« 仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」 | トップページ | アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」 »

2009年6月 8日 (月)

おっぱいバレー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
女性のおっぱいに興味がある中学生の男子5人組。
平田育夫(木村遼希)、楠木靖男(高橋賢人)、杉浦健吾(本庄正季)、江口拓(恵隆一郎)、岩崎耕平(吉原拓弥)
彼らの通う北九州にある戸畑第三中学校に、新任女教師の寺嶋美香子は臨時教師として赴任してくる。
朝礼で大好きな『道程』という本について説明するも、育夫たちは「どうてい」という単語に過剰反応してバカ騒ぎする始末。

美香子は教頭(光石研)に男子バレー部の顧問を頼まれる事になる。
しかしこの男子バレー部こそが育夫たちの所属する部であり、まともに部活をしていなかった。
5人に女子との試合をさせようとするも、人数が足りないから無理だという育夫たち。そこに1年の城良樹(橘義尋)が入部希望してきたため、6人揃ってしまい試合をする事に。
だが、勝負は男子バレー部のストレート負けという有様だった。
あまりにも情けない試合にやる気を失ってバレー部を止めてしまう良樹。

呆れる美香子は、彼らが去年まで怖い先輩からイジメのようなことを受けており、まともに練習などしていなかった事を聞かされる。
バレーに対してやる気を見せない彼らに怒る美香子。育夫たちは「何でもしてあげる」と言ってしまった事を美香子に、試合で勝ったら「おっぱいを見せて欲しい」と言い出す。
美香子が勢いに流されて承諾してしまい、5人は不純な目的でやる気を出す事に。

美香子はなんとか約束を無かった事にしなければならない、と考えるも、この学校に赴任する前の学校である事件を起こし生徒からの信頼を失って、教師としての自信も失いかけていた彼女は、再び生徒との信頼関係が崩れるのを恐れて言い出せないでいた。

試合をするには6人必要のため、止めてしまった良樹の説得に家を訪ねると、父親の城和樹(仲村トオル)にはバレー部に入っていると嘘を言っていることを知る。和樹もまた元全日本のバレー選手であり、現在もコーチを続けている人物だった。

良樹がバレーにかける情熱が自分たちとは違うのだと知った育夫たちは、街に良樹を捜しに出かけるが、彼はタチの悪い仲間たちとつるんで遊んでおり、バレー部に戻るつもりは無かった。
同じように良樹を捜しに出た拓は、良樹が悪友と一緒にバイクを蹴り倒してしまって、持ち主の先輩に捕まる場面を目撃してしまう。

良樹が先輩に連れて行かれたと知った育夫たちは、最初こそ怖気づきながらも、育夫が飛び出して助けようとした事から、他の4人も必死になって先輩と戦う。
自分のためにやられながらも必死になる彼らの姿を見た良樹もまた彼と共に抵抗を試みる。
こうして、意気投合した良樹はバレー部に入る事になるが、彼もまた試合に勝てば美香子のおっぱいが見れる、という事を知ってしまう事に。

キャスト
寺嶋美香子:綾瀬はるか(中学時代:大後寿々花)
堀内健次:青木崇高
城和樹:仲村トオル
バレー部の先輩:石田卓也
美香子の元カレ:福士誠治
美香子の恩師・原田の妻:市毛良枝

戸畑第三中学校男子バレー部
平田育夫:木村遼希
楠木靖男:高橋賢人
杉浦健吾:本庄正季
江口拓:恵隆一郎
岩崎耕平:吉原拓弥
城良樹:橘義尋

草間理恵:小島藤子
戸畑第三中学校教頭:光石研
竜王中学男子バレー部コーチ:田口浩正


 【感想】
あんな美人な先生とおっぱいを見せてもらうと約束してもらえば、中学生も張り切らざるを得まい!! 惜しむらくはそれほどボインな女性ではなかったという事か。
物語は序盤はチームを強くするために、あれこれと頑張り、終盤で問題が起きる、というお決まりの展開です。
仲村トオルの「ナイスおっぱい」には笑った。まさか知っていたとは。

美香子は序盤は男子バレー部が勝っておっぱいを見せるのは嫌だが、負けて欲しくもないという葛藤を持ちながらも、バレー部を鍛えていく。
彼女の抱えている問題は、現代ならそれほど大きく問題視されなかったのではないかとも思うが、問題視されてしまった結果、トラウマを作る原因となったのだね。
中学生とかは一度裏切られると、ずっと引きずってしまったりするかなぁ。

序盤は凄くまじめにバレーに取り組んでいた城良樹が、バレー部に加わってからはほとんど同レベルになっているのは、やはり彼も「男の子」だったという事だろうか。
というか、なんでアレだけ真剣にバレーをやっているなら、私立のバレーの強い中学を目指さなかったのだろう。
父親の意向なのか、学力に問題があったのか。

恩師の原田先生は良い人です。
本の事は、自分の本だったのだろうというのは直ぐに予測がつきますね。てか、そんな毎日毎日忘れ物の本があるわけがない。
原田先生自身も悩んでいた。そんな先生のたった一言が美香子の人生に大きな影響を与えた。
教師という職業の難しさ、そして大切さをうかがわせる良い作りになっていたと思う。

凄く感動するわけでも、特別凄い作品でもないと思うが、良い作品ではあるな、と。

個人的評価:70点

おっぱいバレーオリジナルサウンドトラック/佐藤直紀
¥2,625
Amazon.co.jp
綾瀬はるか in おっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック <テレビタロウ特別編集> (TOKYO NEWS MOOK (通巻149号))
¥1,260
Amazon.co.jp
おっぱいバレー (Linda BOOKS)/水野 宗徳
¥1,260
Amazon.co.jp

|

« 仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」 | トップページ | アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おっぱいバレー(ネタバレあり):

« 仮面ライダーディケイド 第20話「ネガ世界の闇ライダー」 | トップページ | アスラクライン EX010「刻の鎖につながれて」 »