« 鉄のラインバレル #16「黄昏の断罪」 | トップページ | TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #17「崩壊の序曲」 »

2009年1月25日 (日)

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第3話「夢の国メルトランド」

……本編始まっていきなり画面左上に『雪崩オチまであと20分41秒』とか出だした。
24ネタか。

かつて吹雪が吹き荒れていた黄金の宮。
ここにメルトとクーパがいる、という事でやってきたら、何故か吹雪は消え去ってただの雪国になってた。
しかもメルトが社長になって観光地で、クーパは第1秘書。
ドルアーガを倒したリーダー メルトと131人の勇者とかなってる。
ドルアーガを倒したのはギルガメス王という事になってるんじゃ、と思ったらそれに関するツッコミは後で発生していた。

どうやら交渉で相手を自分と共にドルアーガと戦った事にしてやっているらしい。女性侍らせたりして、贅沢三昧です。
食事は芸がないというか……バカの一つ覚えみたいになってる。
塔からは魔物が消えたので、ローパーを塔の外から逆輸入して、手下にしてるようだ。
料理を運ぶクーパーの姿に、ファティナの「らめぇぇぇ!」を思い出すジル。
そしてカイが「らめぇ!」をマスターした! 子供になんて事を……

助力を申し出ようとしたら、逆にウラーゴンに売られた!!
カイは黄金騎士団の手に落ちて、ジル達は牢屋に。
ジルが人を見る目ないなじるファティナに、ウトゥは一言を言えた義理じゃないだろう、と。
これはニーバの事を指してるんだね。まぁ、ジルとしてはカーヤに続いて最後の仲間であるメルトにも裏切れてしまってるんだけど。
ローパーが奴隷として扱き使われてる……ローパーを労力にリフト動かすという人力ならぬローパー力リフトか。子供ローパーがカイの懐にいる時点で、この先は一目瞭然。
牢屋に捕らえられたウトゥはもの凄いカイの心配しています。ジルよりも心配してる……そういや、クーパの事も好きだったし、子供好きなんだね、ウトゥは。

クーパーはジルたちを売った事でご立腹ですが、勘違いでジルたちを助けるためにカイを売ったのだと思って見直してます。
ま、でもそんな誤解はあっという間にバレてしまうのですけど。本当は利権欲しさでした。

カイの懐から出たクーパーの子供をウラーゴンが踏んづけて、泣き叫んだ子供のせいで予想通りにクーパー大暴走。
メルトの屋敷の下から巨大ローパーまで出現したよ。そんな巨大なローパーまで用意していたのか。
黄金騎士団は敢えなく雪崩に巻き込まれた。
ジルたちは雪崩のおかげで脱出できたものの、雪崩でピンチのところを突然元の姿になって現れたカイに救われてますが、ジルは「カイ!」と懐かしい人に出会った感じで、ちっこいカイと同一人物とは思ってないようです。
カイはローパーに助けられました。なんかローパーを手下みたいにしてるし。

37億5200万ギルダという負債を出したメルトは怒りでジルたちを攻撃。相変わらずバカだけど魔法だけは強力です。よく攻撃するのをクーパが止めないものだと思ったけど、ジルたちがやられる筈がないという安心感もあるのかもしれないな。
そしてお約束のようにローパーの子供を踏んづけて、ローパー軍団にタコ殴り。
ここで雪崩オチまで2分を切った。アレ? まだ雪崩オチが残ってるのか、とか思ってたら……

ジルたちは再び最後の天空の宮に。
天空の宮は立ち入り禁止となっていたようだ。
ジル達はカーヤとニーバが消えてから、何度かココに来た事があるんだよな。

ケルブが何か掴んだようで、ジルたちの下に。ウルク国だけの問題では済まないような大事らしい。
メスキヤの事を任せられたエタナは居残りです。なんか、死地に赴く夫を見送る妻みたいになってるよ。

ジルたちが去った後に目を覚ましたメルト。
てっきり、気絶している間にクーパが運んでジルたちと一緒に行くのかと思っていたら違いました。
今更のようにぶるも、ついていく気はゼロでしたが、ウラーゴンがジルたちに詳しい人間が必要という事で強制連行。
雪崩だけに、項垂れるしかない、メルトであった……
え、そんなオチ? ホントに吹雪級に寒いよ。

次回 第4話「幻影の中へ」

次回は幻の塔に行く為の鍵を手に入れる為、またもドルアーガと戦う事になるようです。
ドルアーガはまた復活しているのか。てか、前に来た時は復活してなかったんだよな。何か出現する条件があるのか? 人数が条件に達していなかったからなのかな。
で、前のようにニーバやカーヤが持っていたドルアーガの障壁を破るアイテムがないけどどうするんだろうか。
ここでカイの出番という事になるのかな。
グレミカは何故かアクラとサウナに入ってる。どこにあるんだ、そんなものは。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 鉄のラインバレル #16「黄昏の断罪」 | トップページ | TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #17「崩壊の序曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第3話「夢の国メルトランド」:

» ドルアーガの塔2 第2・3話 『王都メスキア・夢の町メルトランド』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
ニーバ兄ちゃん出てないからって、もうサボり癖が付いてますが、やっぱりドルアーガは好きなので、何としても完走を目指します! ということで2・3話まとめて~(ヲイ [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 19時56分

« 鉄のラインバレル #16「黄昏の断罪」 | トップページ | TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #17「崩壊の序曲」 »