« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第9話「夢の終わりに」 | トップページ | バスカッシュ!-BASQUASH!- 第1話先行上映会 FIRST QUARTER【大阪会場】3月7日 »

2009年3月 7日 (土)

CLANNAD AFTER STORY~クラナド アフターストーリー~ 第20話「汐風の戯れ」

岡崎汐の幼稚園にいるペット。巨大な猪の「ナベ」……正体はボタンです。
そして汐の担任は藤林杏。杏と渚の関係は古河早苗から、岡崎朋也が来るまで汐に口止めされていたのか。
朋也は親バカ振りを遺憾なく発揮しています。

幼稚園が終わった後、汐は一人でお留守番するのが日課のようですが、毎日一定の時間になったら散歩に出かけて、新しく建った病院へと足を運んでました。
一瞬、何かこの病院に重要な人物がいるのかと思ったけど、そうではなく、ここが渚にとって重要な場所であったあの公園だったからだね。

芳野祐介の頼みで、人見知りのする伊吹風子と汐を遊ばせてあげる事に……
しおらしくしていたのは最初の一瞬だけで、後は相変わらず。
岡崎と風子のやりとりは高校の時とまったく変わっていない。
古河パンに作ってもらったオーダーメイドのパンは一瞬、早苗さんのパンかとビビりましたが、美味しいと言っているので古河秋生製作なんでしょう。星だヒトデだという口論が発生するのかと思ったけど、それはなかった。
風子と汐と三人でやる七並べの最中に、朋也は渚の事を考えてしまったりしてちょっぴりしんみりなったかと思いきや、風子の影響でその空気も一気に無くなった。
「どんな人でしたか、お母さんは」
「えっとぉ……
 とっても泣き虫な人、でも凄く頑張って汐を産んでくれた人。
 それで、パパのすっごく好きだった人」
渚の事を思い出して泣いてしまう朋也……
風子は汐の匂いまで記憶したらしい……

ボタンの背中は滑り台……
杏は朋也を甲斐性無しだの、だらしないだのボロクソです。
「パパ、カッコイイ」とかいう汐の言葉にデレデレの朋也。もはや昔の面影すらねぇ。
運動会があるという事で、古河夫妻に応援を頼むものの、秋生はリレーで教員チームのアンカーとして出場し、朋也も保護者チームのアンカーとして強制参加。

で、練習を始める朋也ですが、リレーの練習でなんであんなランニングとかしているんだろうか……

汐の散歩中に出会った風子は、汐が散歩が好きで、何故か新しい病院が好きという事をしる事に。
手にはおでん……しかも何故かこんにゃくがではなくです。これもオーダーメイド?

そしていよいよ運動会を翌日に控えた日、汐が突然高熱を出してしまう事に。

次回 第21話「世界の終わり」

汐の病気はただの風邪ではない、という事なのかな。
単に汐が運動会で出たがっていた望みを叶えてあげられない、とかそういうレベルでもないような気がするな。もしかすると渚と同じ病気とか? それとももっと重い病気なのか……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第9話「夢の終わりに」 | トップページ | バスカッシュ!-BASQUASH!- 第1話先行上映会 FIRST QUARTER【大阪会場】3月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CLANNAD AFTER STORY~クラナド アフターストーリー~ 第20話「汐風の戯れ」:

« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第9話「夢の終わりに」 | トップページ | バスカッシュ!-BASQUASH!- 第1話先行上映会 FIRST QUARTER【大阪会場】3月7日 »