« GOEMON(ネタバレあり) | トップページ | クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「開眼~龍の一撃」 »

2009年6月12日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第11話「イン・ザ・ナイト・ビフォア」

バスカッシュの試合を重ねていくダン・JD、セラ・D・ミランダ、アイスマン・ホッティは、連勝を重ねていく。
彼らの勝利をココ・JDがネットにて報告。
バスカッシュでの活躍がかなり端折られた。2クールアニメなら、ここをもっと描いて色々とドラマ仕立てにしたり出来ただろうにな。
彼らの活躍を知ったファン達が、OCBリーグに招待して欲しいとの書き込みをネット上に大量にした事により、OCB事務局はダンたちの追放処分を撤回する。
OCB事務局からの招待状を受け取ったはるか・グレイシアは、タービンシティチャンピオンシップが開催されることになる。
ま、ジェームズは未だにダンに興味があるようですから、これを良い機会と思ったのかもしれないが。
セラは、タービンシティという名を聞いて複雑な表情を浮かべる。
セラの故郷なんですね。
しかしダンたちって以前のOCBリーグのオーディションではファウルを出しまくっていたけど、大丈夫なのか? 馬バスカッシュが盛り上がっている事で、ルールが緩和されているのかな。

町についたフローラ・スカイブルームは風の吹く町を見上げる。
「……風が、勝負を分ける。
 そんな気がします」

祭りで多くの人々が集まっているタービンシティは、風力発電の町のため、町のあちこちに風車が儲けられていた。
町は頑丈に造られているというが、セラは古い町だからあちこちガタが来ているかもしれないという。
セラはダン達と別行動。
一人で歩くセラを影から見詰める二人の黒服。
如何にも怪しいですが、ま、誘拐を企んでいるとかより、彼女の肉親関係からの見張りだろうと予測は付きますね。

ダンたちが進むストリートには「セラの通り」という名前が付けられている事に気付くアラン。
ダンクマスクたちに盛り上がるファン達。
同じく招待されていたエクリップスのルージュは、偶然車で通りかかり、ダンを目撃。
ファンからサインをねだられたアイスマンは、そこにファルコン・ライトウイングのサインを目撃する。
今回はセラメインでアイスマンの方にも少しスポットが当たるのですね。

整備をするミユキ・アユカワたち。
ベル・リンドンは「セラの通り」「セラの小川」など、町のあちこちに「セラ」という名が使われているとガンツ・ボガードに告げる。
もちろん、名前の由来はセラなんでしょう。父親がこの町の支配者という事だ。
相変わらずミユキは空気……運命の初恋だった筈なのにな。

町の外れにある墓に花束を持ってきたセラ。
「母さん……」
花を添えるセラは呟く。
随分と町はずれに墓がつくられているな。
そこにやってきた男性ロベルト・ガンビート。黒服の男を連れた彼はセラの父親だった。
この町の支配者である彼は、町には保険も掛けてあるから、好きにすれば良いという。
セラたちの自由にさせたいという思いより、金の方を考えている感じからして、仕事優先という感じだな。
セラたちのチームにも多くの掛け金が集まっているという彼に怒るセラ。
「あなたはそうやって、私の大切なものを幾つ踏みにじれば気が済むの!?」
セラが女で跡取りになれない、それだけの理由でセラの母は家を追われ、苦労の末に死んだという。
セラの怒りなどどこ吹く風と言った様子で、セラの前から立ち去るロベルトに、セラは彼が持ってきた花束を蹴り飛ばしてしまう。
セラの母親は彼のせいで追い出されてしまったという事ですが、真実は違ったりするというオチが待っているのかもしれないな。実は別の理由があって、やむなく家を出たという可能性もあるのではないだろうか。
街中にセラの名前を付けているのは、実はセラへのせめてもの償いの気持ちだったりするのだろうか。

アイスマンはファルコンの止まっているホテルにボーイに変装して接触を図る。

ドリブルの風を感じたアラン・ネイスミスは、バスケットをする大勢に人々を目にする。
風と共に競合が続々と町に集まり始めているのを感じるアランだが、ダンやスパンキーは興味なし。
完全にデータ収集する気がないよね。
アラン以外はまったく役目をこなしていません。このアランの努力が少しでも報われる事はあるのでしょうか。

ファルコンの秘密と引き替えにボーイとして潜入したアイスマン。
てか、本当に何を教えたんだろうか。
恨み言でも言いに来たのかというファルコン。
「確かに、私はアナタが憎かった。
 夢の中で何度アナタを殺した事でしょう」

しかし全てが過去形であるのがポイント。
今はそう思っていないという証拠だろう。
アイスマンのワインの飲むシーンの作画が微妙……

町にあったシューズを使うべきか、他の選手の特徴を調べ、町を吹く風を如何にして上手く使うかと頭を使うアランだが、ダンはいずれも気に止めた様子もない。
フローラは溜息を付いて自分がしっかりしなければと思う。
チームで唯一の真面目人間だからなぁ。他のメンバーに情報収集をしろという方が間違えとも言える。
そんな時、アランは町中のある建物を見付け、そこが大会の会場だと感じ取る。
これまでの敵とは違うのだからと違ってしっかりと調べないといけないというアラン。

町中をドリブルするダンは、町の開会式で歌うためにやってきたルージュと激突。
「またダンクマスク!」
「またか、アイドル・レッド!」
「……ルージュよ」
相変わらず名前を覚えていないのか。最終回とかに名前を呼んであげるのかな。
特別にリハーサルを見せてあげようかというルージュに、興味ないというダンは彼女らのファンではないという。
「私はファンです!」
アランはルージュと仲良くするなと忠告するが、そんなアランにダンとルージュはきょとん。
ルージュは大会の賞品の事を語るも、ダンは興味ないという。
マネージャーのヤン・ハリスにダンと話していた事に気付かれたみたいですが、彼が何か陰謀をこらしてきたりするのだろうか。

「伝説」を作るダンたちを眺めるジェームズ・ローンに、スラッシュ・キーンズはダンがただの山猿にしか見えないという。
未だに彼の作る伝説に興味津々のジェームズですが、何故彼はダンが「伝説」を作ると固く信じているのだろうか。

みんなバラバラでチームに呆れているというアランだが、ダンはまだ風が吹いていないのだという。
ダンの方は頭ではなく動物的感で、風を感じるという事か。

帰らないのかと問い掛けるクローリーに、セラは母親が笑っている顔を見た事がないという。
悲しい顔ばかりだったというセラは、母が死んだ時、父親に何故母さんが死ななければならないのかと責め立てた。
母親が家を出た時、セラはどちらに引き取られたんだろうか。母親といたっぽい感じもあるけど。

殺しに来たのかと問い掛けるファルコン。
ファルコンに否定されて伝説になれなかったため、殺したいほど憎んだと語るアイスマン。
相変わらず言葉は全て過去形。
彼がもう後ろ向きではなくなっているのは、これまでの展開で結構感じる場面が多かったからな。

優勝賞品が月面リーグへの出場権だと表面したジェームズの発表に、はるかはジェームズが何を企んでいるのかと訝しむ。
だが、やる気を漲らせるダンは突然駆け出す。
「その時、私は風が吹くのを感じたのです。
 ……ドリブルしたダンさんはまるで、まるで……
 つむじ風!」
風は吹く物ではなく、吹かせるもの、という事なのかもしれない。
一瞬、ここでアランの正体がバレてしまうのかと思いましたが、どうやらまだのようです。

ビッグフットに乗ったダンが投げたバスケットボールが街中を駆けめぐり、エクリップスやアイスマン、ジェームズとスラッシュ、セラ、ココたちの横を通り過ぎ、再び彼の手の中へと戻ってくる。
整備したばかりのビックフットを壊したダンに怒るミユキ。
ダンの起こした風が、復活のアイスマンやセラに最後の一押しをしてくれたという感じか。

墓を離れて仲間達の下へと戻るセラ。
「私は私の為にやる、それだけよ」
セラの話はもっと掘り下げる事も出来たと思うのだけど、結構あっさり風味になってしまったな。もっと父親との確執をあれこれ描いても良かったかもしれないけど。

「私はアナタを殺さない。
 殺さずに勝負して乗り越えてみせます」

逃げずに戦う道を選択したアイスマンは、ファルコンの前から立ち去る。
こちらも前に進み始めています。相変わらずパスはデストロイですが……

それぞれの思いを抱きながらも、一つの目標に向かって集まった仲間達。
「別々に流れてきた風が一つになって、
 大きな力に!」

次回 第12話「リーグ・リーグ・リーグ!」

三つ子っぽい新キャラが登場する様子。
ま、一回限りの噛ませ犬でしょうが。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« GOEMON(ネタバレあり) | トップページ | クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「開眼~龍の一撃」 »

バスカッシュ!-BASQUASH!-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/45313426

この記事へのトラックバック一覧です: バスカッシュ! -BASQUASH!- 第11話「イン・ザ・ナイト・ビフォア」:

» ◎バスカッシュ!第11話「イン・ザ・ナイト・ビフォア」 [ぺろぺろキャンディー]
ダンたちはチャンピオンシップに呼ばれる。開催地は、タービンシティー。ダンたちは、町の偵察。町は風力発電機がたくさん設置されてて、風が強い。しかし、町の人に囲まれてしまう。なぜか、町のあちこちにセラの名前がついている。やぱっりセラに縁のある町のようだ。そ...... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 16時55分

« GOEMON(ネタバレあり) | トップページ | クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「開眼~龍の一撃」 »