« 黒神 The Animation Episode17「真神」 | トップページ | ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第7話「コロッセオ」 »

2009年5月20日 (水)

シャングリ・ラ 第7話「悲想恩讐」

ドゥーモの町に静かに降り立つアトラス公社の兵士達。
そうとしらない北条國子は山崎友香と蒲郡由里と共におしゃべりをしていた。
廃線を使用してドゥーモに装甲列車で突入してきた兵士達は、町を人質に國子を逮捕すると告げる。
モモコや武彦は國子を守ろうと戦うも、國子は皆に迷惑を掛けたくないと大人しく従うことに。
というか、涼子たちがわざわざグライダーで潜入したのは、何の為でしょうか。
町全体がメタルエイジではない、というのが弱味だね。
何故か友香は自ら兵士に手を上げて國子に同行する事を選択する。
公務執行妨害……「当たり前だ」とかいう兵士もどうかと。
町の子供・義弘は何故メタルエイジでもない國子たちが連れて行かれたのかと問い掛けるが、母親の綾子はその質問に答えられない。
相変わらず人としてダメな母親です。

「みんなー! 北条國子、帰ってきましたぁ」
かつて國子との出所を喜んでくれた囚人たちだが、國子の声に答える者たちはいない。
更正センターの所長となっている鳴瀬涼子。
そして秦総一郎や今木紫音たちも彼女に付き従う。
収監施設にいるかつての仲間達だが、収容所の様子はまるで違うものだった。
涼子さん、本業の方はいいんでしょうか。側近全部連れてきてしまってるし。

隣の部屋に閉じ込められ、國子に「怖い」と声を掛ける友香。
2年前の事を「あんなことするつもりじゃなかった」という友香は、その時の罪の意識で今回は國子に同行していた。
國子はここの様子が違う事に違和感を覚えていた。
てっきり、実は涼子の息が掛かっているとかなのかと思いきや、全然違ったようです。
友香は國子に対して負い目があったんだね。前に収容されたのも、自分の罪ではなかったのか。

石田香凛はアメリカの炭素指数が跳ね上がっている事に気付き、メデューサに炭素指数を食べるように告げるも、反応しようとはせず、何故か木星の様子を観察していた。
この前のオロチの事件が影響しているという事でしょう。
ただのプログラムが創造主である香凛に逆らうとは。

草薙国仁は國子が収容されたと聞き、尋問を申し出るも、上司からはアトラス公社の領域だと拒まれる。
国仁って、毎回こんな事やってないか?

そして武彦たちは國子を救うため、必死に穴掘りを続けていた。
果たして、彼らが役に立つのかどうか……

國子はかつての仲間、ナオに声をかけるも、何故か逃げてしまう。
そして國子に一人の少女・囚人番号1126レナを中心としたグループが喧嘩をふっかけてくる。
見るからに、今仕切ってるリーダーです、という感じだ。

新芽を噴き出させるれため、木を伐採する。
水素を使った発破で木を切り倒す。

爆弾雨が降るようになり、退避する囚人達だが、レナは國子を避難小屋から追い出してしまう。爆弾雨を避ける國子に苛立つレナ。
てか、國子の運動神経は半端ないんですけど。
アレを避けられるって、どんな人間だよ。やはりただの人間ではないんだろうな。

國子がいなくなってから、レナが仕切るようになり、彼女は自分が気に入らない相手は次々と打ちのめした。
だが、署長が替わってから変わってしまった。
レナは署長に國子を痛めつければアトラスランクをもらえると言われたのだという。
帰る場所がないからアトラスランクが欲しかっただけか。意外とちっさかった。
まぁ、上手く行っても本当に貰えるわけがなかったのでしょうけど。
國子に敗れたレナに対し、涼子はレナに食事抜きで3日間外にいるように告げる。
署長に反発を覚える國子は自分が変わって外に居続ける事に。
炎天下の中、じっと耐え抜く國子を気に掛けながらも、何も出来ない友香。
涼子は國子なら、自分が身代わりになるだろう事を予測して、こんな事を言い出したのかもしれないな。もし言わなくても、涼子にとって何の損もないわけだし。

沢山の「差し入れ」を預かったモモコは、國子への面会に備えてお化粧。
ただの差し入れなのかどうかは怪しいところ。
に、しても普通に持って行っても面会は出来ないだろうし、差し入れも渡す事は出来ないだろうから、何かしらの伏線という事かな。

國子の好意をただの自己満足だと言うレナの頬をぶつ友香。
彼女は2年前、この人とならずっと一緒にいられると思った男は、友香の事を遊びとしてしか思っていなかった。それを知り、男を刺してしまった。
國子はそんな友香に変わって2年間も更正センターに収監された。
その事を聞かされたレナは……
男に依存するタイプだからね。
刺す所までやってしまったのか。

3日間を耐え抜いたものの、既にボロボロの状態の國子は倒れてしまう。
そんな國子に、涼子はご褒美として死刑にしてあげる、と告げる。
結局、涼子が何を求めているのかが良く判らない。
死刑をどうやって回避するのかみたいという事なんだろうか。死んでしまえば、その程度だと思いそうだし。

次回 第8話「口紅無残」

死刑はどうやら銃殺っぽいですが、どうやって助かるのでしょうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 黒神 The Animation Episode17「真神」 | トップページ | ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第7話「コロッセオ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャングリ・ラ 第7話「悲想恩讐」:

» 【感想】シャングリ・ラ(SHANGRI-LA) 第7話 [あにぎり(仮)]
「悲想恩讐」 やはりピンクは淫乱……てか、このアニメには変態が多いな。 [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 23時22分

« 黒神 The Animation Episode17「真神」 | トップページ | ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第7話「コロッセオ」 »