« ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第5話「ロンディニウム」 | トップページ | 夏のあらし! 第5話「秘密の花園」 »

2009年5月 6日 (水)

東のエデン 第4話「リアルな現実 虚構の現実」

滝沢朗は2万人のニートをショッピングモールに集めたのは事実だとジェイスに教えてもらったものの、そのニートがどうなったのかまではジェイスも知らないらしい。サポーターの存在なども教えてはもらえたものの、ジェイスからは詳しい情報は得られないようで、近藤勇誠の話していた通り、別のセレソンから話を聞く事に。

森美咲は家に帰宅。どうやら彼女の両親は既に他界していて、パン屋?の姉夫婦と同居しているらしい。昨日、本当は就職の面接があったらしい咲は、面接を翌日にしてもらう事が出来たようです。
ミサイル攻撃で空港から出られなかった事にしたのかな。
大杉智は相変わらず健気に電話とか駆けてきて、翌日の面接も途中まで一緒に行こうとか誘いを掛けてます。彼の思いは一生報われないんだろうな。
咲は悩んだ末に、滝沢にメール。「良かったらメール下さい」の一文は削除してしまってますが。
そのメールは今回は呼んでもらえず仕舞いになっていますけど。

朗が選んだ相手は、脳神経外科医の火浦元。
大きな病院の院長です。自分がセレソンである事を告げて、面会を求めるものの、朗がサポーターかもしれないと警戒してなかなかあってくれません。
看護婦に運ばせた「飲めば携帯入手経緯を思い出せる」薬を飲む事を条件に提示し、朗が薬を飲んだらそのまま意識が途絶えてしまいました。
不用心に飲んだのは、幾らなんでも病院のロビーで人が死ぬような毒は飲まされない、とふんだからなのか。しかし即効性の毒を飲まされるとは限らないと思うんだけどな。

目を覚ましたら、変なロボットみたいなのがノブレス携帯を運んできた。
「ごきげんよう、Mr.OUTSIDEだ」
電話に出ると、突然聞こえてきた男の声。
明らかに火浦の声ですが、どうやら彼が携帯を受け取った時の事を再現しているらしい。
彼が受け取った時の状況で、受けた説明。
セレソンは全部で12人。本人は自覚の有無にかかわらず、セレソンとなる事を望んだ者たちが選ばれているらしい。12人のうち、1人だけサポーターと呼ばれる存在がいて、他のセレソンを監視し、セレソンとして相応しくないと思った相手はサポーターに抹殺されるようです。サポーターが誰なのかは不明。
与えられた金は100億。
この金を使ってこの国のためになる事に使う必要があり、長期間使用しなかったり、個人の為に使い続けたり、残高0になった時点で国益にならなかったと判断されたら、サポーターによって殺されてしまうようです。
そして最初に誰かがゴールすると、残りのセレソンは殺されてしまう、つまりサポーターを除く11人のうち、生き残れるのは僅かに一人だけのようだ。

理不尽な内容に憤慨する朗ですが、火浦は少し違うらしい。
医師として自分一人で救える命に限界を感じていた彼は、この100億を投じて、老人達が生活し、病院に通える巨大な医療都市を創り出したようです。彼の金の使い道は全て賄賂になっていたようだ。ただ彼本人が渡しているわけではないから、疑惑の報道がされても決して足はつかないのでしょう。
彼の使い道は、立派ではあるが、あくまで彼個人の望みでしかなく、国益に繋がっているわけではない。それを自覚している彼は、最後の法案が通過して、この病院が完成するまでは死ねないので、サポーターとの接触を避けていたらしい。

朗の記憶にない20億の使い道は、記憶操作の他、大臣達と面会したりする事に使われているようですが、それで何をしていたのかまでは不明。火浦の見る限り、立派な人物だったようですが、朗には記憶を消してまでやりたい事があったようで、今のままの彼でいればいいのだと告げる。
使い道を彼に尋ねたという事は、ノブレス携帯は自分の使用履歴を確認する事は出来ない、という事か。

朗が去った後、火浦の前に現れたスーツ姿の男。
彼がサポーターだったようです。
朗はサポーターではなかった。
携帯から一つのマークが消えた事で、火浦が死んでしまった事を知った朗。
一瞬彼の下に向かおうとするも、無駄だと知ったからか止めました。朗はなんとかしてMr.OUTSIDEの下に辿り着く事を決意したようです。
とはいえ、まずは国益のためになりそうな事に金を使わないと、そろそろ朗もやばくなってくるんだろうな。

次回 第5話「今そんなこと考えてる場合じゃないのに」
ノブレス携帯をどう使うべきか考えあぐねた滝沢は、使い途を咲に聞きに行く。
一方、面談を控えた咲に、義理の兄は「本当にやりたいことが見つかるまで面倒を見てやる」と優しい言葉をかける。しかし咲にとって義兄の優しさはただ辛いだけだった。「これ以上迷惑はかけられない」咲は内定者面談に臨む。
(公式サイトより)

大杉くんが、咲と滝沢が一緒の場面を目撃してしまうようです。
セレソンNo-11白鳥・D・黒羽も出てくるようだ。今のところ、公式サイトで発表されている最後のセレソン。
残り8人のうち、何人まで登場するのだろうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第5話「ロンディニウム」 | トップページ | 夏のあらし! 第5話「秘密の花園」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東のエデン 第4話「リアルな現実 虚構の現実」:

» 東のエデン #04 リアルな現実 虚構の現実 [だい亜りー]
虚構の救世主は現実を行く。 なるほど。12人のセレソンを動員した救世主ゲームの全貌が見えてきた。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 06時08分

» ◎東のエデン第四話「リアルな現実虚構の現実」 [ぺろぺろキャンディー]
刑事の話によると、滝沢は2万人のニートを集めて殺したのかもしれない。サポーターというのは、12人のセレソンの中のひとりで、不適格なセレソンを排除する役割ということらしい。そして、滝沢は他のセレソンを探してバイクででかける。そして、訪れた医者のセレソンに...... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 05時18分

« ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第5話「ロンディニウム」 | トップページ | 夏のあらし! 第5話「秘密の花園」 »