« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

仮面ライダーディケイド 第19話「終わる旅」

伝説の魔化魍 牛鬼(声・酒井敬幸)となってしまったヒビキ(デビット伊藤)。
そうと知らずに戦う門矢士(井上正大)は龍騎の力で対抗する。
ストライクベントでの攻撃受けても尚倒れない牛鬼。
そんなディケイドと牛鬼の戦いを余所に、イブキ(渋江譲二)とザンキ(松田賢二)は大げんか。
彼らを助けようとするアスム(小清水一揮)の姿に、師匠たちを止めていたアキラ(秋山奈々)とトドロキ(川口真五)が変身。
アキラは天鬼へ、トドロキは轟鬼へ変身すると、アスムを必死に戦い続ける。
あ~、彼らも普通に変身出来たのですね。
苦戦する2人に、今度は電王アックスフォームへと変わった士が戦う。
アタックライド・ツッパリで牛鬼の突進を食い止める士。
一応、電王世界のライダーたちも巫山戯た名乗りだけではなかったようです。
士と力を合わせる天鬼と轟鬼は音撃射『疾風一閃』と、音撃斬『雷電激震』にて攻撃して牛鬼を退ける。
天鬼の技は基本的にイブキと同じか。変身体もイブキと変わらないし。

傷ついたヒビキの下に駆けつけた光夏海(森カンナ)と小野寺ユウスケ(村井良大)。
彼らに迷惑を掛けまいとするヒビキだが、彼を放っておけないとするユウスケたちは、彼を休ませる事に。
この2人、今までどこにいたんでしょうか。戦ってる間、ずっと影から見ていたのか? てっきり2人がアレはヒビキさんなんだ、とみんなに教えて戦いを止めるのかと思っていたんですが。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第19話「終わる旅」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

侍戦隊シンケンジャー 第十六幕「黒子力(くろこのちから)」

モヂカラの鍛錬に励むシンケンジャー。
花織ことは(森田涼花)は家の中で『岩』を出現させてしまい、負けじと谷千明(鈴木勝吾)は『枝』、池波流ノ介(相葉弘樹)は『波』を出現させて、通りかかった黒子が持っていた志葉家家宝の壺を割ってしまう。
てか、家の中でショドーフォンを使ってモヂカラの練習をしないでくれ。家の中でやるなら、普通に書道でいいのでは。丈瑠や流ノ介なんて、家の中で出したらまずいものしか出ないだろう。
千明が「運が悪かった」と反省の色が無い事から、怒った日下部彦馬(伊吹吾郎)は侍は強ければいいわけではないと言う。黒子たちの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい、と笑いながら去っていく。
相変わらず怒られる原因の大半は千明なんだな。

腑破十臓(声:唐橋充)を助けた薄皮太夫(声:朴璐美)。
十臓はハグレ者である自分たちは望みを叶えなければ、生きて三途の川に入った意味がないと告げる。
つまり、薄皮太夫も彼と同じ生きて三途の川に入った人間なのだろう。元花魁というところなんだろうが、どんな目的があって三途の川に足を踏み入れたのか。
こちらは人間の姿になる事はなさそうですが。
太夫の異変に気付きながらも、彼女が話さないなら構わないという姿勢の“御大将”血祭ドウコク(声:西凛太朗)。そこに骨のシタリ(声:チョー)がアヤカシ マリゴモリ(声:市来光弘)を連れてきた。
性格は引っ込み思案なアヤカシです。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十六幕「黒子力(くろこのちから)」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戦場のヴァルキュリア 第9章「蒼き魔女」

神聖帝国軍セルベリア・ブレス大佐の下に配属の補佐官となったカール・オザヴァルド少尉。
度重なる敗北のため、ガリア方面軍総司令官マクシミリアン準皇太子は、本国に残って国王自らの査問をする事になる。
カール以外にも数名の補佐官が中央から派遣されていた。
中央からは、マクシミリアン一人で参ぜよとの指示があり、セルベリアも今回は同行できない。
ガリア本国への進行が遅れているから、戦力を少しでも裂きたくないのだろうというマクシミリアンは、不安を覚えるセルベリアに余計な邪推をしないようにと忠告する。
あからさまに陰謀があるけど、敢えてそれを口にしないさせているのは、下手な事を言えば逆にそこを突かれてしまうからだろう。

マクシミリアンの去った後、軍の指揮を任されたセルベリア。
ラディ・イェーガーはカールに中央配属となる際に、何か指示を受けていないかと問い掛けるも、覚えがないと返答。だが、彼は中央からセルベリアがマクシミリアンに近づかないようにしろとの指示を受けていた。
顔色一つ変えずに否定したのはなかなか立派です。が、たぶんラディには見抜かれてるんだろうな。こーゆー腹芸は彼は得意そうだもんなぁ。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第9章「蒼き魔女」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

真マジンガー 衝撃!Z編 第9話「発動! 日本侵略作戦!」

襲いかかってくる機械獣をたった一人マジンガーZに乗り込んで戦う兜甲児。
弓さやかたちが助けに来るのも待とうとはしない彼に、さやかはいつか一人では戦えなくなる時がくると言うが、甲児は一人で充分だと肩肘を張る。
東、大出、ローリィ、ロールは甲児の態度に腹を立てるものの、自分たちが機械獣に対して無力だという事は自覚しているようです。初登場の時は、自分たちが機械獣を倒すような事を言ってたのにな。

クロスは一人で50人を倒した事もあるという元一匹狼。
先生は料理の腕が良くで、剣の腕前は天下一品。
安は爆薬の使い手。
ここにいる者たちが全員一度は死んだ筈の人間という事。
安は女将の錦織つばさがいるから、ここにいるのだという。
ジャンゴは客の案内係。
一癖どころか、二癖以上あるメンバーばかり。
一度死んだ人間をつばさが甦らせているので、恩義を感じているという事なのか。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第9話「発動! 日本侵略作戦!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

宇宙をかける少女 第21話「小さな勇気」

カークウッド共栄圏が「未知」の敵に襲われている、という理由付けでウーレ人民共和圏と軍が動き出しました。
もちろん彼らにとって本当は未知でもなんでもないのだろう。敵がネルヴァルだと知った上での行動なんでしょう。
月防空総隊司令は反発するものの、獅子堂風音に無断で高速艇を貸したという理由で拘束されてしまった。

『剣』はインスマスアンシャーという岩石群の中に隠されている。どうやら死亡した獅子堂評議会の長老たちが知っていたらしい。
レオパルドは捕らえられた獅子堂秋葉の救出が最優先だと主張するも、みんながレオパルドを「本物の男」にするために頑張っているのだから、と黙らされました。

フルカウル箱の中は欲しい物がなんでも手に入ってしまい、みんなが困っていないと感じる秋葉は、次第に居心地良くなってきてしまっている。
嫌なものを遮断して、好きなものだけを見ていれば良い箱。
秋葉は次第にイモちゃんの声も煩わしく感じるようになって、聞こえなくなってしまいました。

続きを読む "宇宙をかける少女 第21話「小さな勇気」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月30日 (土)

咲-Saki- 第8話「前夜」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
はい、そんな訳でタイトル通りに今回は決勝戦前夜の話。
大方の部分はオリジナルです。

田舎町にある清澄高校は県予選の会場から最寄り駅まで帰ってくると、辺りは真っ暗。しかも最終電車間近です。ま、田舎だからこの終電自体も時間が早いのでしょうけど。
清澄の面々は開いてるお店が無いので、屋台でラーメン
部長 竹井久の奢りです。
原村和はラーメンぐらい知っているものの、食べた事は明らかにありませんので、片岡優希の食べ方を見て食べています。
すごいね、ラーメンすら食べた事がお嬢様って一体。
学食とかも使ってないみたいだしな。
タコスラーメンなんてものはない。

続きを読む "咲-Saki- 第8話「前夜」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

けいおん!-K-on!- #8「新歓!」

今回は新入生歓迎ライブの話。

無事に桜高に合格した妹の平沢憂の事を、本人以上に喜ぶ平沢唯。
てか、このお姉ちゃんが入学出来た学校なのだから、憂が合格出来ないはずがない。
あっという間の一年間でした。1年前には軽音部は廃部寸前だったわけですよ。
ま、3年後には同じようなピンチになっているのでしょうが。

2年生に進級した軽音部のメンバーは、唯、田井中律、琴吹紬は同じ2年2組になるが、秋山澪だけは違うクラスの2年1組で、寂しがりやの澪はいきなり凹んでいます。しかも同じクラスに知り合いがいない、と人見知り気味の澪には更なる試練。
が、救世主は真鍋和でした。珍しく唯とクラスが違った和の存在に、澪は大喜び。
和は社交性ありそうだから、クラスに直ぐ馴染みそうだよな。
ちなみに3年生では澪も無事に同じクラスになるのですが、それらは今期のアニメでは語られまい。

続きを読む "けいおん!-K-on!- #8「新歓!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第8話「暗躍~牙の暗殺者」

大天使長の指示に従い、聖乳を溢さないように流浪の戦士 レイナに同行する事になった光明の天使 ナナエル。
後を着いてくるナナエルにレイナは戸惑うことに。

武者巫女 トモエと元甲魔忍軍頭領 シズカは断崖絶壁をよじ登り、無数の竜巻の中を通り抜け、怪物の棲む河を下り、化け物の棲む洞窟を抜けてきた。
……なんでこの人等はそんな苦行の路を進んでいるでしょう。
「さすがクイーンズブレイド。目的地に到着する事も、また戦いのうち、という事ですね」
そんな戦いをしているのはたぶん君たちぐらいです。

レイナの後を追う近衛隊長 エリナは、給仕のイルマや兵士達を引き連れていた。
クローデットは1人だったけど、エリナは部下達と一緒なんですね。
エリナは部下から温泉地の存在を聞かされ、お湯に浸かりに行く事に。
イルマはあからさまに怪しいですが、エリナはその辺がおおらかというか、大雑把です。とりあえず自分とレイナお姉ちゃんに危害さえ与えないのならどうでもいいのだろう。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第8話「暗躍~牙の暗殺者」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

バスカッシュ! 第9話「アイドル・アタック!」

「あいつのおかげかもね……ダンクマスク」

ルージュ、シトロン、ヴィオレットで構成される月面アイドルユニット『エクリップス』のコンサートがアースダッシュの街にて開かれていた。
リーダーってルージュじゃなかったんだ。3人の中でシトロンが最初のメンバーだからなんですね。
このユニットは現実に声優達によりライブとか開かれるのだろうか。アニメの人気次第なのかもしれないが、今の人気では無理かな。
1曲目の『nO limiT』を歌い終えて盛り上がるファンたちに、ルージュは自分たちが『バスカッシュ』を行う事を宣言する。
極秘でバスカッシュをやるのかと思っていたら、公式にエクリップスとしてバスカッシュへの参戦なんですね。アースダッシュにはオフで来ていたのではなく、仕事で来ていてあの時がたまたまオフだったのか。と

続きを読む "バスカッシュ! 第9話「アイドル・アタック!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月28日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #08「誘惑に染まる瞳」

ましろは力の使いすぎで寝込む。
ましろが結界を張っているが、泉戸裕理は鵺に手下の人間による攻撃があればどうするかと問われる。

如月美冬は何故かパソコンが使えないとか。今時の高校生がパソコンぐらい使えなくてどうするよ。てか、普通に授業とかであるんじゃないのか?
鵺はパソコンが使えるらしい。

河合アメリは裕理とましろが一緒にバイク弄りをしている夢を見る。
それを眺めるアメリに、応龍人型モードが人間と太転依(たゆたい)が結婚できる筈がない、まだアメリにも可能性があると囁く。

アメリは太転依(たゆたい)を妖怪呼ばわりですが、まぁ、確かに代わらないよな。
アメリが久しぶりに3人で遊びに行こう、と言い出すと最初は乗り気だった要三九郎が用事があるからとキャンセル。
裕理はそれなら今度にしようかとか言い出し、三九郎が慌てる羽目に。
相変わらずこの二人のために色々と気を使っているのに、裕理の鈍さは犯罪級に鈍いままです。

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #08「誘惑に染まる瞳」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

リストランテ・パラディーゾ Sesto「ある夫婦」

ルチーナと夫は仲直りの食事をするも、料理の味がいまいち。
同じ店に来ていたニコレッタたちは、フリオが料理を酷評
しかし気にくわないからと言って、店中であれだけあしざまに言うというのもどうなんだろうか……

ルチーナはワインナリー『エノテカ』でワインを選び、ジジと出会う。
しかもルチーナは遊び人の夫が、以前にも一緒にいた事のある女といる場面をエノテカの夫人が目撃していた事でショック。
一回限りの遊びならまだ許せるけど、複数回会っているという事は完全な浮気という認識なんだろう。
夫の浮気を知った嫁の映画の話とか初めて、それを思わせる行動をするとか怖すぎです。

ニコレッタはフリオの料理教室に通って、ヴィートの妻マリーナと出会う。
マリーナはニコレッタと殆ど変わらない年齢。
すげぇ年の差だよな……3,40歳は違うんじゃ。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ Sesto「ある夫婦」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

東のエデン 第7話「ブラックスワン舞う」

ジョニー狩りに捕らえられた人物からのSOS。
春日晴男はこれが大杉智ではないかと考える。
写真がアップされ、掲示板に助けて欲しいアップされる。
アップされているのは大杉が良く使用している恋愛相談の掲示板で、森美咲とするはずだった食事が出来ずに傷心の彼は「東のエデン」メンバーに直接電話やメールは出来ないのだろう、と考察。
咲も流石に食事の事が判っているようです。気付いていないのは滝沢だけのようだ。
大杉であるだろうという最大の理由は、写真に写っているカバンについた咲の顔のマスコット。

ジョニー狩りは2万人の童貞男性ばかりを狙い、ジョニーを切断して殺すという連続殺人鬼のこと。
2万人という膨大な数は、滝沢の2万人のニートと話が混在してしまっているのだろう。
幾らなんでも2万人も始末していたら、金があっという間になくなるし、何より時間的にしんどい。毎日殺しても1日に一人なら55年掛かる。1日10人でも5年半ですから、まず有り得ない。
掲示板の中に共犯者がジュイスだと書かれていた事で、滝沢朗は犯人がセレソンだと気付き、一人でジュイスに連絡を取って大杉の居所を調査。
これって、写真の情報から居所を割り出しているけど、咲の時みたいに大杉の居所を調べてもらうのではダメだったのだろうか。そうしていれば、この後のトラブルにならないからダメなのか。

続きを読む "東のエデン 第7話「ブラックスワン舞う」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏のあらし! 第8話「勝手にしやがれ」

アバンから伏見やよゐと山崎加奈子の物語。
口癖は「んちゃー!」
「ドクタースランプ アラレちゃん」
……懐かしい。そういや、鳥山あきらって今何か漫画を描いてるの?
まぁ、描かなくてもドラゴンボールの印税がいくらでも入ってきていそうだけど。

このまま正体を隠し続けるのかというカヤに上賀茂潤はバカにされそうだからと、秘密にする事に。
裸を見てもまったく気付かない八坂一。
一応、胸の谷間のようなものはあるようですけど……何故気付かない。
てか、着替え中だったカヤがよく一の乱入に悲鳴を上げなかったよな。

オーナーの指示で安売りの西瓜の買い出しに行く事になる一と潤。
女だという事を隠しているから、いつまでも力仕事とかやらされるんだから、一度馬鹿にされるぐらい我慢してばらした方が絶対に良いと思うんだけどな。裸見られる危険とかもなくなるんだし。

一はあらしとタイムトリップして現代と60年前を走り回っているので、地元の情報にすっかり強くなったようです。
疲れて途中の神社の境内で一休み。
て、なんで疲れてるのに、わざわざあんな長い階段上って神社で休憩を?

続きを読む "夏のあらし! 第8話「勝手にしやがれ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第8話「ルブルム」

元老院の指示で大釜を持って交易都市ロンディウムから帰還したガイウスは、元老院にゲール族討伐のために軍の増強を要請。
ゲール族を軽く見ている元老院は、強硬な姿勢で要請するガイウスの態度を不遜に感じる。
ガイウスに代わり、ゲール族討伐を支持されたのは司令官リディアが率いる神聖帝国元老院・監察局直属の治安維持部隊ルブルム
真紅の鎧を身に纏うルブルムをガイウスは血の赤と語るも、リディアはそれが炎の赤であり、自分たちの心は純白であると語る。
純白の割りに傲慢なところが見え隠れするリディア。

結界が解かれた以上、アヴァロンが発見されるのも時間の問題と、城の守りを強固なものとするべく準備を行うゲール族。
子供たちに自作の絵本を読んであげていた家付き妖精見習いエルミンは疲れてしまい、家付き妖精リムリスと共に居眠り。リムリスはアロウンが近づいた事で慌てて跳ね起きるも、眠ったままのエルミンはそっとしてあげる事に。
エルミンが描いた絵本は、アロウンのかつての活躍を描いたもの。
妖精王プゥルと共に真紅と漆黒の剣を携えて、戦い続けた英雄譚。絵のセンスはない。
「悪い敵をバッタバッタと倒していきます。バッタバッタと倒していきます。バッタバッタと倒していきます。バッタバッタと倒していきます。バッタバッタと倒していきます……」
どこまで続くの!?
これを聞いていた子供たちの反応が見たいよ。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第8話「ルブルム」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャングリ・ラ 第8話「口紅無残」

炎天下の中、3日間も飲まず食わずで庭に立ち続けた北条國子に、更正センターの獄長となった鳴瀬涼子は“ご褒美”と称して死刑を宣告する。
尚も他の人間に手を出したら承知しないと目の光りを失わない國子。
意義のある者は前に出ろ、と言うも、その勇気を持ち合わせる者は山崎友香やレナを含めて誰もいなかった。
ここで名乗り出てもただいきなり殺されるだけ、というのが判っているのだろう。それなら、処刑までの間に何か手段を講じた方が良いというものだろう。

秦総一郎は“計画”に狂いが生じるため本気で國子を殺すつもりはないと思っていたが、涼子はここで死ぬならその程度だと言い放つ。
どうやら彼女たちがしようとしている事に、國子は必要な存在のようです。

続きを読む "シャングリ・ラ 第8話「口紅無残」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

黒神 The Animation Episode18「異変」

エクセルと北条水華魅の出会いは元神霊(もとつみたま)狩りをしていたトライバルエンドを、水華魅がフルボッコにしたところでした。
シュタイナーの敵討ちのため、水華魅を金で雇ったようだ。
エクセルはただ金で雇っただけのつもりですが、水華魅の方はそれだけではないだろう。でなければ黎真との戦いなんていう危険な事に手を貸すはずが無い。
てか、エクセルはこの時点で黎真が生きていた事を知っていたのか? それとも生きてると強く思い込んでいただけなのか。

クロは獅子神黎真が生きていたと聞いて焦ってしまい、傷ついている揶雲のことまで気が回らなくなっているようです。
しかも新たな元神霊・天麻と契約者・琥珀も登場。
彼らも真神の力を狙う者のようです。彼らに殺害された遺体が複数あるようですが、一体どれだけの数が清き処にやってきているのだろうか。

続きを読む "黒神 The Animation Episode18「異変」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第20話「都市戦前夜」

突如として動き始めた学園都市ツェルニは汚染獣の群れから離脱に成功していた。
第1小隊隊長ヴァンゼ・ハルデイはツェルニが戻ったのかと問うも、機関部に電子精霊の姿はなく、廃貴族がツェルニを離れたのかも判らない。
生徒会長カリアン・ロスはニーナ・アントークの帰還と関係するのかと考えるも、自分の考えを否定する。
ツェルニも廃貴族と一緒にニーナの体内にいる、という事なんだろうな。必死に廃貴族にニーナが乗っ取られるのを抑え込んでいるのでしょうが。

検査を終えたニーナに、第17小隊の面々は彼女がこれまで何があったのか問い掛けるも、ニーナは自身にも上手く説明が出来ないと、今は説明を行わない。
今ひとつ納得出来ないダルシェナ・シェ・マテルナだが、ハーレイ・サットンたちは嘘がつけるほど器用ではないからとニーナが話すのを待つ事に。
ダルシェナはシャーニッドも自分で思っているほど器用ではないと言っているのは、彼の気持ちに気付いているという事なのか。
ニーナの帰還を素直に喜ぶレイフォンに、フェリ・ロスは厳しい表情を。
フェリ、ダークサイドに落ちそうなぐらいの勢いです。
レイフォンの前にゴルネオ・ルッケンスが。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第20話「都市戦前夜」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

アスラクライン EX008「災厄の王の末娘」

世間に流行る悪魔狩り。高位の悪魔をも倒す存在に、嵩月奏の護衛を嵩月組が夏目智春に依頼。嵩月組での護衛を受けると、学校に行く事も禁止されるのが理由らしい。
夏目直貴からのエアメールで、悪魔の子を頼むという連絡が入り、黒崎朱浬がアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クレウゼンブルヒというルーマニア出身の悪魔の子供を連れてきました。他人の運を喰らう運食らい(ラックイーター)という上位の悪魔で、10歳ながら天才児です。彼女の護衛は科學部が要請されているようですが、朱浬は子供が苦手だからととっとと逃亡しています。
新キャラクターはヲタクの皆さん大好きなロリッ娘ですよ。しかもちょっとツンデレ気味? 天才少女とかも好きだよね。
智春は完全にむっつりスケベ……

続きを読む "アスラクライン EX008「災厄の王の末娘」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月25日 (月)

仮面ライダーディケイド 18話「サボる響鬼」

響鬼の世界にやってきた門矢士(井上正大)たち。
この世界には魔化魍(まかもう)と呼ばれる怪物がいる。
3人の前に現れたカッパに、アスム(小清水一揮)が立ち向かうも、歯が立たず、変わってディケイドに変身した士がカブトの力で退治。
アスムはヒビキ(デビット伊藤)の弟子だった。
アスムの恰好はメットがないですが、鬼に変身出来るという事なのか。
変身した時に書道のような文字が出現するのは、前半の響鬼をイメージしているんだろうな。どうせならタイトルも響鬼っぽく縦書きにして欲しかったな。
しかしなんでアスムとヒビキだけが違うキャストなのかな、本当に。細川さんの時間が取れなかったのか。

ヒビキは士が来ているうす紅色の道着は音撃道の伝説の師匠が来ていたものだという。
音撃道とは清めの音によって魔化魍を倒す武道。
町にバケネコたちが出現しても、ヒビキは大師匠である士に任せて戦おうとはせず、士や小野寺ユウスケ(村井良大)は呆れる。
すっかりダメ師匠です。
ここの世界では音撃が武道扱いなんですね。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 18話「サボる響鬼」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

侍戦隊シンケンジャー 第十五幕「偽物本物大捕物」

真剣白羽取りの練習をするシンケンジャー。
谷千明(鈴木勝吾)は出来るわけがないと投げやりだけど、志葉丈瑠(松坂桃李)は楽々とこなす。
池波流ノ介(相葉弘樹)も成功してみせるが、千明は二刀流と称して脇からもう一本の剣で攻撃する始末。
以前に爺が剣の技術は流ノ介の方が殿より上だと言っていたのだから、流ノ介に出来るのは不思議ではないよな。ことはと茉子姐さんもできるんだろうな。

他人の姿形をそっくり真似するナリスマシ(声:大林勝)。
他人に変身して人々を混乱させていたナリスマシに、一人真剣白羽取りの練習をしていた千明が遭遇して一人で戦うも、敗北。
ナリスマシは千明の知らないところで、彼に化けて、シンケンジャーの仲間に対して雑魚の相手は彼らに任せたと立ち去ってしまう。
ボロボロになって戻ってきた本物の千明を責める仲間たち。何が何だかまったく判らず、苛立つ千明。
殿は千明の練習していた様子を目にして、暫く様子を見る事に。
殿だけは少し千明を信用している、という事でしょう。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十五幕「偽物本物大捕物」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

戦場のヴァルキュリア 第8章「紐解かれる歴史」

バリアス遺跡で《蒼き魔女》セルベリア・ブレスとガリア方面軍総司令官マクシミリアン準皇太子と出会ったウェルキン・ギュンター少尉、アリシア・メルキオット軍曹、ファルディオ・ランツァート少尉の3人。

マクシミリアンはこの遺跡がヴァルキュリア人であるセルベリアのものだと語る。
ヴァルキュリア人は滅んでおらず、彼らが再び世界を征するための碑文がここに記載されているのだと語る。
マクシミリアンたちを連行すると銃を向けるアリシアだが、マクシミリアンは気にも止めずに立ち去る。そんな彼の背中に銃を放つアリシア。しかし、青白い光を身に纏ったセルベリアが、アリシアの銃弾をサーベルで切り裂く。
やはりセルベリアはヴァルキュリア人だったようですが、銃弾を切り落とすという超人技を披露しました。彼女がヴァルキュリア人であるという事がどうやって判ったのだろうか。この事実は2人だけしか知らないのか、他の2人も知っているのか……ウェルキンたちに話した事を考えると、特別秘密にしている訳ではないから、知ってるんだろうな。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第8章「紐解かれる歴史」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月24日 (日)

真マジンガー 衝撃!Z編 第8話「誕生! あしゅら男爵!」

そんなわけで、今回はあしゅら男爵誕生秘話。<br />
<br />
兜甲児のせいであしゅら男爵に逃げられてしまいました。<br />
まったく持って<font size="4" style="color: rgb(255, 0, 0);">足手まとい</font>。<br />
<br />
ミケーネの遺跡で抱き合って眠る男女があしゅら男爵だった事は何度か前に判明していましたが、何故一つの身体になったのかは不明だった訳でした。<br />
遺跡に入って彼らを見付けた兜十蔵博士とDr.ヘル。しかし身体の半分が腐ってしまっていたため、彼らを甦らせる苦肉の策としてDr.ヘルは助手の錦織つばさと共に彼らの身体の半分を切り取り、残った身体を結合するという無茶な手術を行ったからのようです。<br />
身長の違いとかどうしたんだろうか。既にこの時点でこの2人の才能は<font size="3" style="color: rgb(255, 0, 0);">常識を遥かに凌駕</font>していますよ。<br />
つまり、Dr.ヘルの軍団の中では、<span style="color: rgb(0, 0, 255);">あしゅら男爵が一番の古株</span>という事か。<br />
<br />
つばさはDr.ヘルの野心に気付きながらも、科学者としての好奇心に負けてあしゅら男爵の復活にも協力していたのですね。<br />
しかし時々出てくるバードス島に眠っている機械獣の中に、どうにも<span style="color: rgb(128, 128, 0); font-weight: bold;">鋼鉄ジーグ</span>っぽいのがいるんですけど……<br />
<br />

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第8話「誕生! あしゅら男爵!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月23日 (土)

宇宙をかける少女 第20話「白銀の追跡」

カークウッドにはスパイ衛星が送られてくるようになっていた。獅子堂ナミは邪魔者が来たのなら自分が排除してやると笑うが、ネルヴァリストたちは彼女に反感を覚える。箱詰めは崇高な儀式だと告げるも、ナミはそれを綺麗事と笑い飛ばすと、自分のしている事が汚れ役だと判っていると語る。
カテドラル・ベンディスタ。新しい居城にいるネルヴァルとアレイダ。
彼はネルヴァルの頭脳体を前に「間もなくだな」と呟く。
オープニングの影からしてもこれがネルヴァルの本体なのは確かなのでしょうが、ドロイド体は人間とのコミュニケーションを円滑にする為に作られているらしい。
他のブレインコロニーに比べてデカいな。

箱に閉じ込められた秋葉。
中からの声が伝わらない為、キーボードで会話。
ハコちゃんと同じパターンです。

枯れ葉はまだかと叫んでいるレオパルドの前で、獅子堂桜はお絵かき。
芸術的センスがあるか無いか微妙なところです。
秋葉を探す神凪いつきやニーナ・ストラトスキーたち怪奇課ですが、手がかりはゼロ。カークウッドに連れて行かれた可能性が高く、打つ手無しの状況。
ま、普通に考えれば敵の本拠地に連れて行かれたと考えるのが当然だろうな。

続きを読む "宇宙をかける少女 第20話「白銀の追跡」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

咲-Saki- 第7話「伝統」

いよいよ始まったインターハイ。清澄高校の1回戦は今宮女子、東福寺高校、千曲東高校との対戦。
先鋒の片岡優希、次鋒の染谷まこ、中堅の竹井久がそれぞれ快勝を果たして、大きなリードを手に副将 原村和が勝負に挑む。昨年の全国女子優勝という栄誉を持つ和の試合を見ようと、大勢の観客が集まる。
和が手にしたペンギンのぬいぐるみに会場は騒然となる。
まぁ、当然です。普通はそんなもの抱いて試合する奴はいねぇ。

副将戦
清澄高校 2年 原村和
今宮女子 3年 田中舞
東福寺高校 2年 河内智世美
千曲東高校 1年 上柿恵
龍門淵透華は和の打ち筋が中学時代から、ネット麻雀にて伝説とされている「のどっち」に似ていると考えていたが、この初戦での戦いの中でその疑念を確信へと変えていく。
序盤に今宮女子の田中は大三元(白・發・中が3枚ずつ揃った手 役満)をテンパイするも、和は喰いタン(何かを鳴いた状態で、一九字牌以外の牌で揃えた手。ルールによっては認められない事もある)
東二局には千曲東の上柿から和了し、12600点を得て更に点差を広げるが、ここにきて観客たちはようやく清澄高校が強いという事実に気付く。
部長が原作ほど笑ってる感じが見えないのが残念。観客の反応に満足そうに笑う久が好きなんだけどな。

続きを読む "咲-Saki- 第7話「伝統」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

けいおん!-K-on!- #7「クリスマス!」

クリスマスの準備にツリーの飾りつけををする平沢唯と平沢憂。
憂は幼い頃に二人でやったクリスマスの準備を思い出す。
あまりいい子にしていなかったからプレゼントをもらえるかな、と心配する唯に、大丈夫と声を掛ける憂。
憂の願いは「ホワイトクリスマス」
そんな憂のため、翌朝唯は自宅前の植木にクッションの綿を取り出して擬似雪を作り出す。もちろん、後でこっぴどく怒られたようですが。
おばかですが、とても妹思いのお姉ちゃんです。

翌日、学校へ向かう憂は洗濯した時にマフラーが無くなったという事で、マフラーが無かった憂に、自分のマフラーを半分貸してあげる唯。そんな唯も手袋を片手無くしてしまい、片一方だけだったので、憂が手を握って上げる。
「あったか、あったか」
なんだこのぬくぬく姉妹は。
百合百合な関係と言っても疑わないぐらいだ。
ジョリーとセバスチャンを思い出した(by.名犬ジョリー

続きを読む "けいおん!-K-on!- #7「クリスマス!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第7話「降臨~光明の天使」

クイーンズブレイドに参加する闘士達が目差す、女王の住まう地ガイウス。

天使長に呼び出された光明の天使 ナナエル。
雷雲の将 クローデットと流浪の戦士 レイナのクイーンズブレイドを捏造したナナエルに、天使達はナナエルの冥界落ちを噂する。
クイーンズブレイドを中継できないだけならまだしも、偽造するという天使にあるまじき行為だからな。しかしここで怒る事もなく、諭すように話すのは流石天使長です。人、もとい天使が出来てる。
ナナエルにクイーンズブレイドの重要性を語る天使長だが、ナナエルは居眠りをする始末。
反省の色は皆無です。中身が平野綾だから仕方ない(マテ)。

天使長はナナエルの冥界落ちを回避する為、一つの救済措置を提示する。
千変の刺客 メローナ、古代の女王 メナス、冥土へ誘うもの アイリを従え、大陸支配を目論む沼地の魔女は、天界へも魔の手を伸ばそうと考えており、油断ならないとナナエルに調査を命じる。
天使ハチエルを同行させる天使長。
ナナエルとハチエルって何、そのテキトーにつけました的なネーミング。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第7話「降臨~光明の天使」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月22日 (金)

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話「笹の葉ラプソディ」

これまでずっと第1期の放映内容の重要部分がシャッフルではなく、順番を追って進んでいるのでやっていたので、ただの再放送ではないのかと思っていたら、やはり新シリーズだったようです。そんな訳で第2期。スタートなのか、今回だけなのかは不明。
とりあえず、今回は新しい話が始まりました。

季節は夏。
期末を控えたある日、七夕だと浮かれる涼宮ハルヒは、SOS団全員でイベントを行うと宣言。
26年後と15年後への願いを笹の葉に書かせる。
朝比奈みるく「お裁縫がうまくなりますように」「お料理が上手になりますように」
長門有希「調和」「変革」
古泉一樹「世界平和」「家内安全」
キョン「金くれ」「犬を洗えそうな庭付き一戸建てをよこせ」
涼宮ハルヒ「世界があたしを中心に回るようにせよ」「地球の自転を逆回転にしてほしい」
メッセージは声優本人の手書きだったりする? そーゆーのは良くあるパターンだけど、どうだろうか。
16年後に誰の願いを叶えてくれるか、勝負だというハルヒ。
しかしそこからハルヒは何かアンニュイな状態になる。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第8話「笹の葉ラプソディ」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バスカッシュ!-BASQUASH!- 第8話「パス・オブ・トゥルース」

「ダン……ナイスキャッチ!」good

ダン・JDたちを追いかけるフローラ・スカイブルームと爺や。
砂漠を進むが、ダンたちがどこにいるのか判らない。
オアシスにたどり着いたフローラは、何処かから何かが聞こえたように感じる。
生命観に満ちあふれたマナスをダンたちから感じ取ったというフローラは、砂漠の仲に町を見つけ出すと、ビックフットを砂の中に隠して町へと向かう。
あれ、フローラは一緒に行った訳じゃなかったんだ。
フローラのビックフットはかなり高価なものらしい。普通のビックフットそのものは簡単な作りなので、高くないらしいですが。

続きを読む "バスカッシュ!-BASQUASH!- 第8話「パス・オブ・トゥルース」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #07「連理の枝」

オウの出現に緊張する泉戸裕理と小鳥遊ゆみなですが、ホウはとっとと逃亡。
何故ゆみなが襲われて、とか言ってるんですが、どう考えても狙われたのはむしろホウですよね。

如月美冬の計らいでゆみなは裕理の家に滞在する事に。
全寮制なのに……総代(ミレディ)には勝手に帰宅させる権限があるのか。

ましろとゆみな、鵺がお風呂に入っていたら、またも神気を使い果たしたホウが戻ってきました。
裕理の母親が死んでから、暫くはゆみなが家の世話をしていたらしいが、それでは大変だろうという事で養女に出されたらしい。なんでそこで養女に、という展開なのかがさっぱり判らないのですけど。そんな理由で養女に出すって……

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #07「連理の枝」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リストランテ・パラディーゾ Quinto「オルシーニの味」

ジジのターン!
これまではつまみぐいをしていて、まかないに高価なワインを開けている、という印象しかありません。

ルチアーノ以上に無口なソムリエのジジ。
しかしソムリエとしての腕は良く、ワインがオーナーのロレンツォのワインが無くなるタイミングも良く判っている。

二人の付き合いはジジと「カゼッタ・デッロルソ」のオープンよりも前にやっていたワインナリーにあったリストランテの頃から続いている。
実に30年弱の付き合い。それもそのはず、ふたりは兄弟だから。が、二人が出会ったのは大人になってからのこと。
二人は異父兄弟、しかも二人の父親が兄弟だと聞かされ驚くニコレッタ。
ジジが生まれた後に弟が兄嫁を寝取るという行為をしてしまった為、2人の両親の仲は険悪、特に兄の方は絶対に許さないと、ジジがロレンツォに会う事を厳しく禁止していた。
まぁ、気持ちは判らなくもない。そりゃあ怒りもするわな。
ロレンツォはワインナリーとかやってるのか。
若い頃はジジの方が年下に見えるんですけど。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ Quinto「オルシーニの味」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン 第6話「東のエデン」

セレソン№11白鳥・D・黒羽に捕らえられた大杉智。
椅子に縛られた上、覆面をされています。カバンにある咲のマスコットが大杉である証拠のようです。
ジュニアを切断されてしまいそうになるが、白鳥に会社から電話があり、白鳥は止む無く大杉を置いて会社に向かう事になる。

滝沢朗に送ってもらった森美咲は自宅には帰らず、みっちょんの世話になる。

翌日、みっちょんのジャージ姿で大学へ顔を出した咲。
ヘソだしルックになってしまっています。まぁ、この二人ではサイズが違うから、こうなるよな。
サークル『東のエデン』のメンバーに滝沢が彼女らを支援したいと告げている事を説明する。
メンバーは滝沢に不審を持つ参謀の平澤一臣が反対。
みっちょんやおネエは賛成のようです。
平澤にはリーダーとしての求心力がなく、それを補っていたのが咲のようです。
春日晴男はなんであんなところに入ってるんでしょうか。
晴男は後になってから、あの時の食事が咲と食べるつもりのものだったと気付いたようです。

続きを読む "東のエデン 第6話「東のエデン」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月20日 (水)

夏のあらし! 第7話「他人の関係」

男装の少女だった上賀茂潤。
たまたま男装した姿で方舟にやってきた時に、八坂一に男だと勘違いされてそのままになってしまった。
カヤから「皆には女だってこと、隠したままでいるつもり?」と問われ、言葉に詰まってしまう。
果たして最終回までに、女だと告白するのかどうか。原作でどうなってるのかが判らないが。

嵐山小夜子と一は方舟の前で雑巾をボールに、ひしゃくをバットにして野球をしていた。一はあらしに向かって渾身の球を投げるも、あらしに打ち返された打球は喫茶『方舟』の屋根の上にある風見鶏を壊してしまう。
この風見鶏は戦前から方舟の屋根に設置されているもので、あらしやカヤにとって思い出の品だった。
風見鶏の修理の為、屋根に上がる一は嫌がる潤を無理やり連れて上がる。
本当は潤も可憐な女の子なんですけどね。てか、そもそもあらしとカヤは幽霊なんだし、屋根から落ちようとどうってことないんじゃ……

続きを読む "夏のあらし! 第7話「他人の関係」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第7話「コロッセオ」

ゲール族の面々に鍛錬を行わせるアルサルは、「ゆっくり励め=急がば回れ」と声を掛ける。
が、アロウンは興味なさげに去ってしまう。
相変わらず真面目が服を着ているアルサルですが、訓練漬けの日々というのも辛いのでしょうが、戦いが迫っているし止むを得ないところか。

そして毎日の鍛錬が嫌になったモルガンは台所でリンゴをつまみ食い。
乳搾りがまったく上達しないアザラシ妖精スィールも、少し嫌になる、と良いながら服にしみこんだ乳を搾る。
これと同列にされているモルガンもどうかと……何をどうやったら全身牛乳まみれになる事が出来るんだろうか。
そんな2人に家付き妖精リムリスは、気晴らしになるかどうか判らないがと前置きをしながら、ある事を教える。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第7話「コロッセオ」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

シャングリ・ラ 第7話「悲想恩讐」

ドゥーモの町に静かに降り立つアトラス公社の兵士達。
そうとしらない北条國子は山崎友香と蒲郡由里と共におしゃべりをしていた。
廃線を使用してドゥーモに装甲列車で突入してきた兵士達は、町を人質に國子を逮捕すると告げる。
モモコや武彦は國子を守ろうと戦うも、國子は皆に迷惑を掛けたくないと大人しく従うことに。
というか、涼子たちがわざわざグライダーで潜入したのは、何の為でしょうか。
町全体がメタルエイジではない、というのが弱味だね。
何故か友香は自ら兵士に手を上げて國子に同行する事を選択する。
公務執行妨害……「当たり前だ」とかいう兵士もどうかと。
町の子供・義弘は何故メタルエイジでもない國子たちが連れて行かれたのかと問い掛けるが、母親の綾子はその質問に答えられない。
相変わらず人としてダメな母親です。

続きを読む "シャングリ・ラ 第7話「悲想恩讐」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月19日 (火)

黒神 The Animation Episode17「真神」

突然出現した清き所。
人々の容量(テラ)が吸い出されて清き所へと集まり、無事なのは元神霊(もとつみたま)と契約者のみ。
前回、蔵木大地や美優紀が倒れていたのは、契約していた元神霊が倒されたからなのかな。でも、二人の元神霊って倒されたけど別に殺されているわけじゃないと思うし、契約が切れているとは思えないのだけど。それとも実は雷呀も邪陀も死んでしまってる?

クロは浄き所へ向かう事に。
伊吹慶太には佐野茜を捜すように告げるも、このままでは茜を見付けても無事では済まないと考えた慶太は、これも運命ならパートナーであるクロと共に乗り切る決意をする。
そんな訳で茜さんは暫く放置プレイとなりますが、またどこかで登場してくるのでしょうか。実は黎真の契約者になってるとか……

清き所に住む謎の触手生物にプニプニが襲われたかと思いきや、単に怖がって張り付いてきていただけでした。
しかし笑って助けてくれなかったクロにご立腹です。
微妙にここだけアットホーム感が漂ってる。

続きを読む "黒神 The Animation Episode17「真神」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第19話「導かれた出会い」

学園都市マイアスに飛ばされたニーナ・アントークは、彼女の中の廃貴族を狙った狼面衆に襲撃される。
これと対峙するニーナは赤毛の男ディクセリオ・マスケインに助けられる。彼はニーナに彼女の中にいる黄金の雄山羊を抑えられるのはリーリン・マーフェスだけだと告げる。
急いでリーリンの下に向かうニーナ。
そしてサヴァリス・クォルラフィン・ルッケンスがディクセリオを見つめていた。
久しぶりに登場のディクセリオと狼面衆。
ディクセリオは色々と事情に通じているらしい。狼面衆とは敵対関係にあるという事なのか。てか、サヴァリスはリーリンの護衛にもつかずに何やってるでしょうか。
リーリンはまだ大丈夫と踏んでもう一つの仕事である廃貴族の回収のために動いていたのか?

ケイラ砲で汚染獣を迎え撃つ準備を整える学園都市ツェルニ。
シャーニッド・エリプトンが後は恋人の写真を手に入れるだけだと軽口を叩く。ダルシェナ・シェ・マテルナが写真をくれたらそれで良いのにいうシャーニッドに、ダルシェナは照れながらも怒って立ち去る。
不器用だから、本気なのに冗談のようにしか言えないというところか。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第19話「導かれた出会い」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」

アバンでは夏目智春の巻き込まれた飛行機事故を見詰める一組の男女の存在が。

みんなに姿が見えるようになった水無神操緒は夏目智春と同じ学校へ。
神操緒はクラス中の女子生徒の人気となるも、自分から離れた神操緒に少し寂しさを感じる。
てか、前回のラストで「幽霊」と紹介されていた事から考えると、学校の人間は普通の人間じゃないのを知ってるのか? それとも学校の人間にも秘密なのか。

雪原瑶と千代原はる奈は遺跡を隠蔽。
かつて瑶は父親に案内された遺跡で1巡目の世界を飲み込んだ破滅から、2巡目の世界を守る秘宝の入ったトランクを見せられるが、そこで遺跡の番人である機巧護衛機(カスタス・マキーナ)に襲撃される事になり、父親は瑶とトランクを守って死んでしまう。
この頃の瑶はまだ少し女の子っぽいところも残っていたのだね。

続きを読む "アスラクライン EX007「無情な空に散った夢」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月17日 (日)

仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」

ZECTの仮面ライダーザビー・弟切ソウ(川岡大次郎)を「お兄ちゃん」と呼んだマユ(菅野莉央)。
光夏海(森カンナ)と小野寺ユウスケ(村井良大)は彼女のお兄さんが生きていたのだ、と喜ぶものの、門矢士(井上正大)は彼が兄の筈がないと呟く。
つまり、士はソウがワームだと気付いているという事か。

ZECTではカブトをクロックアップの世界から引きずり出す為、クロックダウンシステムを開発中。

おばあちゃん(佐々木すみ江)は生きていてると聞いても気に止めた様子はなく、生きていても尚戻らないのならば、戻れない理由があるからだろうと言う。
婆ちゃん、内心気にしているのかと思いきや、かなり達観している人だったようです。

サブストワームに襲われて逃げる夏海とマユの前に現れた海東大樹(戸松公人)は二つの事に気付いたという。
1つ、マユがワームに狙われている事。
2つ、カブトがマユを守っている事。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」

朝、庭の手入れをしている黒子に、池波流ノ介(相葉弘樹)が変わると迫っていたところに現れた謎の外国人リチャード・ブラウン(ジョン・カミナリ)はやっとシンケンブルーを見付けた、と喜んで抱きつく。
何故自分がシンケンブルーだと知っているのかと驚いている流ノ介ですが、そもそも隠してないやん。もの凄いみんなの前で堂々と変身しているのに、今更だな。
それにしてもリチャードはよく志葉家を見つけ出したよな。
てか、リチャードは芸名の方が凄い名前なんですけど……

日本とシンケンジャーが大好きなリチャードは以前にシンケンジャーに助けられていた経験があり、シンケンジャーに弟子入りして真の侍となり、将来的には世界中に武士道を広めたいようです。
侍になるなら志葉丈瑠(松坂桃李)の方がいいだろうとおもっていたが、どうやら彼を助けたのが流ノ介だったからのようです。

殿は追い返せと主張するが、谷千明(鈴木勝吾)は思い込みの激しいタイプはそう簡単に上手く行かないだろうと。
そこで厳しい特訓をして追い返す事に。
白石茉子(高梨臨)は英語が喋れないから無理だと言っていますが、そもそも彼は普通に日本語喋っていて、流ノ介たちも日本語で会話していますから。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」"

| | コメント (0)

戦場のヴァルキュリア 第7章「ダルクスの災厄」

ガリア公国正規軍ゲオルグ・ダモン大将はこれまで義勇軍が管理していたファウゼン防衛を正規軍ベーベル少佐が指揮する事として、異議を唱えたエレノア・バーロットには帝国兵が目撃されたというバリアス砂漠の偵察任務を与えられる。
あ~、これでファウゼンは陥落するのですね。

ラディ・イェーガーとベルホルト・グレゴールはかつての仇敵だったようです。
ラディは元々違う国の人間だったようで、ベルホルトの足に深手を負わせたらしい。
彼はエーデルワイス号にリベンジを図りたいと思っている様子ですが、ベルホルト自身はエーデルワイス号を目撃していないのでは?

任務に就いた第7小隊はラルゴ・ポッテルたちがカードで賭け事をしていると、ラマール・ヴァルト軍曹がやってきて小言。
更にパンを焼いてきたアリシア・メルキオットに、彼女はパン屋ではないというも、アリシアは軍人でありパン職人でもあるのだと飄々とした様子。
ファルディオ・ランツァート少尉を捜していたラマールに、それならと腕をとってエーデルワイス号を整備中のイサラ・ギュンターのところに連れて行くアリシア。
ラマールの照れようは胸に腕が触れてる?
ウェルキン・ギュンターもいないと聞かされたアリシアは、ウェルキンがスケッチしそうなところを訊ねる。
ラマールからすれば、ウェルキンのことなんてどうでもよくて隊長の居所を知りたいのですが、アリシアからするとファルディオはいつもウェルキンといる、という印象なんでしょう。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第7章「ダルクスの災厄」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真マジンガー 衝撃!Z編 第7話「伝説! バードス島の機械獣」

熱海への送電は無事に完了って、なんでそんな送電を弓弦之助教授がやってるの?
送電設備がやられたから光子力エネルギーで電気を送ってるのかな。

問題はマジンガーZ。10年間姿を隠していた兜十蔵博士の造り出した無敵の鉄の巨人。
行方不明となったパイルダーは果たして。
暗黒寺刑事は兜甲児がパイルダーを隠して疑わず、知らないと否定する甲児に、弟の兜シローを呼び寄せて尋問する事を匂わせています。
てか、いつの時代の警察だと言わんばかりの様子です。
戦後の警察並に質が悪いよな。

しかしシローがいた部屋の警官達が何者かによって殺害されていて、自分が尋問を受けると知ったシローは逃げだしました。
あの婦警さんも殺されたのでしょうか。と、なるとやはり首をかっ斬られて、槍の上に掲げられたのですね。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第7話「伝説! バードス島の機械獣」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙をかける少女 第19話「閉じた迷宮」

お風呂に入る馬場つつじ。
ベンケイは正面からではなく、弱ったところをついてミラーを奪った事を気にしている様子。
やはり彼女達はネルヴァルたちに合流していないようで、果たして今後どのように立ち振る舞うのか気になるところ。
つつじは正面からぶつかって勝てたのか、と気にも止めない。歴史は勝った者が勝者だというつづじの言葉に賛同したのはレオパルド。
出現したレオパルドはベンケイをボコってxあっさりとミラーを奪還しました。
ベンケイ弱っ! つつじにゴビ砂漠呼ばわりされています。
つつじちゃん、今回はサービスシーンのためだけに現れました。

続きを読む "宇宙をかける少女 第19話「閉じた迷宮」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

咲-Saki- 第6話「開幕」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト 強化合宿から6日、ついに県予選が始まる。
予選にて注目を浴びているのは、昨年敗退して連続優勝を逃したキャプテン福路美穂子率いる風越女子
昨年新1年生6人で優勝候補であった風越女子を退けて優勝した龍門淵高校。井上純、沢村智紀、国広一、龍門淵透華、天江衣。
そして清澄高校の原村和。
龍門淵透華は目立ちすぎだ。

解説を務める藤田プロが注目するのは天江衣。
彼女は毎年一人二人は彼女のように「牌に愛された」子供が出てくるという。
一昨年は西東京の宮永照、去年は鹿児島の神代、果たして今年は……
和については容姿からマスコミが騒ぐのは理解できるものの、前回打った感じではそれほどのものとは思えなかったようですが。
さらりの名前の挙がったお姉ちゃん。
そして謎の存在神代。神代は未だに原作未登場で、果たしてどんなキャラなのか。

宮永咲は会場に着く早々迷子になっています。
そんな咲とすれ違った龍門淵の4人は、彼女から衣に似た空気を感じ取っています。
それを感じ取れるこの4人もまた相応の実力者ということ。
咲は基本的に麻雀以外はダメっ娘です

続きを読む "咲-Saki- 第6話「開幕」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

けいおん!-K-on!- 第6話「学園祭!」

いよいよやってきた学園祭。
不安な秋山澪は練習しようとするも、他の軽音部のメンバーは不在。
様子を見に行くと、平沢唯はクラスの出し物である焼きそばの売り子で抜けられない。唯はガラガラ声を活かして的屋の親父になってます。
焼きそばがホットプレートで焼いていて、1クラス3台までとか制限があるところとか、リアルだね。アニメの文化祭って、何故かやたらと金が掛かってて本格的なものが多いけど、あんなのは普通じゃありえねぇだろ、て感じだし。
田井中律は同じくクラスの出し物であるお化け屋敷の受付。律と同じクラスの琴吹紬はオバケ役のため、直ぐには抜ける事が出来なかった。
ムギは中にいるのだからオバケ役と予想がつきそうなものなのに。
てか、1年の時ってムギちゃんと律って同じクラスだったんだ。

続きを読む "けいおん!-K-on!- 第6話「学園祭!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第6話「約束~森の番人」

巣から落ちてしまった鳥の雛を巣に戻してあげた森の番人ノワは、森に異変を感じ取る。
古代の女王 メナスのいたピラミッドから水に流された流浪の戦士レイナと光明の天使ナナエルは、一つの森に流れ着いていた。
そこでは、メイド服に身を包んだ沼地の魔女の手下の一人、冥土へ誘うもの アイリが森を枯らしていく姿を目撃する。
ノワは森を守るために小猿のルーを連れてアイリと戦うも、実力差は必至。これをチャンスと見たナナエルはクイーンズブレイドの開始を宣言。
ノワは森にアイリを誘い込んで戦うも、実力差を埋めるには至らない。アイリに敗れたノワはアイリによって生気を吸収されてしまう。
ノワ、掃いてません! ある意味でエキドナよりヤバイ子現れてしまった。
その様子を見かねたレイナが戦いに割って入ってしまい、クイーンズブレイドはまたも不成立に。

歴戦の傭兵エキドナはエルフの森には会いたくない人がいるので、今回は出向かないようです。
武者巫女トモエと元甲魔忍軍頭領シズカは何故か絶壁を伝っています。何を思ってそんな危険な場所に……

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第6話「約束~森の番人」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月15日 (金)

バスカッシュ!-BASQUASH!- 第7話「ウイズイン・アウトオブ」

「わりぃがおめぇらの勝負。
 俺が預かったぜ」

幼いダン・JDが狭い物置のような場所で頭を捻っていたところをミユキ・アユカワが発見する。
「ぎゅー」て考えていたら、バチーン!と思いつくのだというダン。
昔から独特な言葉の表現をする子だっだんだね、ダンは。

ジェームズ・ローンから与えられた大量の宝石。
これがあれば月面都市ムーニーズに行ってココ・JDの足を治す事が出来るが、ダンは未だ悩んでいた。
まぁ、ダンがこれを受け取らないというのは見えているものの、問題は突き返したとしてどうなるのかでしょうか。

一般人によるビックフットでのストリートバスケは禁止され、警察に逮捕されてしまう。
新たなビックフットによるバスケットボール、公式戦OCBリーグが開催される。
彼の開催したOCBに大勢の有力選手がBFBから抜けてしまい、リーグ戦まっただ中のBFBは壊滅的打撃を受けてしまった。抗議に来たBFBに対して、ジェームズは悪びれた様子もなく、彼らの移籍金として大量のダイヤを提示する。
しかしOCBのどの辺にBFB以上の魅力を感じているのかがいまいち判らないな。コートに縛られないというところか?

ココにプレゼントとしてダイヤ宝石を持って走るダンはスラッシュ・キーンズとぶつかる。
彼はそんなものがココの願いだと思っているのかと笑う。
スラッシュは相変わらず神出鬼没です。
てか、なんでココの事とかにそんなに詳しいんでしょうか、彼は。

続きを読む "バスカッシュ!-BASQUASH!- 第7話「ウイズイン・アウトオブ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #06「比翼の鳥」

河合アメリの件は暫く放置プレイ。
泉戸ましろは神通力の使いすぎで、幼女の姿になってしまったようです。てか、前回の戦いってそんなに神通力とか使ってたか? ただピコピコハンマー振り回して、やられただけの気がするんですけど。
泉戸裕理を回復とかさせる為に力を使ったとか?

今回のメインは泉戸裕理にとって妹もどきの小鳥遊ゆみな。
流れ星に裕理たちの力になりたい、とお願いしたら頭の上に太転依(たゆたい)が張り付いてしまったみたいです。
しかも三強の一角である“鳳凰”。
鳳凰は雄の「ホウ」と雌の「オウ」の対で存在しており、ゆみなの頭に乗っているのは雄。
力を使い果たしてしまって、ゆみなの力を吸収しているため、ゆみなが不安を覚えると泣き喚き、ゆみなが安心すると落ち着く。
なのでゆみなが安心した状態で成長させれば、戦うことなく味方に引き込めるらしい。

ゆみなが落ち着くのは裕理が側にいる時。
そこで力を失っているましろに代わって、鵺の力で裕理を女化させた。
如月美冬の力で転校生という事にしたようですが、総代(ミレディ)ってどれだけ権限があるんだよ。ましろの場合も、全教科満点とかいう点数だから特別に編入させた筈なのに。
そもそも転校扱いなんかにしたら、今回の一件が片付いた後も大変なんじゃないのか? そもそも全寮制なんだし、寮に寝泊りしないと拙くなるだろう。
転校と言うよりも、他校からの体験入学とかにした方がいいんでは……
というより、ゆみなを病気扱いとかで外に出す方がよほど楽なはず。

裕理は自分の授業とゆみなの側とを行ったりきたりの生活。
裕理って出席日数やばいらしいけど、裕理はなんで今までそんなに授業をサボってたんだ? それにそんな1日ぐらい出なかっただけで単位落とすってどんな授業だよ……ちょっとここの設定は無理やりすぎ。
や、まぁ、そもそもこの作品は至る所が無理やりなんだけど。
しかも元々相反する力だからか、裕理の持つ退魔の霊能の力のせいで、鵺の力は弱められて男に戻ってしまうことがあるようです。
ところで、確か鵺退治の時は、かなりの数の生徒が太転依を見れていましたよね。彼女らにはゆみなの頭にホウがいる事がバレバレなのでは……何故誰もツッコまないんだろうか。

で、そうしたある時、郊外学習の時間に鳥たちに襲われる裕理とゆみな。
ゆみなを必死に守る裕理だが、数の多さに食い止めきれずに次第に傷ついていく。
と、いうのを描写したいのでしょうが、どうみてもただの掠り傷だけ。しかもとても100kmを毎日走ってる人間とは思えない体力の無さです。

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #06「比翼の鳥」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リストランテ・パラディーゾ Quarto「ガゼッタ・デッロルソ」

特別なお客がくるらしいと知るニコレッタ。
孫と共にやってきたのはガゼッタ・デッロルソで以前厨房の手伝いをしていたマルツィオだった。

と、いう事で今回はマルツィオが来た事による昔話

過労で倒れたオルガ。しかも行き付けのバーでお気に入りだった老紳士がいなくなってしまった。
ロレンツォは妻のために、ルチアーノ・デ・ルーカに自分の店で働かないかと声をかける。
ルチアーノは孫と過ごす時間のため、夜遅いバーの仕事を止めたらしい。
とんだ爺馬鹿です。
ルチアーノは働く条件にサント・クラウディオ・パラディーゾを共に働かせる事を提示。
クラウディオは長年にわたって同じ店に勤務していて、ルチアーノも元々は同じ店で働いていたようだ。今の店に愛着はあり、以前のオーナーには恩義もあるが、代替わりした今のオーナーはクウディオのような昔かたぎの人間より、新しい人間を雇用したいという思いもあるようです。その場では回答を保留したものの、結局店を移った、と。
更にジョギング中に募集を見たヴィートも応募。
ジジにマルツィオに、シェフのヴァンナとダリオ、というのが初期メンバー
ダリオが一人だけ若く、老眼鏡もしていないという事で、いきなり疎外感を味わう事になっていたようです。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ Quarto「ガゼッタ・デッロルソ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

東のエデン 第5話「今そんなこと考えてる場合じゃないのに」

目覚めた女性、セレソン№-11白鳥・D・黒羽は部屋の中で拘束されて死んでいる男性を見付けると、ノブレス携帯を手にしてジュイスに連絡を入れ、「またやっちゃったみたいなの」と話して遺体の処理を「出来るだけ華麗にと依頼する。
4人目のセレソン登場。
公式サイトで紹介されているセレソンは今のところ彼女で最後です。
この「華麗に」殺害遺体処理がどうこの国の役に立つのだろうか……これは彼女の性癖のようなもので、セレソンとしての役割は別途やっているのか?

自分が記憶を失う前から既にゲームに巻き込まれていたのだと知り悩む滝沢朗は、一人の男と出会う。滝沢の事を知る彼は、自分をインドの砂漠に置き去りにしたと怒り心頭。
だが、もうじき結婚するという彼は、それも滝沢のおかげかもしれないと笑う。
つまり彼は滝沢が集めた2万人のニートの一人という事か。わざわざ外国へ連れ出して何をしたのだろうか。特別何かしたような感じでもなく、何の目的があったのか。

続きを読む "東のエデン 第5話「今そんなこと考えてる場合じゃないのに」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夏のあらし! 第6話「恋に落ちて」

60年もの間、時を跳んで人を助け続けてきた嵐山小夜子。
いつものように八坂一と過去に跳んで死ぬはずの人間を助けに行くが、カヤはその行為に批判的。
あらしたちは60年間と言っているから、一と出会う前から、誰かと通じたら跳んで誰かを助けていたんだな。

カヤが死んだ時代の事を調べていた上賀茂潤は、彼女たちが第2次世界大戦の真っ只中に生きていた事を知る。
潤はカヤとは絶対“通じ”たくないと言うが、カヤは自分と潤が通じる事は絶対にない、と告げる。
過剰に女を毛嫌いする潤に腹を立てたカヤが、器が小さいと腹を立てて潤の手を掴んだ瞬間、カヤは潤と“通じて”60年前へと跳んでしまう。
ようやく通じた2人。

カヤは潤が実は女の子なのだと気付く。なぜならば、カヤが“通じる”相手は女性だけだからだ。
前回チラリと漏らしていた事ですが、これでカヤにだけは女である事がバレてしまったわけか。

続きを読む "夏のあらし! 第6話「恋に落ちて」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月13日 (水)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第6話「非情の谷」

海からは現れたのはアザラシ妖精スィール。
門が開かれたのでアロウンに仕えるべく一族を代表してやってきたが、早くやっ
てきたせいで浜辺で寝てしまい、そのまま潮に流されてしまったらしい……
何、このうっかりさんキャラ!
アザラシの妖精族だから、海中に流されても平気だったから良かったようなものの……

蟹狩りをするモルガルたちゲール族とスィール。
スィールは見かけによらず戦闘能力はそこそこ高いようです
木が湿っているので上手く火がつかないで困っていたリアンノンに、アロウンは浜辺に打ち上げられていたアザラシの皮を差し出すと、アザラシの皮は油を含んでいるので良く燃えると告げる。
ああ、危険な匂いがプンプンと漂ってくるのが判る。アロウンとリアンノンもアザラシという段階で少しは予測しましょう。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第6話「非情の谷」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

黒神 The Animation Episode16「崩壊」

蔵木大地が捕らえていた自らのルートと対面した伊吹慶太。
蔵木は慶太に助かる手段として、自分の仲間となるのなら、ルートを殺してマイナスルートにするという道を呈示する。
だが、誰かを犠牲にしてまで助かりたくないと考える慶太はこれを拒絶して、彼らと戦う事を選択する。
慶太の覚悟を感じたクロは、慶太と同期(シンクロ)を行う。
森羅との戦いにおいて、慶太と深い繋がりを見せたクロに流れ込む密度の濃い容量(テラ)。クロは森羅をも圧倒して倒す事に成功する。
あ~、前回あれだけの力を見せた森羅がまさかのAパートも保たずの敗北。あっけなかったな。まぁ、あれほど強かった相手にも圧勝するほどの強さだというのを見せたかったのかもしれないが。
えみは何故か森羅がやられた途端にえみに感情が戻ってるのは何故だろうか。幼くしてマスタールートになってしまったから、感情が消えていたんじゃないのか?

続きを読む "黒神 The Animation Episode16「崩壊」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャングリ・ラ 第6話「虚構戦線」

「金がないぶん、ニューハーフは身軽なの」

「オロチ」を退治するための提案を日本政府に持ち掛ける石田ファイナンス。
オロチをおびき寄せるため、クェートの炭素指数を操作する事を持ち掛けるが、日本政府のお歴々は国際的な信頼問題に繋がると及び腰。そんな官僚達に石田香凛は苛立ち、一閃にもならない国際的信頼がそれほど大切なのか、それを守って国を滅ぼされるのかと告げる。大臣は香凛の言葉にぐぅの音も出なくなってしまう。
自国を守るために、他国に犠牲を強いるのか、それとも国際社会での協調を重んじて自国に犠牲を強いるのか、政治家としては難しいところですが、答えは言うまでもない。

市場が崩壊しそうな程に荒れている様子に、北条凪子は「何か」が市場の何処かに潜んでいる事をかぎ取っていた。
やはりこの人はかなり優秀なカーボニストなんですね。おそらくは香凛たちと同レベルか。経験がある分上回っているのかもしれないな。

続きを読む "シャングリ・ラ 第6話「虚構戦線」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月12日 (火)

鋼殻のレギオス 第18話「ニーナ消失! ツェルニ緊急事態」

ニーナ・アントークと電子精霊ツェルニが行方不明となってしまってから、学園都市ツェルニは立て続けに汚染獣の群れと遭遇。300以上の幼生体をたった一人で撃退するレイフォン・アルセイフと、念威操作で汚染獣の情報をレイフォンに伝達するフェリ・ロスは疲労困憊だった。
ボロボロの状態でありながら、尚も刀の錬金鋼(ダイト)を使おうとはしないレイフォン。
信念とはいえ、この窮地においても使おうとしないあるはある種のエゴなのかもしれないな。最終的にはリーリンが持ってくる事で使うようになるのだろうけど。
明らかに疲弊しながらも、ちゃんと休もうとはしない。フェリはそれを気持ちが休まらないからだとシャーニッド・エリプトンやハーレイ・サットンに語る。
ツェルニがいないので汚染獣を回避できないとしても、そこまで汚染獣にぶち当たるものなのか。

黄金の雄山羊である廃貴族ガンドウェリアは、極限の意思を持たぬも、感応する力を持つニーナに憑依し、感応をもって自分を剣としろと語りかける。
廃棄族に憑依されニーナは見知らぬ都市に飛ばされていた。
廃貴族は空間跳躍とか出来るのか。わざわざ別の都市に飛んだという事は、何かしらここ来る必要があったという事なんだろうけど。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第18話「ニーナ消失! ツェルニ緊急事態」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇(ネタバレあり)

 【ストーリー】

兄貴と慕ったカミナを失い、失意の底にあったシモンはニアと出会い、再び立ち上がる。
四天王を撃破した大グレン団は、螺旋王ロージェノムとの最終決戦に挑む。
シモンのグレンラガンと同タイプのガンメン・ラゼンガンを操るロージェノム。
強力な螺旋力でシモンとグレンラガンを圧倒するロージェノムだが、シモンの不屈の魂はラガンインパクトでラゼンガンを破壊する。
生身での戦いにおいてもシモンを圧倒するロージェノム。
成すすべも無く倒れたシモンだが、それでも諦めないシモンは、最後の力を振り絞ってコアドリルをロージェノムの胸へと突き刺して体に風穴を開ける。
ロージェノムが破れ、獣人たちの帝都ツェッペリンは陥落した。
ヴィラルたち獣人の抵抗はその後も続くが、螺旋王と四天王を失った獣人にもはや勝ち目はなかった。

続きを読む "劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX006「闇の向こうに浮かぶ贄」

記憶を喪失した黒崎朱浬の手から安定装置(スタビライザ)を奪い去った真日和秀。
雪原瑶はそれを手にしたものの、それは偽物だった。
ああ、やはり偽物だったのですね。
しかし科学部でサイボーグのくせに、熱の覚ます方法が民間療法というのはどうかと思うよ。まだ解熱剤とかの方がいいのでは。

記憶を取り戻した朱浬は夏目智春の紫浬とは誰かという質問をはぐらかす。
瑶は本物の安定装置(スタビライザ)と彼女の大切な手紙を交換を要求する。
先代第一生徒会でもあり、関東学生連盟の武装生徒指導員(ガーディアン・ドラグーン)である彼は、強力な機巧魔神(アスラ・マキーナ)白銀の演操者(ハンドラー)だった。
空間をも斬り裂く力を持つ白銀の力に、朱浬は敗れて傷負い、記憶を喪失したのだ。
人格まで変わっていた理由は何かあるのだろうか。
関東学生連盟とか普通に言われても、何のことだかさっぱり判らないのですけど……基本的に用語の説明が判りづらいアニメだよな。もうちょっと判りやすいように説明して欲しいところ。

続きを読む "アスラクライン EX006「闇の向こうに浮かぶ贄」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月11日 (月)

戦場のヴァルキュリア 第6章「従軍記者、奮闘す!」

ラジオGBS従軍記者イレーヌ・エレットの取材が行われる事になった義勇軍。
目的は次々と武功を上げて今をときめく義勇軍第3中隊第7小隊長ウェルキン・ギュンター少尉。
エレットの中の注目株

ウェルキンは見た目は良いし、功績も挙げているが、現実にはのほほんとした性格。
それがバレては義勇軍の名誉に関わる、と補佐官のアリシア・メルキオット軍曹はボロを出させないように必死になる。まぁ、アリシアの気持ちは判らないでもない。
しかしそもそも義勇軍は正規軍と違って、それほどメンツとか意識するような軍ではないんじゃないのかという気もするけど。

アリシアに邪魔されてまともにインタビュー出来ないエレットは、外堀を埋めるべく第7小隊のみんなにウェルキンの話を聞く事にする。
みんなにも口止めする必要がある、という事をウェルキンに指摘されてようやく思い浮かんだアリシアは、急いで隊員の下に向かうも、第3中隊長エレノア・バーロット大尉に廊下を走っている所を見つかると、取材を受ける上での注意事項を長々と聞かされる羽目になる。
一本抜けているところが如何にもアリシアらしいです。
エレノア、話が長い人のようです。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第6章「従軍記者、奮闘す!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月10日 (日)

仮面ライダーディケイド 第16話「警告:カブト暴走中」

カブトの世界へとやってきた門矢士(井上正大)は、ZECTの隊員という役割が与えられる。
訳のわからないままに、隊員として連れて行かれた士だが、彼が去った後、同じ姿形の士がもう一人。
カブトの世界を知らない人には何故、もう1人、と驚くところですが、知っている人には納得の展開。

残る世界は僅かに2つ。
鳴滝(奥田達士)はこのカブトの世界でこそ、ディケイドの旅を終わらせようとする。
何を根拠にこの世界で終わりだとか自信満々なのかが謎。ディケイドではクロックアップに対抗出来ないと考えているのかな。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第16話「警告:カブト暴走中」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

侍戦隊シンケンジャー 第十三幕「重泣声(おもいなきごえ)」

一大事だと慌てて駆け込んでくる日下部彦馬(伊吹吾郎)。
何事かと言えば、白石茉子(高梨臨)が料理を作り始めたのだという。
衝撃の事実に愕然とする志葉丈瑠(松坂桃李)、池波流ノ介(相葉弘樹)、谷千明(鈴木勝吾)。
相変わらず花織ことは(森田涼花)は茉子に心酔
一人で寂しくなった時に、慰めてくれた茉子の優しさに触れたという事が大きいようです。

町に出た茉子は町中で泣いている男の子(渡辺哲史)を見付ける。
男の子の母親(水谷理砂)は、奇妙な白い物を自分の息子だと思い込んでしまっていたのだ。それは彼女だけでなく、辺り一面に同じような光景が広がっている。
それはアヤカシのナキナキテ(声:納谷六朗)が造り出した“白鬼子”だった。
あれって本人たちには子供に見えているのだろうけど、周囲の人間からは茉子に限らず、変なのを連れているようにしか見えないんだから、家に連れて帰った人とかは大変な事になるんでは……

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十三幕「重泣声(おもいなきごえ)」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

真マジンガー 衝撃!Z編 第6話「発射! 光子力ビーム」

ブロッケン伯爵が飛行要塞グールから繰り出した爆撃獣グロイザーX10をマジンガーZが退け、ブロッケン伯爵はDr.ヘルの待ち受けるバードス島へと帰還、初陣の報告を行う。
いきなり戦いが終わってからの話のようです。

熱海の街はようやく平和を取り戻したものの、甚大な被害を出した町は大混乱。
祖父・兜十蔵博士を亡くして落ち込む兜シローは警察に保護され、騒ぎの中心人物であった兜甲児は留置所に放り込まれてしまった。
うわ、いきなり逮捕ですか。
美樹が婦警に……てか、カツ丼は別に警察に常備している食べ物ではないと思います

ミリオンα、バイオンβ、ダイオンγは大損害を受けたため、光子力研究所で修理中。
結局この3体って、何の役にもたってないよな。
口だけは達者だったけど……で、逃げたあしゅら男爵を追跡して本拠地を見付けるとかいう作戦はどうした

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第6話「発射! 光子力ビーム」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 9日 (土)

宇宙をかける少女 第18話「よみがえる神」

獅子堂ナミとイグジステンズが率いるカークウッド新政府軍に取り囲まれてしまったブルーバードモール・ステーションだが、そこに出現したレオパルド・コロニー。
レオパルドはイグジステンズを見るなりビビってしまっています。

突然出現した黒い神様(レオバルト)ともう一体(ベンケイ)に驚くナミは、レオパルドから出てきた獅子堂秋葉の姿に、イグジステンズを連れてすぐさま撤収してしまう。
ベンケイは動けないレオパルドコロニーのミラーを2本切断して、逃亡してしまう。
ナミは本質が変わってないのでヘタレなままです。てか、レオパルドの事を知らなかったんだ。

秋葉たちを出迎えたフリオ・スールとエル・スール。
更にイモちゃんは自分のドロイドが盗品になっていた事を知る。
大量の難民にカークウッドに何かあったのかと困惑する神凪いつきに、ブーゲンビリアとミンタオが課長であるニーナ・ストラトスキーが待っている事を告げる。
そうか、彼女らはカークウッドが陥落する前に落下してしまったから、こちらの状況を知らなかったんですよね。

続きを読む "宇宙をかける少女 第18話「よみがえる神」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲-Saki- 第5話「合宿」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト まくりの女王藤田に完敗した宮永咲と原村和の2人は、竹井久の思惑通りに悔しさをバネに強化合宿を行う事になる。
麻雀をただ運だけのゲームだとバカにする父親に、高校でも全国大会優勝すればこの土地に残る事を考える、という約束を取り付けた和は、合宿に気合いを入れる。

広い旅館にやってきた清澄高校麻雀部。
そこは清澄高校で人気の合宿所であり、夏場などになれば予約でいっぱいになるという場所。
清澄って公立高校の筈なんですが、専用の合宿所とかあるんですね……
合宿は原作ではダイジェスト風に流れ、須賀京太郎は参加の有無が判らないのですが、アニメ版ではちゃんと参加しています。
ただし京太郎の存在価値って、実際のところパソコンを運んだぐらいしかないかもしれない。

片岡優希と京太郎は相変わらず微妙にラブラブ?

到着早々にいきなり温泉からスタート。
原作での優希はもっとはだけて、ほとんど前が隠れていないのですが、胸の所だけがはだけた感じになっています。てか、あれだけはだけてまったく胸の見えない優希って……
咲は全裸に辛うじて浴衣羽織った状態で扇風機の風を浴びてますよ!
お嬢様だから、浴衣でロビーや食堂に行けないと思っている和一人が浴衣でないため、染谷まこの号令で優希が和をひん剥いて浴衣姿に。
雀卓を運んできた京太郎がタイミング良く戻ってきましたが、ちょうど和を着替え終わらせたところで、はだけています。これ、ブラはつけてませんよね……

続きを読む "咲-Saki- 第5話「合宿」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第5話「蘇呪~古代の王女」

雷雲の将 クローデットとの戦いの果てに、渓谷に落下してしまった流浪の戦士 レイナ
その姿を見つける事は出来ず、匂いを追跡した歴戦の傭兵 エキドナは辛うじて生きているらしいことだけは掴んでいますが、消息は不明。

レイナは奴隷として利用するため、古代の女王 メナスに連れ去られていました。
何やら魂を吹き込まれて、奴隷化の儀式が進んでしまう。
アマラ王国を復活させるのが目的のようです。
彼女と知り合いの千変の刺客 メローナも登場。ナメクジ女はやっぱり生きていたのか。
メナスもメローナも沼地の魔女と関わりがあるようです。

そしてメナスの住む廃墟に武者巫女 トモエ元甲魔忍軍頭領 シズカがやってきた。
どう考えても女王の町に見えないところを、そう思うトモエは天然過ぎだ。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第5話「蘇呪~古代の王女」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん!-K-on!- 第5話「顧問!」

田井中律は昔の軽音部のアルバムを発見する。
ギターの練習中に指の皮がめくれてしまった平沢唯。痛いのが苦手な秋山澪はそれを聞いただけで、震えてしまい、面白がった律は自分も手のマメが潰れてしまったと言って律を怖がらせる。
相変わらずの澪。律は原作以上に悪乗りしていますね。

音楽室にやってきた音楽教師山中さわ子は怪我をしている唯を見て、職員室に連れて行って手当て。
それを偶然目撃した琴吹紬は、じっと見つめ続ける。
ムギちゃん、いよいよ本格的に百合大好きっぷりを発揮してきました。

文化祭での公演申し込みに行っていたムギちゃんですが、生徒会からは部活として正式に申請されていないという理由で却下されたらしい。
4人揃った事で、部活動を維持できたはずなのに、と生徒会に話を聞きに行く。

続きを読む "けいおん!-K-on!- 第5話「顧問!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

バスカッシュ!-BASQUASH!- 第6話「セイント・ハズ・カム」

「なるほど、イキまくりか」

前回のダイジェストから開始。
ザ・ワーストとのストリートバスケの中で、「バカスカ」からバスカッシュという言葉を生み出したダン・JD。

試合はダンたちの勝利に終わり、警察が駆けつけた事で撤収となる。
パソコンでバスカッシュの誕生を嬉しそうに記録するココ・JD。
なんだかんだでお兄ちゃんがちゃんとバスケを始めてくれた事が嬉しいのかな。もしかして、これまでのダンの情報とかがネットにあがっていたのは、全部この娘の仕業?
なんとなく前回のオープニングを見ていてまさかとは思っていたが、やはり帽子の少年はフローラなのですね。最初は足が治ったココなのかと思っていたけど。

続きを読む "バスカッシュ!-BASQUASH!- 第6話「セイント・ハズ・カム」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月 7日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #05「すれ違いの雨」

物心つくころから裕理とは一緒に過ごしていたアメリ。それが、ましろが泉戸家に居候するようになってからは、裕理と過ごす時間が少なくなっていた。
長年の裕理への秘めたる想いが、ましろへの嫉妬によって大きくなっていく。勇気を出して誘ってみたものの、求める答えを裕理返してくれないことに苛立つアメリ。その様子を見たましろは、アメリの想いを察して裕理を促すが、売り言葉に買い言葉で裕理とアメリの溝はさらに深まってしまう。
(公式サイトあらすじ)

そんなわけで河合アメリがメインの話。
鵺は“三強”中で最弱だったようです。まぁ、あの実力では当然だろう。他の2体の応龍と鳳凰とでは実力の桁が違うようです。

アメリは自分よりも何でもましろを優先したり、せっかく要三九郎が気を回してくれたデートもどきにましろを連れて行こうとする泉戸裕理に怒り爆発。
自分の気持ちに気付いてくれようともしない裕理に、キレてましろを化け物呼ばわりして、関係は更に悪化。
応龍は美形男子になってる展開。

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #05「すれ違いの雨」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 6日 (水)

リストランテ・パラディーゾ Trezo「パラディーゾ」

いきなり離婚した男性と女性の修羅場からスタート。
クラウディオのように見せていますが、まぁネタだというのは直ぐに判りますね。

フリオとテオたちはニコレッタを市場に連れてきました。
どうやら客以外にはニコレッタが店員となってる事を話しても問題ないようです。

オルガは娘がクラウディオに惚れてしまった事を、彼の元妻であるガブリエッラに相談。
この2人は親友なのか。ガブリエッラはクラウディオが指輪を外さないのは、今はタイミングを失っているだけだと思っているようですが、本当のところはどうなのか。
見る限りでは未練があったようにしか思えないのだが。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ Trezo「パラディーゾ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のあらし! 第5話「秘密の花園」

今回は何故かアバンから伏見やよゐと山崎加奈子の話。
「キャプテン翼」ですね……いや、男同士の愛と友情でミッドフィルダーとか言う時点で判ってしまいますが。

今回の主役は上賀茂潤。
潤には秘密がある……もちろん、性別の事だろう。
「方舟」のバイトに遅刻してきて慌てて着替えていたところに、嵐山小夜子と八坂一が跳んできてしまいました。思わず悲鳴を上げながら、一を平手打ちでノックダウン。
煙でヤバイ場所が隠れています……
しかしあの衣装に着替えるのに、何でオールヌードになってるんだ、この子は。
カヤも方舟でバイトを始めたようですが、ここは4人もバイトを雇う余裕があるとも思えないのですけど、経営は大丈夫なのかと思ったら、一と潤は一の賭けの負けを払わされているので、ただ働きなんですね。

杉田は相変わらず塩をもらえていません。
それほどまでに塩を欲する彼は、一体何を食べているのでしょうか?

続きを読む "夏のあらし! 第5話「秘密の花園」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン 第4話「リアルな現実 虚構の現実」

滝沢朗は2万人のニートをショッピングモールに集めたのは事実だとジェイスに教えてもらったものの、そのニートがどうなったのかまではジェイスも知らないらしい。サポーターの存在なども教えてはもらえたものの、ジェイスからは詳しい情報は得られないようで、近藤勇誠の話していた通り、別のセレソンから話を聞く事に。

森美咲は家に帰宅。どうやら彼女の両親は既に他界していて、パン屋?の姉夫婦と同居しているらしい。昨日、本当は就職の面接があったらしい咲は、面接を翌日にしてもらう事が出来たようです。
ミサイル攻撃で空港から出られなかった事にしたのかな。
大杉智は相変わらず健気に電話とか駆けてきて、翌日の面接も途中まで一緒に行こうとか誘いを掛けてます。彼の思いは一生報われないんだろうな。
咲は悩んだ末に、滝沢にメール。「良かったらメール下さい」の一文は削除してしまってますが。
そのメールは今回は呼んでもらえず仕舞いになっていますけど。

続きを読む "東のエデン 第4話「リアルな現実 虚構の現実」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第5話「ロンディニウム」

アルビオン島へと近づくガイウス率いる帝国軍だが、魔王たちが島のどこにいるのか把握できておらず、交易都市・ロンディニウムへと向かうことにする。

アヴァロンは城を復活させる為、生命の門の結界を解いてしまったため、帝国軍に気付かれるのは時間の問題。
アロウン達はまだ準備が整っていないようで、体勢を少しでも整えなければならない状況にあった。
結界を解かなければ、ゲール族は城には入れなかったのだから仕方ないのか。
人出も武器も不足という事で、課題は山積みのようだ。

商いの妖精エポナは道具の手入れ。
家付き妖精リムリスとエルミンは家事ですが、リアンノンが夕食をゲール鍋にしようと言い出して、エルミンはまたかとうんざり気味。どうやら連日鍋のようです。
てか、ゲール族は鍋しか食べないのか?
連日のゲール鍋で、アロウンとオガムもかなりうんざりしているようで、蟹でないことだけを祈っていましたが、アルサルに狩りに連れ出されました。
が、狩りに出た森は他の部族の狩り場で、別の場所へと移動した結果、収穫ゼロです。
余所の島から来た一族だから、森のどこがどの部族の縄張りかなどがまるで判らないのだろう。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第5話「ロンディニウム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ 第5話「乱心嵐舞」

「オカマの銀って何だ?」

草薙国仁は北条國子を「水玉」呼ばわり。これだからエロガキは……
そして今日は「苺」だと監視していた石田香凛には見えたようです。
視聴者には鉄壁ですが……
何故かヲタクのフリをして潜入している国仁は、國子を強制的に追い出しましたが、何か何か目的があるのでしょう。
てか、グラファイトの取引の仕事はどうするんだ……

國子たちはロリ爺・カメ爺・軍爺のオタク爺さんにアイテム『百式疑似体験型潜入装置』 略して『四次元シミュレーションマシーン』を借りる事に。
相手コンピュータへの侵入を自分の身体で体験できてしまう装置らしい。
ようするに./hack世界体験マシーンという事。
あ~、こーゆー何でもアニメ台詞にするのって、現代のオタクにもいるよね。

続きを読む "シャングリ・ラ 第5話「乱心嵐舞」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

鋼殻のレギオス 第17話「サリンバン教導傭兵団、出陣!」

父デルク・サイハーデンからレイフォンへの贈り物を託されたリーリン・マーフェスは、バスでツェルニへ。
リンテンス・サーヴォレイド・ハーデンも彼女に同行。
別件の用事があるというのは、廃貴族の事でしょうが、彼の第1目的はあくまでもリーリンの護衛。
女王アルシェイラ・アルモニスからはリーリンを何があっても護る事、そして彼女の言葉は女王命令に等しいと思って従う事が命じられていました。それがリーリンを危険に晒す事であっても、彼女に従い、命も護れと言う無茶振り。出来なければ潰すとまで言ってます。
アルシェイラにとって、リーリンという存在は天剣授受者に護衛させるほど重要という事か。
彼の正体は秘密にするようですが、ツェルニに到着すれば、少なくとも2人にはバレバレになるんだよな。

電子精霊ツェルニが暴走し、汚染獣の群れに突き進んでいると聞かされたニーナ・アントークは、ツェルニの下へと一直線に。
レイフォン・アルセイフが治療の終わらない身体で汚染獣との戦いに向かった事を、フェリ・ロスの念威端子を通じて知る。レイフォンからは第17小隊の面々が来たければ来てもいい、という伝言を伝える生徒会長カリアン・ロス。
フェリはレイフォンを戦わせた事に腹を立てていますが、彼に頼るしかないというのがこの都市の実態なので、カリアンとて苦渋の選択なのかもしれないな。
ニーナは自分のやるべき事があるため、動力炉へと向かい、残されたフェリやシャーニッド・エリプトンたちがレイフォンの下へと向かう事に。
ニーナもツェルニをなんとか出来るのは自分だけだという事を充分に理解しているのでしょうね。

汚染獣の群れに到着したレイフォンとサリンバン教導傭兵団。
レイフォンはやはり怪我が辛いようです。
ハイア・サリンバン・ライアは汚染獣が起きてから攻撃を開始するらしい。寝ている時の方が奇襲になるのかと思ったけど、眠っている時は身を守る為なのか、外皮が硬くなるんですね。
12体の汚染獣のうち、半分の6体がサリンバン教導傭兵団で、残り半分がレイフォン。カリアンが半分を倒す金しか払っていないからのようです。
学園都市で、先の都市対抗戦で敗北しているツェルニはそれほど裕福な都市ではないから、半分が精一杯だったという事か。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第17話「サリンバン教導傭兵団、出陣!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX005「交わり合う心と体」

アバンではスーツケースを手に機巧魔神(アスラ・マキーナ)と戦う黒崎朱浬が、善戦空しく敗れて海に投げ出されてしまう場面が。

帰宅した夏目智春は鳴桜邸の前で倒れている黒崎朱浬を見付けて、自室に運び込む。彼女は例のトランクを持っていましたが、同じように機巧魔神(アスラ・マキーナ)が入っているのか、それ以外のものが入っているのか。
目隠ししないと女性の身体も拭けない、智春の相変わらずなヘタレっぷりが全開です。結局は裸を見ているわけですが。
しかし朱浬だと思っていた少女は、自分の事を紫浬だと名乗る。

紫浬という双子の妹がいるという噂は学校にはなく、少なくとも同じ私立洛芦和高校の生徒ではないようで。
しかも事情を聞こうとした朱浬も学校を無断欠席。
第一生徒会長 佐伯玲士郎は第二生徒会が何やら活動しており、警戒していてそこに朱浬が関わっているんじゃないかと疑っているようです。
人前で平然とあれこれと話してますが、そんな公然と話していい内容なんでしょうか……
第二生徒会そのものが立場的に何を目差しているのか、彼らにも判っていないのか。

続きを読む "アスラクライン EX005「交わり合う心と体」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場のヴァルキュリア 第5章「クローデン奇襲戦」

ゲオルグ・ダモン率いるガリア公国正規軍が奪われてしまったクローデンを奪還するように命じられてしまった義勇軍第3中隊第7小隊。
そこに協力する第1小隊ですが、如何せん状況は悪すぎて手の打ちようがない。

周囲の警戒をしていたアリシア・メルキオット軍曹とイサラ・ギュンター伍長が茂みが怪しく動くのを見付け、スパイかと思いロージー伍長が飛び込んで捕まえてみた相手はハネブタでした。
ウェルキン・ギュンター曰く、ハネブタは希少種のようです。

ハネブタが獣道を通っていた事から、ウェルキンは正面から攻撃している間に、獣道を使って遊撃隊が敵本陣に攻め込む作戦を思い付いたようです。
正面から攻め込む部隊には、エーデルワイス号が必要となるため、ウェルキンやイサラは必須。
側面からの奇襲部隊にはファルディオ・ランツァート少尉とアリシアが参加。
ファルディオをやたらと意識するアリシアは猛反発ですが、聞き入れてはもらえないです。
これが18禁ゲームなら、ウェルキンは完全に寝取られキャラだよな。
NTRって個人的には何がいいのかさっぱり判りませんけど、寝取られるのは大抵ウェルキンみたいなタイプだよね。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第5章「クローデン奇襲戦」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦(ネタバレあり)

 【ストーリー】

田舎の平和な村に突如とした姿を現したミミヒコ(柳沢慎吾)たち鬼の一団・オニ一族。彼らは大きな地震で一時的に過去と現在が繋がったのを利用して、かつてに人間に2つに分断されてしまった<鬼の切り札>の片割れを探しに来たのだ。
元の時代にいる兄のクチヒコ(篠井英介)に、必ず<鬼の切り札>を持って戻ると約束をしていたミミヒコは、鬼たちに探索を命じる。

東京から田舎の村に引っ越してきたユウ(沢木ルカ)。
田舎暮らしになじめないユウは、田舎の子供たちに「東京小僧」とバカにされる日々。ユウはまた東京に戻りたいと願い続ける。
昔この村の近くの島にいたという鬼を、村人達が退治したという話を作り事だとバカにしていたユウだったが、偶然入った山の中でユウは何かを探すミミヒコたちオニ一族を目撃してしまう。
ピンチになったユウの身体に、突然光が入り込む。その正体はイマジンの一人デネブ(声・大塚芳忠)だった。ユウを殺そうと追いかけてくるオニたちから必死に逃げるユウに乗り移ったデネブ。そんなユウを助けたのは仮面ライダーNEW電王。更にコハナ(松元環季)と野上良太郎(溝口琢矢)も助けてくれると、この村に伝わる<鬼の切り札>について知らないかと訊ねる。
ユウは自分の持っている物がそうでないかと予感するも、知らないと嘘を吐く。
深く追求しようとしない良太郎は、ユウにデンライナーのチケットを一枚渡して同じ数字が並ぶ時間でどこでもいいから扉を開ければ、デンライナーに繋がる事を告げる。

母親が死に祖母の下に引き取られる事となったユウだが、田舎暮らしには馴染めていない為、祖母はユウを外国にいる父親に引き取ってもらう事を考える。ユウは外国にはいきたくないと反発し、しかしこの田舎で暮らすのも嫌で、東京に帰りたいと我が儘を口にする。だが、祖母がユウを連れて東京で暮らすなどどだい無理な話でしかない。
ユウの持つ<鬼の切り札>は母親がユウにあげたものだった。

続きを読む "劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

仮面ライダーディケイド 第15話「超モモタロス、参上!」

電王の世界。実体を失ってしまったモモタロス(声・関俊彦)は小野寺ユウスケ(村井良大)に憑依。デンライナーを手に入れようと考える、海東大樹(戸松公人)と戦うも、勝負はお預けです。
光夏海(森カンナ)の身体を憑依したウラタロス(声・遊佐浩二)、キンタロス(声・てらそままさき)、リュウタロス(声・鈴村健一)と門矢士(井上正大)の対決はデンライナーの登場で水入り。
何故か光写真館がデンライナーに移動しています。
それなら最初からデンライナーに来ていたら良かったのにな。モモタロスと合わないと行けないから、一度は街に出現したのか?

何者かによって時間が弄られてしまっているため、歴史が変えられて世界が不安定になってしまっているらしく、モモタロスも実体を失ってしまったようです。
ウラタロスたちはその原因が士だと聞かされていたようですが、当然彼らに言ったのは鳴滝(奥田達士)でしょうね。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第15話「超モモタロス、参上!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」

前回の続編。
志葉丈瑠(松坂桃李)が外道衆を倒す切り札と知ったシンケンジャーと外道衆。
ウシロブシ(声:諏訪部順一)との戦いで、自分を庇って池波流ノ介(相葉弘樹)と花織ことは(森田涼花)が重傷を負ってしまった事で、志葉丈瑠(松坂桃李)は屋敷からいなくなってしまった。
日下部彦馬(伊吹吾郎)はさぞ落ち込んでいるかと思いきや、翌朝も平然とした様子で顔を見せる。それはジイが殿を信用して、今はその重責に押しつぶされそうになって逃げ出したものの、必ず戻ってくれると信じているから。

白石茉子(高梨臨)は自分が殿の立場になった事を考えて、殿の重荷を感じたようです。
自分のために誰かが命を擲ち、それが嫌でも自分は死ぬわけにはいかないから完全に拒絶する事が出来ないという重荷。茉子姐さんに指摘されて、ようやく谷千明(鈴木勝吾)も殿の辛さが理解出来たらしい。
自分一人が危険になるならまだしも、自分のせいで誰かが危険な目に遭い、それを止められないというのは厳しい事だろう。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつちょうさむらいがったい)」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月 3日 (日)

咲-Saki- 第4話「翻弄」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト 宮永咲と原村和。2人の少女は共に全国大会へ進む事を誓い合う。
前回カットされた咲のお風呂と和のベッドで百合なシーンも入れてきました。
和、のっけから百合モード全開です。
原作以上に百合百合だ。指切りした指にキス仕掛けていますよ、のどっち。

すっかりと仲良くなった咲と和は一緒にお昼。
和は料理も上手。
「のどちゃんは私の嫁だからな!」
片岡優希の台詞に思わず、嫁さんな和を妄想する須賀京太郎。
いや、のどっちは咲の嫁です。

いよいよ清澄高校麻雀部も全国目差して、まずは県予選突破を目標に掲げる。
ちなみに大会は男女別なので、京太郎は個人戦にしか出場出来ない。そういや、原作では団体戦しかまだやっていませんが、個人戦もやるのだろうか。
ところで、ここって何県?
昨年の県予選の牌譜には咲以上に訳のわからない打ち手がいました。
昨年の優勝校龍門渕。天江衣を筆頭とする1年生5人に、6年連続県代表だった風越女子は惨敗してしまった。
既に顔出ししているのに、黒く塗りつぶす必要があるのか、と思わないでもないですが……

続きを読む "咲-Saki- 第4話「翻弄」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙をかける少女 第17話「友達の輪」

強力な電磁波の嵐に巻き込まれて、このままでは木星へと落下してしまうレオパルド達。万事休すの中、突然話し出したのはなんと獅子堂桜の帽子、ゆぴたんでした。
ゆぴたん、実は異星人だったらしい。
呑気に名刺交換している場合か……てか、イモちゃん名刺持ってるんだ。

ゆぴたんの発案で、ベンケイがコロニーの力を使って脱出を図る。ベンケイのコロニーとレオパルドのコロニーの接触で故障して、ベンケイの鏡が上手く動かせない。そこでじっとしていられなくなった獅子堂秋葉がQTアームズで飛び出し、河合ほのかも秋葉に協力。神凪いつきは止めようとするものの、ほのかに邪魔をするなら帰ってくれと言われて、力を貸す事に。
泣き言を口にするベンケイに対しては、馬場つつじが叱咤するも、相変わらず言葉の意味は良く判らない
人生50年とか言って舞い始めてるし、織田信長ですか……
ようするに、人間死ぬ気になればなんとかなる、と言いたかったようですが、そもそも彼らは人間じゃねぇ……
3人の尽力もあり、なんとか脱出に成功。

続きを読む "宇宙をかける少女 第17話「友達の輪」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真マジンガー 衝撃!Z編 第5話「強襲! ブロッケン伯爵」

ロケットパンチにのってマジンガーZに乗った兜十蔵博士と暗黒寺刑事。
十蔵博士は孫の兜甲児にルストハリケーンの使い方を教える。
ルストハリケーンを受けたガラダK7は敢えなく敗れました。
ようやくしようされたルストハリケーンは、以前のアニメのように単体で敵が粉々にはならず、錆び付いたところで終了。後はパンチで破壊というパターンになってますね。

あしゅら男爵と対峙していた先生は安のサポートを受けて離脱。

あしゅら男爵は機械獣ダブラスM2のリミッターを開放。
バイオンβとダイオンγは手も足も出ず、ミリオンαもまるで歯が立たない。
弱い、弱すぎるよ、後のマジンガー軍団!!
しかしあしゅら男爵の目的のマジンガーZ。
真っ向から勝負を受けるマジンガーZはダブラスM2を圧倒。
ダブラスM2のビーム攻撃さえ、マジンガーZには通用しない。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第5話「強襲! ブロッケン伯爵」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 2日 (土)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第4話「相克~雷雲の将」

今回は流浪の戦士レイナと雷雲の将クローデットの姉妹対決。
歴戦の傭兵エキドナは結局レイナを逃がしてしまったわけですが、クローデットにレイナを殺せば次期当主の座は彼女のものだと甘言を弄する。
高い能力を持ちながら、本妻の娘でないため、レイナの日陰の身となっているようです。
しかしレイナが死んでもまだエリナがいるから、次期伯爵候補はエリナになるだけなんでは。

そのレイナは果敢にも見るからに怪しいキノコを食べてます。
変なもの見えてるし……

幼い頃のレイナはかなりクローデットの事を慕っていたのですね。
過去にレイナが城壁から落ちそうになったのを必死で助けたクローデットですが、メイドたちが心配するのはレイナの事ばかり。僅かな擦り傷で大騒ぎ。同じようにずぶ濡れになっているクローデットは放置ですか。いくら後継者であり、正妻の娘とは言え、同じく娘であるクローデットの扱いが悪すぎる。
そんな彼女に、ヴァンス伯爵は誰もいないところでは笑いかけてくれたりしていたようですが。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第4話「相克~雷雲の将」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

けいおん!-K-on!- 第4話「合宿!」

澪が可愛い回のお話。

先輩の演奏が録音されたテープを発見し、夏休みに強化合宿すると言い出す秋山澪。田井中律と平沢唯は遊ぶ気満々ですが。
問題は防音室の整った宿。
手ごろな金額でそんな宿が見つかるはずもないが、そこはお嬢様 琴吹紬がいます。
当然のように防音室のある別荘持っていました。

唯はお約束のように寝坊。嬉しくて眠れないという小学生現象ですが、どうやら嬉しかったのはムギちゃんも同じ。
友達とこうして出かけた経験がないからですね。

別荘は大きいわけではないですが、そこそこのサイズ。しかし所有している別荘では一番小さいらしい……この別荘、普通に唯の自宅より大きいよね。
天蓋付きベッドやら、豪華なフルーツ盛り合わせや分厚い牛肉も用意されています。しかも見た感じ、肉は霜降りか?

続きを読む "けいおん!-K-on!- 第4話「合宿!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

バスカッシュ!-BASQUASH!- 第5話「バスカッシュ!」

ダン・JDとアイスマン・ホッティの勝負を夢見たフローラ・イカイブルームは、お城を抜け出す。
「フローラ、お行きなさい。
 そして見るのです。
 あなたの感じた予感の行く末を」
騒ぎ出す城の中、屋敷を抜け出したフローラを見送る女性アウローラ・スカイブルーム。
「何かが、生まれる!」
お姫様、まさかの脱走劇です。
このお姫様は特殊な能力のようなものをやはり持っている、という事なのかな。だから姉も彼女を向かわせたのか。

ローリングタウンでは、ビックフットによるストリートバスケに燃え上がっていた。
地区のあがりを賭けた3 on 3の勝利した男たち『ザ・ワースト』に、はるか・グレイシアがダンたちとの勝負をプロモートする。
伝説の3人との勝負という事で、流石にザ・ワーストもやる気が出たようです。
しかし、はるかは自分で「魅惑のプロモーター」を自称するか……

続きを読む "バスカッシュ!-BASQUASH!- 第5話「バスカッシュ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »