刀を剥き出しで持ってるとそれだけで職務質問受けますよ。

第1話は町に下りてきたはいいものの、文明とはかけ離れた生活を送っていたため、街中で騒ぎを引き起こすというもの。
ひったくりを追いかけるのに、何故かエロいトラブルになるのはお約束。
しかもそれが関係者だったりするのもお約束。

続きを読む "明日のよいち 一の太刀「サムライ来る!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第16話「誘惑の罠」

大方予想通りの話でした。

同じ職場の中島公司を流してしまった男 名和章宏。
彼を止めようとした御景ゆずきは“地獄少女”閻魔あいに金縛りにかけられた。

職場にやってきた宮嶋幸は美人で、職場の男たちから声を掛けられるも、名和に接触。
中島の関係者というのが判りやすい。

名和は工場の隣に住む女の子 滋田加世と仲良くしていて、ロリコンという噂も立ってます。これは仕方ないかと思うものの、輪入道の台詞が痛い。
確かに昔ならそんな色眼鏡で見る人なんていなかったよね。その手の人が増えてしまい、しかも犯罪を犯すようになったのが原因か。
ネットのせいでその手の情報が手に入りやすくなってしまったから、そーゆーのが表に出てきたのが原因か。

続きを読む "地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第16話「誘惑の罠」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

続 夏目友人帳 第3話「妖怪 湯けむり行」

今回は売り出し中の新鋭俳優であり、裏家業では妖怪退治のようなものをやっている名取周一のターン!

ちっこい妖が髑髏を運んでた。
あれは怖い……水たまりを避ける知恵のない妖のために橋を造ってあげる夏目の優しさ。

温泉旅行が当たったという事で、夏目貴志を誘いに来ました。
名取さん、うっとしいとか思われてる……
式神に絡まって引っ張られてきた夏目を「キミはどんくさいね」とか爽やかにいう辺りが如何にも彼らしい。
女性と旅行に行くのは事務所がダメで、男友達でも同じような世界を見れるのは夏目ぐらいだからという理由のようです。
「貴志くん、いっつも遠慮してばかりだから、なんだか嬉しいわ。
 ゆっくり楽しんでいらっしゃい」
塔子さんにこんな事を言われたら、夏目が旅行を断れる筈もない。

「おい、猫が一番風呂とはどういう了見だ」
風呂に来たら先に来て入ってたにゃんこ先生に対する暴言。
猫を温泉に入れても大丈夫なのか?

続きを読む "続 夏目友人帳 第3話「妖怪 湯けむり行」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

仮面ライダーディケイド 第1話「ライダー大戦」

さて、今回からは簡単に感想だけです。

アバンでは光夏海(森カンナ)の見守る中で、平成仮面ライダー軍団がもの凄い数で戦っているものの全滅。
彼らを倒したのがディケイド。
しかし今までのライダーを纏めて倒してしまうというのは、それだけ強いというのを現したいのでしょうが、これまでのライダーファンから見るとどうなんだろうか。

オープニングのJAEのメンバーの数がすげぇ(笑)

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第1話「ライダー大戦」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-48「正義カイサン」

危官房長官・チラカソーネ(声・島田敏)を倒したのも束の間、ガイアーク総裏大臣・ヨゴシマクリタイン(声・梁田清之)の伝家の宝刀『正義カイサン』でバルカ(声・保志総一朗)、ガンパード(声・浜田賢二)、キャリゲーター(声・津久井教生)、城範人(碓井将大)、石原軍平(海老澤健次)、が光となって消失してしまった。

怒りに燃える江角走輔(古原靖久)を必死に押し留める須塔大翔(徳山秀典)と須塔美羽(杉本有美)。ヨゴシマクリタインは彼らも消滅させようとするが、腹が減ったので一時退却。
害気大臣キタネイダス(声・真殿光昭)と害水大臣ケガレシア(及川奈央)はヨゴシマクリタインを褒め称えるも、ゴーオンジャーに負けた害地大臣ヨゴシュタイン(声・梁田清之)は名前も聞きたくないと不機嫌。キタネイダスとケガレシアはビビリながら、彼の為に新しい蛮機獣を作成。
なんだか中盤以降、すっかり雑魚キャラ振りが板に付いてきた二人……

続きを読む "炎神戦隊ゴーオンジャー GP-48「正義カイサン」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #16「悲劇への序章」

「敢えて言うぞ少年……覚えておくが良い!!」

アフリカタワー 低軌道ステーションを占拠したパング・ハーキュリー大佐率いる連邦軍のクーデター軍。
ステーションと機動エレベーター、リニアトレインにいた市民に対してクーデターした事、アロウズの非道な行為について語る。
自分たちの目的はアロウズの蛮行を世に知らしめる事。彼らが行った大虐殺。
連邦の情報操作によって、独裁社会に無自覚のうちに取り込まれているのだと訴えかけるハーキュリーは、自分たちが憎まれる事も納得の上。
「だが、これだけは断言する。
 我々は連邦市民の利益と安全を守る軍人だ。
 故に、誤った政治、間違った軍隊をただす事もまた……
 我々の軍人の使命なのである!」

このクーデターで連邦を崩壊出来るとは思っていないが、自分たちの行いで市民達の目を覚まさせようというのが目的でした。
しかしその為に市民を巻き込んでしまうというのがどうなのか、それは決して褒められる行為ではない。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #16「悲劇への序章」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #17「崩壊の序曲」

倒れてしまったティア・グランツ。
パッセージリングを機動させるには、彼女の力がどうしても必要なので、この作戦に置いていく事は出来ないのか。
ルークとしては、彼女のために作戦の中止を言えばればいいのだけど、事の重要性が判っているだけにそれを口にする事も出来ないようだ。

話を立ち聞きしていたスピノザ。
やはり先日の一件で、自分のした事を後悔してヴァンを裏切り彼らに協力を申し出てきました。
みんなが懐疑的な中で、ルークだけが彼の姿に以前の自分を重ね合わせて、彼を信用する事に。他のみんなもそれに賛同している中で、相変わらずアニス・タトリンだけがあっさり裏切り者を信用しているみんなに不服です。もっともジェイド・カーティスは信用したのではなく、彼の力が必要だからという事のようだけど。

続きを読む "TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #17「崩壊の序曲」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第3話「夢の国メルトランド」

……本編始まっていきなり画面左上に『雪崩オチまであと20分41秒』とか出だした。
24ネタか。

かつて吹雪が吹き荒れていた黄金の宮。
ここにメルトとクーパがいる、という事でやってきたら、何故か吹雪は消え去ってただの雪国になってた。
しかもメルトが社長になって観光地で、クーパは第1秘書。
ドルアーガを倒したリーダー メルトと131人の勇者とかなってる。
ドルアーガを倒したのはギルガメス王という事になってるんじゃ、と思ったらそれに関するツッコミは後で発生していた。

続きを読む "ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第3話「夢の国メルトランド」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月24日 (土)

鉄のラインバレル #16「黄昏の断罪」

遠藤シズナと遠藤イズナも早瀬浩一と合流
イズナが先に抱きついてしまって、シズナが脹れっ面。
レイチェル・キャルヴィンは戦闘機で登場……パイロットスーツにまで白衣が欠かせないのかよ。

Aパートはいきなり着替えシーンからという辺りがアニメ版ラインバレルクオリティ
緒川結衣の下着が流石にゴージャス!
九条美海は城崎絵美のペンダントで嫉妬の炎がメラメラメラメラです。

続きを読む "鉄のラインバレル #16「黄昏の断罪」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙(そら)をかける少女 第3話「黄金のソウルシャウツ」

『ゴールデン・オーブ』を取りに行った獅子堂秋葉と河合ほのかはICP特殊怪奇事例専従捜査課の神凪いつきの妨害を受け、更にほのかが「ネルガル」と呼ぶ兵器が乱入です。

ほのかといつきがネルガルと交戦している間に、秋葉はゴールデンオーブをゲット。
ゴールデンオーブを手に入れた 福山潤 レオパルドは超絶好調!
「僕は、史上最強、最高にして孤高のコロニー……
 レオパルド様だぁ!
 轟け! 僕の、ソウルシャウツッ!!」

建物全体が巨大な化け物と化したネルガルに対して、秋葉の黄金銃でトリガーを引くと、レオパルドの反物質砲が放たれて跡形もなく吹き飛ばした! ついでに秋葉と周辺の町も大惨事。
どうやらそうなるのを判っていながらやったようだ。
やはりこれがいるかいないかでこのアニメのテンションはダイブ変わるね。

続きを読む "宇宙(そら)をかける少女 第3話「黄金のソウルシャウツ」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第14話「新しい家族」

ようやく結婚した岡崎朋也と岡崎渚。
お金がないので結婚式はまだまだ先のようです。
朋也と古河秋生はアホな遣り取りやってますが……
二人での新生活はピュアすぎる……
渚の髪型がアップしているから、前回のラストからそのままやってきた感じなのかな。

渚も新しく出来たファミレスで仁科と一緒にバイトです。
仁科は浪人……さらりと寂しい事言うな。
だんご大家族はこの前新しいだんごを購入していたので、地味に2匹に増えて岡崎邸にいます。
しかし二人暮らしにしても荷物少ないよな。

続きを読む "CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第14話「新しい家族」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第16話「信じる力のために」

リューズと共にルナを求める旅を続けるキャシャーン。
だがリューズは身体の調子が悪いようで、キャシャーンは彼女の心配をする。
気丈に振る舞い先へと進む2人が進んだ渓谷には、おびただしい数のロボットの残骸と人骨が散乱。その先には見上げるほどの巨大な岩が聳えていた。

花畑に寝そべるリンゴ。
リンゴは始めてみた天道虫を見て興味を示す。

続きを読む "CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第16話「信じる力のために」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

マリア様がみてる 4thシーズン 第3話「妹(スール)オーディション L'audition des soeurs」

福沢祐巳は姉妹(スール)となってちょうど1年が経過するリリアン学園祭の後夜祭で、姉(グラン・スール)の小笠原祥子から「妹を作りなさい」と命じられる。

突然のお姉さまからの指示に、まだ妹(プティ・スール)を持つという自覚も実感もない祐巳が悩んでいると、同じく妹のいない島津由乃がオーディションを開くと言い出す。
あまりにも突然の事に目を白黒させる祐巳だが、由乃は自分たちが1年だったこの時期には既に3人が揃っていた事を指摘して、このままではいけないと語る。
唯一の1年生である二条乃梨子も流石にこのまま一人というのは困るという。

続きを読む "マリア様がみてる 4thシーズン 第3話「妹(スール)オーディション L'audition des soeurs」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

空を見上げる少女の瞳に映る世界 第2話「逃げる事」

連合はグンタールがかつて天上世界で作られた兵器でムントを抹殺せんと策略。
どう考えても連合軍の親父どもは騙されてるよな。

日高ユメミと小野イチコが親友の今村スズメが結婚するという高森カズヤに会って話をききにきた。
元不良の彼は世界がイヤになって死のうとしたところを、スズメが助けてから付き合いが始まったようだ。
昔の自分と決別して、スズメと共に新たな道を進もうとしているらしい。結婚というのは比喩的な表現で、一般的な結婚というのとは違うもののようだ。むしろ精神的な繋がりなのか。

続きを読む "空を見上げる少女の瞳に映る世界 第2話「逃げる事」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

まりあ†ほりっく 第3話「被虐の若芽」

宮前かなこの間違えについて、ロザリオの定義について語る祇堂鞠也。
鞠也の解説どおり、ロザリオは本来数珠のようなもので祈りの回数を数えるものなので、クビから掛ける事はありません。
不思議のメダイは大きなロザリオでもないとついてない事も珍しくない。
ロザリオの解説をする作品は昔も見たことあるな。何だったか記憶の果てに飛んでるけど。

かなこの持ってるロザリオはたぶん昔、鞠也があげたんだろうな。かなこは記憶していないけど鞠也は覚えていたのだろう。もしかしたら初めて見た時から気付いていた可能性もあるかと。汐王寺茉莉花はロザリオが鞠也のあげたものと薄々気付いて気付いてないフリをしているのかもしれない。

続きを読む "まりあ†ほりっく 第3話「被虐の若芽」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とらドラ! 第16話「踏み出す一歩」

生徒会長に立候補した逢坂大河とそのサポートをする高須竜児。
しかも能登久光と春田浩次がサクラになって大河が生徒会長になったら大変で、誰か他に立候補する奴がいないかとか言い出してます。
大河の振り回していたマイクで恋ヶ窪ゆりは気絶。あれはかなり痛いぞ。

北村を立候補させるためと知ったゆりちゃんは、もし北村が立候補しなかったらどうするつもりなのかと問うも、大河は北村は立候補すると信じている様子を見て協力してくれます。
珍しくまともに先生してます。

続きを読む "とらドラ! 第16話「踏み出す一歩」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

源氏物語千年紀 Genji 第1話「光る君」

源氏物語が作成されて千年が経過したという事を記念した作品。
ちなみに源氏物語千年紀を祝したサイトも あります。

「あさきゆめみし」の放映予定が監督の出崎統の意向で源氏物語をモデルにしたオリジナル作品に変更したという作品。実際のところはどうなんだろうか。原作者とのあいだに一悶着あったりしたのかな。
まぁ、元々「あさきゆめみし」が源氏物語を原作にしているから、オリジナルにした方が好きに出来るという思いがあるのかな。

続きを読む "源氏物語千年紀 Genji 第1話「光る君」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

みなみけ おかえり 第3話「ケンカでも」

アバンは「あの店」のプリンの話。
南冬馬が兄の南ナツキに冷蔵庫にとっていた「あそこの店」のプリンが食べられてしまって、南家に家出してくる話。
突然の来訪に驚く南千秋たちですが、半ば冗談で言っているだろう南夏奈に、喧嘩の原因をクリーンヒットされてます。ど真ん中直撃で思わずカナもチアキもその事に触れまいとする始末だよ。
「あそこの店」のプリンは南家でも3つ買っていたと南春香が取りに行くも、何故か2つだけに……こーゆー場合の犯人はほぼカナで決まりなんだが、チアキたちがそれを追求しないところがミソ。
そこにタケルおじさんが「あそこの店」のプリンを3つ持って来訪してくれたおかげで、犯人は自首。
最初にハルカが自分の分だと3分の1を食べ、それを見たカナが更に3分の1を食べ、カナの分だと思ったチアキが残り3分の1を食べて無くなってしまったという、全員が犯人というオチ。だからハルカもチアキも追求しなかったようだ。ハルカの場合は、自分の分と思っていたのがなくなっていたのだから、誰が残りを食べたのか追求しても良さそうだったんだけどな。トウマの事があるから、先に食べてしまった事を言えなかったのかな。

続きを読む "みなみけ おかえり 第3話「ケンカでも」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

RIDEBACK-ライドバック- 第2話「珠代上等!? S.L.F ~スプレッド・レッグス・フォーム~」

RIDEBACKに魅入られた尾形琳。

BMAとかいうテロ組織が問題になっていて、政府が対応の為のライドバックを導入するとかなんとかいう話が出ているようです。

内田すずりは琳のライドバックの運転にすっかり感動。なんかすっかりなついてしまったようです。
菱田春樹と河合堂太が入部届を持って来るも、暴走したライドバックに乗せて謝る様子もない彼らに、上村しょう子は半ギレ。

続きを読む "RIDEBACK-ライドバック- 第2話「珠代上等!? S.L.F ~スプレッド・レッグス・フォーム~」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鋼殻のレギオス 第2話「フラッグを奪取せよ!」

今回は小隊同士の模擬戦。
ニーナ・アントークは過去に都市同士の対抗試合で負けた事があるようです。
その時に無茶をする彼女と、別メンバーに亀裂が生じたのだろう。

レイフォン・アルセイフは第17小隊への入隊を断ろうとするも、ニーナに押し切られて錬金鋼(ダイト)を使っての腕試し。
明らかに実力を隠しているレイフォンですが、その事に回りの人間が気付いていないのは、その隠し方が上手いという事。つまりは両者の実力差がそれだけあるという事なのだろうな。
何しろ攻撃が完全に捌かれてる。
剄技の攻撃で吹っ飛ばされてしまうも、これはわざとなのだろうが、ニーナは彼の実力が良く判らなくなってしまったようだ。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第2話「フラッグを奪取せよ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鋼殻のレギオス 第1話「意識を持つ都市」

アバンはいきなりよく判らない再生能力の高い化け物と戦う人たちから始まったかと思ったら、CM開けには学園ものに早代わり。
しかも武芸科かと一般教養科とかがあるようで、武芸科には小隊があるらしい。

ニーナ・アントークはメンバーが抜けて、小隊を維持できなくなって新入生を勧誘しようとするも、多くの人間は既に唾が付けられている状態のようです。
凄い縦ロールの人がいましたが、彼女はニーナと何か縁の深い人なのかな。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第1話「意識を持つ都市」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

黒神 The Animation Episode01「三位一在(ドッペルライナーシステム)」

ヤングガンガン連載中のコミックのアニメ化。
最近、ヤングガンガンからのアニメ化が増えたよな。

主人公伊吹慶太は人と深く付き合うことしない。
それは母親や友人が次々と死んでしまったから、自分に関わる人間が不幸になると思っているからのようで、友達やご近所から誘われても何かと理由をつけて断り続けてるようです。
主人公の幼馴染である佐野茜は、何かと世話焼きで、毎朝朝食を作ってくれてます。
父親は離婚していて、仕送りだけがあるらしい。

続きを読む "黒神 The Animation Episode01「三位一在(ドッペルライナーシステム)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍姫 玄 第3(16)話「愛しき異形」

田神景世のために戦うと決めた星村眞姫那。
そして花神旺里はマキナの契約僧としていよいよ本格的な修行が開始。
荒神莉花と天瀬早季も修行に合流。
莉花はよく景世のところに来ていたいたけど、オーリはほとんど面識がないんですね。

マキナの取り扱いに関して紛糾する光言宗。
反対派の多い中で、神生真世の勅命でマキナとオーリの契約が上手く行けば、オーリを特例で契約僧と認める事で決着がついたようだ。

続きを読む "屍姫 玄 第3(16)話「愛しき異形」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

SOUL EATER ソウルイーター 第41話「クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~」

先を急ぐフランケン=シュタイン。しかしその前にデスサイズが立ちはだかる。シュタインが狂気に憑かれているだろうとデスサイズは指摘する。自らを規律を守る番犬と名乗るデスサイズはその姿が、猛犬のように変化して、扉に近づけば噛み殺すとばかりに吼えまくる。
引き返したシュタインだが、彼が扉から僅かに離れるとデスサイズの姿はかき消えていた。
これはシュタインの狂気が見せた幻なのか、或いは町に仕掛けられたトラップなのか。

狂気の波長に澱む空。
朝練のために出てきたブラック☆スターと中務椿だが、他の二組が姿を見せない。
ブラック☆スターは狂気にビビって出てこれないのだと冗談交じりに言う。

続きを読む "SOUL EATER ソウルイーター 第41話「クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙(そら)をかける少女 第2話「異界からの使者」

前回気絶させられてしまった獅子堂秋葉はイモちゃんと一緒に、宇宙服で宇宙を漂ってました。
イモちゃんは意識を取り戻したを大喜びだけど、妹の獅子堂ナミはのっけから嫌味たらたら。
獅子堂高嶺は相変わらず秋葉を結婚させる事を諦めていません。

学校では生徒会長に突然の呼び出し。
成績優秀者の入るレベルフリーとかいう場所があるらしく、姉たちはそこの卒業生。秋葉とは頭の出来が違うようです。

生徒会長に強引に何をしていたのかと脅されたところに、秋葉を気絶させた少女・河合ほのかが乱入。
しかも転入生かよ。

続きを読む "宇宙(そら)をかける少女 第2話「異界からの使者」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 夏目友人帳 第2話「春に溶ける」

子供の頃の夢を見る夏目貴志。
妖が見える事を口にしたばかりに、嘘つき呼ばわりされていたようです。

腰を痛めたにゃんこ先生のために薬草探しをしていたところで、偶然出会ったのは石像に宿っていた玄という妖。
夏目に取り憑くつもりが、何故か雪うさぎに……
しかも「ま、いっか」と軽いノリ。
悪霊退治に力を貸して欲しいと夏目に依頼。

続きを読む "続 夏目友人帳 第2話「春に溶ける」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第15話「兎と亀」

……またなんつーか、微妙な地獄送りだな。

ドジでのろまな篠原うさぎ。
その遅さから、回りの者はついつい横から口出しして、さもそれが本人の望んだ事の用に言い、うさぎもそれを作り笑いで受け入れてしまう。
進路にしても調理師の専門学校に行きたいのに言い出せず、親の進める介護の道に頷く始末。
そんなうさぎに苛立つ兄・篠原美知人は、うさぎに「この亀」と吐き捨てる。
ま。気持ちは判らないでもない。長年妹といた兄貴は両親も気付いていない、妹が言いたい事を全部堪えている、という事に気付いているので苛立つのだろう。

続きを読む "地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第15話「兎と亀」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月18日 (日)

仮面ライダーキバ 第48話(最終話)「フィナーレ・キバを継ぐ者」

 【ストーリー】

キングに名乗りを上げた紅渡(瀬戸康史)に、まがい物のキングは自分が倒すと怒りをみせるビショップ(村田充)に、渡はいつでも挑戦を受けると余裕綽々。

視力の戻らない名護啓介(加藤慶祐)は嶋護(金山一彦)にイクサナックルを返上して『素晴らしき青空の会』を去ろうとするが、麻生恵(柳沢なな)はそれを逃げてると指摘し、自分とのコンビネーションを磨くべきだと提案。
何故協力してくれるのかという名護に、恵は名護の目が見えなくなってから、自分が名護を尊敬していたのだと気付いたと語り、名護も恵がいい女だと気付いたと笑う。

続きを読む "仮面ライダーキバ 第48話(最終話)「フィナーレ・キバを継ぐ者」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-47「内閣カイゾウ」

突如ヘルガイユ宮殿の害気大臣キタネイダス(声・真殿光昭)と害水大臣ケガレシア(及川奈央)の前に現れたのは、ガイアーク総裏大臣・ヨゴシマクリタイン(声・梁田清之)と危官房長官・チラカソーネ(声・島田敏)の二人。ヨゴシマクリタインはなんと害地大臣ヨゴシュタイン(声・梁田清之)の父親です。
ガイアークに総理大臣がいたことをケガレシアたちも知らなかったらしい。
実は掃除大臣キレイズキンが破壊したと思われた3つのワールドも、キレイズキンはあくまでもヨゴシマクリタインに従っていただけのようだ。

石原軍平(海老澤健次)は母親がお見合いしろと言うので、城範人(碓井将大)を女装させて恋人ということに仕立てようとしてました。範人は恋人を作れば良いというが、ごもっともですが、香坂連(片岡信和)は範人がキツイとか言ってさらりと軍平に彼女なんて出来るわけない事を肯定しているよね。
てか、なんでまず範人なんだ? ここは妥当に楼山早輝(逢沢りな)に頼むべき所だろう。事情を知らなさそうだから、断られた後という感じでもないし。

続きを読む "炎神戦隊ゴーオンジャー GP-47「内閣カイゾウ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #15「反抗の凱歌」

「邪険にあしらわれるとは……
 ならばキミの視線を釘付けにする。
 特と見るが良い。
 盟友が作りし、我がマスラオの奥義を!」

アリー・アル・サーシェスを追いつめた刹那・F・セイエイがトドメをさそうとしたその時、マリナ・イスマイールと子供達の歌声が彼らの下に聞こえてくる。
動きの止まった刹那から離脱するサーシェス。
「何故、俺は戦うんだ」
刹那はその歌声に自らの戦いに疑問を呈する。
刹ちゃん、あの歌で戦いに疑問を持っちゃいましたよ? あれか、刹っちゃんもマリナ様とゴロゴロしたかったのか!!

続きを読む "機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #15「反抗の凱歌」"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #16「地核突入作戦」

「め組」と「い組」の力を借りて地核振動を止める装置を完成させたと思ったのも束の間、魔弾のリグレットとローレライ教団が彼らの妨害にやってきた。
更にヴァン・グランツも加わり、イエモンやタマラ、ヘンケン、キャシーが次々と彼らの凶刃の前に倒れていく。ヴァン先生、年寄りに対しても情け容赦なしです。
スピノザに対して敵対するものの末路を見せつけたヴァンですが、これが寧ろスピノザの裏切りを呼ぶ事になるんだろうね。
彼が裏切らなければヘンケンたちが死ぬ事は無かったのだし。
ヴァンの目的は外殻大地も人間も全てをレプリカと入れ替える事。理論上は無理だと思われるも、ローレライが実在すれば可能らしい。
ヴァンがローレライの存在をハッキリと確信しているのは、ルークと同じくローレライの意識を受けた事があるからだろうか。

続きを読む "TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #16「地核突入作戦」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

鉄のラインバレル #15 「ベクトル」

新政府に逆らっていたJUDAが投降した事がマスコミで報道されてますが、どう見ても平和的説得じゃねぇだろう。銃を突きつけて、アルマたちで包囲している現状、本気でこの報道を信じている人間はいないだろうな。
そして早瀬千里と早瀬美奈にも三文芝居で早瀬浩一の説得を呼びかけさせるというお粗末なやり口。

親子揃って桐山英治に丸め込まれています。
新山理沙子はどうしているのか。あの子は流石にJUDAが悪の組織なんていう嘘八百を信じる事は無いだろう。
早瀬親子の事は単に世間に対するアピールに過ぎないらしい。流石にこれで戻ってくるとは全く思ってないようだ。

続きを読む "鉄のラインバレル #15 「ベクトル」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第2話「王都メスキア」a

黄金騎士団はカイを捜して奔走中。
遂にエタナが登場。やはり親衛隊に残り、親衛隊隊長となったようです。

黄金騎士団の命令で他の騎士団も動かされているようです。
ケルブの居酒屋の外の箱(ゴミ箱?)に隠れていたところを、ケルブの機転で助けられました。なんで最初から居酒屋に逃げ込まなかったんだろう。裏口からならケルブ以外にはばれずに入れただろうに。
何故かヘナロも巻き添え。ヘナロって女の子……だよね?
砂ねずみはカイの非常食のような扱いになりかけてます。

続きを読む "ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第2話「王都メスキア」a"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第1話 「ギルガメスの塔」

さて、第1期~the Aegis of URUK~でアーメイを失いながらも、最終回でニーバとカーヤに裏切られた一行。
彼から半年が経過。

カーヤは真のドルアーガの塔にある建物で入浴した後、ニーバと共に再び冒険へ。
いきなりサービスシーンラブラブです……
カーヤはカチューシャを取ってちょっと印象が大人っぽくなってます。
屋敷の中から見詰めるのは何者なのか……女性なのは確かで、可能性としてはやはりアーメイなんでしょうな。何故彼女が生き返っているのか、そしてなぜこの塔にいるのかなどはまだ当分判らないと思いますが。

続きを読む "ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第1話 「ギルガメスの塔」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第13話「卒業」

古河家にやってきた岡崎朋也。
娘さんをボクに下さいという展開ですが、古河秋生は遊びに行っていて古河早苗が応対です。流石に早苗さんたちは岡崎直幸が捕まった事も気には掛けていないようだ。
秋生が帰ってくると、パンをいつもの倍だと言うも、「早苗のパンなら定価でいい」というのを早苗が聞いて飛び出すいつもの展開に……
なるかと思いきや、今回はシリアスモードで呼び止める。

続きを読む "CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第13話「卒業」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第15話「死神ドゥーン」

血を流し、水辺の上で力尽きたように倒れたドゥーン。

そして滅びが身体を蝕み続けている現在、ルナを殺したキャシャーンに対する憎悪だけで動き続けていた。

甦るキャシャーンの記憶。
記憶の中で、返り血に染まるキャシャーンは自らの手についた血を「ルナの血」と呟く。
自らの手でルナを殺した、その真実と改めて向き合う事になるキャシャーンの心は揺れる。

続きを読む "CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第15話「死神ドゥーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

マリア様がみてる 4rhシーズン 第2話「特別でないただの一日 Une journee ordinaire」

リリアン学園祭当日。
部外者は正門の受付でチケットを提出することになる。
一人の男性が大きな荷物を抱え、困り顔で立っている姿を柏木優が目撃する。

紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)福沢祐巳や黄薔薇のつぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)島津由乃の2年松組の催しは、白薔薇(ロサ・ギガンティア)藤堂志摩子の所属する2年藤組との合同企画『フジマツ縁日村』
自分たちは2年松組のアイドルだと、半被姿でチケット売りに熱意を燃やす由乃とと対照的に、落ち着いた様子の祐巳。
祐巳は販売の方を手伝いたかったものの、手伝わせて貰っていません。
説明はないけど山百合会の役員として抜ける事があるから、邪魔に抜けられたりしても大丈夫な売り子に回されてるのですよね。ちなみに志摩子さんの方はクラスの計らいで店番させてもらってたりするのですけど。

続きを読む "マリア様がみてる 4rhシーズン 第2話「特別でないただの一日 Une journee ordinaire」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を見上げる少女の瞳に映る世界 第1話「知ること」

京都アニメーションのオリジナルアニメ「ムント」のTVアニメ。
元々はOVAでやっていた作品がTVアニメになったようです。
人気が高かったので、そのままTVアニメ化の話が浮上したというところなのかな。

理由は良く判らないが、日差しが苦手なのか、晴れた空でも傘を差す主人公日高ユメミ。
彼女には他の人には見えない天上世界が見える。
そしてその天上世界では魔導王を名乗るムントが、天上世界を救う事の出来るユメミと接触しようとするも、次元の壁のせいで敵わないでいるようだ。
その天上世界は無限と思われていた万能の力“アクト”が遮断されて、崩壊へと進んでいる。天上世界の人々はアクトを大量消費する魔導王国を崩壊させて、アクトの延命を図り、その間に世界を救う手段を算段しようとしている。

続きを読む "空を見上げる少女の瞳に映る世界 第1話「知ること」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まりあ†ほりっく 第1話「戯れの接吻」

オープニングはいかにもシャフトというか……もう絶望先生にしか見えませんよ?
始業式の日。
そして宮前かなこ転校初日の話。
熊谷芙美は若くて可愛い教師です。
かなこの母親の元後輩で、ギリギリ20代。ゆりちゃん先生の一個下だね……個人的にはゆりちゃん先生の方が好きだな。
かなこの母親は学生結婚で、高校進学していない……お嬢の学校で、当時は問題だったのではないのか?

続きを読む "まりあ†ほりっく 第1話「戯れの接吻」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月15日 (木)

とらドラ! 第15話「星は、遠く」

 【ストーリー】

木原麻耶たちと盛り上がる川嶋亜美だが、北村祐作の様子がおかしい。
授業中も勿論のこと、ホームルームで生徒会選挙の話題になると、生徒会長になると目された北村が生徒会長にはならず、選挙にも参加しない、そして生徒会をやめると叫びだしてしまう。

突然の事態に驚く高須竜児や逢坂大河たちだが、翌日、更に驚くべき事に、北村が髪の毛を金髪に染めて学校に登校してきた。
当然のように教師たちに取り押さえられた北村。
何が起きているのかは判らないまま、北村に金髪に出来る店を教えたのは春田浩次だと、櫛枝実乃梨が連行してくる。
北村の事を心配している竜児たちに対して、亜美は誰かに心配してもらおうとしているのだと冷たく突き放す。

続きを読む "とらドラ! 第15話「星は、遠く」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

みなみけ おかえり 第2話「オレも」

南冬馬がお土産を持ってきた。
何やら有名なお菓子屋のお菓子らしいが、早速食べようとする南夏奈と、長女・南春香が戻ってくるまで待つべきと主張する南千秋。
いつもの対立です。
藤岡も来訪。
カナの二分の一と三分の一のどっちの方が多いか、という誘惑に、チアキの中の天使と悪魔がひしめきあい。悪魔の方はアダルトらしい。
とゆーか、この時点で既に冬馬たちの分が割り振られていないという事実。

続きを読む "みなみけ おかえり 第2話「オレも」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIDEBACK-ライドバック- 第1話「深紅の鉄馬」

 【ストーリー】

尾形琳は天才ダンサーと呼ばれた両親の子として生まれ、自身もバレエでプリマを務めるも、その公演中に靭帯が切断してしまう。
琳は幼馴染の上村しょう子と武蔵野文芸大学に入学、同じ部屋で生活を始める事になる。

学食で昼食を取っていた二人に、琳のファンだという少女内田すずりが声を掛けてくる。琳がバレエを止めた事を知らず、琳のバレエについて語り続けるすずりに腹を立てたしょう子が抗議の声を上げようとした時、今度は彬と同じくバレエをしているすずりが声を掛けてくる。
同じく琳の事情を知らない少女が話しかけてくる様子に、しょう子は琳を気遣って彼女に用事がある事にしてしまう。

続きを読む "RIDEBACK-ライドバック- 第1話「深紅の鉄馬」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月13日 (火)

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第14話「怨みの街角」

電車に乗り遅れて帰れなくなってしまった市立賽河原第四中学校の柏木秀美。しかも携帯電話も落として壊れてしまう。
何気なく足を運んだゲームセンターではUFOキャッチャーでにゃんこ先生のぬいぐるみに一目ぼれです。
せめて漫画喫茶とかにでも行けば良いのかもしれないのですが、そのお金もないのだろうか。

やくざともに上納金が支払えなくてボコられる都筑欣也は、いずれのこの新宿でビッグな男になると謳う。
そんな彼に夏場なのにコートを着ているホームレスのおやじがお茶をおごる。
人に親切にしてやると、自分もまだまだ余裕があると感じるのだという。

続きを読む "地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第14話「怨みの街角」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

続・夏目友人帳 第1話「奪われた友人帳」

夏目友人帳 第2期です。

1期のあらすじ。
生まれてすぐに両親を亡くして親戚に預けられるも、妖が見えるため、見えない人たちからは幼い頃から気味悪がられていた夏目貴志は、祖母・夏目レイコがいた故郷に住む藤原夫妻に預けられる。
気の良い夫妻に迷惑を掛けないため、高校生となっていた貴志は自分が妖を見える事を秘密とする。
しかし祖母レイコの残した遺品の中にあった『友人帳』を奪おうとする妖に襲われかけたところを、逃げている途中に偶然封印を解くことになった妖怪の斑に助けられる。同じように『友人帳』を狙う斑だが、用心棒をする代わりに彼の死後に友人帳を譲り受ける約束を交わす。

続きを読む "続・夏目友人帳 第1話「奪われた友人帳」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #15「それぞれの決意」

セフィロト・ツリーの計測を終えたルーク・フォン・ファブレ一行。
ノエルの兄ギンジやシェリダン「め組」のリーダー・イエモンと対面です。
彼らによって、セフィロトツリーそのものがもはや限界となりつつある事が判明。
障気が存在するので、本来の地上に避難する事も出来ない。
そこでジェイド・カーティスが提案した策は、地殻振動を止め、外殻大地をゆっくり地上に降ろすというもの。
障気を外殻大地で蓋するという案ですが、アクゼリュスやホドなど既に崩壊したところが穴が開いてるのだから、そこから漏れ出たりしないのか?

続きを読む "TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #15「それぞれの決意」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍姫 玄 第2(15)話「我が敵」

花神旺里の霊気(ルン)を受け入れて復活した星村眞姫那。
田神景世を守れなくてごめんなさいと泣きながら謝るマキナに、オーリはしどろもどろ。
それはそれとして、オーリがやってきている事と、オーリの恰好について追求。
オーリが契約僧となるべく修行をしていると知って、憤慨です。まだ自分の契約僧は景世だけと言い続けています。
心通わせたという訳ではなく、一時的にルンを受け取っただけなのか。

死亡している僧侶の姿を見て誤解する僧侶達に取り押さえられるマキナと、殴り飛ばされる。
本多監査官が登場。
一瞬は誰かが誤解を解きに来たのかと思ったけど、そうではなかったよ。

続きを読む "屍姫 玄 第2(15)話「我が敵」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月12日 (月)

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-46「家出ボンパー」

ガイアーク反応を検知出来なかったボンパー(声・中川亜紀子)が自分は役ただずのポンコツでいらない子なんだと飛び出した話。
江角走輔(古原靖久)や石原軍平(海老澤健次)はそんなボンパーを心配するより、ガイアークが出た時のために、城範人(碓井将大)と共に須塔大翔(徳山秀典)の下に。
香坂連(片岡信和)と楼山早輝(逢沢りな)の二人でボンパー捜しです。

べアールV(声・井上美紀)曰く自分を修理していたらしく、本当に故障しているのではないかと心配になり、バスオン(声・江川央生)がボンパーの部品はヒューマンワールドに無いので、壊れると大変だと言い出しました。
そんな凄い部品で出来ていたのか……

続きを読む "炎神戦隊ゴーオンジャー GP-46「家出ボンパー」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SOUL EATER ソウルイーター 第40話「切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~」

死武専に投降してきたメデューサは地下の独房に拘束されました。
マカ=アルバーンとソウル=イーターが様子を見に来て、マカはクロナを利用しているメデューサにかなりご立腹。ソウルの方もマカ程に外には出してないけど、実際は同じぐらいに怒っているよむかっうだ。

メデューサはDr.フランケン=シュタインに誘いを掛け、シュタインも必死に否定はするものの狂気に捕らわれかけているので完全には拒絶できないっぽい。
もうシュタインはほとんど使い物にならなくなってしまってるんだね。
が、そんな事はあくまでもおまけの行動でしかなく、実際には死武専と取引するのが目的だったようです。

続きを読む "SOUL EATER ソウルイーター 第40話「切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #14「歌が聞こえる」

「フラッグの造形が垣間見える……
 見事な造形だ! カタギリ」

オービタルリング軌道上の衛星兵器メメントモリの破壊を成功させたソレスタルビーイングは、破壊と同時に戦場から一気に離脱を計る。
だが、メメントモリを破壊して安堵するプトレマイオスⅡに、リボンズ・アルマークの指示を受けたブリング・スタビティのガラッゾ率いるモビルスーツ部隊が襲いかかろうとしていた。
あ~、このせいで刹那は合流出来ないのですね。
でも、せめて万が一に供えての合流ポイントをあらかじめ決めておけば良かったのに。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #14「歌が聞こえる」 "

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年1月11日 (日)

仮面ライダーキバ 第47話「ブレイク・ザ・チェーン・我に従え!」

 【ストーリー】

紅渡(瀬戸康史)と登太牙(山本匠馬)に突如襲いかかってきた再生ファンガイア集団。
二人はこれを瞬く間に返り討ちにすると、再び戦いを繰り広げる。戦いはキバがサガを圧倒する。
渡はこれ以上の戦いは無意味で、自分の方が強いと太牙に言い放つ。
怒る太牙だが、渡はあくまでも事実だと突きつけると、自分がファンガイアとして生きる決意をした事を話すも、それは太牙と共に歩くのではないと告げる。

一方、太牙に怨みを抱くビショップ(村田充)はライフエナジーを収集して、先代キング(新納慎也)であるバットファンガイアを復活させようと目論んでいた。

続きを読む "仮面ライダーキバ 第47話「ブレイク・ザ・チェーン・我に従え!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙(そら)をかける少女 第1話「孤高の魂」

軌道暦311年――
いきなり結婚とか言い出す獅子堂風音から逃げ出す獅子堂秋葉。四女の獅子堂ナミは大勢の人間というのが苦手のようだ。
メイドの獅子堂妹子から変な物体が出てきた。いもちゃんというロボットは特別ではなく、他にも同型のがいて学校に通ったりするようです。
てか、ロボットなのに学校?

続きを読む "宇宙(そら)をかける少女 第1話「孤高の魂」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

鉄のラインバレル #14 「「流れる血、失うは涙」

オープニングがマイナーチェンジした?

クーデターを起こした桐山英治。
大臣も容赦なく抹殺。

城崎絵美は救急搬送。
早瀬浩一の時はただのギャグでしたが、今回は真面目に救急治療です。

泣きくれる遠藤シズナとそれを宥める遠藤イズナ。
石神邦生社長死んでました!!
ダミーとかではなく、マジ死に?

続きを読む "鉄のラインバレル #14 「「流れる血、失うは涙」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第13話「過去は目の前に満ちる」

 【ストーリー】
自らの胸に指を突き刺して傷つけたキャシャーンに、リンゴが語り掛ける。
「キャシャーンは悪い無いもん、可哀想だよ。
 キャシャーンは悪くないの」

「来るな! それ以上、僕に近づくんじゃない」
キャシャーンはリンゴを拒絶する。


自分がルナを殺した。
記憶が戻りつつあるキャシャーンはふらふらと何処かへと去り、リンゴはキャシャーンを追いかけようとするが見失ってしまう。
ブライキング・ボスは「キャシャーンは悪くないよ」というリンゴの言葉に、子供は真実を突いて来ると笑う。キャシャーンが誕生したのも、キャシャーンがルナを殺したのも彼には責任が無い。その事をブライキング・ボスは理解していたのだ。リンゴのような子供といると、自分の滅びが進んでしまう、とブライキング・ボスは彼らの下から立ち去る。

続きを読む "CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第13話「過去は目の前に満ちる」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリア様がみてる 4rhシーズン 第1話「学園祭はショック2」

正確なタイトルは「学園祭はショック2」だから「学園祭はショックショック」というところかな。

オープニングはこれまでと一転してポップな感じです。
これまではどちらかというとクラシックな感じな曲だっただけに、ちょっと違和感。
てか、何も知らない人が見たら、あのオープニングの映像は3人が超能力でも持ってる作品とか思わないか?

「学園祭の劇の件だけど、今年は『とりかえばや物語』をやります」
という紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)小笠原祥子の発言から全てが始まる。
出し物を聞いてすぐさま反応したのは黄薔薇のつぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)島津由乃。それに続くように白薔薇(ロサ・ギガンティア)藤堂志摩子と、その妹(ブゥトン)の白薔薇のつぼみ(ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン)二条乃梨子の2人。

続きを読む "マリア様がみてる 4rhシーズン 第1話「学園祭はショック2」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

マリア様がみてる ハロー グッバイ

祐巳&祥子編完結。
いよいよ卒業式当日。

祐巳たちは3年松組に花をつける係りで、みんなよりも早くに登校。
何故かテンションの高い由乃。
祐巳が花をつける係りになったのは、クラスのメンバーに譲ってもらったからしいが、ジャンケンに勝ったのが悉く祐巳に譲りたい人たちだったというのは凄い状況です。
自分が花を付けたい人はみんな落選か。
祐巳は鵜沢美冬とも再会を果たしています。美冬は3年でも祥子と同じクラスになってるんだね。

続きを読む "マリア様がみてる ハロー グッバイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まりあ†ほりっく 第1話「戯れの接吻」

物凄くシャフト臭漂うアニメ。
どうやら先行配信とかされていたらしいが、そちらは見ませんでした。
声優陣はシャフトおなじみのメンバー。てゆーか、絶望先生?
ドラマCDから何故か主人公だけキャストが代わってるんですね。
平野綾からまといちゃん;真田アサミになってるのか。平野綾が都合が悪かったのか、大人の事情か。原作知らない人間からすると、この声で違和感はないかな。むしろ平野綾より似合っているのでは。

両親の出会いの場となった天の妃女学院附属中学高等学校の高等部2年から編入することになった宮前かなこ。
迷子になったかなこは出会ったメイドの汐王寺茉莉花からいきなりメス豚呼ばわりされる。
そして出会った美少女は茉莉花の主人で、来期から高等部1年に進学する祇堂鞠也。

続きを読む "まりあ†ほりっく 第1話「戯れの接吻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とらドラ! 第14話「しあわせの手乗りタイガー」

 【ストーリー】

大橋高校では文化祭以降、一つの都市伝説が誕生していた。
それは文化祭のプロレスショーで場外乱闘を行った逢坂大河に殴られたりしたものが、好きな子とカップルになれたり、大富豪の遺産が転がり込んだりと、次々と幸せになったというもの。
この「幸福の手乗りタイガー伝説」にあやかろうとする人々が群がってくる。

更に文化祭の後夜祭で大河が高須竜児ではなく、北村祐作とダンスを踊った事で、竜児がフラれて北村と付き合っているという噂が流れていた。
その噂にニヤつく大河。

続きを読む "とらドラ! 第14話「しあわせの手乗りタイガー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

みなみけ おかえり 第1話「年の初めに」

放送時期にあわせてお正月からスタートです。

初詣。南夏奈はいきなり寝坊ですが、朝7時の出発は早くないか?
内田ユカも合流。しかも既に屋台で色々買い捲りの上、お祭りと勘違いしている。
朝早いのにもう屋台が出てるよ。
内田はおみくじが大吉ですが、あてにはならないのはもちろんです。

そういや、正月でも両親は出てこないんだな。
働かなくても生活費があるから、たぶん最低でも一方は生きているのだろうけど。
離れて暮らしているのだろうか。
両親が出てこないからか、正月でもお年玉ネタは出てこない。

続きを読む "みなみけ おかえり 第1話「年の初めに」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミチコとハッチン 第8話「黒いノイズとドープなゲーム」

バイクの修理代を踏み倒したミチコ・マランドロ。
それを追いかけてきたアツコ・ジャキソンが、ようやくミチコの足取りを掴んだ。あ~……すっかり忘れてたね。

サトシ・バティスタが潜伏している噂を聞き大都市オッソにやって来たミチコたち。
ハナ・モノーレスはミチコのやり方に腹を立てて喧嘩。少し前にちょっと関係が良好になったかとおもったら、もう元通りだ。
まぁ、ミチコはアウトローというより、ただのならずものだしな。

続きを読む "ミチコとハッチン 第8話「黒いノイズとドープなゲーム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

屍姫 玄 第1(14)話「光の道筋」

今回から玄としてリニューアルです。
何が変わったかと言いますと、
OP……同じだ。ED……13話と同じだ。
キャスト……当然同じだ。
展開……普通に続編だ。
普通に赫の続きとして始まりました。

田神景世が死んで半年が経過。
星村眞姫那は光言宗に幽閉されたままで、呪いを浄化して新しい契約僧との契約を行わせるつもりが、未だに浄化出来ずじまいで、処分も検討し、壬生貞比呂と遠岡アキラに話が舞い込んでいます。

続きを読む "屍姫 玄 第1(14)話「光の道筋」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

SOUL EATER ソウルイーター 第39話「クロナ、逃亡~ください、君の微笑み?~」

エルカからメデューサの伝言である任務の終了を告げられたクロナだが、死武専を離れたくないと反発する。
そんなクロナにラグナレクはクロナがマリー・ミョルニルに蛇を仕込んで、フランケン=シュタインを破滅へと追い込んだ原因である事がバレるのは時間の問題であり、そうすれば死神様から「脳天直撃死神チョップ」を喰らうだけでなく、マカが泣いて悲しむだろうと語る。
クロナ、マカ達とは別れたくないけど、自分のした事の罪の呵責に悩み続けている状態があれから延々と続いているのですね。
鬼神・阿修羅の隠れ住む雪山の屋敷にやってきたアラクネ、ギリコ、モスキートの3人。アラクネは単身屋敷の内部へと足を進める。
阿修羅を迎えに来たと告げるアラクネに対して、ビビりの阿修羅は彼女を布で縛り上げて攻撃を痛めつけていく。

続きを読む "SOUL EATER ソウルイーター 第39話「クロナ、逃亡~ください、君の微笑み?~」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月 5日 (月)

仮面ライダーキバ 第46話「終止符・さらば音也」

 【ストーリー】

1986年――
紅音也(武田航平)はキング(新納慎也)を倒す為にダークキバに変身するも、バットファンガイアとなったキングの前に力及ばず、倒される事になり、駆けつけたエンペラーフォームの紅渡(瀬戸康史)が戦うが、やはり力及ばない。
息子の倒れる姿に、なおも立ち上がった音也は、イクサナックルを手に最後の勝負を挑む。

しかしダークキバよりも力の劣るイクサでは敵うべくもなく、バットファンガイアの攻撃でイクサの装甲もはじけ飛んでしまう。
渡は音也を守ろうと、キバに変身して戦い、渡一人では無理だと感じた音也は、なおもキバットバット2世(声・杉田智和)の力を借りてダークキバに変身。
2対1の戦いでも苦戦を強いられる音也と渡。

続きを読む "仮面ライダーキバ 第46話「終止符・さらば音也」 "

| | コメント (0) | トラックバック (2)

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-45「初夢キカク!?」

ゴーオンジャーはゴーオンウイングスの正体を受けて、ギンジロー号で温泉旅行に出発。
そして炎神たちはゴーオンジャーたちとは別行動で、リフレッシュホールに。1年間に一度だけ、元の姿で身体を癒す事の出来る場所らしい。
てか、マシンワールドにも正月があるという事か?

実はこのタイミングで総集編です。

続きを読む "炎神戦隊ゴーオンジャー GP-45「初夢キカク!?」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ヴァンパイア騎士(ナイト)Guilty 第13夜(最終回)「ヴァンパイアの騎士~ナイト~」

覚醒した力で玖蘭李土の力を退けた錐生零。
圧倒的な力で、彼の配下のヴァンパイアたちも一瞬で消滅。
夜間部(ナイトクラス)の生徒達も光を躱していなければ同じ運命だった、という事なのだろう。

しかし李土はその一瞬で逃亡してました。敷地内にいた他の手下の血を吸いながら回復しているところに、今度は玖蘭枢が登場。
李土を殺す事は出来なくとも、やはり力は圧倒的なようです。
とはいえ殺せないので、彼の役割はあくまでも零の案内と李土の足止めでしかなかったようです。
枢に気を取られている間に、あっさりと零に殺されました。
早っ……自信満々だった割りに、あまりにもあっけなかったな。零に対しても自信を漲らせていたから、何か手を隠し持っているのかと思ったけど、そうでもなかったらしい。零が覚醒したら瞬殺でした。

続きを読む "ヴァンパイア騎士(ナイト)Guilty 第13夜(最終回)「ヴァンパイアの騎士~ナイト~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダム00 2nd SEASON ~たまたま見忘れた人に捧ぐ~

そんなわけでネタ回スタート。
実際にこの5人がどの程度アニメを見ているのか判らないのですが、土田晃之と喜屋武ちあきの語りは熱すぎだメラメラ。能登有沙もたいがいだと思うけど。

どうでも良い出演者のMCから始まり、ガンダム00の総集編のスタート。
総集編はセカンドステージだけではなく、ファーストの話もちょろっと。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 2nd SEASON ~たまたま見忘れた人に捧ぐ~"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月 3日 (土)

鉄のラインバレル #13 「黒の執行者」

新山理沙子とのファーストキスで、どう顔を合わせればいいのか悩んでいた早瀬浩一。
学校に着いてみると、周知の事実になってました。どうやらおもっいきり道明寺誠や城崎絵美たちJUDAのメンバーにも見られてしまっていたみたいだ。
降矢勉は理沙子の事を諦めるような事を言ってるけど、絵美狙いじゃなかったっけ?

そしてはやし立てている道明寺たちと同レベルの石神邦生社長……思考回路がまるで子供だ。
森次玲二はパソコンでなにやら作業しているのが、妖しい感じを醸し出していました。

続きを読む "鉄のラインバレル #13 「黒の執行者」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »