« CLANNAD AFTER STORY~クラナド アフターストーリー~ 第20話「汐風の戯れ」 | トップページ | 鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」 »

2009年3月 8日 (日)

バスカッシュ!-BASQUASH!- 第1話先行上映会 FIRST QUARTER【大阪会場】3月7日

 【ストーリー】

どこかの宇宙の どこかの銀河。

上空に月が浮かぶ惑星・アースダッシュ。
月面都市“ムーニーズ(mooneyes)”は高度なテクノロジーを持ち、ローテクのアースダッシュ住民たちにとっては夢と希望の象徴で、多くの人々は月に行く事を夢見ている。

アースダッシュに暮らす少年ダン・JD。彼は仲間であるガンツ・ボガードやベル・リンドンの協力を得て、ペットのスパンキーで変装しながら《ダンクマスク》として『ローリングタウン』という街を暴れ回っていた。
ビッグフットと呼ばれる汎用大型マシーン。
これを使ったバスケット『ビッグフットバスケ(BFB)』が世界中を熱狂させていた。ダンはその試合中継が始まると、《ダンクマスク》となって街中のテレビを破壊し、ベルのサポートを受けながら捕らえようと迫ってくる警察用ビッグフットを手玉に取る。その間にガンツが壊したテレビからパーツを回収し、それを売り捌いて稼ぎとしていた。
今回の一件で499個のテレビを破壊したダンたちだが、警察による警戒も厳しくなり、潮時と考えて別の手段を模索する。

手に入れた金で妹のココ・JDにおみやげとしてペットを買って帰るも、ココはうっといしいからという理由で捨てて来るように冷たく言う。
車椅子によるココは冷めた様子で、パソコンと向き合う。
ココも昔はあんな子供ではなかったのだ。
バスケットが好きな明るい女の子だったココだが、ビッグフットを相手にしたバスケットの試合中に事故に遭い、足の自由を奪われてしまったのだ。以来、ダンは大のビッグフットバスケ嫌いとなった。
彼はビッグフットバスケなどのろのろとしていて、本当のバスケットボールなんかじゃないと忌み嫌う。

そんな中ダンが出会った一人の胸の大きな少女。
ダンは、アースダッシュのみんなが願うように月へ行く事を望んでいた。月に行けばなんでも手に入る。金も、女も、そしてココの足の治療も……
ビッグフット整備士を名乗る少女は、ダンを強引に連れて自分のビックフットに乗せる。
ダンはピックフットで走り、飛び、自由自在に動き回る。
ビックフットで月まで飛ぼうとしたが、当然届くはずもなく、地面に叩きつけられて故障してしまう。
少女は、ダンとビックフットが相思相愛だと語る。

少女は、まだ生のBFBの試合を見た事がいなというダンに、このローリングタウンで行われる初のBFBの公式戦のチケットを3枚プレゼントする。
いよいよ始まったBFBの公式戦。熱狂する観客の中、あまりにも鈍重な動きにダンの苛立ちが募る。興味を失ったダンは、不意に昔の事を思い出す。
昔ローリングタウンから去っていった幼馴染みの少女。自分と相思相愛だと言った少女は、いずれ戻って来る事を約束して去っていった。その幼馴染みの少女こそ、メカニックの少女ミユキ・アユカワだった。

最初のうちこそ盛り上がっていた観客達だが、次第にBFBの真の姿を知って冷めていってしまう。彼らがテレビで目にしていたBFBは、映像を派手な加工と音声により合成された架空の代物だったのだ。
イヤになって会場を後にしたダンだが、ミユキとばったり出くわす。
ダンがようやく自分の事に気付いたと知った彼女は、ダンを彼のために用意したビックフットに乗せ、本当のバスケをみんなに見せてあげるように告げる。

迫力に欠け、あまりにも退屈な内容に観客たちも会場を離れようとしていたその時、会場にダンクマスクがビックフットに乗って現れた。
途端に盛り上がるスタジアム。
ダンクマスクは、スタジアムに降り立つと、ボールを奪い取る。バスケならば当たり前なのに、誰も出来ていなかったドリブルを行い、取り押さえようとする選手達を次々と躱していくダン。やがてダンクマスクを取り押さえようとした警察のビックフットさえ、次々とパスしていく。
彼の動きに魅了され、大いに盛り上がっていく観客たち。
数々の邪魔をするビックフットを振り切り、ダンクシュートを決めようとしたその時、アイスマン・ホッティの乗るビックフットがダンクマスクからボールをカットしてみせるのだった。

ボールを奪われたダンクマスクのビックフットはそのままゴールに激突してしまい、スタジアムは大崩壊。
売り子をしていたセラ・D・ミランダは、ダンクマスクの動きにうっとりした表情で魅入られていた。
ダンは遂に警察に捕らえられて懲役1年の実刑判決を受けて留置所にぶち込まれてしまう。
だが、ついにビッグフットバスケをぶち壊したダンは、派手に殴られて晴れ上がった顔ながら、晴れやかに笑うのだった。


 【感想】

……第1話は個人的にはなかなか面白かったです。
日仏合作で、原作者も日本人の河森正治とフランス人のロマン・トマの2人。
フランスは元々日本よりもかなり早くからフルCGアニメが製作されていた国です。しかしながら日本のようにセルを使わないアニメは、実際には日本のアニメほどの評価が得られず、日本から輸入されたアニメの方が人気が高かったという国でもある。ただしCGレベルは高いです。
このアニメはマクロスのサテライト制作でトマの連れてきたフランス人スタッフも関わっているので、CG技術は問題なし。
良く動き回ります。
キャラクターたちはかなり個性に溢れていて、今のところ埋没するキャラクターは少なそう。今回はメインになるBFB選手の2人、セラとアイスマンについては控え目。アイスマンはその実力を隠しており、セラはまだビックフットに乗ってもいません。
たぶんこの3人が同じチームになるのだろうと思うんだけど。
アイスマンはやたらと「デストローイ!」と叫ぶキャラクターらしい(花澤香菜談)……クールに見えて、実は変な人という事だ。典型的な黙っていればいい男タイプという事だろう。
セラは勝ち気で、強い人に憧れる少女。でも実はBFBの凄い才能を持っている。
ミユキはずっと離れていた幼馴染みの少女が、ナイスバディになって帰ってきたという設定。未だにダンに惚れているようです。
ココは事故にあった経緯から、すっかり冷たい少女になっていますが、本当はバスケも兄ダンの事も好きで、でもそれを素直に表せない少女のようです。
この事故というのは、ただの事故というよりも、ビックフットの乗り手が自分たちを抜き去っていく幼いココに腹を立ててわざとやったのではないかと踏んでいるんだけど、どうなんだろうか。
作品は、要所要所にエロ……直接的なエロというより、むしろ表現的な感じ。本当はエロい事をしているわけじゃないけど、声だけ聞くとやばい感じのお約束展開とか、ジュースまみれでびしょ濡れになって恍惚とした表情浮かべてるセラとか……
ともあれ、来期アニメの中では期待出来る一品。
しかしもう最終話の構想に入ってると言っていたので、1クールアニメなのかな。どうせなら2クールでやって欲しいところだけど。

公式サイトhttp://basquash.com/

 【イベント内容】

そしてイベント内容。
大阪会場は東京会場よりも人の集まりが良かったらしく、満席。遠方他府県からも参加者がいたという事。
原作兼プロデューサーの河森正治が風邪の為、急遽来れなくなってしまったようです。代理の人もいません。ただでさえ、大阪会場は声優も東京より2人少ないのに(東京会場はダン役:下野紘、セラ役:伊藤静、ミユキ役:浅野真澄、ココ役:花澤香菜)。

MBSアナウンサーの司会で、まずはゲストとして出演キャストの紹介。
ミユキ役:浅野真澄
ココ役:花澤香菜
の2人。
ミユキ役はエロくして欲しいという注文を受けたらしい……納得(笑)
ココ役は死人のようにやってくれという無茶振り。
キャラクターの説明などが行われた後、2人には何故か大喜利として、ビックフットにこんな機能があったら良いのに、というテーマで考えて貰う事に。
「ポチっとな(浅野真澄)」
「牡蠣の養殖(花澤香菜)」
「ドラゴンレーダー(浅野真澄)」
「衣替え(花澤香菜)」
「ヒヨコの選定(浅野真澄)」
「ほんにゃくこんにゃく(花澤香菜)」
ヤッターマンは反応が薄くて浅野さんがちょっとガッカリしてました。

続いては原作&メカ・コンセプトデザインのロマン・トマとシリーズ構成/脚本の佐藤竜雄が登場。
元々はバスカッシュはトマが考えたストリートバスケアニメが基盤となっているらしい。その頃はビックフットなどはなく、ファンタジー風のバスケだったらしいですが、話を聞いた河森との間で話を詰めていくうちに今の形になったらしいです。
バッスカッシュの見所紹介。
「CG(トマ)」
「ジグザグ(佐藤)」
「ナイキ(トマ)」
フランス人スタッフが全部で6人来ているらしいです。難しかったのは、バスケットの臨場感をCGで現す事らしい。ビックフットはロボットではなく、あくまでも乗り物という位置づけ。なのでデザインも日本風のロボットではなく、車に手足が生えた感じとなっています。これはフランス人にはロボットアニメを作るという事がない事にも起因しているらしい。
ジグザグはこのアニメのテーマらしい。バスケは一人でやるものじゃないから、色んなほかのメンバーにもスポットを当てていくよ、という事のようだ。
NIKEはこのアニメのシューズデザイン協力。珍しくアニメでスポーツメーカーと提携する事で、パチモンメーカーの名前を出すことなく、ダンたち各キャラクターや、ビックフットもNIKE製のバスケットシューズを履きます。ただし、ビックフットは初期段階ではまだバスケットシューズを履いておらず、何話か進んだところで履くシーンが出てくるらしい。そしてダン使用のシューズが日本限定モデルとして実際にNIKEで発売されているらしいです。NIKEの社長がロボットアニメ好きだから成立したコラボとか。

話を聞いてちょっと感じたのは、終盤はバスケだけでなく、なんかもっと大きな誰かの野望とかに絡んできた話になっていくのではないかという感じがした。月面世界と関係しているのかもしれないけど……

最後はプレゼント抽選会。
入場時に渡されたクリアファイルに挟まれたフライヤーにステッカーが貼ってあった人が、サイン入りクリアファイルとか、バスケットボールとかを手に入れる事が出来たようです。
もちろん、私は何も当たってませんけどね……

「バスカッシュ!」PV Youtube動画

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/) or別宅(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/) へお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さいアップ

|

« CLANNAD AFTER STORY~クラナド アフターストーリー~ 第20話「汐風の戯れ」 | トップページ | 鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスカッシュ!-BASQUASH!- 第1話先行上映会 FIRST QUARTER【大阪会場】3月7日:

« CLANNAD AFTER STORY~クラナド アフターストーリー~ 第20話「汐風の戯れ」 | トップページ | 鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」 »