« 黒神 The Animation Episode09「母の影」 | トップページ | RIDEBACK-ライドバック- 第10話「Master of the war」 »

2009年3月17日 (火)

源氏物語千年紀 Genji 第9話「叢雲(むらくも)」

葵の上を失い、六条の御息所との別れも経験した光源氏。
近しい者との別れを経験した源氏に、今度は父・桐壷帝の容態が急変したとの連絡が入る。
急ぎ駆けつける源氏だが、間に合わず桐壷帝は藤壺に彼女との間にわが子を設ける事が出来て幸せだったと言い残して死ぬ。
桐壷帝への罪悪感と、源氏への想いにゆれ続ける藤壺。

更に宮中では、これまで大人しかった右大臣が、朱雀帝に代わった事で、途端に政治に口を出して帝すらもないがしろにしている。
大人しい帝の上に、帝の母親の父親、という事でやりたい放題。
頭の中将は源氏に、彼が次期帝である東宮の後見人である事や、先帝の息子である事から、右大臣が疎ましく思って何を仕掛けてくるか判らない、と忠告するも源氏はあまり本気に捕らえていない様子。

源氏への想いに、彼に抱かれる夢まで見てしまった藤壺は決心を固める。
特に明確には描写されていないものの、源氏と最後の逢瀬を交わした後に、出家です。
またも近しい相手、それも長い間思い続けた相手が去ってしまった源氏は、すっかりもぬけの殻です。
ま、そんなのも束の間、またも女に走るようになるのですけどね。

紫の君は今回出番なしです。

次回 第10話「謀叛」

次回は頭の中将の忠告を気にもかけない源氏が、右大臣の娘である朧月夜との密会を続けて、それがバレるという話のようだ。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 黒神 The Animation Episode09「母の影」 | トップページ | RIDEBACK-ライドバック- 第10話「Master of the war」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語千年紀 Genji 第9話「叢雲(むらくも)」:

« 黒神 The Animation Episode09「母の影」 | トップページ | RIDEBACK-ライドバック- 第10話「Master of the war」 »