« 宇宙をかける少女 第16話「わだかまる宇宙」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動(みつともえおおそうどう)」 »

2009年4月26日 (日)

咲-Saki- 第3話「対立」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイトようやく説明されたこの世界の特殊性。なんで今頃、と思う人もいるでしょうが、原作でもこのタイミングなのです。実は原作はここで一度、しきり直しされているからなんですね。
なので、今までの話は第1話~第3話。ここからは第1局~という感じになっています。

冒頭の父親との絡みは、実は原作ではこの次の回の話。
カメラマン山口、何胸のアップ写真とか撮ってるんだよ。
それは充分にセクハラ、というかもはや盗撮写真と変わらないと思うぞ……

変わって生徒議会長 竹井久が会長の仕事をしている場面が紹介されて、生徒会役員らしい男子生徒も登場。まぁ、久は団体戦のメンバー表を考えて、話し聞いていませんが。
染谷まこが迎えに来たらさっさと副会長に後を託すものの、ちゃんとプリントはチェックしている辺りが、彼女はただ部活を優先しているのではなく優秀でやるべきところはちゃんと抑えてやっているんだよ、と見せていますね。

宮永咲のお姉ちゃん宮永照の夢は、原作通りに顔が隠れています。
オープニングに堂々と出てきていますけどね……
お父さんからもらった雑誌に出ていた姉の照は、全国大会優勝候補です。
おそらく、このお姉ちゃんは天江にも勝ってるんではないだろうか。

片岡優希はタコスが切れると、本人がタコスになります……インターハイで切れるけどね。

久とまこが用事いないので、和・咲・優希・須賀京太郎の1年生4人で特打ち開始。
優希の説明の感じでは2人が大会の申し込みに行っているというのは知らないのかな。

・東1局 親・和 和→優希
 親ロン 直立・一発・連風牌・ドラ2 跳満(6翻) 18000
 和:43000
 咲:25000
 優希:7000
 京太郎:25000
・東1局1本場 親・和 和→ALL
 親ヅモ ツモ・連風牌 3翻40符 2700オール
 和:41100
 咲:22300
 優希:4300
 京太郎:22300
・東1局2本場 親・和 咲→ALL
 子ヅモ 嶺上開花・自摸・面前清一色 倍満(8翻) 8200,4200
 和:32900
 咲:38900
 優希:100
 京太郎:18300
あっという間に優希の点棒が無くなっているのが良く判ります。
最終的には
 和:39700 +10
 咲:41700 +32
 優希:400 -12
 京太郎:18200 -30
優希は初回の直撃がやはり痛かった。
しかし東1局であの点数になっておきながら、よく最後までハコらずに耐えたと思いますよ。

優希は和と咲がいたら勝てないからつまんない、とぼやきながらも2回目。
咲はリーチした優希に対して、危険牌の5筒をツモ切り。ただし、これに気付いたのは和だけという芸がアニメ中では作られています。
咲が一瞬で手の中で5筒と中を入れ替えていますから。
実は国士無双(東南西北白発中と萬子・筒子・索子の1と9、さらにそれらのうちどれかもう1つを揃えた役満)を聴牌していました。
国士無双は有名な手の一つですね。決してあがりにくい役ではないのですが、狙っていると結構バレバレになるのと、ノーテンで終わってしまう可能性が高いのが難点。ただし、誰かがリーチした場合、もっとも逃げやすい手でもあります。
この勝負、原作と違い、優希のプラスと京太郎のマイナスが加算されていますね。
ここで優希を勝たせるために振り込んでいるものの、自分は結局マイナスにならず、ブラマイ0という辺りが、いかにも咲っぽい。

咲がまたプラマイ0であがってしまい、和はご立腹。
前回も思ったのですが、麻雀部の外にある椅子のある屋根はかなり怖いところにあるんだよね。原作の印象ではもっと低い位置で、安定感があるのかと思っていたのですが。

県予選の組み合わせの発表。
優勝候補の2校、風越女子龍門渕の2校とは、ブロックが別れたおかげで決勝戦までぶつかりません。
キャプテン福路美穂子と池田華菜、早くも登場。
今宮女子の2人や、鶴賀学園も登場。
龍門渕透華は自分たちで組み合わせ見に行ってないし。

全力を出して自分を楽しませて欲しいという和。
全力を出さなければ全国に行けないという和に、咲は全国に行けないのは困る、と。
なぜならば東京に母親と姉がいるから。別居生活が続いている理由は不明。夫婦仲がこじれているのと、咲が関係しているのかも不明です。別居生活と関係しているのかどうかは判らないが、照は咲の事を怒っているっぽいという事だけは判っている。麻雀を通してなら会話出来るとか言い出す咲。どんな麻雀漬けの家族なんだか。
照は去年のインターハイと春季大会の優勝者です。おそらく個人戦の事なんだろう。団体戦がどうなったのか不明。ちなみに今年3年生。
一緒に全国行こう、と微笑む咲に、和は百合モード発動!!!
この後の咲のお風呂ベッドで悶々する和のシーンが無くなったね。次回へ持ち越すのか?

久がまくりの女王に内密の電話を……
てな感じで、次回へのヒキ。

次回 第4話「翻弄」
次回は和と咲のコスプレイベント参加……もとい、雀荘手伝いです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 宇宙をかける少女 第16話「わだかまる宇宙」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動(みつともえおおそうどう)」 »

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/44800491

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 第3話「対立」:

» ◎咲-Saki-第4話「翻弄」 [ぺろぺろキャンディー]
メガネの先輩の実家の喫茶店でメイド服きて働かされる。その喫茶店はマージャン喫茶だった。それにしても、ノドカのおっぱいおおきい。おおきすぎる。部長が呼び出したプロジャン師と戦うがボロ負けする。大会にでてくる、あまえころもは、そのジャン師よりさらに強いらし...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 03時23分

« 宇宙をかける少女 第16話「わだかまる宇宙」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第十一幕「三巴大騒動(みつともえおおそうどう)」 »