« SOUL EATER ソウルイーター 第47話「奇跡のちゃぶ台返し~跳べ!僕らのデス・シティロボ?~」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第8話「かつての敵は廃都と成り果て」 »

2009年3月 3日 (火)

屍姫 玄 第8(20)話「我が母は穢れたましい」

頭屋との戦いの最中、歪質が望の幸福によって生まれた怪物を殺してしまった事により、命を落としてしまった春日望。
「屍姫にしてね」
そう花神旺里に言い残して死んだ望だったが、彼女は屍になる事はなく、彼女の願いは叶えられる事が無かった。
なんつーか、望ってアニメ版ではつくづく不幸な役回りになってるなぁ。

頭屋を追いつめる事に成功するも、逆に七星に捕らえられた星村眞姫那。
マキナを殺さずに捕らえていた七星。
マキナは北斗に戦いを挑む。
マキナを見た北斗は、彼女に強烈な光と強い熱を感じ取る。
これは北斗にとってマキナが特別な存在だと感じている、という事なんだろうと思うけど、どういう意味なのか。
マキナの持つ七星に対する呪いが北斗にとって、他の者とは大きく違ってみせているのだろうか。

鹿堂赤紗に教典を解読させて屍姫にしようと考えていた狭間だが、教典には彼女のように長い時を過ごした屍を屍姫にする方法が記録されてはいなかった。
最強の屍である北斗とただの屍姫とを戦わせる事にどんな意味があるのかと問う赤紗だが、狭間はマキナをただの屍姫と呼ぶ赤紗を光言衆で「ただ教を読んでいただけ」だと嘲笑う。
星村の血は黒く濁っているのだ、と。
狭間の目的は北斗を屍姫にする事なのか。そうする事で、北斗がより強い力を手に入れるという事なのか?
屍姫にするには、当然契約僧がいるわけですが、それを赤紗にさせるつもりなのか、それとも狭間がなろうと考えていたのか。
いずれにせよ未だ光言衆でも、若い女性にしか屍姫に出来ないのだから、無理だろう。

高峰宗現を始めとした、光言宗の者たちは以前からオーリが屍から生まれた子供という事を知っていたのだ。彼らはオーリを屍と呼ぶ。
光言宗はオーリとマキナの縁切りをさせようと考えていた。
七星との戦いが近い今、危険な因子を断ち切るという紫央時花と本多監査官。
送儀嵩征に縁切りをさせようとする紫央時花たちだが、嵩征と山神異月は光言衆に逆らってオーリの自由にさせる。
嵩征はたぶん、そうするだろうと思っていたよ。
同じように縁切りのために呼ばれていた荒神莉花と天瀬早季はそこに出くわして止めようとする。だが、イツキと嵩征はオーリなら屍姫と契約僧の関係を変えられるかもしれないと機体を抱く。
早季はあれ程反発を見せていたのに、なんだかんだで光言衆の決定には絶対に逆らわないよね。まぁ莉花が納得しているからというのもあるのだろうけど。
イツキと莉花の戦いの最中、梅原鉦近とフレッシュ=バックボーンが割ってはいる。
梅原と共に現れた神生真世は、オーリが元より数に加えていないとし、七星を本格的に排除するべく勅命が下していた。
一番何を考えてるのか、この大僧正が一番判らないよな。
別に情にあつい訳でも、屍姫を大切にしている様子でもないし。あくまで大僧正としての任を淡々とこなしている感じだ。

狭間は歪質にオーリの抹殺を命じる。
光言宗の動きは、全て七星狭間の読み通りだった。
今のところ七星の方が一歩上手というところのようです。
全ては赤紗の望んだ通りに進んでいるが、赤紗には北斗が気になって仕方がなかった。
……そうくるのですか。

北斗との戦いを続けるマキナ。
圧倒的な力を見せる北斗の前に歯が立たないマキナだが、どれほどやられても決して諦める事はない。「誰だ」と問い続ける北斗に、マキナは彼女が自分が誰なのかすら判っていないのだと気付く。
「お前は、七星北斗。
 私の敵だ!」

マキナの言葉に、ようやくマキナの姿を目にする事の出来た北斗は、マキナを“敵”だと認識する。
狭間の望み通りにマキナを敵として認識したわけですが、これを切っ掛けに北斗に光言衆を敵と認知させようという作戦なのだろうか。

自分の事について調べるオーリは、田神景世が何か残していないかと調べていた。
理子はオーリが連れてこられた当時、子供の失踪事件が起きた事を話す。
その事で『何か』を思い出し掛けたオーリ。
だが、そこに雛が攫われたと駆け込んでくる。
もちろん雛を攫ったのは歪質。
景世が何も話さなかったのは、当然事件が屍関連の事件だったからですね。

かつての事件を再現したという歪質。
それは屍であるオーリの母親に歪質たちが殺された事件だった。
「俺たちはみんな殺されて、なんでお前だけが生きている!」
歪質はオーリの母親に殺された子供だったから、オーリに対して強い怒りを持っていたみたいです。しかし、殺された子供にしては、デカくないか? 歪質は自分の姿を変える事が出来るのだろうか。

次回 第9話「生者の価値」

次回はいよいよオーリの過去が明らかとなりそうです。
ところで、エンディングには沢宮冬麻が出ているんだけど、未だ本編では出てこないよな。
今度の戦いでいよいよ姿を見せるのかな。

あれ? エンディングの映像がちょっと変わった?
玄になってからずっとこっちだったかな。
屍姫たちのポーズが変わってる気がするけど、いつからだろう。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« SOUL EATER ソウルイーター 第47話「奇跡のちゃぶ台返し~跳べ!僕らのデス・シティロボ?~」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第8話「かつての敵は廃都と成り果て」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屍姫 玄 第8(20)話「我が母は穢れたましい」:

» 屍姫 玄 第8話「我が母は穢れたまいし」 [日記・・・かも]
「俺達はみんな死んで…何でお前だけが、生きている!?」 オーリが子供達を連れ去った歪質と対峙する話。 殆ど語られませんでしたけど、... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 13時38分

« SOUL EATER ソウルイーター 第47話「奇跡のちゃぶ台返し~跳べ!僕らのデス・シティロボ?~」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第8話「かつての敵は廃都と成り果て」 »