« CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第18話「大地の果て」 | トップページ | 空を見上げる少女の瞳に映る世界 第6話「信じること」 »

2009年2月21日 (土)

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第7話「常春の館」

アバンでは、ジルたちが登頂を始めた頃、アーメイがジル達に教えた合図の話。
こんな地味な訓練とかもしていたんだね。

ジルたちが扉をくぐり抜けた先に存在していたのは一軒の館。
そこでウラーゴンたち黄金騎士団と行動を共にしていた筈のメルトとクーパと合流。
更に、彼らの前に死んだ筈のアーメイが。
クーパは思わず抱きついて喜ぶも、流石に納得出来ないメルトは単刀直入に訊ね掛けていますが、クーパからはケーキを薄く切るというイヤガラセ受けてしまいました。

死んだはずの人間がいるなんておかしいとファティナたちに言うヘナロ。
しかし今度はなんとカリィがファティナとウトゥの前に現れた。
更にはヘナロに呼びかける声は、パズズ

再会を喜んで会話を弾ませたり、遊んだりという時間を過ごすジルたち。
もちろんお約束の入浴シーンもあります。今回はファティナ・アーメイ・クーパの3人。前期よりもより明確な入浴シーンになってきているな。
死人が甦るというか、失った大切な人と再会出来るという仕組み。
そうする事で足止めをしようという罠なのかな。
グレミカたちがいないのは、さっさと先へ進む事が出来たからなのか。

メルトたちとはぐれた黄金騎士団はクムとウラーゴン、そして荷物になってるマイト・ザ・フールだけになってました。もはや壊滅状態。本当に何があったのやら。
そしてクムの前にも幼い頃に死んだはずの姉。

先へ進む扉は屋敷の直ぐ側にあるものの、鍵が必要。
その鍵は大量の荷物の中に隠れている。
鍵を探すジルたちですが、次々と思い出の品が姿を見せていきます。
その中で鍵を密かに発見したウトゥですが、ここを立ち去る事を惜しんでしまい、鍵を見付けたことを隠してしまう。
カーヤの置いていった服を見付けたジルの様子に、ファティナはすっかり焼き餅
ニーバと会えば、彼を殺すつもりだという決意も見せています。

ヘナロとパズズの関係が早くも判明。
なんとヘナロはパズズの子供でした。
母親とパズズはあまり愛し合った末の結婚という感じでは無さそう。まぁ、暗殺者だし、あの性格だからね。
ヘナロ自身もアミナの手先だったようです。
ギルガメス王の影を守る為、最悪ジルたちを殺すという任務を負っているようですが、果たしてどう行動するのか。

ウラーゴンにだけは誰も現れない。
それは彼が本当に会いたいと望む、もう会う事の出来ない相手がいないから。
ウラーゴン、結構寂しい奴のようです。
予想外だったのはマイト・ザ・フール。彼女が会いたいと願うのはパズズかと思いきや、なんと棺を開けた時に見たカリィ。マスターは刷り込みなのか……

永遠にという訳ではないけど、暫くここにいてもいいんじゃないのか、と言い出したウトゥと、それに賛同するメルトやクーパ。
そんなところに、ナイトたちの襲撃。
館が破壊されればアーメイやカリィも消えてしまうから戦おうとするウトゥたちに対して、ジルは扉から先へ進むべき主張。ウトゥの様子から、彼が鍵を見付けていた事にも気付いていたようです。
アーメイは幻影になってもやっぱりアーメイ。ジル達を送り出してくれました。

ヘナロの持つアイテムではまだナイトを制御しきれないようです。魔力が足りないとかなのだろうか。
そうしてナイトに立ち向かうのは、自分のマスターであるカリィの幻影が消されてしまったマイト・ザ・フール。
他のナイトと敵対関係になってしまいました。

クーパはアーメイとのお別れに号泣。館の魔力で作られているアーメイやカリィは当然、扉の向こうになど行ける筈もないですから、お別れは仕方ない事。
ウトゥはカリィの言う通り、あの仮面の下で泣いていたんだろうなぁ。
アーメイはジルにカーヤのベルトを鉢巻きにして、カーヤが無理をしているから助けてやって欲しいと頼む。カーヤのベルトを付けているジルを見詰めるファティナが切ないなぁ。
ジル達はヘナロと合流して、アーメイたちに見送られて扉の先へ。
「先へ進め」という手信号を最後にジルに送るアーメイ。
やっぱりアーメイはいい人だよ。

まさかのマイト・ザ・フールの攻撃に、ソード・オブ・ブラッド、ティアー・オブ・アイス、スペキュラ・エクス・マキナは撤収。
館は無事でした。
ウラーゴンが落ちてきて意識を失ったマイト・ザ・フールを背負って、先へと進む。しかしクムは彼を追わずに、姉と共に屋敷に残る道を選択……クム、まさかの戦線離脱です。
ウラーゴンが死んだらこの館に現れるかもしれない。クムが彼の事を本当は嫌いでは無かったから、と。何、不吉な事を言ってるかな、こいつら。
ウラーゴンは遂に一人きりになって、マイト・ザ・フールと行動を共にするようになったよ。大丈夫なのか、このコンビで。
しかしジャングルに居た時には、まだ黄金騎士団がそこそこ残っていたのに、一体何があってクムとウラーゴン以外は全滅したのだろうか……マイト・ザ・フールが暴れたのかと思ったけど、そういう感じでもないし。ナイトたちの事も知らない様子なので、彼らに襲われたわけでもなさそうだし。

次回 第8話「二人はかつて」
早くもニーバに追いつくようですが、カーヤは?
二人の過去に何があったのか、ハッキリするようです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第18話「大地の果て」 | トップページ | 空を見上げる少女の瞳に映る世界 第6話「信じること」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第7話「常春の館」:

« CLANNAD~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第18話「大地の果て」 | トップページ | 空を見上げる少女の瞳に映る世界 第6話「信じること」 »