« 咲-Saki- 第2話「勝負」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第十幕「大天空合体(だいてんくうがったい)」 »

2009年4月18日 (土)

宇宙をかける少女 第15話「魔女の騎行」

宇宙へ帰る為にパイド・パイパーへ向かうことになった獅子堂秋葉たちですが、何故か馬場つつじが心を入れ替えて「奴隷」になるとか言い出してきた……
嘘くせー!! てか、同人誌用のネタ?

オープニングも新しくなりました。
『Miracle Fly/栗林みな実』
Youtube動画:
ここまでいなかったコロニーたちも登場。つつじは虎ビキニのままだ(笑)
そしてこの時点でナミがクサンチッペのパートナーだという事も発覚。
ナミが凄い格好になってて、なんか舞-乙HiMEを思い出した。そういや、アリカとニーナもいるね。
舞-乙HiMEとのMADとか出回りそうだなぁ。

フォンは秋葉たちにQTローズを株分け。
秋葉たちをお姉様と呼ぶつつじですが、河合ほのかに倉庫に閉じ込められてしまいました。
泣いているのは、結局信用してもらえなかったからか、それともお姉様と卑屈な態度を取るしかなかったからなのか。
人間にはプライドを捨ててもやらなければならない時がある。でも、普通に乗せて下さいと頼むのはつつじのプライドが許さない。
「お前の言っている事はさっぱり判らない!」
全くです。
この娘の動向がどうなるのか一番気になるところですが、戦力比を考えると味方になるのかな。

神凪いつきはフォンに一緒に宇宙へあがってもらって、テラ・アブダクションの証明に役立って欲しかったようですが、フォンはネルヴァルと戦うため、地上でしかできない事があるので、地上に残る事に。
「フォン……宇宙(そら)で待ってる」
ほのかもフォンに対してちょっと心を開いたようです。
ま、この直後にやっぱり殺しておくべきだったとか言われる羽目になるのですが……自業自得という奴で。

対イグジステンズ用にQTローズを身につけているのですが、なんで頭限定なんでしょう……
ミスター・クロオビに必要なのか? でも、ブレインコロニーたちもつけているから、コンピュータにも有効なのかもしれないな。

なんとか閉まりそうな入り口からパイド・パイパーへの潜入に成功した一同。
衝撃で倒れたベンケイはつつじの胸に触れてしまいました。羨ましい限りです。
が、つつじは鉄の塊ごときに触れられても何も思わないらしい。
どうせなら、顔を真っ赤にしながら、ツンデレっぽく言って欲しかったところ。この娘はきっと最終的には秋葉に対してデレるに違いない!! と、思っているのですがどうだろうか。
ここは箱人間製造工場のようなものみたいです。

食べ物で心を売り渡して哨戒任務についていたブーゲンビリアとミンタオは、なんと重症を負ったエル・スールを救出していました。
舞-乙HiMEコンビは地味に活躍中です。

箱人間以外は排出する仕組みのため、秋葉たちは宇宙に排出されて、無事に帰還。
そこに出現したクサンチッペから、アレイダと獅子堂ナミが現れて、秋葉たちはナミの下へ。
アレイダに連れられて、ナミは箱人間を目撃。
更にナミと共に戦う8人の戦乙女たちという箱を紹介される。それこそが規格外品(イグジステンズ)でした。彼女たちの長であり、ナミの力を解放するという鍵・プリマヴェールをナミに差し出すアレイダ。
ナミは魔女っ娘ステッキを手に入れた。
イグジステンズはほのかのような姿をしたものかと思いきや、箱に入っていました。

そこにナミを助けようと現れた秋葉。
ナミに家に一緒に帰ろうと説得するも、ナミは笑いながら拒絶し、プリマヴェールを手にする。
そういや、秋葉はまだコロニーが大変なことになってるのを知らないんだよね。
Qテクターを身に纏ったナミ。
更に起動した箱の中からイグジステンズの騎馬型ロボットまで出現。
ただでさえ彼我の戦力比が大きいのに、ここにきてまた新たな敵が増えましたよ。
姿が変わっているのは改造されたのか、ほのかと同じようにQテクターなのか。上に乗っかっていた小さな箱の中身がほのかと同じ姿で、起動した時にあの中に入ったのかな。
秋葉を助けにきたほのかといつき。ほのかはアレイダの正体が神楽だと知って愕然。
だから、さっさと教えてあげていれば良かったのに。

いつきとほのかはアレイダに足止めされ、秋葉は手出しが出来ないままにナミとイグジステンズと戦うことに。
ダメージを受けた秋葉とイモちゃん。イモちゃんの事を心配する秋葉に、ナミは自分はもっと痛かったのだと告げる。それでも誰も助けてくれなかったが、それは姉妹達がみんな美人で天才で、強かったから仕方ない事。しかしただ一人、美人でも天才でもない秋葉の事を、他のみんなが見る事が気に入らない。
実際、秋葉は始めは自分だけ平凡な人間であることを悩んでいる様子もありましたからね。
ナミの攻撃を受け止める秋葉。
「ナミ、あんたいい加減にしなさいよ!」
それは心の強さの問題。秋葉はナミに比べて心が強く、心配してもらうのではなく自分でなんとかしようという強さがあるからだろう。自分でなんとかしようと思う者に対しては、他の者たちもサポートしようと思えるが、ただ頼ろうとするだけのナミには力を貸そうと思えなかったのだろう。そこで助けてあげても、ナミのためにはならないし、頼りっきりになってしまうから。
あまり我が儘言っていると、獅子堂家の白い悪魔に修正されてしまいますよ。

箱人間の回収を終えてクサンチッペですが、クサンチッペのブレインを見たくなった獅子堂桜がボアシップでガリガリ外壁削りだしてます。
激怒してレオパルドをぶち殺そうとしたクサンチッペですが、ボアシップの逃げた先にあったパイド・パイパーを破壊してしまいました。
おかげで、戦いは水入りに。
そういや、レオパルドたちのコロニーはどこ?

ナミのQテクターはそのままでも宇宙で呼吸出来ます。
ナミはアレイダに言われて、イグジステンズに命令を下し、対ブレイン攻撃モードでボアシップへ攻撃。
知らないので仕方ないけど、そこにはつつじとベンケイもいるんですよ……
レオパルドに対して精神攻撃を仕掛けたイグジステンズ。
おそらくアレイダたちは倒したと思っているのでしょうが、QTローズの力で間一髪助かったのだろう。

地球編も終わり、ここからまずは奪われたカークウッドの奪還が始まるというところか。

Next Mission 第16話「わだかまる宇宙」

次回はいよいよネルヴァルと同じ声を持つ男が表に出てくるようです。
獅子堂高嶺は、未だにネルヴァリストとしてネルヴァルに仕えているのか、正気を取り戻しているのかが気になるところですが、目に生気が無いのでネルヴァリストのままなんだろうな。雪が降っていたので、カークウッドにいるようです。
どうやって正気を取り戻させるのか。
そして最後に出てきたのはハコちゃん? 学園でフリオ・スールと出会うことになるのかな。
つつじは虎ビキニ&ムチがデフォルトになってしまった……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 咲-Saki- 第2話「勝負」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第十幕「大天空合体(だいてんくうがったい)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙をかける少女 第15話「魔女の騎行」:

« 咲-Saki- 第2話「勝負」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 第十幕「大天空合体(だいてんくうがったい)」 »