« 鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」 | トップページ | 交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい(ネタバレあり) »

2009年6月 2日 (火)

黒神 The Animation Episode19「千尋」

真神の力を欲するという獅子神黎真と何故か契約を結んでいる佐野茜。
三位一在(ドッペルライナー)を破壊するというクロと伊吹慶太は、茜が黎真に操られているに違いない、と戦いを挑む。

深い繋がりを見せるクロと慶太。一度は2人の力で黎真を追いつめるも、佐野茜との同期(シンクロ)がより深くなった事で、追いつめられる。
ここでようやく茜が自分の意思で黎真と契約している事が発覚。ま、そうだろうとは予想できていましたから、別に驚きもしませんが。

2人の戦いを見るナム
かつて人間と元神霊(もとつみたま)は深い繋がりを持っていた。それは同じ強大な敵を相手にした時だった。
今回は蔵木や黎真という巨大な敵を相手とするため、深い繋がりを築いたという事だな。

2人の戦いを感じる揶雲は小暮里央奈に自分が弱いからだと、自分が役立たずだと嘆く。
まぁ、確かにその通りなんですが、今更自覚したのかという感じで。

2人とも清き処から出て行けと言い出す茜。
茜こそ唯一無二のマスタールートであり、人間としての限界を超えたテラを持つ。
何故彼女がそんな特別な存在なのか、とか理由が説明されたりするのかどうか……そもそも彼はその事を何時知ったのでしょうか。

クロのテラは彼女たちのだけのものではないと気付き始める慶太と黎真。
慶太は嫌な感じを受けながらも、敢えて無視です。
クロのテラの正体を見抜いた黎真はイクシードを放つ。

テラを循環する者たちは契約を解除される事はなく、死も共有する事になるようです。
茜さんは同一人物とは思えない程、慶太が死にそうなのに無反応

クロと慶太の未来を見たくなったと感じていた黎真だが、二人は敗れた。
後戻り出来ない道に踏み行ったという黎真と茜。
茜は惚れていた慶太を殺してもやるほどの理由がある、という事なのか。涙の一つも見せないし。

結局、何故茜が黎真の契約者になったのか、どのような経緯でなったのかなど、さっぱり不明のままです。
黎真はクロの中に真神がいると気付いたから戻ってきたわけではないのか?

今回の話の何が千尋なのかと思ったら、シンクロの深さが凄く深いと言いたかったのか。
一瞬、人の名前かと思ったよ。

Next Episode「覚醒」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」 | トップページ | 交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい(ネタバレあり) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation Episode19「千尋」:

« 鋼殻のレギオス 第21話「奪われたフェリ」 | トップページ | 交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい(ネタバレあり) »