« RIDEBACK-ライドバック- 第1話「深紅の鉄馬」 | トップページ | とらドラ! 第15話「星は、遠く」 »

2009年1月15日 (木)

みなみけ おかえり 第2話「オレも」

南冬馬がお土産を持ってきた。
何やら有名なお菓子屋のお菓子らしいが、早速食べようとする南夏奈と、長女・南春香が戻ってくるまで待つべきと主張する南千秋。
いつもの対立です。
藤岡も来訪。
カナの二分の一と三分の一のどっちの方が多いか、という誘惑に、チアキの中の天使と悪魔がひしめきあい。悪魔の方はアダルトらしい。
とゆーか、この時点で既に冬馬たちの分が割り振られていないという事実。

すっかり固まってしまったチアキを揺り起こす冬馬。
意識を取り戻してじゃれる冬馬とチアキの様子に、冬馬を男と思い込んでいる藤岡は羨ましがり、更にお菓子を独り占めしようとするカナとも密着する様子に、自分も混ざろうとして玉砕。阿呆です。
そんなに欲しいわけでもなかったお貸しと引き換えに色んなものを失ったようだ。
てか、結局ハルカの分は置いておかなかったのか。
お菓子の缶を突きつけられる藤岡は哀れ。ま、小学生と同レベルのことをしようとか思うのもどうかと思うけどな。

あっちやら、こっちやらという会話をするチアキはハルカの会話。更に大きさを両手を広げて説明するも、犬もスーパーも同じ大きさで、カナは一人置いてけぼり状態。
なんか、アッチとかコッチで通じる会話は長年連れ添った夫婦のようだな。

ハルカに買い物を頼まれていたチアキ。
メモには明らかに不自然な「シュークリーム」の文字。
チアキの中でまたも天使と悪魔の葛藤。
悪魔が気付かなかった振りをして買いに行けと囁き、天使はカナが覗いている事を指摘する。ならば写メを撮って証拠を残せばいいと主張する悪魔に、天使はシュークリームと書かれている場所に元々書かれていたものを確かめなければならないと主張。
激しく対立する天使と悪魔の鬩ぎ合いの結果、チアキはカナを問いただす。
カナは帰ってきて、メッセージボードの上に荷物を置いてしまい、文字が消えてしまったが、元々シュークリームと書かれていたのだと白状する。
反省するカナに、チアキは自分の心は「こーんなに大きい」のだと両手を広げて主張する。
書いたのがカナで、しかもシュークリームだったからこそ、問題となるわけだね。これが野菜の名前なら、まだチアキも直ぐに納得したのだろうけど。

速水はマキが保坂を好き嫌い以前に「きもちわるい」と言っているのを聞き、保坂に恋愛にばかりかまけていないで、クラブの人間との交友関係も深めるように注意する。
将を射んとすればまず馬を射よという速水の言葉に納得した保坂は、マキやアツコに対して仲良くしようと迫るも、明らかに不審な態度に2人は気持ち悪がってむしろ逃走。
速水にも殴り飛ばされる羽目となる。
保坂、気持ち悪すぎる。
そりゃあダッシュで逃げたくなるというものだ。
てか、仲良くなるのと手をワキワキ動かすのにどんな因果関係があるというのだろうか……

TVの料理番組を見ていたハルカに、カナが買い物に行かなくていいのかと問いかける。そろそろ行こうと思うというハルカに、チアキは自分が行くと言う。
メモを貰ってスーパーへ買い物に行ったチアキだが、そこに書かれていたのはチアキが聞いたこともないようなものばかり。
どうしたものかと悩むも、スーパーを回って探し回る。
そんなチアキの呟きを聞いたのは保坂。そのメモの内容からカレーのスパイスと気付いた保坂は、お弁当をカレーにする事に決め、カレーの歌を歌いだしてしまう。
チアキは保坂の歌を聴き、メモに書かれているのがカレーのスパイスだと気付くと、保坂の事を「カレーの妖精」だと思い込む。
本来の買い物用メモとカレーのメモを間違って渡してしまったハルカだが、メモどおりのスパイスを買ってきたが、保坂の歌を歌い続ける。
その日の夕食はカレーに決定。凄く美味しく出来たカレーをチアキは「カレーの妖精さんのおかげ」だと言い、ハルカとカナは不思議がる。
カレーの妖精さんって! 電波ソングをスーパーでどうどうと歌う辺りはさすが保坂です。

翌日、ハルカのためのお弁当をいつものように作ってきたという保坂。
速水が弁当の内容を確認するとカレーだと告げる。教室で弁当箱の蓋を開ければ、教室中にカレーの匂いが充満してしまうと恐れる速水だが、保坂は速水の制止も聞かずに蓋に手をかけ……
オチは常に保坂なのか?
狭い部屋とかでカレーは危険です。お昼ごはんで職場にCoCo壱とか頼んだ日には、暫くカレー臭くなる。同じ事で、カップ焼きそばも危険!!
しかし普通のパックに入れたのでは、カレーなんてお昼には冷めてしまうのでは? ちゃんと魔法瓶とか、冷めない弁当箱に入れておかないといけないよ。
私は中学時代に一度だけカレーを持っていったことがあったな。
職場にインド人の人がいた時、結婚してからは弁当持参になって、その弁当が常にカレーだった(ライスの時と自家製ナンの時あったけど)のを思い出す。旦那の方は日本に来て長いので焼肉とかも平気(というか好物)な人だったけど、嫁さんが結婚するまでインドで住んでた人だから、自然とカレーになっていたらしい。

次回 第3話「ケンカでも」

次回はもう一つのみなみけの話? オープニング「経験値速上々↑↑」


エンディング「絶対カラフル宣言」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« RIDEBACK-ライドバック- 第1話「深紅の鉄馬」 | トップページ | とらドラ! 第15話「星は、遠く」 »

みなみけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/43744398

この記事へのトラックバック一覧です: みなみけ おかえり 第2話「オレも」:

« RIDEBACK-ライドバック- 第1話「深紅の鉄馬」 | トップページ | とらドラ! 第15話「星は、遠く」 »