« 仮面ライダーディケイド 第3話「超絶」 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #18「交錯する思い」 »

2009年2月 8日 (日)

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-FINAL(50)「正義ノロード」

ガイアーク総裏大臣・ヨゴシマクリタイン(声・梁田清之)が発生させた無限の蛮ドーマ軍団と、消えた仲間を取り戻す為、デウス・ハグル・マギアを破壊しようと立ち向かう。
デウス・ハグル・マギアの力で3倍の強さを手に入れたヨゴシマクリタインのパワーは強力だが、決して諦めない江角走輔(古原靖久)、香坂連(片岡信和)、楼山早輝(逢沢りな)は力を合わせてヨゴシマクリタインを抑えると、カンカンバーにスピードル(声・浪川大輔)とバスオン(声・江川央生)とべアールV(声・井上美紀)の炎神ソウルをセットして、カンカンエクスプレスを使い、遂にデウス・ハグル・マギアを破壊する。

怒りに燃えるヨゴシマクリタインにより、デウス・ハグル・マギアのエネルギーが逆流を始め、ヘルガイユ宮殿は崩壊を始める。
だが、無数のハグルマが集結すると、巨大なヨゴシマクリタインとなり、町を破壊し尽くす。
走輔たちが戻る頃にはヒューマンワールドが破壊し尽くされてしまう。ピンチに陥ったその時、甦った城範人(碓井将大)・石原軍平(海老澤健次)・須塔大翔(徳山秀典)・須塔美羽(杉本有美)が駆けつける。
走輔たちは復活した仲間との再会を喜ぶが、本当に喜ぶのは敵を倒してからだとクールな大翔。
11次元全てを自分のものにするというヨゴシマクリタインの必殺技『強行壊滅』を受けて倒れるゴーオンジャー。
これで終わりだと宣言するヨゴシマクリタインだが、ゴーオンジャーは諦めない。
「判ってないようだな」
「あなたには私たちを倒す事は出来ない!」
「何ぃ」
「心と心で結ばれた仲間達を!」
「ゴーオンジャーと呼ぶっす!」
「この世界に仲間がいる限り!」
「僕たちは、何度でも!」
「何度でも、立ち上がる!」
再び立ち上がると、7人はヘルメットの無い姿に変身。
大翔と美羽にバスオンとべアールの炎神ソウルを与えると、必殺技でヨゴシマクリタインを撃破。

大ダメージを受けたヨゴシマクリタインは、第3次産業革命で巨大化。
そこに消えた炎神たちも駆けつけると、7人は炎神に乗り込むと、ヒューマンワールドの人間と、マシンワールドの炎神の心が絆で繋がったエンジンオーG12で立ち向かう。
G12グランプリによる攻撃でヨゴシマクリタインを粉砕するが、無限の力を取り込んだヨゴシマクリタインは復活してくる。
自分は無敵であり、神でも倒す事が出来ないと笑うヨゴシマクリタインの強烈な攻撃を受けるゴーオンジャー。だが、無敵など存在しない。
正義の炎が燃え続けるゴーオンジャーと炎神の絆の力によね『G12ファイナルグランプリ』がヨゴシマクリタインを遂に滅ぼす事に成功した。

ガイアークを遂に滅ぼす事の出来たゴーオンジャーたちだが、スピードル(声・浪川大輔)たち炎神は何か浮かない様子。それもその筈、ガイアークを追いかけてヒューマンワールドにやってきた炎神達は、ガイアークを倒したからにはマシンワールドに戻らなければならない。
相棒と共にヒューマンワールドに共に居たいのは炎神達も同じだが、次元の安定の為にはむやみに他の世界にいてはならない。
別れは辛くとも、別れを取り超える事で成長する。
水先案内ロボであるボンパー(声・中川亜紀子)も、また炎神たちと共にマシンワールドに帰還する。
元の姿に戻った炎神たちは、長い戦いを終えて次元の壁を越えてマシンワールドへと帰還した。

数ヶ月が経過し、戦士としての日々を卒業した7人は、それぞれの道を走り始めていた。
軍平は警察に復帰すると、特犯係で左京の相棒となっていた。美空警部補(真殿光昭)は早速犯罪者を捕らえたと満足そうだが、手錠を嵌められてしまっているのは範人。
早輝はケーキ屋に務めていた。ケーキ屋にはお客として清水奈央(及川奈央)が、早輝のドジでケーキまみれに。
早輝と合流した軍平と範人は、ギンジロー号で移動。範人の手錠を外そうとしているが、合う鍵が見つからない。何故こんな事になっているのか、と問い掛ける早輝の質問にも、範人は笑って誤魔化した。
大翔と美羽は元のセレブ生活に戻っていた。浄土頭取(梁田清之)を初めとした人々とのパーティに参加していた2人だが、この世界に退屈を感じていた。パーティが下らないと抜け出そうとする大翔を、上流階級の人々と人脈を作るのも仕事だと説得する美羽。
これが本当に「オンリー・ワン」なのか、と呟く大翔の言葉を美羽も否定出来ない。
その時、美羽のイヤリングが落ちると、2人は奇妙な感覚を感じ取る。
と、そこに早輝・範人・軍平の3人が乱入してきた。
実は今日は走輔がレーサーとして再デビューを果たす日だった。連は走輔のチームメカニックとして日々を送っていた。
範人の手錠は、バイトでピザを運んだ時に、手錠で遊んでいて鍵を無くしてしまったために外れなくなったのだ。
レーサーとして復帰した走輔だが、1年半のブランクでなんと復帰はカート。美羽はかなり呆れ気味。

久しぶりに集まったみんなは、炎神達がなにをしているのかと思いに馳せる。
そこに突然スピードルがボンパーと共に現れると、手を貸して欲しいと頼む。
行方不明となっていたガイアーク蛮機族の大統領が異世界で暴れ回っているという。
もう一度正義の味方として戦う為、みんなは新しい世界へと向かう。

ゴーオンジャーが戻ってくる頃には、ヒューマンワールドは全てゴミにとか言ってた割りに、走輔たちは直ぐに戻ってきたな……まだ一割も破壊出来て無かったんじゃ……

メット無しでの変身。やっぱりちょっと体型が違うのを感じるよね。特にイエローとグリーン。

ガイアーク3大臣がそれぞれの属性が綺麗な形になった名前になって登場です。

走輔のカートは思いっきり鈴鹿だよね。しかも本コースの方じゃなくて、遊びようのじゃないか。私も走った事あるよ。

異世界って……みんなして失踪扱いになるんだから、去る前にちゃんと身辺整理して行こうよ。特に大翔と美羽に関しては大騒ぎになるぞ?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 仮面ライダーディケイド 第3話「超絶」 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #18「交錯する思い」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/43997091

この記事へのトラックバック一覧です: 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-FINAL(50)「正義ノロード」:

» 仮面ライダーディケイド 第3話 [ふしぎなことだま]
これでクウガの世界は終わり!? しかも、順番に進んでいくのかと思いきや、次はキバの世界なの!? 今回もホッパー地獄兄弟は声だけだったなー、残念! ところで、桜井サンもどきの正体は、実は仮面ライダーシリーズの製作に 関わる(または関わってた)スタッフ。(Pとか脚本さんとかw) ・・・とかいうヲチだったりしないだろうなww しかし、グロンギだらけでカオスでしたなぁ。 八代刑事は死んじゃうしー!なんだそれー!! この人、ツカサにグーパンチされて鼻血だしたり、グロンギガス吸って 死んじゃったり、可哀想... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 00時06分

» 炎神戦隊ゴーオンジャー 「正義ノロード」 そして一年を振り返って… [不惑にして特撮に惑う]
最終回。大団円だぞゴーオンジャー!でも俺達の戦いはまだまだ続くぜ! この場を借りて、この作品に携わった全ての方々にお礼を。どうも有難う御座いました。 最終決戦はヨゴシマクリタインとの対決。一度は圧倒されて倒れたけど、熱さで再起!この時の三人のセリフ、第..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 07時13分

« 仮面ライダーディケイド 第3話「超絶」 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #18「交錯する思い」 »