« 狼と香辛料Ⅱ 第2話「狼と嵐の前の静寂」 | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 第16話「発掘! 戦闘頭脳ケドラ!」 »

2009年7月18日 (土)

咲-Saki- 第15局「魔物」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
副将戦、前半戦。
半荘オーラスで原村和のパーフェクトゲームを阻止した上、逆転のトップに立った龍門淵高校 龍門淵透華。しかし鶴賀学園 東横桃子のリーチに気付かず、単純な振り込みをしてしまう。
それは存在感マイナスのため、彼女のリーチや捨て牌に一切気がつかないという恐ろしい体質故だった。

オープニングが新しくなりました。
新オープニングテーマ「bloooomin'」Little Non

Watch Saki OP2 bloooomin in ã�¢ã��ã�¡  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

後半戦も同じく透華はステルスモモのリーチに振り込むという開始。
何が起きているのか、本人すら判らない。
「まだ、これからっすよ」
笑うモモ。
和が前半戦同様に早い手作りでリーチを仕掛けてくる。
即座に下りる風越女子 深掘純代と透華。
おっぱいさん、相変わらずチョーシいいっすね。
 でも、もうこっちも下りないっすよ」
だが、モモは自らの体質故に危険牌を捨てる。
おっぱいさん呼ばわり……この作品で和は常におっぱいしかないような扱い……

「もしこれが当たり牌でも、あなたは見逃すっす。
 その時点でフリテン確定
 ……何故積もらない。
 まさか!?」
見えないはずの牌に対して、和は迷うことなく和了する。
ステルスモモが振り込んだ事に驚愕する加治木ゆみと蒲原智美。
「彼女の中では“ありえないこと”なのかもしれないわね」
これまでの様子から、何かを察していた竹井久は、モモの驚きっぷりを不思議がる片岡優希にそう語る。
ステルスモモ、15話開始早々にその能力が破られてしまいました。

「私の捨て牌が見える……見えないんじゃ」
「ん?
 見えるとか、見えないとか。
 そんなオカルトありえません。
 私からはハッキリ見えます」
宮永咲の存在によって合宿で本来の力をリアル麻雀でも手に入れた和は、リアル麻雀さえもデジタルの画面として知覚してしまっていた。
ステルスモモビックリの特殊能力というか、本当にこの娘の方がオカルトです。
デジタル画面のような扱いだから、気配があろうが無かろうが、場の捨て牌は普通に見えてしまうわけだ。これが合宿前なら、こんな特殊能力は身につけていなかったのでしょうけど。
強烈な運気でカン出来たりする咲よりもよほど人外です。

「この人にとっては、相手の気配があろうがなかろうが、関係ないって事っすか」
始めて自分の能力が通じない相手と対戦する事になったモモを心配するゆみ。
「私のステルスが効かない。
 じゃあこの人とはガチの麻雀っすか……」
心配するゆみを智美が宥める。
「それならそれで、いつもより楽しめそうっすね」
ゆみがモモを欲しがったのはステルスモードがあったからではない。
彼女の純粋な打ち筋に惚れ込んだからだ。
モモや和は、自分の後ろに続く者たちのために、戦い続ける。
元々、モモが欲しいと叫んだ時には、ゆみはネットでしか対戦していないから、彼女のステルスモードの事は知らなかったわけだしな。普通に打っていて、決して弱い訳ではないのでしょう。そしてモモも純粋に麻雀での勝負を楽しめるようになったみたいだ。
ちなみに、このモモのステルス能力には一つだけ疑問が残る。
それは捨て牌に気付かないのに、何故下手は自分の番だと判るのか、という事。上手が捨てているかどうか判らないなら、普通は打てなくなってしまうんですけどね。
まぁ、それを言い出すとネタがダメになるのですが。

最後は深掘が安手で和了って副将戦終了。
透華は自分が目立てないまま、副将戦が終わってしまったショックで真っ白に。
後半戦は和とモモの一騎打ちとなったものの、終盤には深掘と透華も辛うじて反撃を見せた事で、大きな点差がつく事なく終了した。
透華、まさかの活躍無し。目立ったのは、前半戦の一回だけでした。
抜け出た魂まで、妖怪アンテナついてますね。

副将戦の結果、再び順位が変動。
 1位 清澄高校  114900
 2位 鶴賀学園  102600
 3位 龍門淵高校 101200
 4位 風越女子   81300
透華がまさかの苦戦で、順位を落としてしまい、去年の優勝・準優勝が今年初参加の2校に追い抜かれる展開。

そしていよいよ大将戦。
清澄高校は咲の出番となる。
廊下ですれ違った咲と和はハイタッチで選手交代。
今更じゃれつく必要がないというところでしょうか。

モモはゆみに和だけは抜く事が出来なかったと残念がるが、ゆみは副将戦で尤も高得点を得たのがモモである事を指摘。
去年の県大会優勝校と準優勝校、そして中学生大会のチャンピオンを相手にしての活躍に、一番だと褒める。
「先輩……大好きっすー!」
抱きつくモモに照れるゆみ。
実は一番の高得点だったモモ。最高得点を上がった透華から、連続であがっているから、透華の得点は吸い出された感じになってるのね。
それにしても、ゆみも「ここでは」ダメなんだね……ココじゃなかったらいいわけか。

意気消沈で控え室に戻ってきた透華に、井上純は目立たなかったな、と指摘。
沢村智紀も副将戦で一番高い役を上がったのに、と。
怒り心頭の透華を国広一が必死に慰める事に。
純はともかくとして、ともきーまで揃って火に油を注ぐ様な事を言うとは、予想がです。二人は透華を元気づけるために悪態ついたかどうかは不明。

・大将戦
清澄高校  宮永咲   1年生
鶴賀学園  加治木ゆみ 3年生
風越女子  池田華菜  2年生
龍門淵高校 天江衣   2年生

衣って、全国大会で最高得点を手にしているんだね。
ただ、龍門淵は全国大会優勝とは呼ばれていないので、それでも負けているという事。
優勝校はやっぱり宮永照率いる西東京なんでしょう。個人戦の事しか雑誌には書かれていませんでしたけど。

控え室に戻ってきた和を出迎えた久たち。
そこには中学の後輩である夢乃マホと室橋裕子も来ていた。
優希は同じ先輩である自分への応援はどうした、とマホたちに食って掛かる。
まぁ、そうだよな。何故か須賀京太郎も巻き添え。相変わらずラブラブです。
どうでも良いが、本来関係者以外は入れないんでは……久が和の後輩という事で、話をつけて通して貰ったのだろうか。

これまで席順をどうやって決めているのかと思っていたけど、牌を捲って決めてたんですね。意外と普通だ。
試合会場にやってきた咲。池田華菜やゆみを見て、若干緊張していたところに、最後にやってきた衣を見てビックリ。
同じように中継を見ていた和も、咲の対戦相手が自分にエトペンを届けてくれた相手だと驚く。
久と染谷まこは衣が16歳で和たちよりも一つ年上の上に、実力は一つどころの差でないという。
咲は先ほど感じた悪寒が衣ではなかったのか、と不思議がる。
どう見ても子供ですが、咲たちより年上です。和もまさか自分よりも年上の対戦相手とは思わなかったのでしょうが、よくよく考えれば関係者以外立ち入り禁止の場所に、小学生とかいるわけ無いですから。

このまま清澄がトップを守り抜くのかというアナウンサーに、藤田靖子プロは衣が何もせずに終わるはずがないと語るも、もう1人普通では無い者がいた事を思い出す。

大会のデータを纏めていた西田順子は、取材拒否をする衣のデータが集まらずに嘆き、やむなく風越女子のデータを収集する事に。
だが山口大介は咲が宮永照と関係する人物かもしれないと指摘する。
意外と鋭い山口。カメラマンだけに、被写体を目にする洞察力には長けているのかもしれない。
離婚はしていないのだから、調べれば姉妹だという事は判りそうなんだけどね。

龍門淵の面々は、清澄の大将が自分たちが廊下ですれ違った衣と同じ気配を纏う相手だと気付き、牌譜を見ていた福路美穂子も魔物が1人ではなく2人なのだと気付く。
久があの和を副将にして、わざわざ大将を任せる人物なんだから、ただものの筈がない。

開始早々、咲は嶺上開花 (リンシャンカイホウ)ツモで和了り、池田やゆみはいきなりの手に驚く。
2巡目、高い手をはる池田は確実な和了りのため、ダマテンをとるが、同じくテンパイとなった咲は池田の和了牌である牌を切らず、八索の地獄単騎
だが、それは彼女にとって悪待ちではなく、カンできる待ち手。
咲はカンからのリンシャンカイホウツモで再び和了る。
まさかの連続リンシャンカイホウ。普通にこんな上がりあり得ませんよ。1度だって滅多に見れない上がり手なのに。
幸いなのは、どちらも他の手に絡んでないから、大きな上がり手にはなっていない事だろうか。
池田は開始早々から涙目

咲の打ち回しに驚く池田とゆみ。
だが、ゆみは次の手順で、敢えてドラの刻子を崩す。それは咲が槓する事を呼んだ上で、槍槓するための布石だった。
滅多に見る事のない、槍槓(チャンカン)に場内は騒然。
咲はこれまでチャンカンを受けた事がないのかな。
槍槓とは、明槓した手に対して、ロン上がりする手の事です。
槍槓なんて、私もリアルではお目に掛かったことはありません。ハンゲで一回だけ喰らった事はあるけど。しかもダブルロン……あれはあり得なかった。

エンディングも新しくなりました。
新エンディングテーマ「四角い宇宙で待ってるよ」宮永咲(植田佳奈)、原村和(小清水亜美)、片岡優希(釘宮理恵)、竹井久(伊藤静)、染谷まこ(白石涼子)

Watch Saki ED3 I wait in square space in ã�¢ã��ã�¡  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
ミニキャラの海水浴。
歌は相変わらず麻雀に関係するもの。咲は浮き輪していますが、泳げないのか……
今回は清澄以外の面々も登場。
ミニキャラでも和と咲は百合なんだね。

滅多にあがれないチャンカン。今回ゆみがあがれたのはただの偶然でしかなく、次にあがれるのは何時かは不明。だが、恐怖を植え付けておく事が目的だった。
そしてもう1人の怪物は未だ静か佇んでいた。
この時点ではまだ大人しい衣は、様子見です。

次回 第16局「結託」

次回は咲がチャンカンに萎縮してしまい、代わって衣が本領発揮を始める。
これに、他の三校が結託して立ち向かうことになるも……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい
.

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 狼と香辛料Ⅱ 第2話「狼と嵐の前の静寂」 | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 第16話「発掘! 戦闘頭脳ケドラ!」 »

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/45666961

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 第15局「魔物」:

» 咲-saki- 第15局 [アミューズエイド]
 [画像] のどか:ロン!リーピンドラ2の8,000点ですわ モモ:私のステルスが・・・・・見破られたッスか!?  [画像] モモ:くっ・・・・・  [画像] モモ:やはり、自分より大きい人にはステルスが利かないんッスね 重戦車:おいどんは原村どんと大きさが変わらないから、東横どんには振り込んでないでごわす のどか:やだっ・・・・・もしかして胸の話ですか? とーか:・・・・・・・・・・・・・・・(へんじがない・・・・・ただのしかばねのようだ) ... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 20時28分

» ◎咲-Saki-第15話「魔物」 [ぺろぺろキャンディー]
副将戦のメンバーまとめておくと風越女子は、深堀須美代(チャングムにでてきそうな感じのキャラ)竜門渕は、竜門渕透華(学園の理事長の娘のお嬢様)鶴賀学園は、東横桃子(ぼかしが入ってた謎の女子高生)清澄は、原村のどか(説明するまでもないが、おっぱい大きいキャ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 23時11分

« 狼と香辛料Ⅱ 第2話「狼と嵐の前の静寂」 | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 第16話「発掘! 戦闘頭脳ケドラ!」 »