« バスカッシュ! -BASQUASH!- 第13話「シーユー・オン・ザ・ムーン」 | トップページ | けいおん!-K-on!- #12(最終回)「軽音!」 »

2009年6月27日 (土)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第12話(最終回)「開門~女王への道」

武器屋 カトレアと鋼鉄姫 ユーミルは流浪の戦士 レイナを助けるため、女王の都ガイノスを目差す。カトレアは息子を置いていこうとするが、彼は自分もついていくとカトレアは彼の申し出を承諾すると、自分から離れないようにと告げる。
少年の意気込みは買うも、明らかに足手まとい……
ユミールはカトレアの武器だけでなく、自分たち鋼鉄山の武器の素晴らしさを見せ付けるために参戦するのだね。

逢魔の女王 アルドラは外にいる全ての者たちとのクイーンズブレイドを宣言させるように帝都の聖女 メルファに命じる。霊達すらも参加者とすれば良いというアルドラは、これで少しは面白くなると笑う。
アルドラの目的は不明だが、強すぎるがゆえに退屈しているというところなのか。

千変の刺客 メローナの放つ霊達と戦い続けるレイナ、武者巫女 トモエ、荒野の義賊 リスティ、雷雲の将 クローデット、近衛隊長 エリナ。
霊達の攻撃により、エリナの部下達が殺されながらも、包囲網を突破して門をくぐり抜けていくクローデットたち。だが、メローナの妨害により、レイナ1人が取り残されてしまう。
レイナ、一人でピンチに陥るし。

戦いを眺めていた光明の天使 ナナエルは自分を呼ぶような光を感じて、そちらへと向かって飛ぶ。
ナナエルを呼んだのはアルドラの使者としてやってきたメルファだった。メルファはナナエルにクイーンズブレイドの宣言を依頼する。
ナナエル的にはこんな変則対戦でも、宣言できるならOKなんだな。

レイナと戦おうとするメローナだが、レイナとは自分が戦うと冥土へ誘うもの アイリや古代の女王 メナスたちもレイナを目掛けて襲いかかる。
レイナ大人気。
3対1の戦いに苦戦するレイナのピンチに駆けつけた森の番人 ノワ。
相変わらず穿いてないので、レイナは顔が真っ赤。全裸で修行した人が今更という気がしないでもないが……
ノアはアイリと再び戦うも、低級霊によって動きを封じて生気を吸い取られ始めてしまう。そこに戦闘教官 アレインがノアを救出にやってくる。
相変わらず弱いノア。戦士長はなんで森を出てきたのでしょうか。ノアが心配だったとかだとして、よく長老たちが許可したな。
レイナの下へ向かおうとするエリナと共に戦うクローデットだが、破壊された剣の上に傷ついた身体で息を荒くしていたところに、カトレアとユーミルが駆けつける。
修理するなら安くするというユーミルですが、元々カトレアが作った剣ですし、打ち直すならカトレアの方なんだろうね。
増えてきた闘士たちに、よりどりみどりだとセトラがメナスの手を離れて行ってしまう。
エロ・メナス……

その時、ナナエルがクイーンズブレイドを宣言する。

流浪の戦士 レイナ
近衛隊長 エリナ
雷雲の将 クローデット
武者巫女 トモエ
武器屋 カトレア
鋼鉄姫 ユーミル
戦闘教官 アレイン
森の番人 ノワ
荒野の義賊 リスティ
帝都の聖女 メルファ

  vs

古代の女王 メナス
千変の刺客 メローナ
冥土へ誘うもの アイリ

何、この酷い対戦カードは。
10対3って、もはやイジメですか。

霊はメルファの力でほとんどが消滅。
聖女にとっては悪霊など物の数にもならないようだ。

次々と闘士へと姿を変化させて襲いかかるメローナの変幻自在の戦いに翻弄されるレイナに、トモエが力を貸す。
大陸にきて始めての友達であるレイナを助けるというトモエだが、トモエの姿に化けるメローナはトモエの武者蹴りも使ってみせる。思わぬ反撃を受けてしまったトモエを、元甲魔忍軍頭領 シズカが救出。
トモエがレイナとラブラブになっていて、シズカの立ち位置が微妙になっています。
セトラの№1はやはりシズカらしい。
どの辺がお気に入りなんだろうか。
メローナは他の人間の姿をコピーする事で、技もコピーできるようだ。クローデットの雷撃とかは武器の問題があるから使えないかもしれないが。
レイナは強くなったはずなんですが、相変わらずメナスにやられてますね。相性が悪いのか。
全裸トモエはやっぱりメローナでした。

トモエはメナスと対峙。トモエの猛攻撃を受けて次第に疲れてくるメナス。
ノアと闘うアイリはノアとアレインのピッタリの呼吸に付け入る隙を見つけられない。
師弟コンビはアレインの実力が高い事もあって、優勢に展開。

メローナはレイナ自身に化けてレイナと一騎打ち。
「自分自身と闘う事がこんなに楽しいとは思わなかった。
 お前のドラゴンテイルは偽物」
レイナのドラゴンテイルがメローナを吹き飛ばす。
見かけはコピー出来ても、中身まではコピーできないという事だろう。
クローデットやエキドナという優勝候補の実力者をも倒した一撃は、流石にメローナにも有効。それでも死なない辺りが変態メローナです。

もはや形勢は逆転。
逃げだそうとするアイリとメナスだが、メローナは尚も諦めずに沼地から半人半蛇の巨大な魔物を召喚する。
メローナだけは諦めが悪いな。

蛇が苦手なユーミルは逃げまどい、圧倒的な力に追いつめられるトモエたち。
クローデットは剣が折れている上に負傷しているから仕方ないにしても、カトレアなら殺せそうな気がするんですけど……
クローデットは退却した方が良いと判断するも、レイナがナナエルの力を借りて空から攻撃を加えようとしていた。
レイナは渾身の一撃を加える事に成功し、苦しむ魔物。
相変わらずの怖いもの知らず。
ナナエルさんもちょっと活躍です。

苦しむ魔物に、アルドラは神聖なクイーンズブレイドを穢す者として、閉じられた右目の魔眼《石化邪眼》を見開き、魔物を石に変えてみせた。
アルドラの反則的なパワー。こんな技を使われては誰も勝利できないよ。
もちろん彼女の力はこんなものではないのでしょうが。

ナナエルはこれでようやく天界へ帰れると、皆と別れて意気揚々と天界へと戻っていく。
あ~、でもきっと聖乳をヤギの乳にしているのが天使長にはばれていて、また地上に降ろされるんだろうな。地獄に落ちないのは最後の働きが認められて辛うじてというところかな。

レイナに勇気と無謀をはき違えるなと注意するクローデット。
レイナとまた闘うのだというノアに、ここからは仲間意識など不要と40点を付けるアレイン。
戦士長はなかなか手厳しい。
レイナに謝るトモエ。始めて見た時は、とてもクイーンズブレイドに参加できるほどの実力があるとは思えなかったという。
まぁ、実際、完全に雑魚キャラだったからな。
今では大切な存在なのだというシズカ。
レイナと仲良くするトモエに、エリナはレイナは自分のものだと抱きつく。
相変わらずのスキンシップですが、セクハラまでは発展しませんでした。

アルドラに導かれ、ガイノスの門が遂に開門される。
ここからが女王を決める本当のクイーンズブレイドの開始。
「そなた、名はなんと」
「私はレイナ……流浪の戦士 レイナ!
名乗りを上げるレイナ。
あれ、レイナは《流浪の戦士》という通り名を気に入ってなかったんじゃなかったっけ。

私たちの戦いはこれからだ! 的な最終回でした。
あくまでも今回は導入編という感じだったな。
まぁ、元々1クールで終わらせるには無理のある話だから、仕方ないところだろう。

結局、炎の使い手 ニクスだけは出番なしか。
2期『クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者』の制作が決まっているので、そちらで登場するのでしょうが。ま、沼地の魔女も出てないしな。
第1期出場全キャラ中、牙の暗殺者 イルマと歴戦の傭兵 エキドナだけが今回出番ありませんでした。
エキドナは駆けつけてくるのかと思ったんだけどなぁ。

元々のゲームがゲームだけに、エロ度が半端でない作品でした。
誰も脱がない回は皆無。
看板に偽りなしとも言えるが。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« バスカッシュ! -BASQUASH!- 第13話「シーユー・オン・ザ・ムーン」 | トップページ | けいおん!-K-on!- #12(最終回)「軽音!」 »

クイーンズブレイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/45463390

この記事へのトラックバック一覧です: クイーンズブレイド 流浪の戦士 第12話(最終回)「開門~女王への道」:

« バスカッシュ! -BASQUASH!- 第13話「シーユー・オン・ザ・ムーン」 | トップページ | けいおん!-K-on!- #12(最終回)「軽音!」 »