« うみねこのなく頃に episode I-Ⅱ 「first move」 | トップページ | ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第15話「カンディド」 »

2009年7月15日 (水)

シャングリ・ラ 第15話「迷走敗退」

石田香凛は台湾のヘッドリースに成功したと喜ぶが、張(チャン)は彼女の国が大変な事になっていると忠告する。そんなチャンの言葉に耳を傾けようとしない香凛とクラリス・ルッツ。
メデューサはチャンの考えは危険だと彼のアクセス権を制限してしまう。
「甘い事を言っていたら、お金儲けなんて出来ないんだから」
チャンの忠告を無視し続ける香凛、のっけからピンチの匂いがプンプンと。
調子の良いときほど、注意しなければいけないのだけど、カーボニストとして頭は良くても、その辺がまだ判っていないのだね。

北条國子の下に武彦から連絡が入り、政府の奴らがやってくれたという。そこに駆けつけてきたモモコ。。
有毒ガスが発生して、互いに相手によるガス攻撃ではないかと疑心を抱く。
化学兵器は条約違反であるため、重い炭素指数を課せられることになるという。

鳴瀬涼子は街頭ビジョンから北条國子たちメタルエイジに対して、第3勢力のがある事を示唆し、撤収するように勧告する。
第八層を丸ごと潰しても良い、と涼子が脅しをかけてくる。
セルゲイ・タルシャンが国連司法裁判所の仲裁人として姿を現し、安全の保証と引き替えにメタル・エイジへ武装解除を提示する。
「私を、私たちをここまで追いつめたのは、どこのどいつだ!!」
そう啖呵を切る國子だが、協定に応じて撤収命令を出す。
納得出来ないメタル・エイジのメンバーだが、國子は日本が国際社会から孤立させると、地上の人々に迷惑が掛かると、みんなに頭を下げる。
結局、お金を消費して、犠牲を払って、何も出来ずに撤収するしかなくなってしまったメタル・エイジ。
國子としても辛い選択。1人なら、戦い続けるのだろうが、今の彼女は総裁ですからね。

まだ納得出来ない兵士に、一番辛いのは総裁だと説得した武彦は、國子を捜す。
武彦は1人の少女の後を追いかける。
鳥居を潜ると、「とうりゃんせ」の歌声が聞こえて、不思議な空間に辿り着く武彦。
「聞いてないぞ、こんなところ。
 どういうことだ、鳴瀬涼子!」

武彦が行き着いた先には数多くの靴があり、その中に彼が妹・康子にプレゼントした小さな赤い靴もあった。
妹が生きている事を一心に信じ続けていた武彦は、妹の死を知って慟哭する。
やはり武彦は涼子に内通していたんだね。全ては妹を見つけ出す為だったのだろうか。
しかしおそらく彼女は水蛭子の生贄のために殺されたとかなのかな。
あの少女の幽霊らしきものは妹だったのか?

何者かによるヘッドリースの妨害を受けた香凛たち。
クラリスは相手がチャンである事を報せると、香凛は「私やメデューサを舐めないでね」とチャンとの対決を決意する。
チャンは香凛を諫めるために行動を起こしたんですね。

ただ帰るのはしゃくだから、とアトラスの町を見物することにした國子とそれに付き合うモモコ。
が、警備兵に見つかって追いかけられてしまい、思わず逃げ込んだのは草薙国仁の家だった。
怪しい者じゃないと苦しい弁解をする國子だが、モモコは怪しい男に追われていると咄嗟に嘘を吐く。
國子は基本的に嘘はつけない体質のようだ。
てか、あんな姿でうろついていれば、そりゃあ職質にもあうよな。

自分と一緒に病院に運ばれた筈の海軍兵を見舞いにやってきた国仁だが、ナースにそんな患者は入院していないと伝えられて呆然とする。
国仁が見舞いに行くとか考えていなかったのだろうか。
もしくは、別に知られたところで大した問題ではないと考えているのか。

自分たちがオカマで、給料も運んで貰えない酷い所で働かされたというモモコ。
國子までオカマ扱いです。しかも胸がツルペタのため、納得された!!
戦争の報道を見た国仁の母・草薙治子は、何故戦争をするのかと不思議がる。
地上の人々も待っていれば順番にあがれるという母。
母親は地上についての真実とかを全く知らないのだろうな。
地上の人々が本当に順次アトラスに入れると信じているのだろうけど……

チャンとの勝負に敗北し、石田ファイナンスは倒産してしまう。
北条凪子がチャンに資金協力をしていたのだ。
メデューサにより、炭素以上と現実に大きな開きができはじめている事に危険を感じていた。
チャンを賢い子だと褒める凪子。
チャンは今後出番があるのだろうか……
クラリスは香凛にもう炭素市場には近づかないとお別れを告げる。
修道院に入るとか言っていますが、本気!?
こんなもので負けない、と。
香凛は資金調達のため、日本政府の国家資金を狙ってゼウスへとハッキングを開始。
メデューサによるハッキングの報告を受けて、タルシャンは最高機密の外部流出を防ぐ為に、ゼウスの初期化を指示するが、涼子たちはゼウスを守る事を最優先としてタルシャンに反逆する。彼が優秀なカーボニストを育ててメデューサを生み出した事を嗅ぎつけていたようです。
「うあああああ、大蛇が、大蛇が扉を開けよった。
 御霊を……御霊を守るのじゃぁぁぁぁぁぁ!」

悲鳴を上げる水蛭子。
全てはゼウスの計画を白紙にするためのタルシャンの策略だったという事なのか。
それともまだタルシャンには裏があって、涼子たちが自分の計画に感づいている事も計算で行動しているのか……

アトラスの最高機密を知ってしまった香凛だが、そこに今木烈音が香凛の部屋に踏み込んでくる。が、香凛は一歩早く脱出に成功していた。
香凛、遂に外に。
ディグマ0、カナリアが香凛を外に出してくれていたおかげですね。
そうでなければ、香凛は抜け出す事は出来なかっただろう。
香凛は果たしてこれからどこへ……やっぱり秋葉原

国仁が自宅に帰宅すると、そこには筑前煮を食べようとしている國子とモモコの姿が……
しかし国仁は海軍兵士の事で頭がいっぱいで、部屋に引き籠もり。
國子は凪子の写真があった事をモモコに話す。帰りたくなかったのはそれだけではなく、アトラスの人々の暮らしを見たかったから。
國子は大嫌いな人参もちゃんと食べている。
ここにいる人も地上の人々も変わらないのだと知った國子。
国仁は國子にブーメランを返却する。
「どうしてあんな風に戦える?
 お前は揺らぐことはないのか!?
 大事なものを信じられなくなって迷ってどうしたらいいか分からなくなって……
 俺は、俺はもう……」
「しょっちゅうだよ。
 迷いっぱなしだよ、私も」
ディグマ2とディグマ3の迷いの末に選ぶ道はなんなのか。
国仁は海軍兵の事で政府が嘘を言っていた事で、政府に対する不信感が芽生え始めたのだろう。無論、それだけでなく、ここまでにもいくつかの事が重なって、今回の事が引き金となったのでしょうが。

美邦の月宮殿へとやってきた烈音たちは、美邦を守ろうとするミーコの逮捕を宣言するのだった。
突然のミーコの逮捕。その罪状はなんなのか。
モモコの開放の事か。
いずれにしても、美邦の周囲を空にしてしまおうという所だろうか。

次回 第16話「狂乱樹獄」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« うみねこのなく頃に episode I-Ⅱ 「first move」 | トップページ | ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第15話「カンディド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャングリ・ラ 第15話「迷走敗退」:

» ◎シャングリ・ラ第十五話「迷走敗退」 [ぺろぺろキャンディー]
クニコたちは、毒ガスを巻かれる。そして、クニコとリョウコは話をしする。毒ガスを巻いたのはアトラスじゃなかったようだ。そして、クニコたちは国連の無茶な協定に応じて退却する。クニコは、アトラスの居住ブロックへいくが、そこで警察に見つかって逃げる。そこで、た...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 20時47分

« うみねこのなく頃に episode I-Ⅱ 「first move」 | トップページ | ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第15話「カンディド」 »