« 戦場のヴァルキュリア 第四章「束の間の休日」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第16話「ツェルニ暴走、汚染獣 襲撃!」 »

2009年4月28日 (火)

アスラクライン EX004「行き場を無くした想い」

「楽しいです……夏目君と一緒で」

後門の怪物、前門の機巧魔神(アスラ・マキーナ)に、ビビリまくりの謎の男子生徒。

土琵琶湖のロッジに合宿にやってきた科学部。
翡翠が修理中の為、第一生徒会・佐伯玲士郎と佐伯玲子に依頼されて、土琵琶湖のドビュッシー(命名・樋口琢磨)を探しにきたようです。
もちろん夏目智春と嵩月奏も一緒。
目的のためなら、この前まで命がけで戦った相手にも、協力を申し出る第一生徒会はある意味凄い合理主義です。まぁ、流石に悪魔である奏が一緒にいるのは気に入らないようです。ただの悪魔ではなく、智春との関係を持つと何やら大変な事になるようですから。

志津間哀音は玲子の従兄弟。玲子に射影体である哀音を見る事が出来ないらしい。
奏は智春にラブラブですが、玲士郎は奏とまぐわうな、と警告。彼らが契約すると、どちらかを殺さなければならないとか。
手が触れるだけでテンパりすぎだろう。奏は感情が高ぶると、炎を制御しきれなくなるのか?
てか、鍋の中にいるのはどうかと……
しかし相変わらず奏の声には違和感が拭えない。

前回に続いてのパンチラで、玲子はパンチラ要員確定みたいです。
お風呂を覗く樋口琢磨ですが、覗きは失敗し、入浴シーンはありませんでした。

奏は智春が神操緒の事が好きで、彼女がいなくなれば寂しいなら機巧魔神(アスラ・マキーナ)はもう使わない方が良い、と告げる。

遂に姿を見せたドビュッシー。
巨大な狛犬っぽい化け物です。
第二生徒会会長 倉澤六夏と黒崎朱浬はあまり仲良くないらしい。
口論がかなり低レベルですが。
基本的に、生徒会の人間たちは別の生徒会と犬猿の仲という事なのか。

ドビュッシーの正体は悪魔と人間の間に生まれる子供。
真日和秀が悪魔と契約して生まれた存在だけど、彼が捨てたせいで暴れ回っているようです。
和秀はダメ人間っぷりが全開で、あくまである奏が怒るのは無理からぬ事です。
悪魔絡みの事件だったから、余計な事をしないようにでしょう、玲子は縛られてしまってますよ。

第二生徒会はカルバニズム。
お金第一主義のようです。彼女が使い魔(ドウター)を捕獲しようとしているのも、餌代だけで悪魔を使役する事が出来るからのようです。

それぞれがそれぞれの主張をしながら行われるので、戦いは大混乱。
智春も結局黑鐵を召喚しているし。
和秀が使い魔(ドウター)を受け入れた事で、生体となって本来の姿になりました。犬というより、狐っぽい気もしたけど。
朱浬は使い魔(ドウター)を追いつめる事で、和秀にその大切さを思い知らせようとしていたというところなのか。

玲士郎が智春と奏の契約をあれほど危険視するという事は、2人の間に生まれる使い魔(ドウター)が世界の命運を握る存在という事なのか。1巡目の世界はそれによって滅びたの?

次回 EX005「交わり合う心と体」

今回は完全に脇役だった智春。
次回は朱浬にそっくりな女性が登場?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 戦場のヴァルキュリア 第四章「束の間の休日」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第16話「ツェルニ暴走、汚染獣 襲撃!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン EX004「行き場を無くした想い」:

« 戦場のヴァルキュリア 第四章「束の間の休日」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第16話「ツェルニ暴走、汚染獣 襲撃!」 »