« 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」 | トップページ | アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」 »

2009年5月17日 (日)

仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」

ZECTの仮面ライダーザビー・弟切ソウ(川岡大次郎)を「お兄ちゃん」と呼んだマユ(菅野莉央)。
光夏海(森カンナ)と小野寺ユウスケ(村井良大)は彼女のお兄さんが生きていたのだ、と喜ぶものの、門矢士(井上正大)は彼が兄の筈がないと呟く。
つまり、士はソウがワームだと気付いているという事か。

ZECTではカブトをクロックアップの世界から引きずり出す為、クロックダウンシステムを開発中。

おばあちゃん(佐々木すみ江)は生きていてると聞いても気に止めた様子はなく、生きていても尚戻らないのならば、戻れない理由があるからだろうと言う。
婆ちゃん、内心気にしているのかと思いきや、かなり達観している人だったようです。

サブストワームに襲われて逃げる夏海とマユの前に現れた海東大樹(戸松公人)は二つの事に気付いたという。
1つ、マユがワームに狙われている事。
2つ、カブトがマユを守っている事。

カブトのクロックアップを手に入れようとする大樹は、ディエンドに変身するとフィロキセラワームをとっとと倒すと、カブトを倒すためにイクサとサイガを召喚。
白いライダーコンビです。
「その命、神に返しなさい」
「It's show time!!」
ディエンドの召喚したライダーが喋ったビックリマーク
ディエンドが召喚したのは喋らないとばかり思っていたのに。それなら、劇場版の奴にも「薔薇の花言葉を知っているますか?」と言って欲しかったな。
イクサは「待ちなさい」だの「跪きなさい」だの名護節が全開で、きっとキバファンは嬉しい限りでしょう。
ところで気になったのは、何故かこの2体のキャストがオープニングに出ていなかった事。
今回のために録ったのではなく、過去の音声を使い回ししたからとかなのかな。

ワームに襲われるマユたちだが、マユの身体が光り、ワームを殺すが、彼女自身がワームとなってしまう。
マユに自分の所に来るように告げるソウは、自分が受け止めると語る。彼もまたワームだったから。

おでん屋『天堂』の女将はマユの正体がワームだと気付いていましたが、マユがワームだろうと何だろうと気にしていません。
この人は一体、どこまで本当の事情を知っていたのでしょうか。

カブト捕獲作戦のため、マユを利用するつもりだったソウ。
カブトは自分たちを何度も助けてくれたとアラタ(牧田哲也)は反対するも、ZECTの仲間にフルボッコにされてしまう。
マスコミはカブト捕獲作戦を実行していると告げたマスコミの報道を見ていた士たちのところに、アラタがソウを止めてくれと現れる。
話を聞いた士は、ようやく事態を把握。
クロックダウンシステムでライダーの動きが止まってしまう、つまりはクロックアップ出来ないライダーは戦えるワームの敵ではない、という事。
しかしクロックアップ出来ないだけで、なんで動く事自体が出来なくなってしまうのでしょうか?

捕らえられたカブト。隊員に混ざっていたワームたちにより、人間だった隊員たちが倒され、変身が解除したカブトの正体が明らかとなる。
カブトの正体は弟切ソウジ(川岡大次郎)。
この世に自分は2人いらない、とソウジを殺そうとするソウですが、そこに駆けつけたのは士。
「おばあちゃんは言っていた。
 汁の味は見かけだけではわからない」

マユが目撃したのは、自分に擬態していたワームを殺そうとしていたカブトに変身したソウジ。
ソウジはあの後でクロックアップの世界から戻れなくなってしまったらしい。
じゃあなんで時々こっちの世界に見えるだろうか。もの凄い長時間あっちの世界で制止しているから姿が見えるのか?
何故戻れなくなったのか、とかは一切放置です。

マユにはまだ帰る場所がある。たとえ彼女がワームであっても、世界を敵に回しても帰る場所を作っている人間と、世界中を敵に回しても戦う人間がいる。
同じ姿をしていても、ソウは本物のソウジには勝てない
マユがいつからワームになったのか本物のマユはどうなったのか、何故自分が本物のマユだと思い込んでいるのかも謎。まぁ、こっちはオリジナル・カブトも同じようなもんだったしな。

ソウの姿をしていたフィロキセラワーム(声・望月健一)が姿を現し、ソウジも再びカブトに変身して戦う。
カブト、普通に戦えてるんですけど……あの動けなくなったのは何?
「クロックアップを封じられた貴様等が、俺に勝てるか!」
と、啖呵を切るフィロキセラワームですが、そもそもディケイドはクロックアップなんて最初から出来ねぇ!

攻撃パターンを見切った士は、イリュージョンで分裂して攻撃。
ここでようやくカブトのカードが使用可能に。
ファイナル・アタックライド・カブトでクロックダウンシステムであるタワーごと攻撃したカブト。
トドメはカブトとディケイドのダブルライダーキック(?)でトドメ。
カブトのアタックライドはちょっとクウガに被るな。そういや、結局今回もユウスケはいらない子でした。

最後にソウジの姿に戻った兄と対面したマユに微笑みながら、ソウジはクロックアップの世界へと姿を消す。
おでん屋に帰ったマユを、おばあちゃんは優しく迎え入れてくれ、おばあちゃんの味であるおでんに舌鼓をうつ。
「お兄ちゃんもいつか帰ってこれるかな」
「ソウジは、いつだってここにいるよ……
 私たちが変わらない限りね」
綺麗に纏めましたが、世間的にカブトが嫌われっぱなしなのは放置。
ま、ソウも死んでこれからはZECTは残されたライダーであるアラタが纏めていくので、カブトへの偏見も無くなっていくのだろう。

お宝が手に入らなかった大樹に大航海時代、バスコダ・ガマが命がけで探し求め手に入れたという伝説のスパイスをプレゼントする士。
ようするに、ただのコショウなんですが、大樹は知らないようです……
ガッツポーズしたりして可愛い奴め

オチは大樹かと思いきや、キバーラ(声・沢城みゆき)でした。
キバーラのワームが、てこんなのにも化ける事が出来るのか!?

残る世界は後一つ。
最後は響鬼の世界。
「だけどディケイド……
 そこがお前の死に場所となる」

その台詞、カブトの世界の時にも言ってたよね。

次回 第18話「サボる響鬼」

次は遂に響鬼の世界!!
メンバーはオリジナルのメンバーが登場。
イブキ(渋江譲二)やトドロキ(川口真五)、ザンキさん(松田賢二)、あきらちゃん(秋山奈々)も登場だよ。別名、救済措置とも言う。当然京介なんて出てきませんよ。
ヒビキさんと明日夢だけはキャストが違う人なのは何故だろう。栩原楽人は2009年に全く俳優業が出ていないが、何か大型の番組撮影に回ってるのか? それとも大きくなりすぎて弟子役には向かなかったのか。
新アスム君の鼻声がすげぇ気になった。

  ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」 | トップページ | アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/45043549

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」:

» 仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」 [OPUS MAGNUM]
今回は第17話「おばあちゃん味の道」。 ストーリーは仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」で! カブトの世界の2回目。 前回は弟切ソウがマユの兄というところで終わりました。 でも結局、弟切ソウは兄ソウジの擬態…ということでした。 まぁ、オリジナルのカブトを見ていた人には想定内の設定ですね。 オリジナルと同じように、ソウジの妹マユがシシーラワームでした。 自分自身ワームであったことに気付いていなかったようで驚くマユ。 ワームであっても妹を守る兄というところも同じですね。 全世... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 19時54分

» ◎仮面ライダーディケイド第17話「おばあちゃん味の道」 [ぺろぺろキャンディー]
カイトウさんがきて、気がついたことをはなす。まず、マユはワームに狙われている。そして、カブトが守っている。そして、そこにワームとカブトがあらわれたため、カイトウは、イクサーとサイガーを召喚する。イクサーって、たしかキバにでてきたライダーだったような・・...... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 19時16分

« 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」 | トップページ | アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」 »