« | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 »

2009年3月 1日 (日)

宇宙をかける少女 第8話「暗闇へのいざない」

獅子堂秋葉fは姉の獅子堂風音からいきなり、レオパルドと共に戦う運命だと言われて戸惑い気味。
風音からレオパルドのところに連れて行って欲しいと頼まれ、河合ほのかは一度は拒むものの、味方という風音の言葉を信用したのか、彼女たちや神凪いつきをレオパルドのところに案内。

そのレオパルドはクサンチッペがネルガルと共に自分への仕返しを考えているだろうと焦りながらも、自分も今までの自分ではないと返り討ちにしてやると意気揚々。
そんなレオパルドは獅子堂桜は「ワクワクボンボン」だと言い出し、レオパルドにも理解不能。クロオビは友達になりましょうとか言い出すし……
流石は桜、レオパルドの斜め上を逝ってます。

そしてお姉ちゃんズはレオパルドの部屋をコケオロシ。
自称“洗練された部屋”をここが洗練された部屋なら座敷牢も高級ホテルとまで言い放ってる。凄いよ風音。
いきなり自分たちがネルヴァルと戦うための拠点を探している事、レオパルドを獅子堂評議会の管理下に入れることを宣言。
その言い分に反発したレオパルドですが、獅子堂評議会という言葉に覚えがあったらしい。かつての反乱軍と言っているので、元々はレオパルドやネルヴァル達が支配するような世界があって、レオパルドたちが獅子堂の先祖と組んで戦ったという事なのか。
レオパルドは風音の連れているナビ人を見て激しく動揺しているので、これはその昔から存在していたという事なのか。

そしてこの空気になかなか話を切り出せないいつき……
桜は相変わらずの傍若無人ぶりで、レオパルドさえも手に余ってる。
期限切れのポイントカードやら、トイレットペーパーの芯やペットボトルのキャップなど、どうみてもゴミの山が大量に出てくる。これはアレだね、本人からしたら宝の山だけど、他人から見たらゴミというパターン化。

拠点を考える風音たちは聖地ネニグマを候補に。
しかしほのかが「あそこに入る事は許さない」と強く反発。ほのかの反発にあっさりと納得したので、どうやらほのかと関係している場所のようです。
パーツの取り付けにきたコロシアムのような場所には、何故か温泉がわいており、みんなは温泉に入る事に。
いつきはばれていないつもりでしたが、「レベルフリー」にばれていた彼女の正体は当然エル・スールにバレバレです。
ちなみにこのバスタオルがDVDになったら外れるのかは不明。

しかしなんで秋葉だけがあんなにのぼせているんだろうか。
風音により、事情が説明される。
時は半世紀前。
カークウッド外縁部に実験目的のコロニー群が設立された。
人間が合理的に過ごせるために人工知能搭載のコロニー、それがブレインコロニー。いつきの知りたかった事ですね。
その中心となった第1号アイランドの名前こそ【ネルヴァル】
運用が良好で、そこから更にいくつかのブレインコロニーが建設されたが、人工が100万を超えた頃、ネルヴァルによる反乱が発生。
外部との通信を一切拒絶し、閉じ込められた人類とブレインコロニーとの間で“ネルヴァル事変”と呼ばれる内戦が勃発
この情報はどうやら隠されているものらしい。
その時戦った人類の生き残りが獅子堂評議会であり、レオバルト。
人類は脱出に成功して、ネルヴァルのコロニーは破壊した者の、ネルヴァル本体は逃走。その時にネルヴァリストと呼ばれる者たちが多くばらまかれたらしい。
再度現れるネルヴァルと戦うのが、ブレインコロニー開発を行った獅子堂財団の使命。

しかしそれではまだ秋葉がレオパルドと戦う説明にはなっておらず、「宇宙(そら)をかける少女」という言葉の意味も謎。
が、突然温泉の中に謎の怪物が現れて、温泉の冷却装置が奪われました。

桜、温泉にいないと思ったらミスタークロオビと一緒にレオパルドの部屋で遊び続けてたんだね。
学名「クロコディリアスレオパルダス」
妙な名前を付けた怪物ですが、ゴールデンアームの冷却装置を強奪していったと聞いて焦るレオパルド。なぜなら、冷却装置が無ければ反物質炉が爆発的に臨界爆発するから。
Qテクターに着替えて、怪物の居場所を探るために図書館へ。
で、お姉ちゃん達は? 温泉に残ってるのでしょうか。
戦力的には高嶺がいるだけで全然違うと思うのだけど。

お化けが出そうな図書館ですが、いつきとソルジャーウルはお化けは殆どが誤報や見間違いだとクールに説明。が、ほのかにさっき怪獣がいたと言われて、いつきとウルが言葉に詰まってます。
図書館探索中に、妙な電気が走り、ほのかの前に首無しの騎士登場。

さて、一人蚊帳の外となっている獅子堂ナミだけは自宅で風音や秋葉が旅行に出ているとメイドに説明されて、ちょっとやさぐれてますね。
この娘には今後活躍の場があるのだろうか。
敵になったりはしないよな。

第一種霊体目A種残留思念丙型に分類された本物の悪霊でした。
あ~、本当に悪霊とかいるんですね。
いつきとウルは教典の力を使って、悪霊の動きを止めてみせました。怪奇課の面目躍如です。
霊と意志の疎通を図ろうとするも、悪霊の願いは「クビヨコセ」
「迷宮入りだな、この事件」
ダメじゃん!

と、思ったら悪霊は地図の場所を知っていたようで、ガラクタの中にある自分の首を見付けたら地図をくれると約束。
態度デカイけどな。
いつきがICPに入った理由を尋ねる秋葉。
両親が大規模消失する事件で消えてしまったいつきは、自分の両親が消えた事件が実際に起きたものと証明するために怪奇課に入ったらしい。
ん~、どう見てもみんなネルヴァリストにされてますよね。
しかし相変わらず自分は目的が見いだせていないので、秋葉はちょっと落ち込み気味。

悪霊の元々の首かと思いきや、とりあえず適当に見付けた首の中からチョイス。
選んだのはほのかのツタンカーメンっぽい首。ま、その後素直に成仏せずに色々と交換してますが。

どうやら、怪物は子供の玩具として冷却装置を強奪していたらしい。
それを取り上げた後で、子供達に説明する秋葉ですが、当然言葉など通じるわけもなく、腕輪噛まれて思わず子供を放り投げる。結果、怒った親に追いかけ回されるのは当然の事。
しかしそんな親にも、今度は別のタコっぽい化け物が……レオパルドの中は妙な物が色々と放し飼いです。
タコの命名「レオパルダオクトパーダ」

レオパルドに話を聞こうとするいつきですが、部屋を汚したせいで追い出されてしまった。
レオパルドに怒る秋葉ですが、いつきは自分の都合しか考えていなかった。なんでも語りあえるには地道の隠し事のない信頼関係を築くべきだと。
……いつきも変な人でした。こうしてなし崩し的に仲間になるのですね。

ブーゲンビリアとミンタオはレオパルドの事を報告するも、褒められるどころか寧ろ叱責
この存在も何処まで信用しているのか妖しいものだな。
二人は酔っぱらいに八つ当たり。
が、二人のいたコロニーが謎の存在が現れ、電源が切断されたようです。

Next Mission 第9話「Q速∞」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙をかける少女 第8話「暗闇へのいざない」:

« | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 »