« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

アスラクライン EX013(最終回)「呪われた罪人の烙印」

修学旅行から帰還途中だった2年生たちが加賀篝隆也の手に落ちた。
加賀篝は2年生と点火装置(イグナイター)の交換を要求してくる。

橘高冬琉はイグナイターのデータ分析をアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クレウゼンブルヒに急がせる。
冬琉は危険が大きすぎるとイグナイターを差し出さずに人質を助ける事を考え、人質の救出を最優先とする倉澤六夏たちと対立する。ただし六夏が反対するのは、旅行傷害保険を自分たち第2生徒会が引き受けているため、支払額が大変な事になってしまうため。
結局、六夏の方は金が動機だった。そうでなければ彼女らしくないのでいいけどね。
冬琉が必要以上にイグナイターに拘る理由は明確に何かあるのだろうか、判らず仕舞いです。

佐伯玲子は兄たちの飛行機が消息不明になった事を智春に何か知らないかと聞いてくるも、流石に真実を語れない。
知った所で彼女に何か出来るわけでも無し、変に心配ごとを増やしてしまうだけだしな。
それにしてもなんで電話してくる相手が智春なのか……惚れてるからか?

加賀篝は冬琉と六夏にばれないようにイグナイターを埠頭に持ってくるように告げる。
ニアは智春にイグナイターを託すと、自らはイグナイターの分析を続行。
焦る六夏と反対に落ち着いた様子の冬琉。こーゆー事態も予測していたというところでしょうか。

続きを読む "アスラクライン EX013(最終回)「呪われた罪人の烙印」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月28日 (日)

仮面ライダーディケイド 第22話「ディエンド指名手配」

9つの世界の旅を終えて、やってきたネガの世界での戦いを終えた士は、新たな世界ディエンドの世界へとやってくる。
彼らがやってきたのは田舎町。
至る所に海東大樹(戸松公人)の指名手配の写真が貼られていた。
大樹が何をしたのかと疑問に思う光夏海(森カンナ)だが、門矢士(井上正大)は彼なら何をしてもおかしくないと言い放つ。

ここはどこなのかと技もに思う小野寺ユウスケ(村井良大)がバス停の時刻表を確認すると、バスは一日2本のド田舎だった。
「日本だよね」て失礼な。日本にだって田舎にいけば、そんなところもあるさ。

9つの世界と、ネガの世界を終えて、主題歌が二番になりました。

この世界での士は山田商店の営業マン。
電話番号は23-6789。桁数おかしいよ。
山田商店に行く事にした士。
夏海とユウスケはまずは食事にしようかと思うと、小学生が自分のお弁当をあげると差し出してきた。
本当に情けないユウスケ……子供からの施しを素直に受け取るなよ。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第22話「ディエンド指名手配」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

侍戦隊シンケンジャー 第十九幕「侍心手習中(さむらいごころてならいちゅう)」

モヂカラの稽古をしていく中で、折神が文字のプログラムのようなものだと気付いた梅盛源太(相馬圭祐)は、自力でオリジナルの折神である海老折神を作成した。
筆が苦手なので、電子モヂカラを使う源太に、花織ことは(森田涼花)や花織ことは(森田涼花)はもちろんの事、白石茉子(高梨臨)や志葉丈瑠(松坂桃李)も感心。更にいつもは厳しい日下部彦馬(伊吹吾郎)ですら感心する。
だが池波流ノ介(相葉弘樹)は“侍”というより“職人”だという。
まだ源太を侍だと認められないという流ノ介は、侍ごっこだと源太と啀み合う。
殿を巡る三角関係の激しい攻防?

ああ、オープニングにも遂に源太が加わったよ。

流ノ介に認められない源太は、自分の何がいけないのかと考える。
流ノ介は侍の純粋培養で、しかも腕が立つから余計に認めてくれないのだという茉子。
ことはは普段の言葉遣いや生活態度など、立ち居振る舞いから直してみてはどうかと言う。
確かにちゃらちゃらしているから、流ノ介が嫌っているというのは充分にあり、源太も自分にはそういうものが無い事を自覚しているようだ。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十九幕「侍心手習中(さむらいごころてならいちゅう)」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戦場のヴァルキュリア 第十三章「戦慄の移動要塞」

雨の降るファウゼンで突然の爆発が起きる。
それを見詰めるダルクス人のザカたちレジスタンス。

戦況は最悪の事態は逃れたという将校だが、ゲオルグ・ダモンは義勇軍であるウェルキン・ギュンター少尉が英雄として祀り立てられるのが気に入らない。
そこで彼らはウェルキン消失させるため、義勇軍の次の攻撃目標を帝国に奪われた鉱山都市ファウゼンに定める。
ダモン将軍は英雄の息子だろうと、義勇軍が活躍するのはとにかく気に入らないのだね。
てゆーか、そもそもファウゼンが敵の手に落ちているのは、君らの落ち度なんですが。

ファウゼン攻略を任された義勇軍。
貧乏くじだとぼやく第五小隊は進軍を始めようとした矢先、遥か彼方からの砲撃を受ける事になる。
その間に民間人に変装した第七小隊はファウゼンへの潜入を試みていた。
ファウゼンはガリア公国有数のラグナイト産出量を誇る都市、この都市をどちらが支配するかにより、戦況は大きく変化する。
危険な任務は常に第七小隊の役割です。
もっとも一方的に砲撃を晒される他の部隊もかなり危険ですが。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第十三章「戦慄の移動要塞」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

真マジンガー 衝撃!Z編 第13話「初恋? 美少女ローレライ!」

マジンガーZと対峙する胸に少女の顔があるロボット。
兜シローはローレライが勝っても、マジンガーZが勝っても大切な物を失うと、両者の戦いを止めようと必死に野原を駆ける事に。
今回はシローの恋愛物語。

全ての始まりは、「くろがね屋」女将の錦織つばさがクロスと共に、ガミアQ3のボディを持って、ドイツへ出発した日に始まる。
今度襲撃があった時に、自分たちも共に戦えるようにと、地下から兜十蔵博士の残した光子力や超合金Zの武器を盗み出そうとしたシローと暗黒寺刑事だが、イタチの安に見つかって未遂となる。
爺さん、こんなに武器を作っていたのか。

ガミアの身体が持って行かれたときいてショックを受ける暗黒寺。
シローは父親の使いでつばさを訊ねてきた金髪の美少女ローレライと出会って、一目惚れする。少女に熱海観光の案内をするシローは次第に仲良くなっていく。
ようやくオープニングにいる少女が登場です。
服装からてっきりミケーネ関係かと思ったら違いました。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第13話「初恋? 美少女ローレライ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」

妖刀であるミラーを工程を端折って設置してしまったため、50年前の状態であるプリンス・オブ・ダークネスとなってしまったレオパルド。
獅子堂風音たちの言葉にも耳を貸そうとせず、カークウッドのミラーを破壊してしまう。

ミラーを壊したレオパルドと、彼を止めようとするネルヴァル。
獅子堂妹子はどちらが悪でどちらが正義なのか、判らなくなって混乱を始めてしまう。
レオパルドじゃないみたいだというイモちゃんに、奴の本質が目覚めたのだと語る。
「私の世界を守る為に作ったお前が、私に牙を剥くとはッ!!」
「笑止!」
氷と熱の戦い。
「俺は誰の指図も受けない。
 神は、俺1人でいい!」
レオパルド・キャノンを単独の力を撃つレオパルド。
自分には通用しないと氷の壁で防ぐネルヴァルだが、レオパルドの攻撃はネルヴァルの防壁を突破した。
満を持しての登場なのに、あっさりと一撃で勝負がついてしまいました。完成系のレオパルドはそこまで強力な攻撃力を持っていたのか。
「強き神は、より強き神を斃す」
かつてネルヴァルが息子であるレオパルドに教えた言葉だが、それが自分たちに当てはまってしまうと言う皮肉。

続きを読む "宇宙をかける少女 第25話「黄昏れる神々」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲-Saki- 第12局「目醒め」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
――その時あの人はまた、私の右の目を綺麗と言ってくれるだろうか。

県予選中堅戦 前半戦を終えて圧倒的な力を見せて最下位からトップにまで躍り出た清澄高校麻雀部部長の竹井久。
後輩である文堂星夏を励ますべく駆けつけた福路美穂子は、久を見詰める。
久はまだ上埜という名字だった頃、インターミドルでただ1人、福路の前に立ち塞がった存在だった。その強さに閉じたままにしていた右目を閉じる事を忘れていた。
「貴女の目……
 貴女の右目、綺麗ね。
 知ってる?
 蒼いサファイアは紅いルビーと同じ素材の宝石なのよ

「え?」
久が自分に何を言いたかったのか、今度会った時に答えを訊こうと思った福路だったが、久はそれ以降の大会には出場せず、風越女子にも入学する事無く、会えず終いとなってしまっていた。
福路が右目を閉じているのは、単純にオッドアイがコンプレックスになっているからなのか。幼い頃に良くからかわれたりしたとかなのかな。そのために片目を瞑り続けているというのも凄いけどな。単純に隠すなら、眼帯とかした方が楽じゃね?
原作以上に部長同士の百合仕様。片思いですが……今後に発生するだろうオリジナル展開でこの辺の話は回収してくれそうな気がするな。

続きを読む "咲-Saki- 第12局「目醒め」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん!-K-on!- #12(最終回)「軽音!」

「ムギちゃんって眉毛太いよねぇ」
「ええ……実はこれ、タクワンなの」
まさかのおまけマンガ映像化
もちろん夢オチ

リアル平沢唯は風邪を引いて熱が出ており、妹の平沢憂の面倒になっています。
親はどうしているんだろう。

学園祭を前にして、まだ風邪の治らない姉に、自分にうつして治ったらいいのにと願う憂。
「うつすってどうやって?」
「それは……口移しとか!!
「大胆な子」
大胆というかなんというか……
中野梓は憂のこんな反応に慣れてきてないか?

「たのもー!」
1年のクラスに秋山澪と田井中律が乱入。
この大切な時期に風邪を、とか言い出す律ですが、明らかに君が言うなという感じです。
風邪を引いたのは律のせいだろうという澪たちだが、憂によって語られる驚愕の真実

続きを読む "けいおん!-K-on!- #12(最終回)「軽音!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第12話(最終回)「開門~女王への道」

武器屋 カトレアと鋼鉄姫 ユーミルは流浪の戦士 レイナを助けるため、女王の都ガイノスを目差す。カトレアは息子を置いていこうとするが、彼は自分もついていくとカトレアは彼の申し出を承諾すると、自分から離れないようにと告げる。
少年の意気込みは買うも、明らかに足手まとい……
ユミールはカトレアの武器だけでなく、自分たち鋼鉄山の武器の素晴らしさを見せ付けるために参戦するのだね。

逢魔の女王 アルドラは外にいる全ての者たちとのクイーンズブレイドを宣言させるように帝都の聖女 メルファに命じる。霊達すらも参加者とすれば良いというアルドラは、これで少しは面白くなると笑う。
アルドラの目的は不明だが、強すぎるがゆえに退屈しているというところなのか。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第12話(最終回)「開門~女王への道」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第13話「シーユー・オン・ザ・ムーン」

翌日に決勝トーナメントを控えた前夜祭が開かれていた。
決勝トーナメントに進んだ4つのチームがいよいよ発表。
チーム名を考えたはるか・グレイシア=『美しい足』、セラ・D・ミランダ=『50カラット』、アイスマン・ホッティ=『エクスタシー』だが、どれもパッとせず。
てか、お前らみんなネーミングセンスなさすぎだ。ダンを始めとしてな。
3人の中で一番得点を上げた人間の考えたチーム名にすると言っていたはるかですが、決まったチーム名は『バスカッシュ!』
当然命名はフローラ・スカイブルームですね。

準決勝
第1試合 バスカッシュ vs エクリップス
第2試合 キング・オブ・キングス vs トリプル・ファイヤー
トリプルファイヤーのトリプルAは強気ですが、出番はこれだけ……

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第13話「シーユー・オン・ザ・ムーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「エンドレスエイト2」

夏休みも終わりに近づいたある日、何となくテレビで高校野球を見ていたキョンは、なんとなく涼宮ハルヒから連絡がある気がしていた。
予感が当たり、ハルヒからの電話が掛かってきて水着を持って自転車で駅前に集合するように告げられる。
キョンは同じ体験をしたような、デジャビュに襲われていた。
もちろん前回からループです。
ハルヒにやり残した感があるので、ループしてしまったという事なんだろうな。
つまりは、ハルヒを満足させないと、このループが抜け出せないという展開なんだろう、というのが何となく想像つくスタートです。

集合したSOS団で最後に集まったのはキョン。
みんなで市民プール。
ハルヒの胸を感じてブーストです。

みんなの私服や水着のデザインが変わってるね。
ハルヒが常識敵な遊びをするようになったという古泉 一樹だが、何か思う所があるご様子。
キョンはやはりデジャビュを感じる。

みんなのやりたい事を聞き出して、翌日から遊ぶ事に。
キョンは長門有希を呼び止めるが、「最近元気でやってるか」と訊ねるだけで、自分が何故声を掛けたのか判らない。

盆踊りの会場が見つかったので、浴衣の購入。
やはり浴衣のデザインも変わってます。
「赤くなって三倍可愛い!」

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「エンドレスエイト2」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年6月25日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #12(最終回)「裕理」

スーパーサイヤ人化して更なるパワーを得て応龍と戦う泉戸裕理。
しかし2人の間に河合アメリと泉戸ましろが割って入る。自分たちに任せろと言うましろたち。
2人の戦いは人間と太転依(たゆたい)が滅ぼし合う姿に他ならない、と。
今更!? これまで散々戦っていて、つーか、戦わせる為にに修行とかまでしておきながら、全否定ですか。
応龍もヘタレ……

アメリは裕理の頬に一発のビンタを加えると、キスをして全てを終わりにする。
納得できない応龍。
根暗王選手権開催。
罵り会うアメリと応龍。その姿もまた共存。互いに想いをぶつけ合うこともまた大切なこと。

戦いの傷跡を残さない為、ましろは自分の力で全てを無かった事にする。
ましろは残っていた全ての神気を使い果たして倒れてしまう。
「どうか私を、1人にしないで下さい……」

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #12(最終回)「裕理」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リストランテ・パラディーゾ #10 Decimo「秘めたる恋」

仲間と行うコンサートをする事になったと父ルチアーノを招待するマルゲリータ。
マルゲリータとニコレッタは笑うと区別がつきません。
というか、基本的にこの作品はキャラクターの描き分けが……

リストランテ『カゼッタ・デッロルソ』に最近良く来る未亡人サヴィーナは、ヴィートやクラウディオたちから見ても明らかにルチアーノ狙いだが、肝心のルチアーノはつれない態度。
クラウディオは亡き奥さんまだ愛しているのだろうというが、そんな彼の指輪を目にしたニコレッタは、クラウディオもまた同じなのだと感じとる。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ #10 Decimo「秘めたる恋」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン 第11話(最終回)「さらにつづく東」

葛原みくるは平澤一臣に森美咲の電話を通じて得た情報を伝える。
平澤はノブレス携帯を魔法の携帯だと呼ぶ。
みっちょんは板津豊の送ってきた情報を調べようとするが、バンツとは連絡が取れず、平澤たちと合流しようとする。
しかし平澤はシネコンに滝沢を捜して怒る2万人のニートAKX20000が押し寄せているので、来ないようにと告げる。
彼らがここに来るまでどんな日々を過ごしていたのかが気になる。
ドバイから戻る彼らは何故また裸にされてるのだろう。それとも向こうでもずっと全裸?

スタッフ専用の部屋に隠れた平澤達。
AKX20000はまずお行儀良く自分たちの携帯電話を回収です。
あれだけの数の中から自分の携帯探すというのも大変だろうな。同じ機種なんてごまんとあるだろうし。

続きを読む "東のエデン 第11話(最終回)「さらにつづく東」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」

立てるようになった伏見やよゐに喜ぶ山崎加奈子。
自分たちの存在に意味があったのだと知った二人は、再び下の世界へ。

暇だというマスターにタイトルの忘れた本の話をするカヤ。
「科学の粋を集めて作られた人造人間」
鉄人28○
ジャイアント・ロ○
マジ○ガーZ
鉄腕アト○
「我が輩判ったナリ」
マスターの伏字も台無しな潤の一言。しかし今の若い子は知らないかもしれないな、これ。再放送とかで知ってるのかな。
『キテレツ大百科』コロ助って人造人間なんだ!!
マスターは何故キャシャ○ンの名前を出さなかったんだろうか。

嵐山小夜子たちがこの世界にいるには、“存在感”という力が必要となる。
あらしにエネルギーを戻した伏見やよゐと山崎加奈子は姿を消えかけてしまう。
だが、あらしとカヤは八坂一と上賀茂潤の手を握ると、2人に存在感を分け与える。
すると消えかけていたやよゐと加奈子の姿が再び戻った。
彼女たちは“通じる”事で存在感を得る事が出来るのだ。
2人は引き籠もっていたため、それを知らなかった。
予想通りの結果ですが、むしろそれを知らずに60年間存在し続けていた事が凄いよな。
やよゐは一と通じる事が出来るのだから、時々力を分けてもらえば良いのでは。
ん~……結論から言えば、カヤに相談していれば一があらしに存在感を与える事で、回復できていたという事なのでは。

続きを読む "夏のあらし! 第12話「時の流れに身をまかせ」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第12話「帝国の脅威」

リディア達ルブルムの敗れた森へとやってきたリアンノンは、花冠を放置されていた剣に捧げる。そこに現れたガイウスと帝国兵ガイウスは森の先に聳えるアヴァロン城を目にする。
リアンノンのキノコの入った籠と折れた剣と備えられた花冠を発見する。森に潜んでいたリアンノンに気付いていたガイウスはリアンノンに声を掛ける。
仲間を呼んでも良いというガイウスだが、声を上げれば何がされるか読んでいたリアンノンは声を上げようとはせず、ガイウスはそんなリアンノンを認める。
ガイウスはリアンノンが自分とくれば大人しく引き下がると約束をする。
アルサルとモルガンがリアンノンを捜してやってきた時には彼らの姿は既に無く、リアンノンの籠だけが残されていた。
そういえば死んだ兵士たちの遺体はどうなってるのでしょうか?
そのまま放置されてるのかな……そして自然へ帰るとか。
それとも火葬や土葬されているのか。普通に考えたら普通の墓ではなく、大きな穴を掘ってそこに纏めて埋められたとかかな。
少なくともリディアはちゃんと墓を作って埋葬してもらっているでしょう。オクタヴィアの幼馴染みだった女性なんだし。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第12話「帝国の脅威」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

シャングリ・ラ 第12話「生勢流転」

漂流の末に救出された草薙国仁はアトラスの医務室で目を覚ます。
他の生存者について医師に尋ねる国仁だが、医師は心配せず今は自分の身体の事を気に掛けるようにとだけ告げる。
一瞬、国仁以外は誰も救出されなかったのではないかと思ってしまいました。

鳴瀬涼子のマニキュアを塗る今木紫音。

相変わらずのドSとドM。
メデューサ掃討作戦の生存者についてはディグマ3以外は処分するように命じる。
結局殺されてしまうんだ……しかしわざわざ殺さなくても良いのに。

山崎友香と蒲郡由里は相変わらず枠外の存在。
2人から見て、國子は少し無理をしている感じのようです。
しかし友香は國子に助けられてばかりという想いか強くなってるようで、今後何か役に立つ事があるのか。

記者会見を開いた涼子の内容は。
突然発表されたアトラスへの移住計画の中止。
移住を中止して、建設を最優先とする。
前回の記者会見から一転した内容に驚き、質問を投げかける記者達だが、涼子はこれらを一切受け付けず、どのみち従うしかないのだと笑う。
素晴らしき独裁者。実際、誰一人彼女には逆らえないのだろう。
彼女のこの絶対的な権限は一体なんなのだろう。

続きを読む "シャングリ・ラ 第12話「生勢流転」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月23日 (火)

黒神 The Animation Episode22「運命」

獅子神黎真の命を掛けて放ったイクシード『超尋獅咆』により、真神は再生能力を失った。だが、尚も生き残ろうという執念で、2体の真神は互いの容量(テラ)を融合させた歪んだ姿となる。
あしゅら男爵誕生(違)

合体した真神と激突するクロ。
彼女たちのぶつかり合いにより、清き処の山が崩壊する。
真神とクロは清き処を出て、下界で尚も戦いを繰り広げる。
真神は1つとなるため、クロのテラを吸収しようとする。
クロも真神だから、一体化することが可能なんですね。

テラが吸収されるならば、と佐野茜は自らのサウザンドで慶太に膨大なテラを供給する。
茜の膨大なテラを受け取った慶太は、テラをクロへと注ぎ込む。
「テラだけじゃない。
 流れ込んでくる、2人の思いが」
彼らからテラを受け取ったクロは超越(イクシード)『テラエグゼ』を放ち、今度こそ真神を葬る。
やっぱり出ました、テラエグゼ。メガ→ギガときたから、ラストはテラだと思いましたが、予想通り過ぎる。

「テラを皆さんに返します」
真神の吸収したテラを全ての人と元神霊(もとつみたま)に返すクロ。
これで意識不明となっている人々も元通り。

続きを読む "黒神 The Animation Episode22「運命」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第24話(最終回)「胎動する都市」

ゴルネオ・ルッケンスに汚染獣ダインスレイフの下へ連れて行って欲しいと頼むリーリン・マーフェス。
レイフォン・アルセイフは自分の兄弟子ガハルド・バレーンの仇だというゴルネオだが、それを承知の上で他に頼む者がいないリーリンに、シャンテ・ライテは「ふざけるな」と怒る。
そんなものを届けても刀を使わないというゴルネオだが、後悔して刀を捨てたレイフォンをバカだと良いながら涙を流すリーリンは、レイフォンが肩を切り落としたのは自分のせいだと訴えかけ、尚も刀を届けたいと告げる。
汚染獣の力を目の当たりにしても、なおも行く気満々なところは凄い覚悟だろう。
自分がもっとレイフォンの闇に気付いていてあげれていれば、という後悔をしているリーリン。レイフォンに思いを伝えるには、誰かに錬金鋼(ダイト)を届けてもらうだけでは駄目なんでしょう。

ニーナ・アントークを攫ったサヴァリス・クォルラフィン・ルッケンスは、彼女の中にある廃貴族の力に興味があると、ニーナに攻撃を加える。
追いついたレイフォンがそれを食い止めるも、サヴァリスはニーナの中から廃貴族を追い出し、自分が廃貴族を支配出来るか試してみたいのだと語る。
やはり廃貴族を持ち帰らずに、自分の物にする気満々ですか。
最終的にはその力で他の天剣たちや、女王と戦おうとか思っているんだろうな。
何かを支配するとか、変えるとかではなく、純粋に強い力を手に入れてそれを振るいたいという欲求だけなんでしょうが。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第24話(最終回)「胎動する都市」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX012「世界が枯れるまで」

修学旅行のホノルルで海水浴を満喫する黒崎朱浬。
佐伯玲士郎は生徒会長として、他の生徒達の監視に大忙し。
朱浬は満喫しすぎだろう。てか、修学旅行先は沖縄じゃなかったのか。

夏目智春はアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クレウゼンブルヒとツイスターゲーム。なんで部室でツイスターなんてやってんだ、こいつら。
この前の優勝賞品の銅像の中から出てきたのは機巧魔神(アスラ・マキーナ)の拡張機能(プラグイン)だった。突然動き出したそれは、嵩月奏の胸の谷間に挟まってピクピクと振動。水無神操緒はわざとだと怒り出すも、その間にも動くそれに、奏の羞恥心が高まっていき発火。
中に入っていた装置もやっぱり卑猥なものなのか……どこまでも無駄に下ネタを挿入してくるアニメです。てか、原作がそうなのかもしれないが。
智春が疑われるのは無理からぬ事。今回は濡れ衣ですが、何しろむっつりスケベですから。
誰が責任を取るのかという話になり、科學部の部長は誰かという話になる。
しかしこの人間発火装置はなんとかならないのか……

小火騒ぎを起こした智春は第3生徒会会長・橘高冬琉から呼び出しを受ける。
修学旅行のこの時期に毎年騒ぎを起こし、特に科學部は毎年なのだという。
科學部は例年問題児ばかりという事か。

続きを読む "アスラクライン EX012「世界が枯れるまで」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月21日 (日)

戦場のヴァルキュリア 第十二章「さらわれた姫君」

マウリッツ・ボルグ宰相の手の者に誘拐されてしまったコーデリア・ギ・ランドグリーズ元首。その現場を偶然にも目撃してしまったため、連れ去られたアリシア・メルキオット。

イサラ・ギュンターとラマール・ヴァルトを呼びに行っていたウェルキン・ギュンターが戻るも、彼らがアリシアと会っていないと知ったファルディオ・ランツァートは、アリシアの身に何かあったのではと感じる。
偶然にもラグナイトの欠片が落ちているのを見付けたセルベリア・ブレスとラディ・イェーガー、カール・オザヴァルドの下にやってきたファルディオは彼らが何かしたのではないかと食って掛かる。
すっかり頭に血が上って、冷静な判断が出来なくなってるファルディオ。もっと冷静な隊長だった筈なんですが、明らかに盲目的。
もうあからさまなんですが、ファルディオの気持ちに気付く様子がないのは、みんなして恋に疎いのか。

麻袋を被せられて荷馬車で運ばれるアリシアたち。
目を覚ましたアリシアはコーデリア姫を攫った男たちが、2人を連邦との国境の町であるアドベンまで運ぶと話し合っているのを耳にする。
帝国のせいにしてしまうのかと思っていたけど、どうやら違うらしい。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第十二章「さらわれた姫君」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

真マジンガー 衝撃!Z編 第12話「脱出! 海底要塞サルード!」

弓さやかを人質とされてしまい、あしゅら男爵に捕らえられた兜甲児。
あしゅら男爵は勝利に高笑いする。

弓弦之助教授たちは甲児たちが捕らえられたと知り慌てふためくも、錦織つばさは既に手を打ってあると告げる。
はい、ボスたちの事ですね。予想通り、こういう事態を予測して乗せていたようです。
あしゅら男爵たちが破壊ではなく、持ち帰ろうと考える事も読んでいたと言う事か。
それにしても、弓博士って、未だにいてもいなくてもどっちでも良い存在じゃないでしょうか……

パイルダーに隠れ潜んでいたボス、ヌケ、ムチャは移動方法が見付けられない。
と、あしゅら男爵がやってきて、興味を持ったパイルダーを操縦してご機嫌。が、マジンガーZととのドッキングに失敗したあしゅら男爵は腹を立てて、出て行く。
笑いを狙っているのに、全然笑えないギャグが悲しい。
あしゅら男爵……なんか今回はノリが変に軽いですよ。テンション高すぎて変になってる?

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第12話「脱出! 海底要塞サルード!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月20日 (土)

宇宙をかける少女 第24話「終末の呼び声」

捕らえたクサンチッペから聞かされた真実。
獅子堂妹子は生きていた。反物質ミサイルを止めたのは、イモちゃんによる突撃ではなくネルヴァルのカテドラル・ベンディスカの攻撃だったのだ。
イモちゃんが生きていると急いで助けに行こうとする獅子堂秋葉だが、獅子堂風音が制止する。
風音の方はなんとなく想像がついていたようです。
イモちゃんは爆発の前にアレイダが回収していたんだろうな。いくらなんでも爆発に巻き込まれたら、あのポッドは破壊されてしまうだろうから。

遂に自己実現を成し遂げたと満足げなレオパルド。
七つの太陽とは、プロキシマの冠が作り出す人工的な太陽なのか。
レオパルドにいつでもソウルシャウツを撃たせるための代物なんだな。
「ずばり、命名『レオパルド・トロピカーナ』!!」
高笑いするも、何か敗北感を感じるレオパルドに、青い目をしたレオパルド頭脳体“プリンス・オブ・ダークネス”が現れて「お前は敗れたのだ」と語りかける。
今回のトロピカーナで出ていた絵を描いたのは牧野由依らしい……凄いセンスの絵だな。

オープニングのレオパルド・コロニーが完全体に変わっていますね。

続きを読む "宇宙をかける少女 第24話「終末の呼び声」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

咲-Saki- 第11話「悪戯」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
違う方向へと向かう電車に乗ってしまった原村和の後輩の夢乃マホと室橋裕子。
次の駅まで席に座っていると、うっかりと眠ってしまい、次の駅を寝過ごしてしまった。
お約束とはいえ……この子達が辿り着けるのは、決勝戦が終了した時かな。

全国高校生麻雀大会 県予選決勝。
先鋒戦、次鋒戦共に苦戦を強いられ、最下位で中堅戦を引き受けた清澄高校麻雀部部長竹井久。

・中堅戦
清澄高校 竹井久  3年生
風越女子 文堂星夏 2年生
鶴賀学園 蒲原智美 3年生
龍門渕  国広一  2年生

続きを読む "咲-Saki- 第11話「悪戯」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん!-K-on!- #11「ピンチ!」

もうじき学園祭という時期にまさかこんな危機が訪れるとは……

学園祭が近いからと嬉しそうな中野梓が昨年の学園祭の話題に触れる。
触れまいとする秋山澪ですが、しっかりDVDに保存していた山中さわ子により、梓は澪の転倒→パンチラシーンを見てしまいました。
あずにゃん、顔が真っ赤。
澪の黒歴史再び。

講堂使用許可書を出していなかった田井中律。
わざわざ真鍋和が音楽室にやってきてくれています。唯と和が幼馴染でよかったな。

続きを読む "けいおん!-K-on!- #11「ピンチ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第11話「厳霊(いかづち)~死闘の果て」

荒野の義賊 リスティと雷雲の将 クローデットとの間で始まるクイーンズブレイド。
ヴァンス伯爵の屋敷以来の対決。
リスティは手の痺れに気を取られた一瞬で、クローデットの雷撃を受けて敗北。
手の痺れがなければもう少しは善戦出来たのかもしれないが、どちらしても勝つのは無理だったんだろうな。

リスティとの決着をつけるためにやってきた流浪の戦士 レイナと武者巫女 トモエだが、リスティが倒されていた事を目撃。
レイナは残されていたエルフの秘薬をリスティに塗る。
レイナは勝負するように告げるクローデットに、クイーンズブレイドを申し込む。
前回はナナエルに強制的に発動させられたクイーンズブレイドで、天使長様に無効にされてしまいましたが、今回は正式な決戦です。
これまでの旅で知り合った森の番人 ノワや鋼鉄姫 ユーミル、武器屋 カトレアが中継を見つめる。
ユーミルはなんでカトレアと一緒に旅をしているんだろうか。
近衛隊長 エリナは二人の戦いを目撃して、レイナの下へと疾走する。
レイナの攻撃に対して、防戦一方で反撃をしようとしないクローデットを、トモエはレイナの力を見極めようとしているのだとナナエルに告げる。
別にどんな試合でも中継するナナエルには関係ないのではないのだろうか。盛り上がる試合を中継したから、天使としての箔がつくというわけでもないだろうし。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第11話「厳霊(いかづち)~死闘の果て」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月19日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第12話「リーグ・リーグ・リーグ!」/「セカンダリー・ブレイク」

■「リーグ・リーグ・リーグ!」
神話の昔、神々が覇をを争って奪い合いをした。
神々がこの星にダンクを決めた。そして神々の残した後が今の世界を作った。
「キング・オブ・スポーツ。
 その名は……」

「バスカーッシュ!」
ジェームズ・ローンの言葉が全部ダン・JDの寝言にかっさらわれた。

試合時間もコースもランダムに決まるという内容。
勝つ為の準備が万全だという少年たちに、彼らのマネージャーである少女は伝説君にほえ面かかせてやると余裕を見せる。
色々と計算尽くのようだ。

対戦相手は最年少チーム『ドライ・スターズ』。
三つ子の少年達バル、サミコ、ソース。。
15分の試合時間が予想通りだという少年。
折角取ったボールをハンデだと差し出したダン。
ミス・ディレクション=相手に間違った情報を与えて誘導する事。
マジックの基本。
少年たちに翻弄されていくダンとセラ・D・ミランダ。
この2人は冷静に戦いという事が出来ないタイプだからな。

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第12話「リーグ・リーグ・リーグ!」/「セカンダリー・ブレイク」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「エンドレスエイト」

はい、OPも新しくなりましたよ。
「super driver」 song by.平野綾

Youtube動画

お話は夏休みのある日。
家でゴロゴロとテレビを見ていたキョンの下に、涼宮ハルヒから電話が掛かってきて、水着を持って集合するようにと指示が下る。
15分前に到着しても、最後のキョンは遅刻扱い。ある意味で逆光画部
相変わらず集合率は異様に高い。みんな暇だな……ま、キョン以外はハルヒから声が掛かればそれが最優先になるか。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「エンドレスエイト」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月18日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #11「決戦」

復活を遂げた応龍に取り込まれた河合アメリを救い出すための戦いへと向かう泉戸裕理とましろ、鵺、鳳凰。
小鳥遊ゆみなと如月美冬は足手まといなので居残り。
美冬は主に裕理と応龍が破壊したことの後始末に負われることになるのだろう。

パワーアップした応龍には裕理とましろの攻撃もさっぱり通じません。
裕理はあっさりと気絶してしまい、ましろは応龍の中に入ってアメリを説得する事に。
ある意味で火に油を注いでいるとも言う。

ましろによるアメリの説得。
説得というよりもほとんど説教です。
ましろはなんでこんなに上から目線なんだろうか。
先にアメリが恋人になってたら、遠慮したとか言い出すましろ。要するに、早い者勝ちという事らしい。
裕理はアメリが自分の事を好きなはずがない、と思っているとか言われてもなぁ。あれは思っているというより、単にそう思い込んで現実から逃げてるだけだし。
どうせテメーなんて、告白する勇気もないヘタレだから、私が出てこなくても、他の女に寝取られていたよ、と挑発した挙句、私とあなたは友達、という訳のわからない説得に絆されて、アメリはあっさり懐柔された。
そんなのでいいのか……
本来全ての現況であるはずの裕理は反省一つしていないのだけど。

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #11「決戦」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リストランテ・パラディーゾ #9 Nono「リストランテの休日」

テオのターン!!

プロとのして自覚がないのかとテオに厳しく当たるヴァンナ。
そのヴァンナが店を止め、新しいシェフを募集していると知ったテオに、ヴァンナは彼に店を任せられないのだという。

暖房が壊れてしまった事で、急遽臨時休業となった『カゼッタ・デッロルソ』。
皆が思い思いの休日を過ごす中、テオ、フリオ、ニコレッタは新メニューの試食会を行う事になる。

しかしニコレッタの作った料理は一品目は「基本がなってない」と美味しくないと切り捨てられ、2品目も悪くないが店に出せる代物ではなかった。
暖房の修理応対をするジジも何時の間にやら試食会に参加。テオとニコレッタの料理の味の違いは、腕だけではない、と。
基本がなってないなどけんもほろろですが、そもそもどうなっていないのか視聴者にすら伝わらない。ニコレッタはともかく、視聴者にはダメな点を判りやすく説明が欲しいところなんだけど、まぁ、このアニメに対してそこまで望むのは酷か。爺さんたちに萌え萌えするアニメだから。
ニコレッタに言った「ここは大衆食堂じゃなく、リストランテだ」という台詞が、そのまま自分の過去に繋がってしまう。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ #9 Nono「リストランテの休日」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン 第10話「誰が滝沢朗を殺したか」

滝沢朗はセレソン№-01物部大樹からの電話を受け、急用が出来たと一人最終の新幹線に乗らない。
これからゲームをあがるのでMr.OUTSIDEのところへ連れて行ってやるという物部についていくことにした滝沢。
滝沢の事が気に掛かる森美咲は、滝沢に電話を掛け、彼が白鳥・D・黒羽との遣り取りの間携帯の電源を切っていなかった事で、彼らの携帯が特別なものだという事を知っていた事を告白する。
何者なのかと問い掛ける咲に、滝沢は本当に自分が何者か判らないのだという。
滝沢は携帯の電話を切らず、もし自分が犯罪者だったなら、二度と会わないようにしようという滝沢。
自分自身の正体が判らないだけに、本当に犯罪者だったら咲の側にいない方が良いと思ったのだろう。咲の方は、彼が犯罪者だろうがなんだろうが関係なんてないのですが。

続きを読む "東のエデン 第10話「誰が滝沢朗を殺したか」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏のあらし! 第11話「世界は二人のために」

二度と伏見やよゐに怖いも思いをさせないという山崎加奈子の攻撃を避けた八坂一は、やよゐと“通じて”タイムトリップしてしまう。

オープニングが2番になった?

一がやってきたのは昭和何年かは判らないが3月10日。
てっきり空襲の時に飛んだのかと思いきや、違いました。
嵐山小夜子ならなんとかしてくれるかも、と、やよゐを工場へと連れていくため町に出た一は、やよゐの知り合いと出会ってしまう。
意識を取り戻したやよゐが母娘の姿を目にすると、急に怯え始めて大規模な空襲があるから逃げるようにと説得するやよゐだが、母娘は信用しない。
この時の空襲がやよゐのトラウマ
誰しもがあらしのように助ける事が出来るわけではないのは止む得まい。
そもそもあらしだってみんなに信用してもらえる訳ではなく、苦労しながら助けているみたいだしね。

続きを読む "夏のあらし! 第11話「世界は二人のために」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第11話「鎮魂歌」

コナルとエリルに剣術や学問を教えるオクタヴィア。
剣術だけでなく、学問も学ばなければ立派な剣士になれないと語る。
そこにやってきたモルガンは視線のようなものを感じるが、何も見付ける事は出来ない。
だが、確かに彼らの様子を窺う者たちが存在していた。

鍛錬を行うルブルムの様子を眺めるリディアは、手加減が剣士として最大の屈辱だと手加減した兵士に詰め寄る。
偵察兵がアヴァロンを発見したとの報告と共に、オクタヴィアを発見したとの報告を受ける。
かつて親善試合で、オクタヴィアに敗北したものの、トドメを刺されなかった事を屈辱と感じるリディア。
負けた事そのものではなく、トドメを刺されなかった事こそが彼女のプライドを傷つけたのだね。

打ち合わせが終わり、おなかがヘリヘリだというモルガンは、アルサルに同意を求める。思わず頷き「ヘリヘリ」だというアルサル。
「オガムもヘリヘリでございます」
空気が凍った。
リムリスたちが来なければ、どうなっていたのやら。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第11話「鎮魂歌」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

シャングリ・ラ 第11話「古鳥無幻」

鼻歌を歌う石田香凛だが、その歌がなんだったのか覚えていない。
「♪歌を忘れたカナリヤは……」
歌う金髪の青年。
童謡の「かなりあ」ですね。

フルの歌詞は
 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す
内容通り、非常に残酷な歌詞です。
最後には歌を思い出すのが救い。

続きを読む "シャングリ・ラ 第11話「古鳥無幻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

黒神 The Animation Episode21「神変」

1人が甦れば、必ず残り2人も甦る。
人間に三位一在(ドッペルライナー)システムの呪いを掛けた真神。
その一人はクロであった。
獅子神黎真は真神の掛けた呪いの因果を断ち切る為、真神を倒すべく佐野茜と共に立ち向かう。

クロの中の真神は未だ覚醒していない。
黎真はただクロを救う為だけに、母親を犠牲として大地の封印を解き、全ての霊石の破壊を行い、復活した真神を倒そうとしていた。
プニプニはクロの中の真神を感じて怯えまくる。
覚醒はしていなくとも、クロの中に感じ取っているのか、それとも以前に一度覚醒しかけたクロの中の真神に怯えているのか。

滅ぼした筈の人と元神霊(もとつみたま)が生きていると知った真神は再び全てを滅ぼすために戦いを開始。

プニプニをナムに託したクロは決着をつける為、伊吹慶太と共に戦いの場へ。
しかし慶太は黎真を助ける事が気乗りしないようです。結構器量が狭い。
灼熱と氷結、二つの圧倒的な力で黎真に襲い掛かる真神だが、これを耐えきった黎真は超越(イクシード)『千尋獅咆』を放つ。
真神の攻撃をはね除け、身体を貫いたイクシード。
クロと戦った時とは比べものにならないほどのパワーを見せるが、真神を倒すには至らない。
クロとの戦闘はまだまだ本気ではなかったのですね。クロを殺さないため、全力を出さないようにしていたという事か。
逆に2人の真神の攻撃に、茜が窮地となるも、クロが間一髪これを救う。だが、茜はこの戦いにクロや慶太は関係ないと、早く立ち去るように告げる。
てっきり真神に近づいたら、それだけクロの覚醒が早まるとかかと思ったけど、どうもそういう訳ではないらしい。

続きを読む "黒神 The Animation Episode21「神変」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」

オーロラ・フィールドより突如出現した汚染獣ダインスレイフを斬り裂く勁羅砲。
だが、フェリ・ロスは念威にて汚染獣の生命反応があり、心臓も2つ存在している事に気付く。カリアン・ロスは2匹となって甦る可能性に気付き、第1小隊長ヴァンゼ・ハルデイに勁羅砲の第2射を準備させる。
小隊たちはグレンダンの動向を確認するため、待機。
ぶっちゃけ、グレンダンが本気になれば、小隊なんていようがいまいが関係ないと思うんだけどね。たぶん、道の砂利が増えたようなものでしかないと思うよ。

この間にニーナ・アントークがツェルニから都市の外へと出ていた。
電子精霊を回収する為、カリアンは第17小隊を向かわせる。
あくまでもツェルニの回収を第1優先と考えるカリアンは、都市を預かる者として最悪ニーナがディン・ディーと同じ道を辿るのも止む得ないという覚悟を決めていた。
ところで、結局前回のラストでニーナが悲鳴を上げたのは何故? 汚染獣とは無関係で、単に廃貴族に支配されたことの苦しみだったのか?

続きを読む "鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX011「隣にいてくれる日常と非日常」

佐伯玲士郎の隣に座る志津間哀音は、佐伯玲子はいつも玲士郎と一緒にいられるから今日の隣は自分のものだと主張し、玲子は泣きそうになる。
その時、母親から声が掛けられ、哀音は嬉しそうに母親の下へ向かい、甘える。
哀音は今でこそかなり大人しい性格になっていますが、実際はかなり明るい性格だったという事でしょう。

嵩月奏に裁縫を教わる大原杏。
2年生が修学旅行だから、陸上部の先輩のお守りを造っているのだという。
デカ過ぎる……

浮かれて飛行ユニットだの、ガトリングガンだのの準備をする黒崎朱浬と、玲士郎は既にアロハ姿。
修学旅行に何故ガトリングが必要だ……てか、玲士郎は浮かれすぎだろう。
なんでもうアロハを着ているんだよ。

続きを読む "アスラクライン EX011「隣にいてくれる日常と非日常」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月14日 (日)

仮面ライダーディケイド 第21話「歩く完全ライダー図鑑」

この世界が救われていなかったのかという門矢士(井上正大)に、紅音也(武田航平)はこの世界は救われる必要などないと答える。士がいずれ自分たちの宝を受け継ぐというが、士は人の人生を勝手に決めるなという。
お宝を受け継ぐのは自分だという海東大樹(戸松公人)にこの世界の事を問う士。大樹はこの世界が「ネガの世界」だと教える。
大樹はこの世界について気付いていたんだね。
伊達に士以上に世界を渡り歩いているライダーではないという事か。

士に見合いの女性が化け物に変わったと説明する小野寺ユウスケ(村井良大)。
と、突然通りかかった株式会社L&Aエンターテインメントという芸能プロダクションのマーネジメント部主任 小夜真一郎(大堀こういち)が、士が十年に一年の逸材だと褒め称える。
そういや、この前財産を継いだのはどうなったんだろうか。お見合いを止めたら、そのまま話も無かったことになったのか?

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第21話「歩く完全ライダー図鑑」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

侍戦隊シンケンジャー 第十八幕「侍襲名(さむらいしゅうめい)」

シンケンゴールドを名乗った梅盛源太(相馬圭祐)の正体は、昔隣の家に住んでいた寿司屋の息子で、志葉丈瑠(松坂桃李)の幼馴染みだった。店が上手く行かず、一家で夜逃げしてしまった。だが、彼が何故シンケンゴールドとなったのかは、日下部彦馬(伊吹吾郎)にも不明。
彼の持つ烏賊折神は幼い頃に殿が、ジイに黙ってあげてしまったもので、気付いた時に派夜逃げした後だったらしい。しかも殿は取り返したら、侍止めると駄々を捏ねたと。
殿の数少ない親友だったという事だろう。

変な衣装を着て志葉家に現れた。呆然とする池波流ノ介(相葉弘樹)を余所に、呆れて部屋を出て行く殿ですが、実は笑いを堪えるのが精一杯だったようです。昔から変わっていない源太。
幼い源太(小柴亮太)は自分も侍になりたいと良い、幼い丈瑠(髙岩雅輝)はそれを喜んで教えてやると約束を交わした。
侍についてこの頃の殿は今程深く考えていなかったのかな。まぁ、子供だし当然か。
この様子からしても、殿の父親が死ぬ前の事なんだうろうな、やっぱり。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十八幕「侍襲名(さむらいしゅうめい)」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戦場のヴァルキュリア 第11章「招かれざる客達」

連邦国の来賓を招いた晩餐会がガリア公国で開催され、その主賓として元首コーデリア・ギ・ランドグリーズも参加ですが、ほとんど宰相マウリッツ・ボルグの意のままという感じ。
コーデリア様の声は能登麻美子さん。幸薄い方のまみまみです。

同じパーティに武勲を上げたウェルキン・ギュンター少尉も、受勲のために列席。アリシア・メルキオット軍曹とイサラ・ギュンター伍長も同行する事となる。
ネクタイを上手く結べないでいるウェルキンの部屋を訊ねたアリシアが、彼のネクタイを結んであげているところに、同じく受勲のために列席する事になったファルディオ・ランツァート少尉がやってくる。
以前はウェルキンのネクタイを結んであげるのはファルディオの役割だったようですが、今はがいるのでお役御免のようだ。
会場へと向かう車の運転手はラマール・ヴァルト軍曹。
妙に無口なのは、助手席に座っているイサラに見惚れているからだろう、とファルディオに指摘されて大慌てする。相変わらずのツンデレぶり。
てか、晩餐会へ豚を連れていくかよ。
いつもにましてアリシアに
それにしても、パーティに列席するのにいくら軍人とはいえ、ジープで向かうというのはどうかと思いますよ。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第11章「招かれざる客達」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

真マジンガー 衝撃!Z編 第11話「挟撃! 機械獣大作戦!」

パイルダーで光子力研究所にやってきた兜甲児に、弓弦之助教授はマジンガーZの出撃準備を整えるも、あしゅら男爵はこの時を待っていた。
突然飛来した2本の腕が、甲児が乗り込む前のマジンガーZのボディーを奪い取ってしまう。
身体をバラバラにする事のできるバルガスは、マジンガーZを海底要塞サルードへと運ぶ。
あしゅら男爵、なかなかの頭脳プレイを見せてくれます。無駄に機械獣を大量出撃させているわけじゃない。

いつもより重いパイルダー。中にボス、ヌケ、ムチャがくろがね屋女将錦織つばさの指示で隠れているように命じられていたのだ。
甲児はそんな状態のパイルダーでバルガスの攻撃をかわし続けていた。
菊ノ助を追いかけるうちに、素早く動くコツに身につけていたのだ。
素早く動くコツがパイルダーの操縦に関係あるのか……そもそも本当に身に着けていたなら、少しずつでも最初の頃よりもうまくなってるとかいう描写があればよかったのにな。
てか、つばさ、確か痛い目にあった方が良いとか言ってなかったか?
マジンガーZを奪われたのがそれなのだろうか。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第11話「挟撃! 機械獣大作戦!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月13日 (土)

宇宙をかける少女 第23話「秘剣、輝く」

ベンケイと馬場つつじの持ち帰ったプロキシマの冠との接続を果たしたレオパルド。
大倉ネネコとフリオ・スールの無事をエル・スールは喜ぶ。
彼らと共にレオパルドの下へと帰還した真宮寺時雨は捕らえられた人々の救出を訴えかけるが、獅子堂風音は状況が変わってしまったという。
時雨たちがベンケイと共にハイパージャンプで帰還した事により、レオパルドの位置がネルヴァル側にバレしまったからだ。
剣の探索は賀統、矢蔵、封摩の獅子堂元老院が担当する事となる。
この人たちがどうやってあの状況で生き延びていたのかの方が気になるんですけど……
獅子堂妹子の死を聞かされていた。
洗脳の解けた獅子堂高嶺の帰還に風音は喜ぶ。
高嶺の帰還は風音にとっても予想外の嬉しい出来事だったという事だろう。完全に洗脳されてしまっているから、戻るのは無理だと思っていただろうからな。

続きを読む "宇宙をかける少女 第23話「秘剣、輝く」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

咲-Saki- 第10話「初心者」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
大急ぎで電車に乗る2人の中学生 夢乃マホと室橋裕子。
原村和の後輩である2人はこれで和の応援に間に合うと一安心だったが、乗った電車は逆方面へと進む電車だった。
田舎でこのミスは致命的だなぁ。
てゆーかね、この子達は和の後輩という事は、優希の後輩でもあるわけですが、優希の応援は良かったのか……
ちなみに、リボンの女の子の方は、原作では家族と一緒にテレビで応援しています。

全国高校生麻雀大会 県予選決勝。
先鋒戦は序盤、龍門渕高校の井上純が圧倒するも、2度目の半荘で風越女子・福路美穂子のサポートを受けた片岡優希がジリジリと追い上げをみせる。だがそれも束の間、本気を見せた福路が怒濤の快進撃を見せ、終了時には風越女子の圧倒的勝利で幕を閉じていた。

続きを読む "咲-Saki- 第10話「初心者」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

けいおん!-K-on!- #10「また合宿!」

平沢憂は中野梓と初めてのお出かけ。
軽音部の話になるが、あまり練習をしていない軽音部。
唯は変なあだ名付けてきたり、やたらとスキンシップしたりしてくる。
お姉ちゃんは暖かいという憂。
暑いのも冷房も一日中家でゴロゴロしているという唯を、梓はだらしないというも、憂はゴロゴロしているお姉ちゃんが可愛いという。
憂と梓では平沢唯に対する感情の温度差が激しいです。
脳内変換されて全てが好意的に受け止められていますから。所謂「痘痕も笑窪」って奴ですな。

唯に憧れて部活に入った梓だが、今は秋山澪に憧れているので澪は高評価ですが、田井中律にはいまいちの評価……と、そこに律登場。後ろの席に座ってたらしい。
澪は夏期講習に行っているらしいが、律は行く気がゼロです。
自前のティーセットを持ってきていたりする琴吹紬がお嬢様なのかという梓に、律は家には執事がいて、長期休暇では外国に行っている、と推測を述べる。
そして電話してみると、本当にその通りでした。
律の予想を遥かに上回るお嬢っぷり。

続きを読む "けいおん!-K-on!- #10「また合宿!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「開眼~龍の一撃」

武者巫女 トモエと元甲魔忍軍頭領 シズカを帝都ガイナスへと案内する荒野の義賊 リスティを見付けた流浪の戦士 レイナは、彼女から借りていたお金を返す。
お金を返すために旅をしてきたというレイナだが、リスティは冷たく対応。そんなリスティにレイナはクイーンズブレイドを申し込むも、一撃であっさりと弾き跳ばされてしまう。更なる攻撃をしようとしたリスティに、思わず目を瞑るレイナだが、既に勝負はついているとトモエが間に割って入る。
レイナを半端者と呼ぶリスティ。そしてトモエもまた自分の力量が判らぬ者がクイーンズブレイドに参加すべきではないと語る。
確かに、攻撃されて目を瞑るようでは戦士として失格だろう。あの攻撃だけで完全に戦意喪失してしまっているし。

そこに現れた歴戦の傭兵 エキドナ。
リスティは彼女にレイナを連れてさっさと帰れと告げるも、自分の雇い主はリスティではないと聞く耳を持たない。
連れ帰るつもりなら、とっとと連れ帰ってるよな。実力差から言えば、気絶させて連れ帰るなんて造作もない事だし。
クイーンズブレイド2戦目としてエキドナとリスティの激しいバトルが始まる。強い殺気がぶつかり合い、圧倒的な力を見せる2人に本物のクイーンズブレイドを目にしたレイナは驚愕する。
戦いの中、レイナが今のままクイーンズブレイドに参加すれば直ぐに死んでしまうと語るリスティに対して、エキドナはレイナが強くなるところを見てみたいのだと応じる。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「開眼~龍の一撃」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第11話「イン・ザ・ナイト・ビフォア」

バスカッシュの試合を重ねていくダン・JD、セラ・D・ミランダ、アイスマン・ホッティは、連勝を重ねていく。
彼らの勝利をココ・JDがネットにて報告。
バスカッシュでの活躍がかなり端折られた。2クールアニメなら、ここをもっと描いて色々とドラマ仕立てにしたり出来ただろうにな。
彼らの活躍を知ったファン達が、OCBリーグに招待して欲しいとの書き込みをネット上に大量にした事により、OCB事務局はダンたちの追放処分を撤回する。
OCB事務局からの招待状を受け取ったはるか・グレイシアは、タービンシティチャンピオンシップが開催されることになる。
ま、ジェームズは未だにダンに興味があるようですから、これを良い機会と思ったのかもしれないが。
セラは、タービンシティという名を聞いて複雑な表情を浮かべる。
セラの故郷なんですね。
しかしダンたちって以前のOCBリーグのオーディションではファウルを出しまくっていたけど、大丈夫なのか? 馬バスカッシュが盛り上がっている事で、ルールが緩和されているのかな。

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第11話「イン・ザ・ナイト・ビフォア」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

GOEMON(ネタバレあり)

 【ストーリー】

時は安土桃山時代。
戦国の世を天下統一に最も近く迫っていた織田信長が明智光秀の謀反で命を落とし、光秀を討った信長の一の家臣であった羽柴秀吉が天下統一を成し遂げ、時代はひと時の安息を迎えていた。
大店・紀伊国屋邸の金庫に忍び込む盗人がいた。紀伊国屋の主人・紀伊国屋門左衛門(六平直政)に気付かれる事無く、盗人が金庫に忍び込んでいた頃、紀伊国屋に豊臣秀吉の五大老の一人、石田三成が先の逆臣・明智光秀から預かった品が隠されているはずと押し寄せていた。
屋敷の金庫に押し入った天下の大泥棒・石川五右衛門(江口 洋介)は、気配を察知して抜け出すも、猿飛佐助(ゴリ)の書き記した屋敷の見取り図が間違っていたため、屋敷を調べていた兵士に見つかって追われる。
追っ手を躱しながら、町へと飛び出した五右衛門は、広場の前にある屋敷の屋根に立つと、盗んだお宝を人々にばら撒いて立ち去るのだった。

続きを読む "GOEMON(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #10「禁じられた安寧」

河合アメリは相変わらずダークサイド

チートすぎる泉戸裕理の力は泉戸ましろにも圧倒。もっとも、こんなのはぶっちゃけもうどうでもいいが。
鵺によれば、ましろの身体は既にガタが来ているようだ。もうじき消えてなくなるのか。
相変わらず名前しかわからないましろの過去の男。裕理はその男に似ているっぽい。裕理の祖先に当たる人物なんだろう。

如月美冬はいよいよ卒業間近。如月の親は政治経済にたいして力を持つ役職にあるようで、政治家や官僚か、超大企業の会長ってところか。
太転依(たゆたい)と人間の共存の行く末をみたいとの事ですが、そんな直ぐに答えの出る問題でもなかろう。
小鳥遊ゆみなが次期総代(ミレディ)……て、ミレディは指名で決定するものなのか?

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #10「禁じられた安寧」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

リストランテ・パラディーゾ #8 Qttavo「昔日」

フリオのターン!!

「カゼッタ・デッロルソ」で働き始めたフリオは、クラウディオに伊達眼鏡の老眼鏡を譲ってもらった事を妻のアンジェラに語る。
フリオがこの店にいると知れば、多くの若いシェフが詰め掛けてくるのではないかというクラウディオ。
老眼鏡だけでなく、自分に親切にするクラウディオに疑問を持つフリオに、同じシェフのテオは彼が以前からフリオの事を知っていたようだと語るも、フリオに覚えはなかった。
このタイミングではあの女性シェフのヴァンナは辞めてるんだね。フリオが入ってくるのと入れ替わりで辞めたのかな。というか、彼女が辞めるからフリオが雇われたと考えるべきか。

荷物を抱えていて足下の見えなかったニコレッタはフリオが落とした伊達眼鏡を踏みつけてしまう。
それがクラウディオから貰った眼鏡だと知り、更にショックを受けて落ち込む。
中庭で落ち込むニコレッタにクラウディオが付き合うのは定番となりつつあります。
若い頃はニコレッタ以上に散々だったというクラウディオの言葉を信じないニコレッタだが……
いや、普通に信じられそうなんだけど。
どう贔屓目に見てもダメオーラを放ってるし。
それにしてもニコレッタって、まだまかないも作らせて貰えてなかったのか。ま、シェフは下積み経験が長いですから仕方あるまい。
日本でもキャベツの千切り1年間とか、ジャガイモの皮むき1年間とかざらだしね。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ #8 Qttavo「昔日」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン 第9話「ハカナ過ギタ男」

昨日までは神童と呼ばれた男じゃのに、と嘆く板津豊は、干していた一着きりのズボンが風に飛ばされてしまう。そしてバンツは部屋を出る事を諦める。
一応、ズボンが無くなったから、引き籠もったというのは事実なんだね。
ま、本気でズボンが欲しいと思えば、ネット通販で買うなり、手段はいくらでもあるので、あくまで理由付けに過ぎないでしょうが。
彼がヤサグレた原因は判らないですが、東のエデンが企業化失敗した事と関係しているのかな。挫折を味わったのは間違いないと思うのだけど。

バンツはセレソン携帯の力を確かめるため、カープにメジャーの大型選手をトレード入団させる。これにより彼の作った世間コンピュータによれば、広島カープの優勝確率は99.8%となった。
セレソンNo-04近藤勇誠のノブレス携帯を調べる為、バンツは押し入れの中にある『秘密基地』のコンピュータで解析を始める。
アニメのコンピュータヲタクの超凄腕って必ずこういう場所があるよね。

続きを読む "東のエデン 第9話「ハカナ過ギタ男」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月10日 (水)

夏のあらし! 第10話「異邦人」

山崎加奈子に襲われ、エネルギーを吸い取られる嵐山小夜子。
ボウガンを突きつけられて動けない八坂一。
あらしを助けるため、動いた一に放たれたボウガンの矢だが、間一髪グラサンが助ける。
なんでこの人は日本刀なんて持ち歩いてるんだろうか。

本気で一を殺そうとした加奈子に、グラサンは契約の解除を宣言して加奈子と対立する。
人間離れした跳躍で木の上まで飛び上がった加奈子。
加奈子は男はいつも争いを生むという。そして男たちの戦争に巻き込まれ、自分たちは今のような姿になってしまったのだ、と。
男たちの始めた戦争に巻き込まれて死んでしまった事で、男性に対して嫌悪感を持っているのですね。これまで誰かと“通じた”事もないのかもしれないな。

続きを読む "夏のあらし! 第10話「異邦人」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第10話「気高き剣士」

オクタヴィアは幼き頃の夢を見る。
優しかった兄が命を落とす夢。兄の形見の剣を自らの武器とした。

オクタヴィアが目を覚ますと、ちょうどリアンノンが食事を持ってきていたところだった。
自分の剣を慌てて探すオクタヴィアに、リアンノンは良い剣だと微笑みながら彼女の剣を差し出す。部屋を覗き見ている子供達の姿に、リアンノンは彼らがオクタヴィアと友達になりたいのだと説明する。
だが、オクタヴィアは自分が帝国の兵士であり、友達などなれるはずがない言う。
リアンノンはアヴァロン城は地上に住む全ての人々の希望となるべく建てられたのだと語る。
「希望か……久しぶりに聞く言葉だ」
傷をリアンノンが治療したという事か。
子供たちは何でオクタヴィアに興味を持ったんだろうか。もの珍しいという事か?

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第10話「気高き剣士」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ 第10話「言霊之剣」

北条凪子は相変わらず世の中の動きに対して、我関せずで漬物を切ってます。
この人はなんでこんな傍観者のスタンスなんだろうか。
アトラスを出てきた時に、そうすると決めたのか? 何があっても自分では行動を起こさないと。

ドォモがかつて何者かの襲撃を受けた場所に、大量の草やキノコが生えている。
たぶん、見えない攻撃と関係あるのだろう。
実はミサイルではなく植物の種などを撃ち込んでいたのか?

北条國子をもう当てに出来ないというメタルエイジの人々だが、武彦は國子は凪子がメタルエイジ総裁を継がせるために連れてきた人物だから信じると演説。
凪子はメタルエイジを継がせるために、わざわざ連れてきたのか。

ドゥモにやってきたモモコとミーコと幼い國子は出会い、彼女の持つブーメランに興味を抱いた。
モモコって、この頃からほとんど変わってない……

続きを読む "シャングリ・ラ 第10話「言霊之剣」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 9日 (火)

黒神 The Animation Episode20「覚醒」

獅子神黎真との戦いに敗れたクロと伊吹慶太。
黎真と佐野茜は再び霊王石へと向かう。
彼らが何を成すのか、歴史を記す者であるナムは最後まで見届ける。

全ての発端は黎真とクロの見た夢。
彼女の見た夢とは《真神に仇なす者》の誕生を予見するものであり、同時にクロの手に浮かんだ紋章は真神の証。
獅子神一族は代々クロと同じ紋章を持つ者が誕生すると、殺してしまっていたらしい。
クロも殺される事を母親から聞かされ、獅子神一族に代々伝わるサウザンドで、かつて真神を封印したのと同じ最強の容量(テラ)を持つ人間《真神に仇なす者》の姿を目にする。
彼らの紋章って一人一人違うのか……それとも一族によって違って、クロだけが特別だったのか。
ともあれ、いちいち紋章の形にまでは注目していなかったなぁ。

続きを読む "黒神 The Animation Episode20「覚醒」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第22話「無敵の槍殻都市グレンダン迫る!」

通常はあり得ない一般都市と学園都市の戦い。
しかし都市の意志、すなわち電子精霊が望めばそうなってしなう。
学園都市ツェルニと槍殻都市グレンダンが戦えば、ツェルニにはまず勝ち目などない。
通常の都市が相手でも学園都市は勝ち目が薄いというのに、相手がグレンダンでは全く話にならない。
相手は天剣10人と女王アルシェイラ・アルモニスですからね。レイフォンがいても勝負は一瞬だろう。

念威でグレンダンの動向を調査するフェリ・ロス。
第1小隊長ヴァンゼ・ハルデイは誘拐事件の直後の彼女を働かせている事に驚くも、これはレイフォンを戦いに巻き込まない為、自ら買って出た事でした。
自分のせいでフォンフォンが怪我をしてしまった事を悔やんでいるのと、故郷である都市との戦いに巻き込みたくない、という想いがあるようです。
しかしカリアン・ロスはレイフォン・アルセイフと第17小隊に召集を掛ける。
カリアンは空にオーロラを見付けるが、それはかつてグレンダンで見たものと同じだった。
何か意味があるのだろうか。もしかして、ずっとグレンダン上空に存在している?
ディクセリオ・マスケインがいる世界なのか、それとも女王の力と関係しているのか。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第22話「無敵の槍殻都市グレンダン迫る!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」

魔神相剋者(アスラ・クライン)である加賀篝隆也からの誘いを断った夏目智春。
アニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クレウゼンブルヒが彼に連れ去られてしまう。
そこで急いで黒崎朱浬に連絡をとり、彼女と合流する事に。
水無神操緒は「彼を止めて」という声を耳にする。
相変わらずこうした謎の声を良く耳にするのですね。

加賀篝に連れ去られたニアは悪魔の犠牲の上で完成される分離機(スプリッタ)と呼ばれる機械を目の当たりにする。
ニアの姉クルスティナ・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クラウゼンブルヒはスプリッタを製造した事により、クリシィは衰弱仕切ってしまって結晶化が始まっている。
スプリッタを扱うには運喰らい(ラックイーター)確率制御能力が必要のため、ニアに犠牲を強いる。
ニアの力を利用するために、彼女をわざわざ攫ってきたのか。

続きを読む "アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 8日 (月)

おっぱいバレー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
女性のおっぱいに興味がある中学生の男子5人組。
平田育夫(木村遼希)、楠木靖男(高橋賢人)、杉浦健吾(本庄正季)、江口拓(恵隆一郎)、岩崎耕平(吉原拓弥)
彼らの通う北九州にある戸畑第三中学校に、新任女教師の寺嶋美香子は臨時教師として赴任してくる。
朝礼で大好きな『道程』という本について説明するも、育夫たちは「どうてい」という単語に過剰反応してバカ騒ぎする始末。

美香子は教頭(光石研)に男子バレー部の顧問を頼まれる事になる。
しかしこの男子バレー部こそが育夫たちの所属する部であり、まともに部活をしていなかった。
5人に女子との試合をさせようとするも、人数が足りないから無理だという育夫たち。そこに1年の城良樹(橘義尋)が入部希望してきたため、6人揃ってしまい試合をする事に。
だが、勝負は男子バレー部のストレート負けという有様だった。
あまりにも情けない試合にやる気を失ってバレー部を止めてしまう良樹。

続きを読む "おっぱいバレー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」

9つの世界の旅を終え、遂に光夏海(森カンナ)の世界に帰還。喜ぶ夏海に頼まれて写真を撮っていた門矢士(井上正大)は、この旅で自分が何を得る事が出来たのかと疑問。
突然現れた天才バイオリニスト紅音也(武田航平)は、彼らによって世界が救われたと言う。
彼に自分が得たものはなんなのか、問い掛ける士。
「お前の……生きるべき世界」
謎めいた言葉を残した音也は、光栄二郎(石橋蓮司)が夏海を呼んでみんなが気を取られている間に消えてしまう。
始まりが息子で、終わりが父親ですか。

夏海が高校時代の同級生で退学クラブ=TGクラブの仲間だった青柳和良(森陽太)、佐藤博彦(岩間天嗣)、坂田健児(坂本恵介)から電話があり、久しぶりに千夏(井端珠里)からと会う事になる。
「TGクラブ?」
「退学クラブの事です」
「退学クラブ……?
 ますます判らん」

首をかしげる士と小野寺ユウスケ(村井良大)だが、夏海によると高校を辞めれば何か面白いことがあるかも、と彼らなりの悩みを解消するために結成したクラブだという。
秘密基地とかまで作って、色々と痛々しいです。
士とユウスケも哀れそうに見てるし。

栄二郎が士の撮った写真を持ってくると、なんとピントが合っている。
栄二郎は前の写真の方が好きだというが、士は「完璧だ」と満足げ。
ピントが合うというのは、彼のいるべき世界の現れ、というのがセオリーですが……

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

侍戦隊シンケンジャー 第十七幕「寿司侍(すしさむらい)」

屋台の寿司職人・梅盛源太(相馬圭祐)は水槽に2体の折神を飼っています。

隙間センサーでアヤカシを関知して駆けつけたシンケンジャーですが、アヤカシの姿にはどこにもない。
志葉丈瑠(松坂桃李)は一瞬何かの気配を感じ取るも、すぐに見失ってしまった。
結局何も見つからずに帰還したシンケンジャーだが、突然『近日参上』という文字の書かれた矢文が撃ち込まれてくる。
6人目は決して字が上手ではないようです。

日下部彦馬(伊吹吾郎)は屋敷には強力な結界が張ってあり、アヤカシも簡単に忍び籠めないだろうというも、注意はしておくべきだろうという池波流ノ介(相葉弘樹)。
丈瑠が幼い頃に攻め込まれた時には、敵も相応の準備を整えて攻め込んできたという事か。
丈瑠は気を張りすぎないように、と注意するが、突然「何か」の気配を感じ取る。
何もないのに、丈瑠一人が気配を感じ続ける。
谷千明(鈴木勝吾)は丈瑠が矢文を意識しすぎているのではないか、と思うも、白石茉子(高梨臨)はアヤカシのいなかったセンサーの事が気になっていた。
こーゆー時に一番冷静なのはやはり茉子姐さんです。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第十七幕「寿司侍(すしさむらい)」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 7日 (日)

戦場のヴァルキュリア 第10章「吹雪の夜」

外が吹雪の山小屋の中で、ウェルキン・ギュンターとアリシア・メルキオットの2人は手榴弾を手にした帝国兵と睨みあいに。
アリシアは何故こんなことになってしまったのか、と悩む事に。

快晴の中、山の偵察に来ていたウェルキンとアリシアは、戦車も通れる事を確認すると、隊に合流しようと戻りかけるも、ウェルキンは吹雪が来る事を察知して山小屋に避難する事に。
ウェルキンが実はさぼりたいだけでは、と吹雪が来る事に疑問を持っていたアリシアだが、空はすぐさま黒雲で覆われて吹雪が吹き始める。
アリシアはウェルキンと来たおかげで吹雪の中、彷徨う事にならずに済んだと喜ぶ。
それにしても、何で隊長と補佐官が揃って偵察に来ているんでしょうか。普通に考えれば、別の人間がやるべき任務だと思うのですが。
ウェルキンらしく、山などは自分の方が得意だとかなんとか言い出して、アリシアはウェルキン一人を行かせられないとか言って付いてきたパターンでしょうか。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第10章「吹雪の夜」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

真マジンガー 衝撃!Z編 第10話「鉄壁! くろがね五人衆!」

3体の殺人アンドロイド ガミアQがくろがね屋を目差している頃、日本各地で機械獣が暴れ回っていた。
マジンガー軍団のバイオンβ、ダイオンγ、ミリオンαが機械獣との戦いに出撃するも、まるで歯が立たない。
弓さやかの乗るアフロダイAは、ローリィとロールの乗るミリオンαの向かっている名古屋へと急ぐ。
女中の菊ノ助を捕らえる事の出来ない兜甲児は、マジンガーZで出撃する事も出来ない。
錦織つばさは今どこかへ出撃しても、その間に他の機械獣が光子力研究所を襲撃するだろうと告げる。
相変わらず話にならないマジンガー軍団。
弱い、あまりにも弱すぎる……一対一ではどのみち勝てないのだから、どこか一カ所に集まって3対1で戦うとかの方がまだマシなんではないだろうか。それとも、それだと他の被害が多いから、どのみち勝てないなら、分散して少しでも被害を減らそうという考えなのか。
そもそもマジンガーZはまだ空も飛べないわけで、大阪や名古屋に行くのにいったい何時間かかると思っているのだろうか。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第10話「鉄壁! くろがね五人衆!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 6日 (土)

宇宙をかける少女 第22話「冥い旅路」

カークウッド共栄圏を助けるため、イモちゃんは自らの乗るポッドをウーレ人民共和圏と結託した月基地が放った反物質ミサイルへと突撃させて宇宙の塵となる。
カルフウルの箱に閉じ込められたまま何が起きているのかまったく判らない獅子堂秋葉を、カークウッドへの潜入にやってきた神凪いつきとウルが発見しました。

クサンチッペにとってもイモちゃんの突撃は衝撃的だったようで、ネルヴァリストが市民の被害が無かったと報告しているところで、ツッコミを入れてますね。

自分たちに牙をむけた人間を許さないネルヴァルは、粛正のために月へと赴いて攻撃する事に。

河合ほのかの襲撃中だった獅子堂高嶺を襲った獅子堂ナミは、意識を失ったままイグジステンズに保護されてカークウッドへと帰還途中。
高嶺は行方不明となったまま意識不明ですが、ナミに備わった特殊能力によってようやくネルヴァルの洗脳から開放されました。

続きを読む "宇宙をかける少女 第22話「冥い旅路」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲-Saki- 第9話「開眼」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
県予選決勝戦はこれまでと違い、各メンバーが半荘2回を行い、点数10万点の持ち越しは同じ。
話をちゃんと聞いていなかった片岡優希はタコスを1回分しか用意していなかった。と、言う事で須賀京太郎に買い出しに行かせる事に。
相変わらずパシリの京太郎は、のどっちよりも優希がお似合い。

清澄高校:片岡優希
鶴賀学園:津山睦月
龍門渕:井上純
風越女子:福路美穂子

優希はタコスを井上純に食べられてしまってガン泣き泣
お腹が空いているのかと思った福路美穂子が自分のお弁当を上げる事に。
タコスでなければダメな優希ですが、実はタコス以外にもタコの付く食べ物なら何でもOKで、お弁当に入っていたタコさんウインナーで勇気凛々。

続きを読む "咲-Saki- 第9話「開眼」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん!-K-on!- #9「新入部員!」

新歓ライブに感動して入部を決めた大望の新人・中野梓が軽音部に入部です。
ギターをやる彼女は激ウマで、平沢唯はいきなりの大ピンチビックリマーク

意気揚々とやってきた梓ですが、部活に来たら2年生たちはいきなりお茶会やっていました。戸惑いながらお茶会に参加させられてしまう梓。
更にやってきた顧問の山中さわ子先生まで普通にお茶会に参加。
自分が試されているのかと、自主練習を始めた梓ですが、さわ子に「うるさい!」とキレられる始末。
澪はさらりとさわちゃんの事を「変な人」呼ばわりです。
これでも軽音部以外には美人で優しくておしとやかな先生なんですけどね……
お茶会が軽音部の売りだと、おびえる梓を慰める田井中律。
そんなウリは今すぐ捨てろ。

温過ぎる律たちに「やる気が感じられない」とキレる梓は音楽室の私物化もダメだからティーセットを撤去するようにと言い出す。真っ先に反対するのがさわちゃん……
唯が頭をナデナデして宥める事に成功。
憂とかで年下の扱いが慣れてる? もしくは梓との相性がいいのか。
澪だけは梓の考えに賛同してくれています。

続きを読む "けいおん!-K-on!- #9「新入部員!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「赤心~武器屋と鋼鉄姫」

鋼鉄山では人間が安い鉄の武器を売り出しているため、武器の売れ行きが悪くなっている。
鋼鉄姫ユーミルは町へ向かい、安物ばかり売っている人間の武器屋を潰す為、人気の高い『武器屋カトレア』へと赴く。
武器屋ではカトレアが出払っており、店番を任されていたカトレアの一人息子ラナのところへ、歴戦の傭兵 エキドナが流浪の戦士 レイナの行方を尋ねてやってくる。
腰の蛇に気がついたらラナに、エキドナは自分の下着に興味あるかと問いかけ……
あの蛇はパンツだったのか。生ものを下着にしないでください。

レイナは光明の天使 ナナエルと共にボロボロになった武器を修理するため、町へ向かっていた。グズグズするナナエルの腰についていた聖乳の入った瓶をレイナが逆さにしてしまい、早くも残り僅かになってしまいました。
空を飛んでいるくせに、レイナより疲れるって……
レイナの刃こぼれしまくった剣を、偶然通りかかったカトレアが見かけて、声を掛けてくる。
超巨乳なおっぱい魔人現る。

続きを読む "クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「赤心~武器屋と鋼鉄姫」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第10話「ノンストップ・ジャンプストップ」

幼い頃、ココ・JDが自分のチョコバーをダン・JDが食べたと喧嘩を始めようとした時、若かりし頃のジェームズ・ローンが喧嘩よりももっと楽しい遊びを教えてあげると声を掛けてくる。
それこそがバスケットボールだった。
二人がバスケを始めた原因が実はジェームズだったという事ですか。この頃の彼は、まだ純粋にスポーツを好きだったという事かな。
ちなみにチョコバーを食べた犯人はスパンキー

町でバスケットボールの練習に励むエクリップスだが、ルージュは体調がいまいち優れない。
朦朧とする意識の中で、倒れそうになった彼女をスラッシュ・キーンズが支える。
ルージュの役に立つだろう、と贈り物と称したメモリーカードを差し出す。
スラッシュとルージュは共に月の有名人だから知り合いだったというところなのか。それにしても相変わらず神出鬼没なスラッシュ。

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第10話「ノンストップ・ジャンプストップ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

タユタマ -kiss on my deity- Episode #09「硝子の向こう」

Aパートはぶっちゃけあってもなくても良いお話。
空元気で泉戸裕理に接する河合アメリとかましろと鵺の妄想話とか。
温泉回が出来なかったから、妄想でやっておこうというスタッフの発想だろうな。
ところで、アフロは何故鵺を見る事が出来たのでしょうか。あの姿の鵺は普通の人間には見えないはずなんじゃ……ノリと勢いで作ったから、深く考えていないんだろうな。

寝ていた裕理の体が突然光りだして、ましろは驚いているものの覚悟を決めた様子があるので、退魔の霊能が無意識に体から溢れ出すほどに強まっている、というところか。で、それは太転依(たゆたい)の守護者であるましろにも影響を齎してしまうのかもしれないな。一瞬、上手く力を使えなくなってるし。
もしくは裕理自身が太転依になってしまうとか?

続きを読む "タユタマ -kiss on my deity- Episode #09「硝子の向こう」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

リストランテ・パラディーゾ #7 Settimo「特別な一日」

9歳になるルチアーノの孫フランチェスコ。
誕生日ケーキに一番大きなケーキを購入。
奥さんは既に亡くなっているらしい。

ニコレッタはマリーナとルチアーノの娘マルゲリータと仲良くなる。
翌日、フランチェスコの誕生日があると知ったニコレッタは、みんなで誕生日会をする事を思い付く。
ニコレッタだけが独身なんですね。
リストランテ「カゼッタ・デッロルソ」の面々も巻き込んでいきますが、ニコレッタはジジの考えが判るようになってきているようです。ジジの気持ちが判れば「見習い」としては一人前って、どんな基準ですか。

マルゲリータは計画のため、準備は全部自分でやるから、とルチアーノに予定よりも2時間後に来るように頼んでいます。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ #7 Settimo「特別な一日」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン 第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」

ジョニーが殺される夢を見た滝沢朗は「ジョニーーーーーー!」と、叫びながら目を覚ましました。
森美咲から白鳥に捕らえられていたのが大杉では無かった事を聞かされて一安心です。

ジョニー狩りとは無関係だった大杉。
鞄は無くしてしまい、内定研修という名の飲み会に誘い出されていたらしい。
まぁ、あのカバンがあって連絡がつかなくて、大杉が良く使用している掲示板に書き込みがあれば、春日晴男に疑うなという方が間違いだろう。
むしろそのままにして、何かあった時の方が問題なのだし。
平澤一臣たちは滝沢がジョニー狩りの居場所を突き止めたり、警察に咎められることなくビルから出る事が事に、まだまだ疑念が捨てられない様子。
彼が脱出できたのは、白鳥・D・黒羽がジュイスにあらかじめ脱出するための依頼をしてくれていたからのようですが。
白鳥はあのやり取りで滝沢の事を少し気に入ったというところかな。

続きを読む "東のエデン 第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

夏のあらし! 第9話「HERO」(ヒーローになる時、それは今)

アバンは伏見やよゐと山崎加奈子の物語。
指導者には決まった口癖が……しかしやよゐは倒れてしまいました。
内容は言われるまでもなく、アレしかないのですが。

賞味期限切れの鯖の刺身を過去に持って行って食べられるようにしろと言い出す。
しかも鯖とか魚介類の中でもトップクラスにヤバイ食べ物です。
きっと食べたら一は暫く出番が無くなる事でしょう。
半年前にまで遡ってみるように言うマスターですが、半年前には鯖はまだ元気に海で泳いでいる頃であり、そもそもマスターの理屈が正しかったとしても食べられるはずがない。
「はい、半年はさばを読みすぎです」
カヤさんの寒いギャグが炸裂した。
カヤにはギャグのセンスがない、と。

続きを読む "夏のあらし! 第9話「HERO」(ヒーローになる時、それは今)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第9話「襲撃」

木箱に閉じ込められたオクタヴィアに語りかけるリディアは、かつて本土で彼女に打ち負かされていた。

鉱山妖精ラスティの力で穴を掘り、町へと向かうアロウンとゲール族。
だが、間違えて帝国の基地の正面にまでやってくる。
アルサルはリベンジしたい気持ちを抑え込み、帝国軍の倉庫の品を密かに掠め取る作戦をとる事に。
スティが掘った土はどこに消えてなくなっているのだろうか。

リディアはオクタヴィアに簡単に敗北した過去があったらしい。屈辱で気が狂いそうだったものの、ルブルムに所属して戦いに身を窶す事で平常心を保っていた。
正義感の強く規律にうるさいオクタヴィアが上官に逆らったという事に驚きながらも、それだけこの街の軍が腐っているのだろうと判断したリディアは、いずれ自分たちが全て消し去ると笑う。
上官に逆らったオクタヴィアは、鉱山に運ばれて男たちの慰み者にされながら労役につかされる事となる。
ブブルクスが上に報告して、その結果処分される事になったという事か。オクタヴィアよりあの無能を選択する神聖帝国は底が知れるな。
だがそれ故に直接オクタヴィアに手を出すことの出来ないリディア。
性格が随分と捻じ曲がっています。しかもなんであんな喋り口調なんでしょうか。
何か偉い身分の人間の子供とかなのか?

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第9話「襲撃」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャングリ・ラ 第9話「天啓陽月」

「貧乏なクラリス、
 貧乏なクラリス、
 貧乏なクラリス!!!」

北条國子が脱出した事も知らず、仲間と共に穴を掘り続ける武彦。
やっぱり知らなかったんだ……まだ続いてました。

道路で遊ぶ美邦。
美邦はミーコに流れ星に表の世界に出たいと願いたいと言う。
警護に当たっていた小夜子は、更正センターを脱出した國子と山崎友香、そして彼女たちを出迎えたモモコを発見する。モモコに興味を持った小夜子は彼女を生け捕りにせんとする。
問答無用で発砲するとは……それに気付くモモコももの凄いな。
モモコは熱帯魚で働く前に特殊な軍隊にでも所属していたのか?

続きを読む "シャングリ・ラ 第9話「天啓陽月」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 2日 (火)

交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい(ネタバレあり)

 【ストーリー】

夜の裏山を進むレントン・サーストン
いつもは厳しいドミニク・ソレル先生が、何故か優しく誘ってくれた事が嬉しくて、幼馴染のエウレカと、妖精ニルヴァーシュと共に雪の積もる裏山を進む。
レントンには何故か他の人間には判らない妖精の言葉が判ると言う不思議な能力が存在していた。
そしてエウレカは太陽の光を浴びる事が出来ない特殊な体質の持ち主だった。
子供たち二人に、ドミニク先生が見せたのは、雪の中にひっそりと咲く花『雪月花』だった。この花が咲く時、虹色のに包まれ、何でも一つ願い事が叶うのだという。
彼らの前で花開こうした雪月花だが、花は咲くことなく、光を放って枯れてしまう。
ドミニク先生は、二人に雪月花の種を分け与えると、この雪月花の花が咲く丘を守って欲しいと願いを託す。
翌日、用事でワルサワ研究所を離れたドミニク先生は、二度と帰って来なかった。

続きを読む "交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒神 The Animation Episode19「千尋」

真神の力を欲するという獅子神黎真と何故か契約を結んでいる佐野茜。
三位一在(ドッペルライナー)を破壊するというクロと伊吹慶太は、茜が黎真に操られているに違いない、と戦いを挑む。

深い繋がりを見せるクロと慶太。一度は2人の力で黎真を追いつめるも、佐野茜との同期(シンクロ)がより深くなった事で、追いつめられる。
ここでようやく茜が自分の意思で黎真と契約している事が発覚。ま、そうだろうとは予想できていましたから、別に驚きもしませんが。

2人の戦いを見るナム
かつて人間と元神霊(もとつみたま)は深い繋がりを持っていた。それは同じ強大な敵を相手にした時だった。
今回は蔵木や黎真という巨大な敵を相手とするため、深い繋がりを築いたという事だな。

続きを読む "黒神 The Animation Episode19「千尋」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」

サリンバン教導傭兵団に誘拐されたフェリ・ロス。
フェルマウス・フォーアによって念威が妨害されているため、誰かに助けを求めることも出来ないようです。
ミュンファ・ルファが世話係をしています。
どうやらこれらは全てハイア・サリンバン・ライア一人の暴走行為のようだ。

ハイアが都市戦前にフェリを誘拐した事で、もしもツェルニが負けたら大変な問題になると反発する傭兵団の団員たちですが、どちらにしても傭兵団は天剣授受者が送られて来た事で既に用済みのため解散になるようです。ただし、普通の人々は報酬を貰って家に帰る事が出来るらしい。
いくら今回廃貴族の回収に失敗したとはいえ、一度のミスで傭兵団解散にまで追い詰められるのか。それとも、天剣を出向かせた、という事に問題があるのか。
てか、普通は傭兵団って独立組織が多いと思うのですが、サリンバン傭兵団は女王がパトロンになっているのか、
ハイアがこんな行動に出たのは、自分の意地のためのようです。
同じサイハーデン流の使い手としての意地か。

続きを読む "鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひぐらしのなく頃に 誓(ネタバレあり)

 【ストーリー】

昭和58年
鹿骨市雛見沢村。
前原圭一(前田公輝)は不思議な夢を見る。
それは自分が友人であり部活仲間である園崎魅音(飛鳥凛)と竜宮レナ(松山愛里)をバットで殴り殺し、自分も喉を掻き毟って死ぬという代物だった。
レナは圭一に殴られながらも、「レナを信じて」と微笑みかけるが、圭一は耳を貸さずに撲殺しまう。

圭一は魅音やレナ、古手梨花(あいか)、北条沙都子(小野恵令奈)や学校の生徒たちと共に、部活動を行っていた。
最後に圭一とレナが残り、一騎打ちの勝負となるが、勝負はチャイムによって引き分けとなってしまう。二人は「近いうちに決着を付けよう」と約束する。

レナの父親・竜宮保には新しい恋人ができていた。その恋人・間宮律子(矢部美穂)の事が好きになれないレナ。
律子は部屋の模様替えなどをして、父親と別れた母親との思い出の品も捨てられてしまう。
レナは誰にも相談せず、一人秘密基地であるゴミ捨て場に篭りきりとなる。

続きを読む "ひぐらしのなく頃に 誓(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」

運食らい(ラックイーター)に使えるドウター、イングリッドがいた事で、魔神相剋者(アスラ・クライン)の事件に魔神相剋者(アスラ・クライン)の姉クルスティナ・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クラウゼンブルヒがいるのは確定。
佐伯玲士郎は魔神相剋者(アスラ・クライン)が関与していた以上、夏目智春はこれ以上この事件に関わらないように警告する。
アスラ・クラインとは本来ならば拮抗する二つの力、機巧魔神(アスラ・マキーナ)と悪魔の力を併せ持つ者。ドウターとアスラ・マキーナで魔力を循環させる事により、魔力を限りなく増大させる事が可能となり、アスラ・マキーナを圧倒する力を持つ。
アスラ・クラインについてようやく説明がありました。とりあえず、圧倒的な力を持っていて、他の機巧魔神では全く歯が立たないほどになってしまうのか。

アスラ・クラインに尤も近い存在が智春。
第一生徒会・神聖防衛隊が嵩月奏を抹殺しようとしたのは、智春をアスラ・クラインにする可能性を持つ存在だったからのようです。
彼らが最初から智春がアスラ・クラインになる存在だと気付いていたのは、彼が1巡目の世界でアスラ・クラインになったから、とかなのだろうか。

続きを読む "アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 1日 (月)

天元突破グレンラガン キラメキ★ヨーコBOX 感想

そんなわけで購入しましたキラメキ★ヨーコBOX。

簡単に感想をば。

ヨーコを疑似アイドルに見立ててのDVDとCDのセット商品。
曲は全部で3曲です。とは言っても、1曲はカラオケバージョンで、もう1曲は曲のアレンジを変えたもの。
そんな訳でシングル曲としてもちょっと寂しい感じかな。

うち、1曲目の「S・t・a・r・S」のプロモーションビデオがDVDに収録されています。
映像はなかなか良くできていて、PVっぽい仕上がりにちゃんとなっています。
動きがよく動く。
ヨーコらしく、セクシー映像満載。

続きを読む "天元突破グレンラガン キラメキ★ヨーコBOX 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »