« 夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」 | トップページ | リストランテ・パラディーゾ #10 Decimo「秘めたる恋」 »

2009年6月25日 (木)

東のエデン 第11話(最終回)「さらにつづく東」

葛原みくるは平澤一臣に森美咲の電話を通じて得た情報を伝える。
平澤はノブレス携帯を魔法の携帯だと呼ぶ。
みっちょんは板津豊の送ってきた情報を調べようとするが、バンツとは連絡が取れず、平澤たちと合流しようとする。
しかし平澤はシネコンに滝沢を捜して怒る2万人のニートAKX20000が押し寄せているので、来ないようにと告げる。
彼らがここに来るまでどんな日々を過ごしていたのかが気になる。
ドバイから戻る彼らは何故また裸にされてるのだろう。それとも向こうでもずっと全裸?

スタッフ専用の部屋に隠れた平澤達。
AKX20000はまずお行儀良く自分たちの携帯電話を回収です。
あれだけの数の中から自分の携帯探すというのも大変だろうな。同じ機種なんてごまんとあるだろうし。

みっちょんたちはやはり調査のためにシネコンにタクシーで行く事にするが、平澤は60発のミサイル攻撃を知っても、自分たちには『魔法の携帯』もなく、何もできないという。
だが、咲は滝沢朗は魔法の携帯があったからやったわけではなく、ただ当たり前の事をやっただけなのだという。
たまたまノブレス携帯があったから、その情報を得て、持てる力で人々を助けただけ。ノブレス携帯がなくても、滝沢なら彼の持てる力でなんとかしようとしたと咲は信じているのですね。まさに当時の滝沢は『持てる者の義務』を果たしたわけだ。
滝沢が記憶を消し、ニートたちが滝沢に怒っているのは何故なのかという平澤。
大杉智は平澤の言葉に我を得たりとばかり滝沢を悪者にしようとしますが、咲は冷静に説明を続ける。
大杉は相変わらずのうざさが感じられます。頼むから割って入ってくるな、と思った人も少なくないはず。

滝沢はミサイルから住民を守っただけでなく、自分1人が悪者になって疑惑の目を向けられたニートたちも助けていたのだ。
犯罪すれすれの手段を使って10発のミサイルをニートたちと協力して防いだ滝沢だったが、協力者の中には本少数ながら火事場泥棒を働く不心得者が出たりもした。更に退去させられた人々にはミサイルについて事前に情報を持っていた不信感が生まれ、被害を受けた人々が怒りを覚えるようになる。
豆柴はこの時出会ったのだね。この時から既に堕天使のイコンの翼はついていたのか。この女性は何者で、一体どこへ消えたのだろうか。映画版に登場してきたりするのだろうか。
更に事態を傍観していた人々によりネットでは誹謗中傷が盛り上がってしまった。
滝沢は5つ偽名で2万人のニートを豊洲に集め、彼らの怒りの矛先を自分に向けるため、ミサイルテロの犯人が自分だという事にしてしまった。滝沢は彼らを救うために3ヶ月間ドバイへと逃亡させる事とした。
「不確かな情報や、自分にとって都合の良い噂で、
 簡単に自分の意見を変えてしまう、無責任な大多数……」

滝沢は一番守りたかった人々に裏切られ、絶望した末に記憶を消してしまった。
滝沢が記憶を消したのは疲れてしまったのだろう。
色々な暗いものを捨てるには、記憶を無くす以外に手段が無かったのかな。そうした絶望を抱えた状況では、この国を救うために何かする気持ちになれない、というのもあるのかもしれない。

咲は自分たちだけで今度はミサイル攻撃を食い止めるしかない、と考える。
バンツの情報からミサイル攻撃の場所を調べる事が出来るはずであり、ネットにその事を書き込んでリアクションを起こせるかもしれない。
咲の考えを理解した平澤だったが。
「ただ……」
「ただ何よ」
「事態はそれを許さぬ状況にある」
「どういう事?」
「板津のデータは、今ゾンビの手の中だからだぁ!!」
肝心のパソコンを置きっぱなしで逃げ出していました。
ここまでシリアスにやってきたのに、最後にそのオチですか。なんて間抜けな事を。
そこで春日晴男が考えた作戦とは、木を隠すなら森。
裸男の中で目立たぬには裸でした。
まぁ、それしかないよな。

上手く怪しまれず、全裸で行動する平澤、春日、オネェ、大杉。
オネェと大杉はなかなか踏ん切りがつかなかったようです。
オカマのオネェはともかく、大杉はヘタレ過ぎだ。
うまくパソコンを手にした男たちのところまでやってきましたが、毛があったり色が白いなどの情報でばれてしまいました。
そこでパソコンを強奪。
後一歩だったのに残念ですが、咄嗟に奪いとるところが参謀もなかなかやります。

咲とみっちょんも同じ頃にショッピングモールに到着していたが、シネコンは全裸ニートで埋め尽くされている。
よく考えると、ここのショッピングモールには服もあるのだし、それらの服を着ようとか思う奴らはいないのでしょうか。3ヶ月間裸で過ごしてきて慣れたとか?
「さっと駆け抜ければ、案外大丈夫かも」
咲、かなり大胆な作戦。てか、普通は大丈夫じゃありませんから!!
しかし本当に大丈夫だった。むしろモーゼの十戒
男たちは遠巻きに見るばかり。
「大丈夫、あの人たち、たぶん二次元にしか興味ないから」
みっちょん、ニートが全てヲタとは限らないのですけど……

パソコンを手に入れた平澤たちですが、ニートに追いかけられて、春日が脱落し、足止めのために平澤は大杉に全てを託してゾンビの群れに……一人でも必死に食い止めたりとなかなか頑張る。
全裸大杉は咲たちと再会。みっちょんと咲は大杉が全裸なのにビックリ。
めちゃジョニーを見てませんか?
パソコンでナニを隠そうとするものだから、みっちょんに奪い取られました。

オネェはどこ、と思っていたら何時の間にやら服を着て隠れていました。
スタッフルームに避難した4人。無理やり部屋に押し入ろうとする奴らはいません。
パソコンの情報からミサイル攻撃の場所を調べたみっちょんですが、攻撃地点には豊洲も含まれていました。
早速ネットに書き込もうとしたところ、突然シネコンの電気が落ちて一斉にみんなの携帯に滝沢からの通信が入った。
ここで遂にタッキーの復活!! 絶望した様子で姿を消していた滝沢が、何時の間にやら豊洲に戻っていました。携帯ジャックも当然ジュイスの仕業だよな。
今度の60発のミサイルも自分の仕業だと言う。
先の11発のミサイルの真実を知るこのニートたちと、無責任なこの国の住民を皆殺しにするのだという滝沢。
咲は嘘を並べ立てて自分ひとりが悪役になろうとする滝沢に呼びかけるも、通信は一方通行のため、声は届かず。
「ただし、生き残るチャンスもなきにしもあらず。
 まず、生き残りたいジョニーは屋上に集まるべし」

ジョニー言うな。

ジュイスの掌握に失敗し、Mr.OUTSIDEが存在していると知ったセレソン№-01物部大樹は、セレソンNo-10結城亮たちと袂を分かつ。
ミサイル攻撃については自己責任だと結城に言い放つ物部は、Mr.OUTSIDEを探し出す事が出来ればまた集まろうと告げてヘリで飛び去ってしまう。
今回の作戦で損をしているのは実は結城だけなんだろう。物部たちはほとんどお金を投資していないはず。

やりすぎた結城は嵌められたのだというセレソンNo-02辻仁太郎は、物部がサポーターなのだろうと語る。
11発目のミサイルで生き証人である2万人のニートを殺害するように指示したのも物部。
一番危ない作戦を考えた人間の側に同志のそぶりで現れて、彼の作戦を妨害する。
サポーターであるならば納得です。
今回もわざわざ滝沢を呼び寄せてミサイル攻撃について説明したのは、先のミサイル攻撃を阻止した彼ならば上手く処理出来ると考えたからなのでしょう。
辻は滝沢が今回も何かするだろうと予想を立てています。
リムジンでお出迎えとか、本当に金持ちなんだな、彼。大企業の社長とかなのかな。
ただのボンボンが100億を携帯なしでも使えるとか言わないもんな。ハヤテ○ごとくではあるまいし。
Mr.OUTSIDEは本当に死んだアトウなのか、それとも別の人物でありまだ生きているのか。
物部がサポーターだった事で判らなくなってきました。

エレベーターで外へ行こうとする咲たちですが、屋上へ向かおうとするニートたちに発見されてしまう。エレベーターに乗り込もうとするニートたちを必死に阻止する大杉を引きずり出そうとしていたニートですが、そんな大杉を滝沢が救出。
美味しいところで現れる、流石は裸の王子様
扉をロックした後にわざわざフードを脱いでニートを挑発したりしています。
「お前が大杉? ガッツあるな、想像していた通りだ」
こんなうざい大杉くんを認める滝沢は凄い寛容だ。
1人で屋上へ向かおうとする滝沢ですが、彼が本当はみんなを助けようとしているのだと信じる事を止めない咲。最後の部分は携帯の電池が切れてしまっていたようです。
咲の手を引いて屋上へと連れて行く。
自分を信じ続けてくれる咲に、真実を見せる決心を固めたのですね。

滝沢はバンツのところに戻って、平澤に携帯の履歴を送った事を知って、咲達がここに来ると知ったのでやってきたようだ。
つまり、バンツは生きてるという事!!
しかし驚いただろうな、バンツが溝に嵌っていたわけだし。
ミサイル攻撃に豊洲も含まれていると知ってやってきたんだね。
随分と前に分かれた咲たちが着いてまもなく滝沢が現れたという事は、ヘリか飛行機かをチャーターして飛ばしてきたというところだろうか。新幹線は終電も終わってるし。

直接ミサイルを撃ち落とす方法を「東のエデン」サイトに書き込むように滝沢指示するとAKX20000は一斉に書き込みを開始。
なんか、先に帰った着ていた彼もやってきていますね。この中の誰かから連絡を貰ったのだろうか。
「あいつ等は直接に繋いでやれば、結構ポテンシャルを発揮するんだ。
 きっと、迂闊な月曜日の時のように、すっげぇ奇跡を思い付く。
 元々俺1人でやったわけじゃないんだ」
瞬く間に2万件近いメールが東のエデンを経由して滝沢の携帯に届いています。
これだけアクセスが集中してよく東のエデンのサーバーが落ちないな。

ジュイスにより東のエデンの中からミサイル迎撃に最適な方法を抽出させて、ミサイル迎撃を開始。
戦闘機やら対空砲ミサイルでミサイルを迎撃。自衛隊大活躍です。
滝沢とニートたちによって起こされたミサイル迎撃が、日本中で起きている。
掲示板からミサイル迎撃手段の抽出は30円。
ミサイル迎撃はなんと50億です。一気に金額が消費された。

ミサイル迎撃が行われる日本各地で、それぞれが思いを馳せる。

「私の事はいつ助けに来てくれるの? №9」
黒羽さんも助けを待っているようですが、何からの助けを待っているのか。過去?
劇場版では再登場するんだろうな。

「やりよるのう、やっぱし」
はい、そして前の滝沢の台詞どおりバンツも生きてた!!
滝沢が救急車を呼んでくれたのでしょうか。

「ミサイルなんか落ちなくたって、この国は死に向かっている」
辻はこの国に失望しているようだ。

「とりあえず間に合ったようだな」
この口振りからして、やはり物部がサポーターでした。
情報を滝沢に伝える事で、彼が止めるのに期待していたのですね。

辻の予言どおりにミサイルが迎撃されてしまっているのをただ眺めるしかない結城。
結城は屈辱だな。救いなのは全金額を使い切ってないことなのだろうか。

豊洲のミサイルが迎撃され、帰還する戦闘機たち。
だが一発のミサイルが滝沢に向かってくる。
辛うじて迎撃し、滝沢は衝撃で吹き飛ばされました。
「サンダース・キッドかよ……俺は」
が、爆風に咲も巻き込まれて意識を失っているのを見付けてしまう。
サンダースキッドはアメリカン・ニューシネマ『明日に向って撃て! 』の登場人物。
彼が相棒のブッチと組んだ強盗団『ワイルドバンチ』という名なら聞いた事がある人も多いのではないか。
咲を巻き込んでしまったのは焦ったようだ。

滝沢はこの事態を庇いきるため、JUIZに残りの金額で王様にしてくれと頼んだ。
優秀な人間が多いのに、損な役回りをする人間がいない。だから仕方なく自分がそんな役割を担当するのだと。
全ては自分を一心に信用してくれた咲の為に。
やはり滝沢は男前だ。ここが大杉との違い。咲の事ばかり考えてただ滝沢の事を悪いように言うだけの大杉と、咲のために何でもやってのけてしまう滝沢。この二人では当然滝沢に惚れるよな。
「…………受理されました。
 ノブレスオブリージュ。
 今度会う時は、素敵の王子様足らんことを」

滝沢は王様のいないこの国で王子様になりました。
なんで王様じゃなくて王子様になってるんでしょうか……てか、残金1,682,112,214円で王様になれてしまうんだ。
滝沢は最後にジュイスに何を伝えたのだろうか。

全額を注ぎ込んだので、滝沢はこれでゲーム終了でしょうか。
彼があがりなら、他のセレソンは死んでしまう事になるんだけど、どうなるのかな。
それともこの時点で彼はまだ王様ではなく、王子様なので、依頼は達成されていないものとみなされているのか。
もう滝沢がジュイスと会話する事がないのだけが残念。ジュイス好きなんだけどな。
そういや、お金を全部使ってしまったので、東のエデンのサポーターにももうなれないんだよな。東のエデンのメンバーはこれからどうするんだろう。
王様の側近?

話としては一応綺麗に纏まった感じでしょうか。
謎が残されていたり、セレソンたちのゲームが終了していなかったり、滝沢がこの先どうなのかなどの問題は残されているものの、見ていていてそれほど消化不良を感じる内容では無かったし。
ダメ主人公が多い中で、いきなり全裸だったりした主人公ですが、総じて生き様が素晴らしい。なんでモテるのか判らないヘタレ主人公たちと違い、彼なら咲が惚れるのも仕方ないという感じだ
キャラクターたちが魅力的だったのもいい感じだろう。
ダメ男の大杉もあれはあれでマイナス方向にキャラクターが立っていたわけだし。

映画は2部作と発表されました。
2009年11月28日公開予定 第1部「東のエデン ザ・キング・オブ・エデン」
2010年1月公開予定 第2部「東のエデン パラダイス・ロスト」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」 | トップページ | リストランテ・パラディーゾ #10 Decimo「秘めたる恋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東のエデン 第11話(最終回)「さらにつづく東」:

» 東のエデン 第11話 (大杉ファン視点) [blog 仮定の不在証明:執事喫茶セントエルモ]
●ちなみに、うちのblogでは、東のエデンの考察の専用ページがあります。 東のエデン(11話までの考察とまとめ)←気になったらゴーです。 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 19時46分

» 東のエデン #11 [朔夜の桜]
「さらにつづく東」 魔法使いジュイスに繋がる便利携帯かしら。 全裸ニートの暴動。。 まずは携帯ってのが現代っ子。 なるほどね。。それで二重の裏切りか。 ワンコの飼い主? 人間って醜い。。 罪を一人でかぶって。いい事をしたのに。 タクシーの運転手さんがサポーターだったらどうするんだろ。 カッコつけてたのに、どうしたの?ってバカッ!! 仲間になったふりして取りに行けと。 1番確実かも。 これだけモザイクがいっぱいなアニメもなかなかないかも。 すげえ〜モーゼ状態だ(爆笑) そうだといいです... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 20時10分

« 夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」 | トップページ | リストランテ・パラディーゾ #10 Decimo「秘めたる恋」 »