« けいおん!-K-on!- 第2話「楽器!」 | トップページ | 宇宙をかける少女 第15話「魔女の騎行」 »

2009年4月18日 (土)

咲-Saki- 第2話「勝負」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト またもや見事±0であがった宮永咲。
竹井久は今度は勝ってみるように告げる。
しかしトップではプラスマイナス0にはならない、という咲に、久は自分の持ち点を1000点、他の3人の持ち点を33000点のつもりで打ってみるように告げる。
ちなみに持ち点1000点というのは、リーチ掛けただけでも手持ちが0になってしまうので、あっという間にハコってしまう危険な状態でもある。
通常の持ち点はだいたいは25000点からスタートする。26000点から始める事もある。

こうして始まったこの日2度目の勝負。
いきなりダブリー(1枚目に捨てる牌でリーチすること。通常のリーチが1飜に対して、ダブリーは2飜となる)、しかも即ヅモ(一発・ツモ。リーチを掛けて1枚目に捲った牌でツモること)。
染谷まこが「積み込みか!」(自分が欲しい牌を、あらかじめ上手く山に積んでおく事。全自動ではまず不可能だし、ダイスもコントロールできなければほとんど意味がない)と叫ぶほどに驚きの強運を見せつけた。
積み込みとか、その編が見たければ「哲也」を読む事をオススメする。
原村和は自分に一時の強運など必要ない、と実力で対抗。本気を出した彼女は、確実にあがっていき咲との差を広げていく。
和に翼が生えた!!! 早くも人外魔境の領域へ……
原作では中間が殆ど省かれているのですが、ここでは和が他にもあがっていたり、優希のダマテンも見られましたね。東場に強い優希の面目躍如というところか。まこはたぶん様子見なんでしょう。

そうして圧倒的な点差でオーラス。
東4局 親・まこ
ハネマン(咲は子であるため、12000点)直撃でも和に負けはない状態。
だが、咲はここにてまたもや前局と同じく自風牌(親を東として左回りに東・南・西・北となり、向かいのまこが親の東なので咲は西となる)の西を暗カン(誰からも鳴かず、自分で同じ牌4枚揃えた状態)。
更に嶺上開花ツモ(カンした場合、山から1枚牌を加えるが、その加えた手であがる事)であがる。しかも四暗刻という役満(子の場合32000点でツモあがりなので12000、8000)であがり、見事にトップを取る。
宮永咲、得意技はリンシャンカイホウ……人間業じゃありません。
その強力なヒキを一部でも別けて欲しいな。

初めてあがった役満に震える咲。
咲は自分が1000点スタートだから±0だと思い込んでいたが、久が言ったのはあくまでそう思うようにという事だけで、実際には25000点からスタートで、咲はダントツトップだった。
ただ勝ったのではなく、またも±0にしていたと知って、まこや片岡優希はビックリ。
まこが満貫でマイナス1と言っているのは、25000点持ちで考えていたからですね。それが久の言った1000点持ちで±0にしてきているというのは脅威でしかない。

初めて勝った事に喜ぶ咲だが、和が突然部室から飛び出してしまう。
前回も感じたけど、ここのダッシュがもっと勢いよく走り出して欲しいなぁ、と。
和の事を気に掛ける咲に、久は本なら何時でも読みに来れば良い、と和を追いかけるように諭す。
河原のベンチに腰掛けていた和を見付けた咲は、これまでただ嫌なものでしかなかった麻雀だが、和と麻雀が打てて楽しかったと告白する。
しかし和は「麻雀が好きでもない」咲に負けたのは悔しいと言って立ち去ってしまう。
確かに、好きでもなんでもないと宣言している相手に、好きな自分が負けるというのは凄く悔しいことです。麻雀なんて所詮その好きでもなくても勝てるレベルのものでしかない、と言われているような感じですからね。

無意味にのどっちの入浴シーン!!
出せる間にこれでもか、と見せてきますね。
これ、絶対DVDになると、かなりの湯気がなくなりそうです。動いている湯気と、動いていない湯気がありますから……

咲が自宅の雀卓を眺めているところに、咲の父親が現れる。
売ってしまおうかという父親に対して、咲はお母さんたちが戻ってくるかもしれないから、と躊躇いがち。そんな咲に、父親は一冊の麻雀雑誌を差し出す。そこには……
雑誌の表紙が“カツ丼さん”こと《まくりの女王》藤田ですね。
てか、自宅に雀卓があるって凄いよね。どれだけ麻雀好きの家族だったんだろうか……よく咲が麻雀するのは年に1回で済んでいたよな。咲が参加しない麻雀は他にもよく打っていたんでしょうけど……
自室に戻った咲は、借りた本の間に挟まっていた桜の花びらを目にして、一つの決心をする。

翌日――
麻雀部の部室に、咲が訪れる。
「麻雀部(ここ)に入れてもらえませんか?」
現れた咲を、久たちは歓迎する。
「私、原村さんともっとたくさん打ちたいんです。
 もっと原村さんと打って、そして……
 もっと麻雀で勝ちたいんです!」

原作では驚いているだけの和が、嬉しそうに笑うところがとても印象的で良いです。
咲の宣言に、今度は勝たせないと勝負を受けて立つ和たち。
全ては久の思惑通りか……ここから全国大会への道が拓く。
次回になってようやく明らかになるでしょうが、この世界の麻雀人口は凄いことになっています。何しろ、麻雀でインターハイやらインターミドルやらが開催されていますし。

EDが可愛い!!
部長が進行役なので、殆ど出てこないですが。

原作第3話/第0局に相当するお話でした。
さて、今回はお姉ちゃんである宮永照の情報は敢えて伏せられましたね。
次回のどっちとのやりとりで盛り上げるためかな。

今回、幾つかの用語には説明を入れてみました。
ちなみにアニメ中の麻雀用語は公式サイト の各話あらすじにて説明があります。

次回 第3話「対立」

オープニングテーマ「Glossy:MMM/橋本みゆき」
Youtube動画:

エンディングテーマ「熱烈歓迎わんだーらんど/宮永咲(植田佳奈)、原村和(小清水亜美)、片岡優希(釘宮理恵)、竹井久(伊藤静)、染谷まこ(白石涼子)」
Youtube動画:

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« けいおん!-K-on!- 第2話「楽器!」 | トップページ | 宇宙をかける少女 第15話「魔女の騎行」 »

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/44707953

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 第2話「勝負」:

» 咲-saki- 第2話「勝負」 [アニ虎部屋]
=== 和「私には偶然は要らない!」 === ちょっ、翼生えちゃったよww そして引きが尋常じゃない主人公・・・w ということで第2話スタートです。 [[attached(2,center)]] 今回は前半に麻雀、後半に友達・家族、 といった構成でしたね。 前半は先に述べたように、 前回に引き続きアクションが多かった感じです。 稲妻やら翼やら・ そして咲は前話同様にプラマイ0にこだわりながらも勝つ喜びを知りますw 後半、 ..... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 13時46分

» 咲 -Saki- 第2局『勝負』 [風庫~カゼクラ~]
勝ちへの執念というよりプラマイゼロへの執念(笑) 麻雀のルールは相変わらず分からんけど、 こういう運と実力を持つ子が勝ちに拘ったら どうなるのかな~には興味ある。にしても…和はデカイなぁ。 咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)小林 立スクウェア・エニックス ..... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 23時28分

» ◎咲-Saki-第3話「対立」 [ぺろぺろキャンディー]
のどかさん登場。バスカッシュの月面バストの人にも全然負けてないな。のどかさんは、きっと月で育ったに違いない。そして、麻雀部で咲はリンシャンカイホー、ツモ、メンチンで8200!!回想シーンで、リンシャンカイホウできるように、咲って名前をつけられたらしい。...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 21時58分

« けいおん!-K-on!- 第2話「楽器!」 | トップページ | 宇宙をかける少女 第15話「魔女の騎行」 »