« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #19「最後の預言(スコア)」 | トップページ | SOUL EATER ソウルイーター 第44話「弱虫クロナの決意~いつもそばにいてくれた君に?~」 »

2009年2月 9日 (月)

続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」

北本篤史と西村悟が冬の遊び方で議論を交わしていても、夏目貴志は空を眺めて上の空。
そんな夏目を見詰めていた妖怪の少年……

37度ちょっとながら夏目は風邪引き。
にゃんこ先生に横になるように言われても、藤原塔子に心配掛けたくないと拒否。
「判ってない」と言われてしまいます。
これはそのせいで高い熱を出す方が心配かけるという事なのか、それとも塔子はそうして夏目が頼ってくれる方が嬉しいと思っていると考えての事なのか。

にゃんこ先生は家の外に少年の妖怪を発見。
かなりドジな妖怪ですが……
露葉という名前らしい少年は、会話がかみ合わないと思ったら夏目レイコと夏目を間違えてました。しかもレイコが死んでいると聞いて固まるし……忙しい子だな。

友人帳には名前がなくて、何故か木の枝に結んだらしい。
しかも50年後に返してやると言われて、律儀にそれを守っていた露葉。
レイコが名前を取ると、海が暴れて世界が滅びるとか言われていたらしい。
何やってるやら。

田沼要が夏目達が発見して手伝う事になるものの、何故か笹田純や北本・西村の3人も……
とても役に立っているようには見えないけど。
更ににゃんこ先生に頼まれて、ヒノエも名前捜しに傘下。
にゃんこ先生は露葉がレイコに呪いを掛けられていると教えたようです。
「呪われとるじゃないか、自主的に
確かに……普通は50年もじっと待ち続けないよ。

夏目は突然倒れそうになって田沼に支えられる。
完全に風邪を引いていたのを忘れてたよな。
夏目の風邪に気がつかなかった北本たちですが、田沼は一言言ってくれればと……
みんなに心配を掛けたくないという夏目の思いですが、みんなからすると自分たちもっと心を許して欲しい、というところかな。
心配を掛けまいとする行為は、逆に夏目がみんなとの間に一線引いている事を現しているのだし。
今期のテーマはここかな。

自分のせいだと自分を責める露葉に、ヒノエは夏目の気持ちを判ってやれとちょっと怒っている感じ。
「こいつの頑張りを無にするような事言うんじゃないよ。
 今度言ったらただじゃおかないよ。
 周りと付き合うのが下手な癖に、いざとなった誰かの為に無茶をする」
ヒノエはレイコと夏目が似ていると語る。

ヒノエとレイコの出会い。
道に迷ったレイコをからかおうとしたヒノエ。
レイコは最初から彼女が妖怪と気付いていたのか、それとも途中で気付いたのか。
男の子3人ボコボコに、て……レイコは妖力が強くて妖怪に強かっただけじゃなくて、単純に喧嘩も強いんだな。
ヒノエが大切なかんざしを鴉に盗まれたのを、池に飛び込んでまで取り戻したレイコは、簪を返して欲しかったら出口まで案内して、と笑顔で取引。
何故かヒノエはその質の悪さに心トキメいた。
「なんでそこで惚れるのか、何度聞いても判らん」
にゃんこ先生のおっしゃる通りです。
まったく判らないよ、ヒノエ。
「ふん、不細工な巨顔猫になんざ判ってたまるか」
ぶさ猫に続いて、新しいあだ名が決定。

森しか知らない露葉は海に憧れていた。
見たければ見に行けばいいが、露葉は何故か森から出られないらしい。
何故出られないのか、単純な思い込みなのか、理由があるのかは不明。
レイコが露葉に教えた海。
「青くて、どこまでも広くて。
 いつも波が揺れていて、太陽や月の光がキラキラ光ってて。
 首の長い恐竜が棲んでて。
 島は秘密基地になってて、運が良いと円盤が飛び立っていくところが見られたりするんですよね。
 凄いなぁ」
「……確かに凄いな、途中から」
「嬉々として話してるレイコの顔が浮かぶわ」
ああ、もの凄い顔が思い浮かぶよな。

気になったのはヒノエの言った「レイコは言う事を聞かせた妖から名前を取ったりしない」という台詞か。ここまでレイコは勝負で勝った相手から名前を取っているという事があったけど、この場合は勝負したわけでもないからかな。
夏目は名前の紙が見つかったら、レイコがしたかった事が判るような気がすると。

熱が下がって、安心した塔子さんは寝ているように言われるものの、入れ替わりでやってきた一つ目の妖怪と牛の妖怪が、ヒノエが名前の書いた紙の結んである気を見付けたと連絡に来て、にゃんこ先生が止めるのも聞かずに霧葉と共に契約書のところに。
霧葉に自分で登って契約書を取りに行くように告げる夏目。
登り始めた辺りで、レイコのしたかった事が見えてきますね。
そして予想通り、露葉は木の上から見える景色に海を発見。
妖にとって50年はたいした時間じゃないが、木が大きく成長するには十分で、50年掛けて成長した木の上からならば、海が見えるようになるというレイコの考え。
にゃんこ先生は否定しようとするも、台詞の途中でヒノエに殴り飛ばされた(爆)。

「さみしいな、何も残らないなんて」
「残ってるよ」
そう言って露葉の手を彼の胸に当てる夏目。それは心に残ってる、という事ですね。
 見たもの、感じたもの……
 それは、ずっと消えない。
 忘れはしない。

そこに塔子さんが帰宅して、夏目大慌て……靴下片一方脱ぎかけだったり、あからさまに妖しい。
てか、無理にズボンは脱がなくても、布団の中に入っていれば判らないだろうに……

次回 第6話「少女の陣」

次回はようやく主要キャラの一人である多軌透の登場。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #19「最後の預言(スコア)」 | トップページ | SOUL EATER ソウルイーター 第44話「弱虫クロナの決意~いつもそばにいてくれた君に?~」 »

夏目友人帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/44003775

この記事へのトラックバック一覧です: 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」:

» 続・夏目友人帳 第五話「約束の樹」 [ひなたぼっこ。]
【あらすじ】 夏目の姿を遠くから見つめる気の弱そうな妖、夏目と目が合うや逃げ出す始末。追ってくる理由を聞くと、友人帳の名を返してほしいのだという。名前の返還に応じる夏目だったが、友人帳は反応するものの、どの頁も示すことなく再び閉じてしまった。その妖怪「霧葉」曰く、レイコが50年経ったら名前を返すと言って、森の木の枝に結んでしまったという。結んだ紙をとるな、とレイコに脅されていたと聞いた夏目は、探し出したらその理由がわかるのではと思い、霧葉と森にやってくるのだった。 【感想】 粋な計... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 10時57分

» 続 夏目友人帳 第5話『約束の樹』 [風庫~カゼクラ~]
オリジナル回だとクラスメイト登場率がアップしますねぇ。 安心してオリジナル回を見れる、って幸せかもしれないなどと思ってみたり。 …書けなかった時期の分、ちょっと頑張って更新に励もうと思いますです(汗) 続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]井上和彦, 神谷..... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 02時31分

« TALES OF THE ABEYSS -テイルズ・オブ・ジ・アビス- #19「最後の預言(スコア)」 | トップページ | SOUL EATER ソウルイーター 第44話「弱虫クロナの決意~いつもそばにいてくれた君に?~」 »