« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #18「アブソーブゲート」 | トップページ | SOUL EATER ソウルイーター 第43話「最後の魔道具~武器無しキッドのミッション イン ポッシブル?~」 »

2009年2月 2日 (月)

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第17話「藁の中」

今回の依頼主は山童をヒカルと呼ぶ老婆・芦谷富士子。
御景ゆずきは地獄少女・閻魔あいと身体が別れて風景を見る事がなくなった筈なのに、何故かそのビジョンが見えてます。

依頼主の周囲を調査する三藁。
判ったのは戦前に子供がいたけど、子供が底なし沼に填って死亡したらしいという事、そして存在しない筈の子供を大阪万博の頃に床屋の親父が見かけた、と。
依頼人の名前を聞くなり、何故かやる気満々の山童。早く三藁のようになれるように、と言い繕っているものの明らかに何か裏事情があるのが見え見えで、お嬢はその辺りを知っているのだろう。

早速止めに向かったゆずきですが、そこにいたのは老婆ではなく、若い夫婦という謎。
髪型や服装が戦後間もなくって感じだよ……
屋敷にはきくりの姿。
ベッドにいる息子のヒカルとして紹介したのは、なんと藁人形になってる山童……普通に会話している異様さ。
さすがにきくりも良く判らないようで、山童が説明。

昔、彼女の息子だったという山童。
彼が生まれたのはこの屋敷の側にある山。
全身にキノコ生えたた人の姿をしていたみたいだ。あいから共に来ないかと誘われても、その当時は寂しいという概念が判らなかったので断っていたらしい。
芦谷利三郎は永遠の生命を生み出すアンブロシアの研究に夢中。
息子を失った富士子に好奇心から近づいた山童。
老人になった富士子の下に現れた山童を、自分の息子と認識するようになったようだ。

芦谷の息子になった山童。床屋の親父が見たのは山童だったらしい。
冬虫夏草の研究をしている利三郎は、冬虫夏草を虫以外のものに寄生させる研究をしていたわけだが、富士子を助ける為という理由をつけて山童に冬虫夏草を。
すくすくと育ったのは彼が元々そーゆー系統の妖怪だったからなのか。

その冬虫夏草の影響を受けた富士子は元気になるどころか、若返ったようです。
山童の体内にはその時の冬虫夏草が今でも寄生していて、藁人形になっても中には冬虫夏草がいるのか……
それを取ろうとすると、きくりにまで寄生してしまう。でもきくりの肉体は本物じゃないから、身体を変えればいいだけのような? まぁ、変える前に本体にまで寄生したら終わりか。特にきくりは蜘蛛だから、寄生される可能性は高いよな。

利三郎の研究を知ってしまった富士子は、人間でなくとも自分の息子だと思うようになっていたため、山童を屋敷から逃がしたらしい。
そこで別れの辛さを知ってしまい、山童はお嬢の下にきたという事か。
それが何の因果か地獄流しの依頼者として。
地獄流しをしたくないが、せめて地獄に流すなら自分でと思っているようだ。

どういう原理なのか、富士子には息子の姿が見えているらしい。
富士子は地獄通信の事を忘れていたようですが、彼女は新聞時代の地獄通信にアクセスしたようだ。て、かなり昔の話だよな。
確かネットの前が新聞だった筈だから。

ヒカルの仇と利三郎に迫る富士子だけど、利三郎は自分はヒカルを殺しても人体実験もしていないと否定。永遠の命というテーマの自分の研究をするため、山童を利用したものの。実際に冬虫夏草は彼が寄生させたものではなく、元々山童に生えていたもののようで、あの彼がしたのは成長促進剤を塗っただけのようです。
アンブロシアがあれば自分たちは永遠だという利三郎に、富士子はどう思うか藁人形に問い掛ける。山童は止めようとするも、その声は彼女に届かず地獄流しを……
「怨み、聞き届けたり……」
山童の声が寂しそうです。

山童は今回のコントに参加したくない、と。
利三郎に怨みを持っていないという山童。
「だってボク、人間じゃないですから」
妖怪とて怨みは抱くものだろうが、山童にとって研究の材料に使われて居た事は大した問題ではなかったのかな。
お嬢の許可を得て富士子の下に行くも、屋敷は底なし沼に沈んでいくという怪現象。しかも屋敷の中では富士子が息子と抱き合っている姿……

つくづく人間は悲しい生き物だな、て思います。
どうしてそんな事をするのか、理解に苦しむ事も多いです。
地獄通信の仕事を始めて、特にそう思います。
でも、昔みたいに人間のいない山に戻ろうとは思いません。
やっぱり一人は寂しいものです。
ボクの中でコレが生き続ける限り、アナタの事、忘れる事はないでしょう。
……お母さん。

これまでになく不可思議な点が大量発生したお話。
そしてちと切ない話。
しかし椎名へきるは声優活動を再開してから、昔とは随分演技の雰囲気が変わったな。まぁ、年齢が年齢というのもあるのだろうが。

次回 第18話「スペシャルレディオ」

次回はようやく山童の話。
彼は元々は人間だったようです。
しかも親はまだ生きている時代なので、本当に最近なったばかりのようだ。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #18「アブソーブゲート」 | トップページ | SOUL EATER ソウルイーター 第43話「最後の魔道具~武器無しキッドのミッション イン ポッシブル?~」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第17話「藁の中」:

» 地獄少女 三鼎 第17話「藁の中」感想 [生方書房ホビー館]
地獄少女 三鼎 第17話「藁の中」 山童の過去話 [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 01時22分

» 地獄少女 三鼎 第17話『藁の中』 [書きたいことを書いてみた(丑)]
山童の過去。 僕は3期からの参戦だから、違和感なく彼を迎えてたけど 1期2期見てきた人にとっては気になる存在だったはず。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 00時05分

« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #18「アブソーブゲート」 | トップページ | SOUL EATER ソウルイーター 第43話「最後の魔道具~武器無しキッドのミッション イン ポッシブル?~」 »