« 鋼殻のレギオス 第20話「都市戦前夜」 | トップページ | シャングリ・ラ 第8話「口紅無残」 »

2009年5月27日 (水)

黒神 The Animation Episode18「異変」

エクセルと北条水華魅の出会いは元神霊(もとつみたま)狩りをしていたトライバルエンドを、水華魅がフルボッコにしたところでした。
シュタイナーの敵討ちのため、水華魅を金で雇ったようだ。
エクセルはただ金で雇っただけのつもりですが、水華魅の方はそれだけではないだろう。でなければ黎真との戦いなんていう危険な事に手を貸すはずが無い。
てか、エクセルはこの時点で黎真が生きていた事を知っていたのか? それとも生きてると強く思い込んでいただけなのか。

クロは獅子神黎真が生きていたと聞いて焦ってしまい、傷ついている揶雲のことまで気が回らなくなっているようです。
しかも新たな元神霊・天麻と契約者・琥珀も登場。
彼らも真神の力を狙う者のようです。彼らに殺害された遺体が複数あるようですが、一体どれだけの数が清き処にやってきているのだろうか。

ナムは小暮里央奈が揶雲に食べさせようとするJOYJOYを強奪。
働かざるもの食うべからずといわれたら、プニプニも同じだとか言い出しました。犬と同レベルで張り合うなよ。しかもプニプニはショック受けてます。
こんなところでジョイジョイってタイアップか何かですか?
流石にナムも「マズイ」とは言えなかったようだ。
食料の代わりに、揶雲の容量(テラ)の循環を良くして、治療速度を速めました。そんな事が出来るのか。

クロたちは木を操る元神霊(もとつみたま)天麻とその契約者琥珀との戦い。
自分たちは森に隠れて戦うタイプのようです。天麻は遠隔攻撃が出来る珍しいタイプですが、この手のタイプは接近戦に弱い。
役立たずの汚名返上に頑張ったプニプニのおかげで、居所を掴むものの、黎真が霊石に接近した事で起きた地響きに木を取られた隙に捉えられてしまいました。
が、命の危機に立たされたクロの中に眠るものが目覚めた。
やはり彼女の中にこそ、真神が封印されているようです。霊石にいた筈の真神が何故クロの体内にいるのか。

黎真はクロの中のものの目覚めに気付いたようで、霊石へ向かうのを止めて戻ってきたところで、エクセルと水華魅と遭遇し、戦闘開始。
エクセルは自分の命を捨てて、全てのテラを注ぎ込んで戦う決意をしていました。元より生き延びるつもりなどないんだろうとは思っていましたが。
エクセルのサウザンド『方陣障壁(ヘキサ・ウォール)』遠隔操作可能の上、複数展開できるようにパワーアップしています。
前回の戦いでは黎真の攻撃に破壊されたヘキサ・ウォールですが、新たなヘキサ・ウォールは受けたエネルギーを吸収して跳ね返す事も可能になっています。

黎真に大ダメージを与えてイクシード『煉攻武神』による攻撃。トドメを刺そうとする詰めが甘いと逆に倒されてしまいました。
結局、またエクセルは生き残ってしまったようです。水華魅はこのまま死ぬのか、なんとか命を取り留めるのかは不明。

慶太がクロの下にやってくると、少し様子のおかしいクロが。慶太が何度も呼びかける事でようやく我に返ったようですか。
敵は天麻が無残に殺され、琥珀が震えてしまっています。クロの体が真神に操られていたという事なんでしょうが。
エクセルは慶太たちに黎真が契約者を手に入れて以前よりも力を付けていると告げる。

ナムは「何か」を見て怯えるプニプニを発見。彼が喋る事が出来れば自分の疑念も晴れると考えるという事は、薄々クロの中に真神が封じられている事に気付いていたという事か。

黎真の下へ急ぐクロたちを黎真が待ち受けていました。
しかも佐野茜が黎真の契約者となっていた。
やはり黎真の契約者になっていたのか。死んだ魁音寺雪のために、彼の契約者になったのだろうか。慶太の敵になるのを承知の上で。

Next Episode「千尋」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 鋼殻のレギオス 第20話「都市戦前夜」 | トップページ | シャングリ・ラ 第8話「口紅無残」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation Episode18「異変」:

« 鋼殻のレギオス 第20話「都市戦前夜」 | トップページ | シャングリ・ラ 第8話「口紅無残」 »