« 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」 | トップページ | 明日のよいち! 三の太刀「脱いだらすごいんです」 »

2009年2月 9日 (月)

SOUL EATER ソウルイーター 第44話「弱虫クロナの決意~いつもそばにいてくれた君に?~」

 【ストーリー】

姿を消したフランケン=シュタインと、彼の下に向かったマリー・ミョルニルとクロナ。それを追うマカ=アルバーンは彼らを見つけ出す為、魂を共鳴させて魂感知能力を増幅、探索対象をクロナ一人に絞ることで見つけ出そうとしていた。

メデューサの潜む森にまでたどり着いていたクロナとマリーは、メデューサのアジトを探し求めていたが、方向音痴のマリーに任せているといつまでも辿り着かず、クロナ考えに従って向かった先に、遂にメデューサの居城が現れる。
居城の中を進んだ2人は、遂に待ち受けるメデューサとシュタインと対峙する。

ババヤガーの城を目差すブラック☆スターと中務椿は部隊から先行して進んでいた。
一度戻って仲間との合流を提案する椿だが、ブラック☆スターは足手まといは不要、戻るという選択肢はないとこれを拒絶する。
死武専の作戦は城のある空洞にまで到着した後、待ち受けるトラップや敵をかいくぐり、城にまでたどり着く事。城に到着後に新たな指示が下される手筈となっていた。

ギリコとジャスティン=ロウは激しく激突。

メデューサと対峙するマリーは、戯けてみせるメデューサを激しく非難。自らが死武専を止めた事、そしてシュタインを取り戻しに来た事を告げる。
メデューサはクロナが何しに来たのかと問い掛ける。

ここに到着する以前。
マリーはクロナに自らがしようとしている事について再度確認を取っていた。実の母に刃を向けようとしているクロナ。
ずっと逃げて問題を先送りしてきた。
責任を取らなければならないというクロナだが、マリーはクロナを信用出来ないと突きつける。
彼女がクロナを信用出来るのは、シュタインを取り戻した時。

クロナは自分の大切な友達の為にメデューサを倒すと語る。
シュタインは自らの意志でここにいるというメデューサの言葉を信用しないマリー。
メデューサは自分の肉体がレイチェルという少女のものである限り、マリーたちに自分を傷つける事は出来ないと笑う。

ババヤガーの城に潜伏していたエルカは、戦いの様子におっかなびっくり。
ミズネからフリーの状況を教えられながらも、自らの状況を嘆く。

マリーたちには自分を傷つける事は出来ないが、自分たちはマリーたちを攻撃する事が出来る。余裕の笑みを見せるメデューサだが、マリーは至って平然と相対していた。
マリーは自らの腕をハンマーに変え、クロナは魔剣ラグナロクを取り出す。

メデューサのベクトルアローを粉砕し、ベクトルプレートも吹き飛ばされた先の壁を足場にして光り輝くハンマーで殴りかかる。
マリーのハンマーの光が気に掛かるメデューサだが、今度はクロナがラグナロクで斬りかかるも、メデューサはそれが本気の切り込みではない事を見切り、何か別の策があると読み取る。
「ボクはもう、悲しい思いはしたくない。
 ボクはもう、友達を裏切りたくない。
 ボクはもう、メデューサ様の道具にはならない」
自らの決意を露わにするクロナに、怒りを浮かべるメデューサは、友達など一時の気の迷いだと語り、ひとりぼっちのクロナには自分しかいないと笑う。
クロナは絶対に自分を裏切らない、自分の息子だから。それでもメデューサを倒さなければならないと語るクロナに、メデューサはクロナを殺すしかないと邪悪な笑みを浮かべる。

メデューサを倒そうとするマリーに、メデューサはシュタインを差し向ける。
マリーが死んだはずだと口にするシュタイン。
あの夢は古い秩序が自分を抑え込むものだったと語ったシュタインは、マリーに自分が彼女を解体する前に消えてくれと語る。

マリーが何かするつもりだというメデューサに、シュタインはマリーの能力と、彼女のやろうとしている事はお見通しだと語る。
メデューサがクロナを、シュタインがマリーを攻撃する。
自分自身が判らなくなっているシュタインは、新しい規律に従う事を選ぶ。
「今の俺のしたい事は、解体する事だ」
説得を重ねるマリーに、シュタインは笑う。

メデューサの攻撃の前に苦戦し、深手を負うクロナに、メデューサは魂の波長を打ち込んでいた。その波長により、クロナとラグナロクの魂の波長にずれが生じ、クロナは黒血を自在に操る事が出来なくなっていた。
クロナにトドメの一撃を刺そうとしたその時、2人の間にマカが割って入り、怒りに絶叫する。

次回 第45話「退魔の波長~猛攻、怒りの魔人狩り?~」


 【感想】

他メンバーは若干で、クロナ・マリーメインの回。
クロナ若干の迷いを残しながらも、マカのために戦う事を決意。

今回の様子からすると、マリーは直接中のメデューサだけを攻撃する能力を持っている、という事なのかな。
それにしても流石はメデューサ、黒血対策も万全という事ですか。てか、魔女も魂の波長を撃てたりするだな。

シュタインは良い感じで壊れてきています。まだ微妙に理性が残っている感じもするので、ここはターニングポイントという事なのだろう。メデューサを倒す方法はともかく、彼を正気に戻す方法とかあるのだろうか。あったらとっくに実践されている気もするけど。
鬼神を封じるしかないのかな。

次回は苦戦を強いられる中で、クロナが致命傷とも言えるようなダメージを受けて、マカの怒りで魔人狩りが発動という展開のようだ。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」 | トップページ | 明日のよいち! 三の太刀「脱いだらすごいんです」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOUL EATER ソウルイーター 第44話「弱虫クロナの決意~いつもそばにいてくれた君に?~」:

» ソウルイータ 第44話「弱虫クロナの決意〜いつもそばにいてくれた君に?〜」 [パラサイト・イブ]
「親子との再会」 [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 21時02分

« 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」 | トップページ | 明日のよいち! 三の太刀「脱いだらすごいんです」 »