« ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第9話「襲撃」 | トップページ | 東のエデン 第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」 »

2009年6月 3日 (水)

夏のあらし! 第9話「HERO」(ヒーローになる時、それは今)

アバンは伏見やよゐと山崎加奈子の物語。
指導者には決まった口癖が……しかしやよゐは倒れてしまいました。
内容は言われるまでもなく、アレしかないのですが。

賞味期限切れの鯖の刺身を過去に持って行って食べられるようにしろと言い出す。
しかも鯖とか魚介類の中でもトップクラスにヤバイ食べ物です。
きっと食べたら一は暫く出番が無くなる事でしょう。
半年前にまで遡ってみるように言うマスターですが、半年前には鯖はまだ元気に海で泳いでいる頃であり、そもそもマスターの理屈が正しかったとしても食べられるはずがない。
「はい、半年はさばを読みすぎです」
カヤさんの寒いギャグが炸裂した。
カヤにはギャグのセンスがない、と。

ひだまり荘の住人を始め、沢山のキャラクターが今回は出てるな。

テーブルの「の」の字がカヤの書いたものだとようやくあらしたちに発覚しました。
60年前に掘った傷はずっとあった筈なのに、2人がこの前跳んだ時に始めて気付いた。
この傷は突然出現したのか、ずっと存在しているのか。
タイムパラドックスについて一は知識を持っていたようです。

一とあらしが60年前の空襲にあった人々を助けているが、一はその人物が元々死んでいたのか、それとも生きていたのか、その後どうなったのかも知らない。
あらしが助ける相手が生きているのか死んでいるのかは知らないが、なんとなく空襲で助けないといけない人間が判るらしい。

自分たちのいる元いた世界と、新しい世界が複数存在しているのか、或いは元いた世界が消えるのか、という好奇心を抱く一。
これらを解明すれば科学的な大発見となると意気込むが、科学的に証明されて誰にでも使えるようになれば、良くない事に使われるようになってくると感じるあらし。
誰かを助ける事で生まれてくる人間もいれば、生まれてこなくなる人間もいる。
あらしが助けた事で、もしかすると不幸になって人間だっているかもしれないわけです。
助けた人物が結婚して子供を生んだ場合、その相手と結婚した人物はもしかすると他の人と結婚して子供を作っていたかもしれない。その場合、いなかった時に生んだ子供はこの世から消滅してしまうわけですからね。

知的好奇心に興奮するあまり、あらしの地雷を踏んでしまった一。
マスターからは「最低野郎」と手厳しい評価をもらいました。。

いつも杉田と一緒にいる帽子の男性はどうやらただのモブキャラではなさそうです。
実は60年前の方舟のマスターとか?
マスターが生きているか死んでいるかも判ってないんだよな。

グラサンは頼りにならない、とやよゐは自分であらしの下へ行くという山崎加奈子。
自分と加奈子が永遠に生きる為、あらしが必要なのだという。
やよゐが倒れてしまった事で、いよいよ時間が無くなってきてしまったということだろう。

1985年にタイムトリップするあらしと一。
おもちゃ屋でゲームをする村田英雄と出会う。
彼はあらしが助けた村田三吉の子供だった。
しかも、これは子供時代のグラサンですよ。
英雄からあらしは彼があらしにあってお礼が言いたいと常々語っている事を知らされる。
涙を流すあらしは、嬉し泣きなんだろうな。少なくとも自分が助けた事で、心から嬉しがってくれている人がいるという事で。

夏の暑さも感じなくなっているという加奈子が、方舟にやってくる。
加奈子に手を触れられたあらしは、突然倒れてしまう。
あらしたちの方は加奈子たちの事を知らないのですね。

あらしたちは過去に飛ぶと存在が不安定になるのだという。
カヤは自分たちがは無理をすれば消えてしまう不安定な存在なのだと説明する。
存在を確定しているのは何なのだろうか。
何か強い意志とか、この世界との絆とかだろうか。

方舟のバイトを終え帰路につくあらしと一の前に現れた加奈子は、あらしの胸に手を刺して彼女の体からエネルギーを吸い取りはじめる。
あらしを助けようとする一だったが、目の前にボウガンを突きつけられて身動きが取れずにいた。
加奈子とやよゐは存在が不安定になりはじめている、という事か。
それを他の霊から吸い取る事で、存在を確立できるようだが、カヤではなくあらしである必要とかあったのだろうか。それとも、たまたま彼女たちが知っていたのがあらしだっただけなのか。

今回は加奈子が出ているので、やよゐの漫談。
指導者の口癖は「絶望したぁ!」
もちろん「さよなら絶望先生」ですね。

次回 第10話「異邦人」
方舟のバイトを終え帰路につくあらしと一の前に、山崎加奈子という女が現れた。加奈子は、なんとあらしの胸に手を刺すと、彼女の体からエネルギーを吸い取りはじめる。あらしを助けようとする一だったが、目の前にボウガンを突きつけられ、身動きが取れない。しかし加奈子にエネルギーを吸われ、どんどん弱っていくあらしを見て我慢できず、一は身の危険も省みず加奈子に飛びかかる。冷酷な目でためらいもなくボウガンの引き金を引く加奈子。ボウガンの矢が一に迫る! この絶体絶命のピンチを助けたのは、なんとグラサンだった。
(公式サイトより)

次回、グラサンが助けてくれるらしい。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第9話「襲撃」 | トップページ | 東のエデン 第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」 »

夏のあらし!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のあらし! 第9話「HERO」(ヒーローになる時、それは今):

» 夏のあらし!・第9話 [新・たこの感想文]
「HERO(ヒーローになる時、それは今)」 前回に引き続いての、賞味期限ネタ。そして、机の傷に、過去に助けた人。そこで生まれるタイムパラ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 3日 (水) 23時34分

» ◎夏のあらし!第9話「HERO」 [ぺろぺろキャンディー]
マスターは、腐ったサバの刺身をタイムスリップで賞味期限の前へもっていけば食べられるとまたいいだす。今度は、賞味期限よりずっと前へ持って行けば大丈夫になるというが、製造日前だから食べられないとつっこむ。カヤは「サバを読みすぎです」と駄洒落いう。ハジメちゃ...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 17時17分

« ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第9話「襲撃」 | トップページ | 東のエデン 第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」 »