« 夏のあらし! 第5話「秘密の花園」 | トップページ | タユタマ -kiss on my deity- Episode #05「すれ違いの雨」 »

2009年5月 6日 (水)

リストランテ・パラディーゾ Trezo「パラディーゾ」

いきなり離婚した男性と女性の修羅場からスタート。
クラウディオのように見せていますが、まぁネタだというのは直ぐに判りますね。

フリオとテオたちはニコレッタを市場に連れてきました。
どうやら客以外にはニコレッタが店員となってる事を話しても問題ないようです。

オルガは娘がクラウディオに惚れてしまった事を、彼の元妻であるガブリエッラに相談。
この2人は親友なのか。ガブリエッラはクラウディオが指輪を外さないのは、今はタイミングを失っているだけだと思っているようですが、本当のところはどうなのか。
見る限りでは未練があったようにしか思えないのだが。

ルチアーノはガブリエッラが来た事で、ニコレッタが落ち込んでいる事を見抜いていて、彼女と付き合うつもりがないなら、あまり優しくしないように忠告。
流石にニコレッタがクラウディオ目当てだったのはバレバレだったようです。
それ以降、ニコレッタを極端に避けはじめています。もうあからさますぎるぐらいで、この人には両極端な行動しか出来ないのか。

ヴィートの嫁はなんと19歳……もはや犯罪だろう、それ。
フリオは嫁のアンジェラとラヴラヴか。
みんな結構結婚しているようだ。

本気で惚れているのかどうか自分でも判らなかったようですが、オルガはそれが恋である事を指摘すると、本気なら反対しないと逆に応援しだしているし……母親としていいのか。

仕事と恋を両立しているオルガを羨ましがるニコレッタに、クラウディオがニコレッタとオルガがどこか似ていると言った事から、自分の母親だとばらしてしまいました。
オーナーのロレンツォに自分が娘である事をばらしにきたものの、様子見中。
ニコレッタが放置されていたのは、ただ子持ちと結婚したくないというロレンツォのためだけではなく、仕事が忙しかったからというのも判ったてはいたようです。
クラウディオとガブリエッラの離婚も、ガブリエッラの仕事が忙しくなってすれ違いの時間が増えたからのようです。

クラウディオのフルネームはサント・クラウディオ・パラディーゾ。
意味は「天国」

相変わらず悪くはないのですが、個人的に楽しみにするべき要素もない作品だな。
老眼鏡爺さんに萌えなければ、この作品って本当に見るべき点が見あたらないのかもしれない。心温まるエピソードがあるわけでもないし……
もう1、2回様子を見て、レビューは切るかもしれないな。

次回 Quarto「ガゼッタ・デッロルソ」

止めた店員であるマルツィオによる昔話。
どうやら過去の話で、原作ではGENTEの話らしい。
『カゼッタ・デッロルソ』オルガが過労で倒れた事がきっかけで、今のような店になるとか。

  にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 夏のあらし! 第5話「秘密の花園」 | トップページ | タユタマ -kiss on my deity- Episode #05「すれ違いの雨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストランテ・パラディーゾ Trezo「パラディーゾ」:

« 夏のあらし! 第5話「秘密の花園」 | トップページ | タユタマ -kiss on my deity- Episode #05「すれ違いの雨」 »