« 侍戦隊シンケンジャー 第十七幕「寿司侍(すしさむらい)」 | トップページ | おっぱいバレー(ネタバレあり) »

2009年6月 8日 (月)

仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」

9つの世界の旅を終え、遂に光夏海(森カンナ)の世界に帰還。喜ぶ夏海に頼まれて写真を撮っていた門矢士(井上正大)は、この旅で自分が何を得る事が出来たのかと疑問。
突然現れた天才バイオリニスト紅音也(武田航平)は、彼らによって世界が救われたと言う。
彼に自分が得たものはなんなのか、問い掛ける士。
「お前の……生きるべき世界」
謎めいた言葉を残した音也は、光栄二郎(石橋蓮司)が夏海を呼んでみんなが気を取られている間に消えてしまう。
始まりが息子で、終わりが父親ですか。

夏海が高校時代の同級生で退学クラブ=TGクラブの仲間だった青柳和良(森陽太)、佐藤博彦(岩間天嗣)、坂田健児(坂本恵介)から電話があり、久しぶりに千夏(井端珠里)からと会う事になる。
「TGクラブ?」
「退学クラブの事です」
「退学クラブ……?
 ますます判らん」

首をかしげる士と小野寺ユウスケ(村井良大)だが、夏海によると高校を辞めれば何か面白いことがあるかも、と彼らなりの悩みを解消するために結成したクラブだという。
秘密基地とかまで作って、色々と痛々しいです。
士とユウスケも哀れそうに見てるし。

栄二郎が士の撮った写真を持ってくると、なんとピントが合っている。
栄二郎は前の写真の方が好きだというが、士は「完璧だ」と満足げ。
ピントが合うというのは、彼のいるべき世界の現れ、というのがセオリーですが……

夏海は士たちも一緒に会いに行かないかと誘いを掛けるが、士はきっぱりと拒絶。
しかし近くにいて「お宝がある」という言葉を耳にした海東大樹(戸松公人)はにんまり。
相変わらずお宝大好きです。この時、てっきり大樹は夏ミカンの後を付けていったのかと思いましたが、どうなんだろう。
夏海を見送った士は、ここは自分たちの世界ではないというが、ユウスケはここが彼のいるべき世界になったのではないのか、と口にする。と、突然現れた鳴滝(奥田達士)はこれからの士の人生は幸福が待っている、とお祝いをすると笑う。
鳴滝が素直に祝っている段階で、もはやこの世界そのものが胡散臭い偽物世界だと主張しているようなものですよ。
そこでお祝いにユウスケの奢りで高級レストランへ行く事に。すると、なんと士が1万人目の客として歓迎され、しかもレストランを経営する宝影グループの全財産100億円が譲渡される。
いきなり幸運過ぎて逆に胡散臭い。
士もこの状況は怪しいと思わないのだろうか。

夏海は青柳たちと再会して、みんな変わってないと喜ぶ。これで千夏が揃えば完璧だという夏海に、青柳たちは一瞬顔を合わせるも、「直ぐに会えるさと」笑う。更に顧問だった教師の田中(北山雅康)も合流を果たす。
だが、ふと夏海が目を離した隙に坂田が見たアルバムの写真が突然変化して、彼らが黒い仮面ライダーたちに襲われているシーンに切り替わる。
学生だった3人はダークライダーたちに殺されてしまっていたのだ。
坂田は夏海の知らぬ間に写真を握りつぶしてしまう。
人間とライダーモドキ?が入れ替わるという、設定的にはカブトの世界とあまり変わらないような気もするな。

森の中に作った秘密基地へとやってきた夏海らだが、長い年月のせいか基地はボロボロになっていた。
生徒会長でありながら仲間になった千夏もこれを見たら悲しむだろうな、とがっかり。
佐藤は千夏がやってきたらみんなで埋めた宝物を掘り返そうという。
その時、誰かが近づいてくる足音が聞こえ、夏海が千夏ではないかと足音の方へ向かう。
すると佐藤たちは超高速スピードで移動し、ボロを纏ったまとった男女を追いかける。
逃げている女性の方は千夏だよな。
田中は男女の前に立ちはだかると、「まだ人間が残っていたとは」とオルタナティブに変身して2人に襲いかかる。
実は人間たちが排除された世界。つまりここに生きている人間は全てが偽物という事ですか。
千夏だけいないのは、彼女がまだ健在でライダーと入れ替わられていないから、という事でしょうか。

士はメイドたちに囲まれるセレブ生活をすっかり満喫。
てか、企業のオーナーになったんだから、働こうよ。
更にお見合いの話を勧められてあっさり承諾する。
お見合いをする士だが、女性を選ぶなど失礼だから全員だと言い出す。
それこそ失礼だというユウスケに、ならば彼が選べと退席してしまう。残されたユウスケが女性達と向き合っていると、女性達の顔が突然変形する。
てか、なんでユウスケも同席しているのやら。
彼女らもライダーなんだろうか。それともそれ以外?

再び士の前に現れた音也は、この世界の住み心地を訊ねる。そして士が「この世界の宝を受け継ぐ事になる、かもしれない」という。
その前に彼の腕を確かめるという音也はダークキバに変身。
更に駆けつけた青柳、佐藤、坂田もダークカブト、リュウガ、オーガに変身して襲いかかってくる。
士がディケイドに変身して戦っていると、『お宝』に興味をもった大樹もディエンドに変身して戦いに加わる。
大樹は夏ミカンの後を付けていて、青柳たちにくっついてきてお宝をしったという所?
予告の黒いライダーは大樹の出したものかと思っていたら、この世界の住人でした。全てがダークに反転しているわけではなく、各世界の黒系ライダーばかりなんだな。
音也もこの世界では敵キャラでした。と、いう事はこの世界のボスキャラ的存在か。

士は龍騎の力でリュウガを退け、ダークキバとの一騎打ちに持ち込むが、ファイナルアタックライドを放つと、カードが黒く変色して技が不発に終わってしまう。
更に彼の持つ全てのライダーカードが黒く染まってしまった。
これで士はこの世界で他のライダーの力を使って戦えなくなってしまった、という事ですね。

森の中で千夏を探す夏海だが、そんな彼女をボロに身を包んだ夏海が見詰めていた。
この世界は本当の夏ミカンの世界ではない、という事ですな。この世界に住む夏ミカンが、このボロを着ている方か。
てか、今回はネガの世界とか一切語られていない訳で、タイトルで『ネガ世界』とか付けたのは間違いなんでは……

次回 第21話「歩く完全ライダー図鑑」

ディケイドがあり得ないほどにだっさい姿に……
ディエンドのダサさを遥かに超えた!!!
いくらなんでも、あれはあり得ないだろう。何か、テレビの前の皆さんを笑わそうとしているのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 侍戦隊シンケンジャー 第十七幕「寿司侍(すしさむらい)」 | トップページ | おっぱいバレー(ネタバレあり) »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/45271443

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」:

» ディケイド20話感想 [瑠璃色の蝶]
第20話「ネガ世界の闇ライダー」 ・幕の絵は悲惨だけど、元の世界は平穏でした 世界は救われたって、ことかな? しかし士は釈然としません 結局世界を渡り歩いて、自分は何を得たのかと そしてユウスケはどうするんだこれから いきなり写真を撮り始める士 そこでいきな..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 23時46分

« 侍戦隊シンケンジャー 第十七幕「寿司侍(すしさむらい)」 | トップページ | おっぱいバレー(ネタバレあり) »