« アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」 »

2009年6月 2日 (火)

ひぐらしのなく頃に 誓(ネタバレあり)

 【ストーリー】

昭和58年
鹿骨市雛見沢村。
前原圭一(前田公輝)は不思議な夢を見る。
それは自分が友人であり部活仲間である園崎魅音(飛鳥凛)と竜宮レナ(松山愛里)をバットで殴り殺し、自分も喉を掻き毟って死ぬという代物だった。
レナは圭一に殴られながらも、「レナを信じて」と微笑みかけるが、圭一は耳を貸さずに撲殺しまう。

圭一は魅音やレナ、古手梨花(あいか)、北条沙都子(小野恵令奈)や学校の生徒たちと共に、部活動を行っていた。
最後に圭一とレナが残り、一騎打ちの勝負となるが、勝負はチャイムによって引き分けとなってしまう。二人は「近いうちに決着を付けよう」と約束する。

レナの父親・竜宮保には新しい恋人ができていた。その恋人・間宮律子(矢部美穂)の事が好きになれないレナ。
律子は部屋の模様替えなどをして、父親と別れた母親との思い出の品も捨てられてしまう。
レナは誰にも相談せず、一人秘密基地であるゴミ捨て場に篭りきりとなる。

学校に来なくなるレナを心配する圭一たちは、沙都子の叔父であり保護者である北条鉄平と出会う。沙都子は彼の姿を見るなり怯える。
鉄平は以前この町にいて沙都子たちに虐待を行っていたのだ。

律子はレナの秘密基地にやってくると、レナの気持ちが判り、彼女に好きになって欲しい事などを語る。
だが、レナは彼女が北条鉄平というたちの悪いゴロツキと一緒にいる場面を目撃する。
律子は保をただの金蔓としか見ていないという事実を知る。

自宅に帰ったレナは、父親がこれまで貯めていた貯金をどんどん使ってしまっている事を知り、律子に騙されているのだと訴えかけるが、保はレナの言葉に耳を貸そうとはしなかった。

キャスト
前原圭一:前田公輝
園崎魅音:飛鳥凛
竜宮レナ:松山愛里
古手梨花:あいか
北条沙都子:小野恵令奈(AKB48)
入江京介:田中幸太朗
鷹野三四:川原亜矢子
大石蔵人:杉本哲太
知恵留美子:三輪ひとみ
富竹ジロウ:谷口賢志
間宮律子:矢部美穂

公式サイト:http://www.higurashi-movie.com/

 【感想】

原作『ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編』に相当する作品。
内容的にはもう1・2本作るつもりなのかな。

罪滅し編に該当する作品なので、ガラス片の上を裸足で歩いたり、首を掻き毟るシーンとか、痛々しい場面が多くて、個人的に苦手。
この撮影は秋に撮ったものなので、半袖を着ているものの実はかなり寒かったらしい。

鷹野によるオヤシロ様の祟り=隕石によって運ばれた寄生虫により蛆が沸く病気という話など、本格的なミステリーからファンタジー要素が加わってきたところが特徴的。
正直、この映画だけ見た人にはさっぱり何がなんだか判らないと思うし、面白さもほとんど伝わらないのだと思う。

北条鉄平は小物っぽさが出ていてよかったかな。

見ものはやはりクライマックスの圭一とレナの屋根の上でのバトルでしょうか。
実際に屋根に上って撮影したという話のようです。

配給は前回より大きくなったようですが、客の入りは……

個人的評価:65点


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらしのなく頃に 誓(ネタバレあり):

« アスラクライン EX009「存在するはずのない禁忌の存在」 | トップページ | 鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」 »