« 続 夏目友人帳 第13話「人と妖」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第一章「戦火の出会い」 »

2009年4月 7日 (火)

アスラクライン EX001「機巧魔神(アスラ・マキーナ)」

夏目智春は3年前の航空機墜落事故から生還して以来の「幽霊憑き」
親の都合で一人暮らし(正確には幽霊の水無神操緒と同居)を始めることになった智春。
そんな彼に、兄・夏目直貴の知り合いだという黒崎朱浬がやってきて、兄から頼まれたというトランクを智春に渡す。
そんな朱浬は神操緒が見えている様子。
凄いね。学生の一人暮らしで一軒家なんてありえないから。
まずはワンルームとか、下宿とかから始めやがれ。
そんな贅沢していると、将来ろくな人間にならない事は、霞ヶ関の住人が証明していますよ。

更に夜中に巫女服姿をしたオッドアイの女性が襲い掛かってくる。
機巧魔神(アスラ・マキーナ)を渡せだのイクストラクタがどこかなど、意味の判らない言葉を口にする。
神操緒を見て射影体と口にする。
いきなり良く判らない単語を口にしまくって、主人公は置いてけぼりです。
ついでに私もおいてけぼりです。

しかも朱浬や巫女服の少女嵩月奏は同じ学校の生徒だったため、事態は悪化の一途。

その日の夜、突然やってきた佐伯玲士郎に襲われたり、朱浬が助けにきたかと思いきや、黒服の男たちと玲士郎の部下とが抗争を始めたり。
悪魔と異端審問官との戦い。
朱浬を含めて三つ巴の戦い。
と言っているので宗教的な要素が強いようです。
屋敷の壁ぶちこわしたり大変な状態。
佐伯玲士郎が翡翠と呼ぶロボット機神を召喚。
ついに、屋根まで壊れた……

トランクの中から出てきたのはシュバルツ・シュルトの闇のと呼ばれる黒い影。
そして黒い影は機神に。それが機巧魔神(アスラ・マキーナ)。

そんなわけで、折角一人暮らしを始めた家が、一日目にして崩壊です
果たして、彼は今後どこに住むのでしょうか。
1話目は専門用語の羅列で、原作を知らない人にはまったくついて行けない展開です。
まぁ、おいおい説明があるのでしょう。

とりあえず、ロボットアニメっぽいので、暫く様子見ですが、どうも最近はやりのごちゃごちゃとした設定っぽいなぁ。
ロボットものでも女の子がやたらと多いのは、ライトノベルっぽい感じだね。
バトルがどんな感じになるのかをひとまず楽しみにして待っていよう。
個人的にお気に入りのキャラクターとかは今のところなし。今後も出来るかどうかは微妙なところかな。

EX002「未来に滅びるということ」

Youtube動画:オープニング「Spiral」

Youtube動画:エンディング「Link」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 続 夏目友人帳 第13話「人と妖」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第一章「戦火の出会い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン EX001「機巧魔神(アスラ・マキーナ)」:

» アスラクライン EX001『機巧魔神』 [風庫~カゼクラ~]
何だかとっても不幸な主人公・夏目智春(笑) 幽霊に取り憑かれてるのはともかく、兄・直貴に押し付けられた トランクがキッカケでよく分からん争いに巻き込まれるらしい。 …いや、初回なんで設定の多さに付いてくのがやっとといいますか。 入野自由さん、今期大活躍ですね..... [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 01時41分

» アスラクライン EX001 機巧魔神(アスラ・マキーナ) [だい亜りー]
――トモには操緒がついてるよ。 3年前の航空機墜落事故を生き延びた主人公の智春が、一人暮らしのために引っ越してきた日から次々と事件に巻き込まれて――というお話。 生還した日... [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 04時02分

« 続 夏目友人帳 第13話「人と妖」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第一章「戦火の出会い」 »