« 黒神 The Animation Episode07「クロの過去」 | トップページ | 源氏物語千年紀 Genji 第7話「葵の上」 »

2009年3月 4日 (水)

RIDEBACK-ライドバック- 第8話「GET RIDE! 選ばれし者」

BMAに捕らえられた尾形琳の前に、再びキーファが姿を見せた。
自らを「ただのテロリスト」と称したキーファは、GGPの包囲網を突破し、白ライドをあしらう程の力を見せた琳が何者なのかと問う。
琳はただ助けたい人がいただけだと答えるも、キーファは琳の言葉を否定する。
「FUEGOに乗ったお前は何者にも拘束されない。
 祝福の光の中で、お前は目的を変えてしまった」
「どうしてそんな事が判るのですか!?」
「俺もお前と同じだからだ」
2人は同種類の人間。だからこそキーファは琳の特別性をいち早く見抜いていたという事なんだね。

大陸の片隅で行われた小さな戦争が世界の秩序を変えてしまった。
超大国に抵抗するレジスタンスの一勢力であったGGP。
アリゾナ戦域で難攻不落のICBM基地が天才博士キリー・マッキャノンの作ったライドバック部隊が奇襲を仕掛け、これを陥落した事でGGPは大きく躍進する。
ロマノフ・カレンバークの指揮にて勝利を得たものの、キリー博士の奪還は失敗し、部隊の半数も死亡した。また部隊内での軍規違反によって、複数の将兵が処刑された。
岡倉天司郎やキーファもまたこの部隊の一員だった。
伝説の部隊のエース格がこの2人だったんだろうね。
岡倉は運転もさながら、むしろ技術面での能力が高かったのかもしれないが。

BMAはGGPの攻撃に備えを行っていた。
使用されていない気象観測所に籠もったBMAに対して突入するGGPの部隊だが、突入した建物に仕掛けられていた爆弾により突入部隊は殲滅させられる。
ロマノフが苛立ちながらも残存部隊を再編成しての攻撃を敢行する。
余裕をぶっこいいたのに一転して、余裕がなくなっていますよ。この辺りにロマノフが意外と小者かもしれないという片鱗が見られる。

依田恵は大学に行き、片岡珠代に話を琳が捕らえられた一因が自分にある事、岡倉がロマノフがかつての戦友である事を伝える。
琳を救うには、まだ証拠が今ひとつ足りないという恵は珠代に協力を依頼。彼女の申し出を受け入れた珠代は、彼女にも対しての協力を交換条件とする。

屋敷の中庭でBMAの主力RIDEBACK B-KNIGHTを目にした琳。
琳はFUEGOが特別な存在だと言った意味をキーファに問い掛けるが、キーファは彼女が一番良く判っていて隠していると語る。
「マシンと乗り手、互いの臨界を超えた時に見える眩い光景。
 高ぶる鼓動。
 選ばれたライダーにとって、世界の全てがそこにある」
キーファの言葉に、琳は亡き母・尾形遊紀が幼い琳に語った言葉を思い出す。
「ダンサーにとって、舞台の上が全て。
 世界の全て、人生の全てよ」
琳はRIDEBACKに、FUEGOに、そして岡倉に選ばれたのだと告げると、本当のライドを教えてやると走り始める。
琳にとって、ダンスがライドバックへと変わった訳ですね。
ダンサーからライダーへと代わり、彼女の人生の全ては舞台からライドバックになった、と。

警視庁ではGGPの動きに右往左往となっていた。
その騒ぎの最中、恵は片岡龍之介と面会して、ロマノフたちの話を伝える。
ここからどうやって琳が無罪という証拠を手に入れるのでしょうか。
まだよく見えないな。
もっとも、どちらにしても琳はこのまま争いに巻き込まれていく事になるのでしょうが。

コントロールする基幹OSシステムRRON
岡倉の作ったマシンには更にそれを進化させたシステムが組み込まれているが、それは乗り手を選ぶマシンとなる。
「マシンが応える刹那。乗り手は次の判断を迫られる。
 それが出来ない者に乗る資格はない。
 ただ乗らされているだけだ」
「乗らされているだけ……」
キーファの言葉に何かを感じとる琳。
「お前の意志がマシンに命を吹き込む。
 愛馬と一心同体になり、本当のライドを味わえ。
 手綱を取れ、尾形琳。
 お前の中に眠る力を、俺に見せてみろ
RIDEBACKで飛んだキーファの姿に魅了され、琳は彼の後について走り始める。

走行中、突然琳の乗るライドバックの腕を掴んで旋回させるキーファ。
突然のキーファの動きにも反応してみせた琳。
やがて2人は噴水の前で対峙すると、互いに噴水で跳躍、その舞いに感動を覚える。
だが、キーファに出撃の連絡が入り、キーファは岡倉が迎えに車で大人しくしているように告げる。

BMAとGGPの戦いは激しさを増す。
キーファの元まで辿り着いた岡倉。
「お姫様は待ちくたびれているぞ」
「尾形は何処だ」
「それとも一緒に戦うか?
 ゴブリン」
「ゴブリンは死んだ」
「そうだ、俺もだ。
 だがロマノフはぬけぬけと生きている」
キーファは岡倉に琳が奥の中庭にいる事を告げると、マシンを持って立ち去るように伝える。
あまりにもあっさりと岡倉と琳を開放です。
ちょっと岡倉も拍子抜けという感じでしょうか。かなりキーファに対しても警戒している様子を見せていたからね。

キーファは仕掛けたトラップを巧みに利用しながら、圧倒的な実力でGGPを退けていく。
GGPを使った戦闘では並の相手では彼をどうこうできないという事なんだろう。

警戒しつつ中庭にやってきた岡倉は、ライドバックに乗って佇む琳の姿を目撃して駆け寄ろうとしてGGPの兵士による銃撃を受けてしまうも、これを即座に撃つ。
躊躇無く撃ち殺せる辺りが、やはり彼が戦場を経験している人間という事の現れですね。

部隊が次々と敗れて行く中、ロマノフはナパームで焼き尽くしてしまうように命令を下す。
そんな彼に「よろしいのですか?」と笑みを湛えながら問い掛ける横山みさをに、ロマノフは自分は情報局の尻ぬぐいもしているのだと苛立つ。
ヒュー・ガトーム中尉のライドバックによる無線を使ったキーファの声に、ロマノフに動揺が走る。
「貴様が欲しいのは俺の死体。
 俺が欲しいのは貴様の死体。
 お前に勝ち目があると思うか?
 泣き虫ロマノフ坊や……
 首を洗って待ってろ」
怯えた様子のロマノフの姿に、みさをが静かに笑う。
どうやらみさをさんの方が色々と裏がありそうです。

次回 第9話「陽だまりの庭で」
次回はGGPに対する反対運動が高まってくるようです。
琳も依田の働きもあって、一応は無罪放免となるのかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 黒神 The Animation Episode07「クロの過去」 | トップページ | 源氏物語千年紀 Genji 第7話「葵の上」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RIDEBACK-ライドバック- 第8話「GET RIDE! 選ばれし者」:

» ライドバック 第8話「GET RIDE!選ばれし者」 [バラックあにめ日記]
展開自体は猛烈に焦臭いのですが、琳を中心とした部分だけ聖域の様になっているのがとても面白い。 岡倉は勿論キーファも、今のところ琳に対してイデオロギーの押し付けは一切しておらず、逆に彼女のイノセントな部分を護ろうと、またその才能を伸ばそうとしており。 無..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 11時55分

« 黒神 The Animation Episode07「クロの過去」 | トップページ | 源氏物語千年紀 Genji 第7話「葵の上」 »