« 侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 | トップページ | 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第21話「うしろの正面」 »

2009年3月 1日 (日)

仮面ライダーディケイド 第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」

桃井玲子(高橋佐衣)編集長に話を聞きに来た光夏海(森カンナ)ですが、いきなり目の前で苦しみだして死亡。
二人きりの部屋でフォークを手にしていたせいで、夏みかんはいきなり容疑者です。

夏みかんは仮面ライダー裁判制度に掛けられる事になりました。
仮面ライダー裁判制度
仮面ライダー達が自分たちの意見を、ミラーワールドで戦いでぶつけ合うというトンでも設定です。
ライダーになるのは、検事や弁護士、事件の関係者らしいです。
最後に勝ち残った一人が判決を下すという代物。
証拠とか、そーゆーのは一切関係なしですか。
これって、同じ意見の物同士なら関係ないじゃねぇか。

この世界での門矢士(井上正大)の立場は弁護士。
夏みかんの弁護を引き受ける役回りとなったようです。

カメラマンの辰巳シンジ(水谷百輔)は桃井の事件について夏海に話を聞きに来ていたところで、士と小野寺ユウスケ(村井良大)と顔合わせ。
夏海と会ってみて、彼女が犯人ではないと感じたようです。
シンジは別の真犯人に心当たりがある。

ミラーワールドではナイトが勝利しているものの、ナイトは無罪も有罪も興味がない、と。
士も弁護士として、ミラーワールドでの戦いに参戦です。

シンジの紹介で副編集の鎌田(入江雅人)と対面。
鎌田は夏海を犯人と決めつけていますが、あからさまに一番妖しいです。
彼もライダーとして参戦。
しかしディケイドとは戦わず、他のライダーと戦う様子を観察するようです。さすがは真犯人、なかなかの卑怯者っぷりです。

第一発見者の羽黒レン(北村栄基)の所へ向かったユウスケ。
彼は元々は桃井やシンジと同じ編集部で、シンジとコンビを組んでいたものの、別の会社に引き抜かれて、何も言わずに退社してしまったらしい。
シンジは彼を裏切り者呼ばわりでレンの話に耳を傾けようともしないまま、二人はミラーワールドへ。

レンの持っていた記事は昔のものなのかな。
仮面ライダー裁判制度に対して反対という事なのか。
紅一点のライダーというのは桃井なんだろうけど。
この記事の事件が、レンが去る事になった理由か。

レンはナイトに、シンジは龍騎に変身。
しかしレンはシンジの攻撃にも反撃しようとせず、そんなレンにシンジも戸惑い気味。
そこに士が別ライダーとの戦いで乱入。
そのライダーを倒してしまったディケイドvsナイトの戦いの開始。
蝙蝠には蝙蝠と、という事でナイトに対してキバで応戦です。
ガルルフォームとドッカフォームまでは上手く使ってるのに、なんであの場面でバッシャー使うかな。
最後はアタックライド・イリュージョンでナイトを追い詰める。苦しむレンに、いい気味だと感じるシンジですが、その心には少しの迷いが。
やはり昔のパートナーを心の底から憎みきれない、という事でしょう。

次回 第7話「超トリックの真犯人」
次回は早くも龍騎世界の完結編です。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 | トップページ | 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第21話「うしろの正面」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/44210288

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーディケイド 第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」:

» 仮面ライダーディケイド 第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」 [OPUS MAGNUM]
今回は第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」。 ストーリーは仮面ライダーディケイド 第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」で! 今回からは「仮面ライダー龍騎」の世界です。 物語的には面白いのですが、残念ながら龍騎は見ていなかったのでいまいちのめり込めませんでした。 物語はなぜか光夏海が殺人犯にされてしまうところから始まります。 雑誌(?)の編集長に会いに行っただけなのにいきなり苦しみだして死んでしまいます。 その部屋に居た光夏海が犯人に…。 龍騎の世界に来た門矢士は弁護士になっていました。 弁護す... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 21時34分

» ディケイド6話感想 [瑠璃色の蝶]
第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」 ・いきなり龍騎世界 OREジャーナル→Atashiジャーナルへ?ww 夏海は夏海で頑張ってるようです 新しい世界のライダーについて調べようとして Atashiジャーナルを訪ねるんですが、話を聞いていた相手がいきなり首を押さえて倒れてしま..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 00時44分

« 侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 | トップページ | 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第21話「うしろの正面」 »