« リストランテ・パラディーゾ #9 Nono「リストランテの休日」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「エンドレスエイト」 »

2009年6月18日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #11「決戦」

復活を遂げた応龍に取り込まれた河合アメリを救い出すための戦いへと向かう泉戸裕理とましろ、鵺、鳳凰。
小鳥遊ゆみなと如月美冬は足手まといなので居残り。
美冬は主に裕理と応龍が破壊したことの後始末に負われることになるのだろう。

パワーアップした応龍には裕理とましろの攻撃もさっぱり通じません。
裕理はあっさりと気絶してしまい、ましろは応龍の中に入ってアメリを説得する事に。
ある意味で火に油を注いでいるとも言う。

ましろによるアメリの説得。
説得というよりもほとんど説教です。
ましろはなんでこんなに上から目線なんだろうか。
先にアメリが恋人になってたら、遠慮したとか言い出すましろ。要するに、早い者勝ちという事らしい。
裕理はアメリが自分の事を好きなはずがない、と思っているとか言われてもなぁ。あれは思っているというより、単にそう思い込んで現実から逃げてるだけだし。
どうせテメーなんて、告白する勇気もないヘタレだから、私が出てこなくても、他の女に寝取られていたよ、と挑発した挙句、私とあなたは友達、という訳のわからない説得に絆されて、アメリはあっさり懐柔された。
そんなのでいいのか……
本来全ての現況であるはずの裕理は反省一つしていないのだけど。

どうやったのか判らないですが、アメリが戻る決心を固めると、応龍に取り込まれていた鵺、鳳凰、そしてアメリとましろも復活。
が、させないとアメリとましろに応龍が攻撃。
2人の苦しむ姿を見た裕理は、更に強い力を放ち、応龍と激突。
きっと二人を助けたいと思った事で、眠っていた力が目覚めたんですねー(棒読み) いや、もう祐理のチートパワーはどうでもいいというか……

やはりバトルシーンはしょぼかった。

次回 Episode #12「裕理」

ま、たぶん勝負はあっさりついて、次回はその後メインだろう。
てか、ましろの力が弱まったとか、昔の男がどうのというのは良いのか?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« リストランテ・パラディーゾ #9 Nono「リストランテの休日」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「エンドレスエイト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タユタマ -kiss on my deity- Episode #11「決戦」:

» ◎タユタマ-kissonmydeity-Episode#11「決戦」 [ぺろぺろキャンディー]
「ミフユ来るな、足手まといだ」とヌエさんがいう。そして、ヌエ、ユウリ、マシロの三人で、アメリと王龍との戦いがはじまった。王龍は、前より強くなってる。そして、王龍巨大化する。マシロは、王龍の体内に入って、アメリを助けに行く。そのあいだ、ヌエとホウオウが足...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 20時23分

« リストランテ・パラディーゾ #9 Nono「リストランテの休日」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「エンドレスエイト」 »