« 鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」 | トップページ | シャングリ・ラ 第11話「古鳥無幻」 »

2009年6月16日 (火)

黒神 The Animation Episode21「神変」

1人が甦れば、必ず残り2人も甦る。
人間に三位一在(ドッペルライナー)システムの呪いを掛けた真神。
その一人はクロであった。
獅子神黎真は真神の掛けた呪いの因果を断ち切る為、真神を倒すべく佐野茜と共に立ち向かう。

クロの中の真神は未だ覚醒していない。
黎真はただクロを救う為だけに、母親を犠牲として大地の封印を解き、全ての霊石の破壊を行い、復活した真神を倒そうとしていた。
プニプニはクロの中の真神を感じて怯えまくる。
覚醒はしていなくとも、クロの中に感じ取っているのか、それとも以前に一度覚醒しかけたクロの中の真神に怯えているのか。

滅ぼした筈の人と元神霊(もとつみたま)が生きていると知った真神は再び全てを滅ぼすために戦いを開始。

プニプニをナムに託したクロは決着をつける為、伊吹慶太と共に戦いの場へ。
しかし慶太は黎真を助ける事が気乗りしないようです。結構器量が狭い。
灼熱と氷結、二つの圧倒的な力で黎真に襲い掛かる真神だが、これを耐えきった黎真は超越(イクシード)『千尋獅咆』を放つ。
真神の攻撃をはね除け、身体を貫いたイクシード。
クロと戦った時とは比べものにならないほどのパワーを見せるが、真神を倒すには至らない。
クロとの戦闘はまだまだ本気ではなかったのですね。クロを殺さないため、全力を出さないようにしていたという事か。
逆に2人の真神の攻撃に、茜が窮地となるも、クロが間一髪これを救う。だが、茜はこの戦いにクロや慶太は関係ないと、早く立ち去るように告げる。
てっきり真神に近づいたら、それだけクロの覚醒が早まるとかかと思ったけど、どうもそういう訳ではないらしい。

自分たちの攻撃に耐える黎真が“神”かと問い掛ける真神に、黎真は自分は真神が本当の神でないように、自分もまた神ではないと応じる。
黎真によって復活の時を歪められた真神は、本来の力の幾ばくもないのだと語る黎真。
サウザンド『アイオライド・アビス』により、茜が溜め込んだ容量(テラ)を受けた黎真は更なる強力なイクシードを放つ。
「我が力よ、真神どもを……消し去れぇぇぇぇぇぇ!」
黎真のイクシードが遂に真神の肉体を粉砕する。
だが、自らを不死なるものと呼ぶ真神は、光となって再生を始める。再生が完了する前に決着せんとする黎真。
最強の名は伊達ではなかったですが、真神は不死身なんですね。だからこそ、昔も倒せずに封印するに留まったのでしょうが。

戦いが終われば全ての呪縛が解けると信じて、茜は黎真と契約した。クロと慶太の命を救う為に、ドッペルライナーシステムを消す為に。
その時、突然の雷撃が黎真に襲いかかる。
雷を放ったのは覚醒を始めたクロだった。
クロの属性はか。
ナムとかも注意して見ておきましょうよ。何時目覚めても不思議ではなかったのだし。

これまでとは雲泥の差の力を発揮するクロ。
黎真がクロを仮死状態としたのは、クロが真神となるのを防ぐ為だった。
クロと戦う黎真。更に再生を完了した残り2体の真神も戦いに加わってくる。3人の真神の攻撃の前に苦戦する。
どうやら完全な状態で、というのはパワーの事ではなく、3人が揃わない状態という事のようだ。三位一体だから、全てが揃った時に本来の力が発揮されるという事なのか。

真神は本来の一つの姿へ戻ろうとする。
慶太は止めるようにクロに呼びかけるも、その声はクロに届かない。
と、揶雲と北条水華魅、更にエクセルと小暮里央奈が駆けつけて、真神の復活を阻止するために戦うも、彼らの力だけでは如何ともしがたかった。
次第に真神の力に押される彼らは、遂にその力の前に倒されてしまう。彼らの傷つく姿に、声を張り上げる慶太の声が、クロへと届く。
炎と氷の真神は、自分たちの中に神以外の者が混ざり込んでいる事に気付く。
最後まで役に立たない子だった揶雲。てっきり彼が命を捨てて目覚めさせる展開があると思ったのに、結局は慶太頼みか。
それでも死なないのは凄いけどな。

慶太が突然意識を失う。
クロと出会って良かったという慶太。
慶太とクロの心が触れ合う。
「何時までもクロのままでいてくれ、俺と出会った時のような」
これはアレか、クロ×慶太のフラグ?
確かに、出会った頃のクロはなんか食べてるイメージしか無かったよな。

クロとしての意識を取り戻したクロは、真神としての力をも取り込み、慶太との同期(シンクロ)を再開する。
人と契約したクロを神ではないと認識した2体の真神はクロを殺すために襲い掛かる。
クロはこれに対して、イクシード『滅牙得救世(メガエグゼ)』『犠我得救世(ギガエグゼ)』を連発。
それでも尚倒れない真神は、契約者である慶太を狙ってくる。
窮地に立たされる慶太を間一髪救ったのは黎真だった。
何故助けたのか、ってクロの契約者だからだろう……彼が死んだらクロも死んでしまうし。

真神に雷撃を放つクロ。
「テラは満ちた。
 伊吹慶太……クロの事、礼を言う」

黎真はイクシード『超尋獅咆』で遂に真神を滅ぼす。
黎真が放ったのは真神の膨大なテラによる再生力を、自らのテラを道連れに奪う究極のイクシードだった。それ故に、それを放った黎真の命は……
そんな技があったのですね。修行などで身につけた技なのか、それとも生まれついて彼が持っていた技なのか。技がノーマルバージョンと同じだから、生まれついて持っていたものなのかもしれないな。

黎真は消えゆく命の中、自分と共に生きたいと願った魁音寺雪に侘びの言葉を呟く。
究極の契約者を手に入れるため、彼女を利用していた事を悪いとは思っていたんだね。まぁ、これぐらいしてくれないと、雪が浮かばれないよな。

再生力を奪う攻撃なので、まだ真神は完全消滅しておらず、もう一度だけ復活してくるらしい。
やはりラストはクロvs真神なんだね。

Next Episode「運命」
真神の力を得たクロは慶太とシンクロし真神に闘いを挑む。
黎真のイクシードによって再生能力を失った真神は、 肉体をひとつに融合させ新たな力を手に入れる。
闘いの終わりは間近、クロ・慶太は真神を打ち破り、 全てに決着をつけることが出来るのか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」 | トップページ | シャングリ・ラ 第11話「古鳥無幻」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation Episode21「神変」:

« 鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」 | トップページ | シャングリ・ラ 第11話「古鳥無幻」 »