« バスカッシュ!-BASQUASH!- 放送直前スペシャル Legend of BASQUASH! | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話(最終話)「つないだ手は」 »

2009年3月28日 (土)

宇宙をかける少女 第12話「虚ろなる巨像」

ミラー泥棒ブレイン・コロニーのベンケイと遂に相対したレオパルド。
ベンケイはレオパルドを知っているようですが、レオパルドの方は記憶にない。
「良かろう。姿を見せよう」
「その頭脳体ーーーー!
 ……誰だ」

やってくれました、さすがはレオパルド。予想通りに覚えていない。
正体はボナパルトというブレインコロニーだったようです。

レオパルドたちが戦っている間に、河合ほのかと獅子堂高嶺がベンケイに潜入。
獅子堂桜は待機です。
獅子堂風音、ステイって犬扱いですか……

ボナパルト改め、ベンケイとレオパルドの戦い。しかしレオパルドのミラーはそう簡単に切れないようです。
「生憎ボクには、おしゃれな外見に相応しい中身があるからな!」
イモちゃんの「はぁ?」や獅子堂秋葉の呆れ具合が、視聴者の気持ちを良く表しています。

レオパルドは元々ネルヴァルに寵愛されていたらしいが、あっさりと裏切った。
レオパルドが羨ましかったベンケイは、今でもレオパルドを怨んでいるようです。
そして馬場つつじ。今までいた事に秋葉は気付かなかったですが、そもそもモニターにちゃんと映ってないのだから仕方ない。
つつじの事をよく知らない秋葉は「うちの制服!」とつつじよりも、同じ学校の生徒という事実にビックリ。
やはりつつじは空気な存在なんだ。
自分たちの戦いが「存在」を掛けたものだという言葉に、ベンケイも狼狽気味です。

風音に気付いたいつきも、秋葉の友達だから、という理由で秋葉たちに協力。
彼女もまた両親をテラ・アブダクションで失っているので、戦いに加わる資格を持つ者。

レオパルドのミラーを自分のコロニーに付けたいらしいベンケイ。
「素晴らしい!
 ミラーが素晴らしすぎて、貴様の本体がかすんで見える!!!」
どこまでも凄いよ、レオパルド。

しかしレオパルドは箱に閉じ込められてしまい、しかもエネルギーがドンドンと消失していく。
レオパルドはソウルシャツで箱から脱出を慣行。
が、ベンケイはそれを待っていた。後部のミラーでレオパルドキャノンを吸収するという荒技を披露し、そのエネルギーを撃ち返した!
ベンケイの口調からすると、このレオパルドキャノンで彼の本体や仲間がかなりやられたという事だろう。

直撃を受けてしまって地球への落下を始めるレオパルド。
風音はベンケイの危険性を憂慮して、恋姫を使いブソルート・ブレイクスルー・コントロールを発動して、ICPのコントロールを支配。
しかしこれらは全てアレイダの計画通り。
つつじとベンケイはネルヴァル・エクスクルーシブ・コントロールを発動。
ほのかや高嶺、獅子堂評議会の人間が箱を求めて苦しみ始める。
高嶺や評議会の面々は一度ネルヴァルの手に落ちた事があるという事なんだろうか。
ブソルート・ブレイクスルー・コントロールが逆に支配されてしまいました。
更にクサンチッペまでも登場し、カークウッド・コロニーが支配されてしまいました。
ミンタオとブーゲンビリアはICPから攻撃を受ける羽目になってます。とことん不幸。

絶体絶命の危機で、レオパルドもエネルギー不足で動けない。
後はレオパルドのミラーを奪うだけだと勝利を確信するベンケイですが、利用されるのが大嫌いなレオパルドは怒り心頭で体当たり。
エネルギーのないレオパルドは逆に地球へと落下させられていく。
イモちゃんはハイテンションレバーの存在を思いだす。

獅子堂宗家にはアレイダも登場。
高嶺がいない状況では、彼女と戦える人材はもはや存在しない。
風音を逃がした評議会は、アレイダの前に全滅
どうやら、みんなアレイダが神楽だとは知らなかったようです。

いつき、ほのかと共にハイテンションレバーを動かしに行くが、ネルヴァル・エクスクルーシブ・コントロールをの支配を受けた高嶺が攻撃してくる始末。
レオパルドと共に燃え尽きるなら本望だというベンケイですが、なんとレオパルドはコロニーから脱出。レオパルドコロニーは頭脳体だけ脱出可能なシステムになっていたらしい……最低だ。
しかしそのまま落下するという始末。
高嶺がハイテンションレバーを発動させるという皮肉。
つつじとベンケイも脱出。

高嶺までもネルヴァリストになってしまい、評議会も崩壊、カークウッドも敵の手に落ちて、情勢は一気に悪化しました。まだ1クール残っているのに。
戦力的に高嶺がいないとアレイダと戦える存在がいないから、なんとかネルヴァル・エクスクルーシブ・コントロールを解除して彼女を下に戻すしかないのか。風音が遺産を手に入れたらどうのと言っていたので、それが鍵になるのか。
コロニー全体がネルヴァルに支配されてしまって、未だにレベルフリーとかの存在意義が見えてこないな……大倉ネネコとフリオ・スールは、秋葉の友達という事でまだいいけど。
ここからはゲリラ戦

Next Mission 第13話「棄てられた大地」
激しい戦いの結果、秋葉達は地球へ不時着していた。仲間とはぐれ途方に暮れる秋葉とイモちゃん……。すると突然そこにレオパルドが転げ落ちてきた。一行はそのまま川へと転落し流されてしまう。流された先で秋葉はいつきやほのか達と運良く合流。壊れたQTアームズを修理するため、カークウッド地球領事館を目指す事になる。ようやく目的地へたどり着くと、そこにあったのは朽ち果てたドーム都市だった。
(公式サイト抜粋)

次回はなんと水着回です。
脱出したつつじたちは助けられたのかと思ったら、同じように地球に落下しているみたいだ。
しかも何故か虎柄ビキニ……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« バスカッシュ!-BASQUASH!- 放送直前スペシャル Legend of BASQUASH! | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話(最終話)「つないだ手は」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙をかける少女 第12話「虚ろなる巨像」:

» 宇宙をかける少女 第12話『虚ろなる巨像』 [風庫~カゼクラ~]
ナミに続いて高嶺まで…! 初っ端からネタバレしちゃったけど、やはりショック。 高嶺よりはほのか派ですけど、ストイック系美女は好きなんだよぅ! 宇宙をかける少女 Volume 2 (Blu-ray Disc)MAKO, 遠藤綾, 牧野由依, 福山潤, 小原正和バンダイビジュアル 2009-05-26by G-..... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 01時02分

« バスカッシュ!-BASQUASH!- 放送直前スペシャル Legend of BASQUASH! | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話(最終話)「つないだ手は」 »