« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

大正野球娘。 第4話「これから」

小笠原晶子は練習試合の日以来、学校を休み続けて、『櫻花會』の練習も中断。
しかも尾張記子が新聞部との掛け持ちはやはり無理だと抜けてしまう。
練習試合までは良いムードだった野球同好会も、今ではすっかりと暗くなってしまいました。

再びメンバー探しが必要となるも、晶子の事が気になる鈴川小梅はお見舞いに。
小梅の着物姿が実にちゃんと描かれている事にびっくり。
お見舞いの品は商店街名物の鯛焼き
タイ焼きなどがまだメジャーではない食べ物なんですね。しかもベッドの上で食事をするのが行儀悪いというお嬢様っぷりです。

続きを読む "大正野球娘。 第4話「これから」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第18話「メモリー・オブ・ユー」

彼はかつてアイスマン・ホッティから左手と左足を奪った男プライス。
賞金稼ぎプライスはダン・JDに襲いかかる。
「さあ死になさい。
 伝説と共に」

振り下ろされる刀だが、アイスマンのデストロイボールがプライスの攻撃を止める。
「アイスマン・ホッティ……ロックオンです」
アイスマンは自らがプライスを相手をして、ダンを地上へと向かわせる。
アイスマン、ちゃんとビックフットを持ってきていたのですね。
ファルコン・ライトウイングの方は持ってきていませんでしたが。
ここでアイスマンの過去との決着という事になるようだ。

「運のいい男。この私の刀の錆になれ」
「ああ、確かに。今日の私はついている。
 プライス、再びあなたに会えたのですから」
アイスマンは襲いかかってくるプライスの攻撃をジャンプしてかわすと、ボールを投げるがそれはいつものデストロイボールではなかった。同じ光を放ちながらも、螺旋を描いて上昇するバスケットボール。
アイスマンの投げたボールは突然落下してプライスのビックフットへと襲いかかる。

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第18話「メモリー・オブ・ユー」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

涼宮ハルヒの憂鬱 第18話「エンドレスエイト」 パート7

おかしい……おかしい……おかしい、何かがおかしい。
何となく高校休日の試合を見ていたキョンに掛かってきた涼宮ハルヒの電話。
「キョンくん、でんわ~」
テレビを見るときは、部屋を明るくして離れてみましょう。
いつものパターンで始まった7回目。まさかのエンドレスサマーラスト!?

と、なるかどうかを乞うご期待。
え? 誰ももう期待していない?

市民プールへキョンと古泉一樹の自転車で向かうSOS団。
失った時間は取り戻せない……なので、時間は大切にして放送してください。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第18話「エンドレスエイト」 パート7"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月30日 (木)

プリンセスラバー! 第4話「薔薇と靴」

有馬哲平の事が頭から離れず、良いデザインを考えつかない鳳条院聖華。

哲平が何気なく口にした「こけない単車」を本当に開発させた藤倉優。
さながら起き上がり小法師のように倒れない単車を作った研究員だが、哲平は「キモイからやだ」と乗ることを拒否。

自分主催のパーティが思いつかないでいる哲平。
部長でありながら社交部にあまり顔を出さない聖華。彼女はセイント・ローズというファッションブランドのモデル兼デザイナーでもあった。
てか、社交部って普段はお茶を飲むだけの部なのか?
セイント・ローズの新作デザインの発表会で、学友から話しを訊きたいという事で、社交部から根津晴彦をやむなく選択していた。
他にも男子学生がいたのに、何でよりによってコレ?

続きを読む "プリンセスラバー! 第4話「薔薇と靴」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANNAN (428 the animation) 第四話「呉れ泥む」

カナンが双子の兄を殺した事で、彼女を拒絶してしまった大沢マリアはホテルの部屋に引き籠もり。カナンが普通の女の子だと思っていたのは、自分の思い上がりだと自己嫌悪。
カナンはカナンで大切な友達を失う恐怖から、怒りをぶつける矛先を探すことに。

カナンの回想。
幼いカナンが村を殲滅された後、偶然見つけたシャムに拾われることになり、彼に戦いのいろはを叩き込まれた。カナンというのは本名ではなく、シャムが彼女につけた仮の名前らしい。
家族を失ったカナンにとって、シャムは家族同然だったようで、彼女の腕の刺青もシャムに合わせて彫ったものでした。しかしそのシャムはアルファルドによって殺害されてしまった。
シャムはカナンに憎しみで戦わないようにと言い聞かせていたものの、シャムに続いてマリアまでもアルファルドの傘下である蛇によって失いかけているという事で、アルファルドに対して憎しみを募らせていき、彼女の下へ。

続きを読む "CANNAN (428 the animation) 第四話「呉れ泥む」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宙のまにまに 第4話「夜明けまで」

梅雨も明けて快晴。飛行機雲にはしゃぐ明野美星。
「天気良いけど、あっついねぇ」
「じゃあくっつかないでください!!」
「くっつくなぁ!」
大八木朔の教室にきて、彼に張り付いていた美星に、激怒する蒔田姫。
梅雨時の生ける屍の状態とはまるで別人です。そして相変わらず、朔の教室に入り浸りなんだな。

年増先輩に怒り心頭の姫は、友達に愚痴を漏らす。
が、友達たちは朔と美星が付き合っていると信じ切っており、朔のファンの娘たちも朔に年上の彼女がいる事がステータスになっていて、それを含めて好きになっていると笑う。
姫、明らかに報われてない。

合宿をするのだという路万健康たち。
文化部なのに合宿できるという事に驚く朔や姫だが、審査は運動部より厳しいも可能なんだという。ただし天文部の問題はフーミンに嫌われているということ。

続きを読む "宙のまにまに 第4話「夜明けまで」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第17話「友のために」

ガイウス率いる神聖帝國アルビオン方面遠征軍による攻撃に晒されるアヴァロン城だが、必死の抵抗を続けて未だ城内への侵入を許していなかった。
彼らの抵抗ぶりに、ガイウスたちは彼らが援軍を待っているのかもしれないという。
城内では、帰還したオクタヴィアとモルガンがアロウンに面会をするも、傷の治療が終わっているはずのアロウンは未だ昏睡状態にあって目覚めようとはしていなかった。
リアンノンはそんなアロウンが待っているのかもしれないと呟く。
オクタヴィアたちもまさかアロウンがこんな状態とは思っていなかったんだろう。

血の海に立つ夢を見るアロウン。彼の前にアロウンを「息子」と呼ぶミルディンが姿を見せる。
彼はアロウンが忘れてしまっていると告げる。
最初に黄金の時代があり、大いに栄えたが、時が過ぎて黄金の時代が終えた。
白銀の時代も繁栄の後には水底に沈み、青銅の時代が訪れた。
そこでアロウンが見たのは争いの果て、死に絶えた妖精族の姿。
彼らが何を求めて立ち上がったのか考えるように告げるミルディン。
アロウンは彼らのために、自ら12精霊となった。
「ミルディン……オレは間違っていたのか」
アロウンもまた戦いの意義を求めて、心が彷徨い続けているため眠り続けているのですか。
大勢の人々を犠牲にしてまで、戦う必要があるのか、という迷いが生じているのか。今の彼には昔ほどの力が無くなっているというのも大きいのだね。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第17話「友のために」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

咲-Saki- 第6巻 レビュー(ネタバレあり)

「そろそろまぜろよ」
「やはり卑怯者かもしれないな」
「脱いでもいいですか?」
「もう、一切合切 烏有に帰せばいい!!」

7/25土曜日に購読した。

まさに『花天月地』の様相となった第6巻。
うわー、まさかの大将戦決着付かず。7巻に先送りなので、アニメの方が先に終わりそうだ。
池田の浮上とかが良い感じですが、やはり池田は不幸……
6巻終了時点の点数差から考えると、ラストは咲が衣に対して、役満直撃で逆転というパターンでしょうか。

続きを読む "咲-Saki- 第6巻 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ 第17話「暗夜抗路」

北条國子に背後から銃を突きつけた武彦。
「何してんの……ねぇ?」
問いかける國子に、武彦はこうするしかないのだと言う。
國子が自分のことも判っていないという武彦は、彼女がAAAだからだと言う。
武彦はAAAという事まで知っていたのか。
何も判らないで監視につけられていたわけでもないんだね。

同じ頃、ゼウスの情報を引き出して逃亡した石田香凛は、國子や草薙国仁、美邦がアトラスランクAAAの人物という最重要機密を入手していた。
アトラス公社にとって大切なのは彼女たち3人だけであり、その他の人々に対するアトラスランクでのアトラス移住はただの餌に過ぎない。

続きを読む "シャングリ・ラ 第17話「暗夜抗路」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

うみねこのなく頃に episode I-Ⅳ 「blunder」

絵羽と秀吉に死にショックを受ける譲治は、犯人に対する強い憎しみを抱く。
夏妃は部屋を警察が来るまで、現状維持のままで封鎖する事に決定。
その時、強烈な臭いが漂ってきて、嘉音と熊沢チヨが見に行くことに。

真里亞はこれがベアトリーチェが人間には不可能である事を証明したのだと笑うが、戦人は不謹慎だと真里亞にゲンコツを落とす。
相変わらず壊れている真里亞。
絵羽と秀吉の部屋の扉に書かれていたのは月の一の魔法陣という事。
自分の母親が殺されているにも関わらず笑っている真里亞に、朱志香は犯人を知っていて庇っているのではないかと考える。
確かに母親を殺されたのに、いくらベアトリーチェの存在を信じているからと言って、笑っていられるのは不自然と感じても仕方無いこと。
譲治は19人目説を浮上させるものの、戦人はまだ18人の中に犯人がいる可能性を捨てていないようだ。死んだ人間はみんなが顔を潰されているので、別人と入れ替わっていても判らないというわけだ。
しかし彼の理論には、殺人の動機というものがまるで考慮されていないよね。
財産目当てなら、使用人まで殺す必要はないのだし。

続きを読む "うみねこのなく頃に episode I-Ⅳ 「blunder」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #004「試される心」

マリンを心配するワリン。
サムはそのうち帰ってくるというが、ワリンは海の様子の異変を感じ取り、胸騒ぎを覚えていた。
しかしサムが一番パチンコと印象違うよね。パチンコのサムはもっとマッチョだし。

嵐の夜。
ウリンはこのまま空も海になれば良いとか危険発言。
窓なんて開けたら大惨事です。
マリンは海も島も大好きだが、宮守夏音は良い思い出がなくどちらも嫌いだという。
振られた事を思い出して邪悪オーラを発しているし。
夏音は前回で空の巫女をする決心がついたのかと思いきや、またやる気無くしてる?
指輪をマリンに預かってもらおうとする夏音だが、マリンはカレイに貰った大切なものだからと拒否。
指輪はウリンが預かることに。
彼氏がカレイって、なんで魚類扱い……判らない単語は知っている単語に変換されてしまってるのか。

続きを読む "うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #004「試される心」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

懺・さよなら絶望先生 第4話「余は如何にして真人間となりし乎/祝系図/ドクトル・カホゴパート2」

■前巻までのあらすじ
いや、ここはもう気にしたら負けだろう。
とりあえずネタをたのしんどけ、みたいな。

■×の悲劇
梅雨時におろしたてのの白いスニーカーを履く日塔奈美。
一旧さんは六月のオープンカー。
TPOを弁えなさいよ!
てか、一旧さん、とりあえずフードはしとけ。

六月の花嫁がTPOを弁えていないっていうのが、これから結婚式を迎えようという人々に対してTPOを弁えていないと小節あびるに突っ込まれる糸式望。
ジューンブライドは、この時期に結婚式が少ないから、6月の花嫁というネタを作った。土用の丑の日とか、バレンタインと同じですね。
私は別に悪いとは言わないけど、そーゆーのも。

続きを読む "懺・さよなら絶望先生 第4話「余は如何にして真人間となりし乎/祝系図/ドクトル・カホゴパート2」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月27日 (月)

仮面ライダーディケイド 第25話「外道ライダー、参る!」&第26話「RX!大ショッカー来襲」

○第25話「外道ライダー、参る!」
ディエンド・ドライバーが奪われた事で、シンケンジャーの世界に誕生してしまった仮面ライダー(?)
この世界にライダーが誕生したのは門矢士(井上正大)のせいだという鳴滝(奥田達士)は、士が世界に拒絶されているのだと語りだす。
いや、だからライダーが誕生したのは大樹のせいですからね
しかし光夏海(森カンナ)は士がいたらいけないのか、とキレた

烏賊折神を返そうとしない大樹に、士はディエンドドライバーとの交換を提案。
しかし大樹は承諾しようとしません。
駄々っ子か、君は……
そもそもモヂカラないと使えない、そんなものを盗んでどうしようと……

夏みかんはどこの世界でも拒絶される士の事で心痛め始めた。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第25話「外道ライダー、参る!」&第26話「RX!大ショッカー来襲」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

侍戦隊シンケンジャー 第二十一幕「親子熊(おやこぐま)」&第二十二幕「殿執事(とのしつじ)

今回は二週分です。

■第二十一幕「親子熊(おやこぐま)」
海東大樹(戸松公人)に烏賊折神を盗まれてしまった梅盛源太(相馬圭祐)は大樹を追跡。
が、メインではそれらには軽く触れる程度。
本命は千明父です。
ちゃらんぽらんで軽いノリの父親・谷蔵人(菊池健一郎)が尊敬できないでいてる谷千明(鈴木勝吾)。
白石茉子(高梨臨)姐さんに悪口を言っていたら、出てきた。親子揃ってパンケーキ好き

千明にあまりちゃんと修行をつけて、侍らしく育てなかったのは早くに亡くなった嫁が千明には明るい子供に育って欲しいと願っていたからだと判明。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第二十一幕「親子熊(おやこぐま)」&第二十二幕「殿執事(とのしつじ)"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月26日 (日)

戦場のヴァルキュリア 第十七章「精霊節の贈り物」

ダルクスの歌を歌いながら、精霊節の贈り物である人形を作るイサラ・ギュンター。ラマール・ヴァルトが相変わらずツンデレ。
誰にやるのか気が気でないようです。
ウェルキンで無いという事は、ラマール……ではなく、ロージーでしょう、もちろん。
マルベリー海岸を進んだ先、岩礁を挟んだ上にある敵陣の破壊が今度の義勇軍の攻撃目標。
意味があるとも思えない基地への襲撃、しかも明らかに危険な任務で、ゲオルグ・ダモンは第七小隊に戦陣を切らせるつもりだとエレノア・バーロット中隊長は説明。
完全に第七小隊は盾ですね。ダモンは正規軍を後から進軍させるつもりなので、相変わらず成功すれば自分が手柄を立てるつもり満々のようです。

部屋を出てため息をついたところを、イレーヌ・エレットとアリシア・メルキオットに見られるが、アリシアの怒りは収まっておらず「ギュンター少尉」と明らかに他人行儀な呼び方。
イレーヌがやってきたのは、マウリッツ・ボルグ宰相がダモンと良く密会している情報を掴んだからのようです。
彼女は危険なところに首をつっこむつもりのようだ。
ボルグはまだあきらめてなかったのだね。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第十七章「精霊節の贈り物」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

化物語 第肆話「まよいマイマイ 其ノ壹」

「蝸牛の迷子」だと言った八九寺真宵について確認するため、阿良々木暦が忍野メメに電話すると、彼は『迷い牛』であると説明する。
なぜかひたぎがこの時点で一緒にいませんが、それは本編で判るでしょう。

予想通りに来ました、新オープニング。
「帰り道」 歌:八九寺真宵(加藤英美里)

やはりそれぞれのキャラクターの第2話で、各キャラクター専用のオープニングが差し込まれるようだ。歌は基本的にキャラソンなんだね。歌詞はmeg rockが作ってるのか……
このクオリティのオープニングなどを毎回作り替えていくシャフトの能力の高さには脱帽です。

テキストで暦が春休みに吸血鬼に襲われて吸血鬼になった事や、通りすがりの仮面ライダーメメに助けられて、その結果人間に戻れた事。ただし、月に一回血を吸われて、視力などが異常に高まる事などが説明された。

続きを読む "化物語 第肆話「まよいマイマイ 其ノ壹」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

真マジンガー 衝撃!Z編 第17話「共闘! 危険な過去への旅!」

バードス島でケドラを恐れたDr.ヘルたちがケドラを始末していたところへ、バードス島の司令官ゴーゴン大公が復活を遂げて現れた。
Dr.ヘルが発掘した柱がバードス島から上がり、ゴーゴン大公の一撃を受けたブロッケン伯爵は体を鞭で一刀両断にされてしまった。
Dr.ヘルはゴーゴン大公を殺害しようと、巨人兵たちに命じるも、元々がミケーネの兵士である彼らへの命令優先順位はもちろんゴーゴン大公の方が上。
ま、この辺は予想通りの展開です。
Dr.ヘルもそれぐらい予想できても良さそうなものなんですが。

ゴーゴン大公を乗せた柱は、なんと光子力研究所のすぐ側に出現しました。
え? バードス島と熱海は地下で繋がってたのですか……とゆー事は、この地下を進めばバードス島へ行き着いていたわけで……てか、そんな近くにあるなら、光子力研究所への襲撃はもっと楽に出来たのでは。
生き延びていたケドラはマジンガーZの攻撃をかいくぐって、柱に融合。さらに光子力研究所へと浸食を開始。
地下にあるジャパニウム鉱石へと手を伸ばす。
ジャパニウム鉱石は光子力と超合金Zの下となる鉱石であり、さすがの錦織つばさもピンチを感じています。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第17話「共闘! 危険な過去への旅!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

咲-Saki- 第16局「結託」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
大将戦、東2局1本場。
3度目となる嶺上開花 (リンシャンカイホウ)を行おうとした清澄高校 宮永咲だが、鶴賀学園 加治木ゆみによる槍槓(チャンカン)で咲の上がりを阻止する。

・大将戦
清澄高校  宮永咲   1年生
鶴賀学園  加治木ゆみ 3年生
風越女子  池田華菜  2年生
龍門淵高校 天江衣   2年生

再び槓子ができた咲は暗槓しようとするが、鶴賀の手に国士無双の可能性に怯えて、逃げに走ってしまう。そんな咲の打ち手に、彼女が厄介だと聞いていた龍門淵高校 天江衣はがっかりする。
「乏しいな、闕欠乏したよ。
 そろそろ御戸開きといこうか」
本気をのぞかせる衣に、恐怖を覚える咲。
咲はおトイレを我慢……
普段から漏らしてとしか思えない映像はたくさんありますけどね……
衣はこれまで咲という相手の様子を伺っていただけなんですね。ここで咲が国士など恐れずに打てれば、衣も認めたのでしょうが。

続きを読む "咲-Saki- 第16局「結託」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月25日 (土)

狼と香辛料Ⅱ 第3話「狼と埋まらない溝」

クラフト・ロレンスが慌てて向かったのはローエン商業組合。
フェルミ・アマーティがローエン商業組合で、ホロの借金を自分が肩代わりして、彼女に結婚を申し込みたいのだと主張していた。
ホロは修道女を名乗っているが、何処の教会にも属していない事まで調べ上げていました。
しかも他の商人たちが囃し立てて賭けまで始まっています。
トレニー銀貨1000枚を翌日までに揃えるという契約に、ロレンスはサインしてしまう。
「借金を肩代わりしたぐらいでは、私のツレはなびきませんから」
自信満々に自分に賭けた商人達に宣言するロレンス。
無駄に負けフラグを立ててます。
ギ・バトスはアマーティが借金に当てがあるようだと忠告。
それはあまり褒められたものではないようだが。
こーゆー警告を真摯に受け止められないようでは、ロレンスはまだまだ甘いという事。

続きを読む "狼と香辛料Ⅱ 第3話「狼と埋まらない溝」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大正野球娘。 第3話「娘九つの場を占めて」

読書会という理由で朝早くから家を出た鈴川小梅は、男子学生と激突。
荷物や握り飯を上手くキャッチしています。何時の間にこれだけの運動神経を身につけていたのか。てか、サッカー部並みのリフティングを披露しています。
走り去った小梅が落としたハンカチを拾った青年。
「そうか……春なんだ」
おまえの頭もな。
小笠原晶子、石垣環らによって倶楽部の名前が『櫻花會』と決定したと発表されました。
欧州に倣って女性の社会進出を率先する『欧化』と掛けているらしが、あくまで建前。正式な部になれば、部費やら練習場やら色々と融通が利くからのようです。
正式な倶楽部として認めてもらおうとしたものの、大口先生は大反対。
学業に影響って、他の部活もそれなら同じだと思うのですが……

続きを読む "大正野球娘。 第3話「娘九つの場を占めて」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第17話「ジャイアント・ステップ」

「オレはバスカッシャー、ダン・JDだ!」
デッドボトムに落ちて謎のビックフットによる跳弾による攻撃。
ダン以外で初めて跳弾を使う男が現れた。
ダンはこれを正面から受け止める。
「テメエのガッツは……オレが、受け止めてやるぜ!」
ボールを受け止めたダンの心に反応するように光る鉱石。
ダンが伝説の男である証でしょうが、この鉱石が何か意味があるものという事か。

相変わらず女王様としてアルバイトを続けるフローラ・スカイブルームが仕事を終えてシャワーを浴びていたところで、セラ・D・ミランダが後ろからチチ揉みました
胸のサイズはそこそこあるらしい。手のひらサイズだとか。
セラは両刀ですか?

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第17話「ジャイアント・ステップ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

涼宮ハルヒの憂鬱 第17話「エンドレスエイト」 パート6

下馬評では終了フェーズ候補その1である6回目。
DVD収録ならば、辛うじて2巻分で収まるとの理由からですが、果たして6回で終わるのかどうか。
では、行ってみましょう。

もはや見なくても判るぐらいにいつもの展開。
何となく高校野球の試合中継を見ていたキョンに下に涼宮ハルヒから電話が掛かってくると、水着と十分なお金を持って、自転車で駅前に集合するように一方的に告げられるところからスタート。

小泉、市民プールに到着前から浮き輪をふくらませていますよ……
どんなけはしゃいでるんだよ。
市民プールがいつもと違う感じの外見。
ハルヒの水着が凄いセンス。
長門有希はなんと競泳用水着。
いつも通りにデジャブを感じるキョンと古泉一樹。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第17話「エンドレスエイト」 パート6"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年7月23日 (木)

プリンセスラバー! 第3話「剣と舞踏会」

有馬哲平vsシルヴィア=ファン・ホッセン
決闘の噂は瞬く間に広まり、二人はフェンシングと居合い術で対決。
勝負は相打ちに見えるも、シルヴィアの勝利
僅差以前に、抜刀術で刀身が相手の胸にあんな形で当たる事は有り得ないですよ。普通に考えたら、刀は相手の脇腹に当たっていないとおかしいかと。あんな状態では相手を斬り裂けないですから。

シャルロット=ヘイゼルリンクとシルヴィの推薦で、社交部へ。
部室はやたらとでかい建物。部室どころの騒ぎではないよ。
クラスメイトの根津晴彦も社交部。さらに鳳条院聖華と金子綾乃、竹園エリカも社交部でした。
社交部代表である聖華は、哲平の存在を巡ってシルヴィと激しく対立。
シルヴィは社交部の方はほとんど幽霊部員のようです。
部外者である哲平の立ち入りを認めようとせず、社交部の敷居は高くあるべきと哲平の入部を認めようとはしない。
有馬の家が嫌いだからという理由でそこまで拒絶するのは器量が狭すぎだよ。
蕎麦屋の子供であった事を馬鹿にされた哲平は怒り心頭。
1週間後のパーティまでに、聖華の認めるほどの立ち居振る舞いを身につけると約束。
両親の事が好きな息子だから、両親の事が馬鹿にされたようで腹が立つのだろう。
そーゆー態度をとられるなら別に無理して入部しなくてもいいんだろうが、馬鹿にされたままというのが我慢できないというところか。

続きを読む "プリンセスラバー! 第3話「剣と舞踏会」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANNAN (428 the animation) 第三話「阿断事」

ホテルを追い出された大沢マリアと御法用実は偶然出逢った猫耳コスプレのハッコーの後をついて行って、サンタナが経営するカラオケ&コスプレバーに到着。
ハッコー、ポロリを躊躇なくやりました!! これ、DVDでは見えるようになるのかな……買わないけど。
御法用はハッコーに、蛇の実験体と同じ痣を見つけてインタビューしようとするも、追い出されました。
体へのお触りは良くても、心に触れるのは駄目だと、なかなか良いこと言います。
ハッコーの体に老人や蛇の実験体と同じ痣があるという事は、ハッコーも蛇の実験体にされている人間という事か。
何か特殊な能力を得た代わりに、言葉を失ったのだろうか。

新しい宿は、マリアと御法用で一部屋しか借りれなかったようです。
ホテルが変わってもカナンはマリアの色でどこにいるか判るらしい。共感覚とかいう次元を超えてる気がします……
二人で町へお出かけ。
マリアはひたすら「凄い」を連発です。暇な人は何回言ったか数えてみましょう。
アルバイターのユンユンは至る所で登場していますが、双子の弟と会話している様子からすると、実は蛇の一員?

続きを読む "CANNAN (428 the animation) 第三話「阿断事」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宙のまにまに 第3話「プラネタリウム」

目立たないようにしている大八木朔の教室に朝からやってきた明野美星。
絶賛、空気な人キャンペーンも無駄な努力。明らかにクラスで一番の有名人ですから。
昨晩の天体観測のことを、明らかに誤解されるような口ぶりで語り、挙げ句に「今夜は寝かさないぞ音譜と言って去っていってしまいました。
相変わらずクラス中に美星と付き合っていると勘違いされっ放しです。

美星の言動に尾ひれと背びれがついて、なにやら大変なことになり、しかも蒔田姫は信じてしまいました。

連日の天体観測で疲労した朔部活をエスケープ。
寄り道した図書館で琴塚文江とばったり出会いました。第2次接近遭遇。
相変わらず「明野の男」呼ばわりですが……
全天候型部活である文芸部は部活が休みの日だったのだろうか。
朔は美星に強引に連れ回されたりすることはつらいものの、空を見るのも良いと思うようになってるみたいです。

続きを読む "宙のまにまに 第3話「プラネタリウム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第16話「戦う理由」

アルサルの凶刃の前に傷つき倒れたアロウン。
彼らを支える指揮官であるアロウンを失ったゲール族は、ガイウス率いる帝国軍の攻撃の前に、ただ一方的に力ない防衛を繰り広げているだけ。
一方的な攻撃に晒されて、反撃も力ないものです。
アロウンの傷を癒したリアンノンは、アロウンの目覚めと兄アルサルの帰還を信じて、同朋にそれまで戦い続けようと声を掛け、皆の士気を高める事に成功。
リアンノンの言葉で兵士たちがやる気を取り戻しました。宣託の巫女のカリスマ性がなせる業でしょうか。

アルサルは、自分の中に芽生えた憎しみをまるで押さえきれずに、アロウンを刺してしまったことに怯え、一人森をさまよい続けていた。
まるで何かに操られていたかのように、自らの心を抑えられなかったことに戦きながら。
操られていたというよりも、心に刻まれていた呪いのようなものに近いのかな。
アロウンがあの姿になると、彼の中の憎悪が爆発して抑え込めないように仕組まれていたのだろう。その事を計算ずくで、アロウンにあの魔法を使わせたというところか。
問題は寧ろ、自分のやった事から逃げ出してしまっている事なんですが。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第16話「戦う理由」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

シャングリ・ラ 第16話「狂乱樹獄」

鳴瀬涼子は水蛭子の依代が弱ったと聞き、ミーコを依代とすることに。

武彦はアトラスから戻っていません。
北条凪子がアトラス公社初代総帥だと知った國子は、凪子をドゥオモから放逐することを決定。
え……初代総裁ということを黙っていただけで、放逐ですか。

懇願むなしく水蛭子の依代とされてしまったミーコ。
モモコはミーコに起こった異変を直感的に感じ取ったようですが……
ミーコはこのまま復活できないのか、それとも何からの形で復活するのか。

謎のミサイルの正体はダイダロスと武彦が名付けた植物の種によるもの。
被害は地上だけだから、と涼子はダイダロスを放置。

続きを読む "シャングリ・ラ 第16話「狂乱樹獄」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うみねこのなく頃に episode I-Ⅲ 「dubious move」

秀吉は譲治に笑顔を覚えていさせるために、紗音の遺体を見せないことに。
譲治の送ったダイヤの指輪は左手の薬指につけている事を、秀吉と嘉音に確認してもらった譲治は号泣(┳◇┳)。
絵羽は彼が使用人である紗音に思いを寄せていた事を知って快く思わなかったようですが、秀吉たちはここまでのやり取りからして気付いていたのかな。

今回の仕業は束縛から逃れて、自由を得られる太陽の魔法陣だとゆがんだ笑いを見せる真里亞。
相変わらず態度が急変するものの、みんな慣れっこなのか気にも留めていないし。

犯人は何故か殺害後にバラ庭園の倉庫の鍵を屋敷に返している。
このことから、戦人は犯人が19人目の存在を思わせた、18人の中にいるのではないかと指摘。
絵羽は犯人が使用人の中の誰かで、複数犯、場合によっては全員がグルだと思っているようです。
動機や同じ使用人である紗音が殺された事などは、ひとまず放置。

続きを読む "うみねこのなく頃に episode I-Ⅲ 「dubious move」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #003「近づく心」

海の巫女と空の巫女になったマリンと宮守夏音。
マリン、ウリン、松本が普通に夏音の家にいますよ。
宮守都はあっさりと受け入れています。空の巫女の末裔という事を信じていたから、あっさり受け入れたのか。まぁ、本人の性格もあるのでしょうが……
当分、二人と一匹はこの家にご厄介になるという事でしょうか。そういや、マリンとウリンって食生活はやっぱり生魚や海草?
夏音は空の巫女としてセドナと戦うためには、ピュア100%にならないといけないらしい。
マリンの方は既にピュア度100%だろうけど。

田舎町を出て都会に行きたいという夏音を、松本や都は「普通」呼ばわり。
田舎住まいの若者なら、確かにそうだよな。
この場合の都会は、たぶん東京とかではなく、那覇とかなんでしょうが。

続きを読む "うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #003「近づく心」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

懺・さよなら絶望先生 第3話「×の悲劇/私は日本には帰りません/ドクトル・カホゴ」

■前巻までのあらすじ
相変わらず全く関係ない話。
てゆーか、もうさっぱり何がなにやら判らないのですけど。

オープニング映像が変わりました。

これが 正式版なのか、ここからまだマイナーチェンジを繰り返していくのかは不明。


■×の悲劇
商店街に飾ってあるクリスマスツリーのスイッチがどこか判らない。
スイッチは押さない方が良いという糸式望先生ですが、風浦可符香(P.N.)がスイッチを押してしまう。
リアルでスイッチを押しまくりは日塔奈美。
小節あびるのしっぽ好きスイッチ押したり、久藤准の素ストーリーテラー・スイッチ押したり。
糸色交は緑の半ズボンをはかされる羽目に。

続きを読む "懺・さよなら絶望先生 第3話「×の悲劇/私は日本には帰りません/ドクトル・カホゴ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戦場のヴァルキュリア 第十六章「語られなかった想い」

ウェルキン・ギュンターのへたれに拍車が掛かった回。

帝国側はベルホルト・グレゴールが破れたことで、戦況が悪くなり、緊張感が出ているものの、ガリア公国の第七小隊はむしろ恋愛真っ盛りです。

イサラ・ギュンターに相変わらずツンデレな対応のラマール・ヴァルトですが、イサラもちょっとラマールを受け入れ始めているようです。
この子はずっとお兄ちゃん一筋で良いと思うのですが。

ギクシャクしているウェルキンとアリシア・メルキオットを気遣ったラルゴ・ポッテルが、風呂場である男の物語として、自分の過去について語り始めた。
どうやらラルゴとエレノア・バーロットの関係は、今のウェルキン、アリシア、ファルディオ・ランツァートに似ているようです。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第十六章「語られなかった想い」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化物語 第3話「まよいマイマイ 其ノ壹」

八九寺真宵のターンですが、序盤は阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎのお話。
ひたぎが暦にお礼をしたいとか言い出しました。
やたらとエロシチュばかり口にするひたぎは明らかに、暦をそっち系扱い。
ひたぎには毎朝裸エプロンで起こす、がオススメ。
しかし童貞だから、エロを希望することはできないと考えていたらしい……童貞はがっついてないって。そうとも限らない気もするが。

性格はやはり相変わらず毒っ気が残っているままのようです。培われた性格はそんなに簡単に変わるものではないようだ。
ちゃんと友達であるために、お礼をしたいというものの、ひたぎは暦を本当にただの友達としてしか見ていないのか、それ以上の想いを持っているのかが微妙なラインで会話が進んでいきます。

続きを読む "化物語 第3話「まよいマイマイ 其ノ壹」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真マジンガー 衝撃!Z編 第16話「発掘! 戦闘頭脳ケドラ!」

錦織つばさが自分の母親だった上に、父の兜剣造を殺したと知って、兜甲児と兜シローはくろがね屋を飛び出して、光子力研究所のやっかいになりました。
甲児は弓さやかとちょっと良いムード
暗黒寺刑事はあのままドイツでガミアQ3と行方不明になっているらしい。

ミケーネ帝国の遺産、戦闘頭脳ケドラを発掘したDr.ヘルによって、マジンガーZが乗っ取られてしまいました。
ミケーネ帝国が機械獣を操るために作り出していたのが、ケドラらしい。
つばさもその存在を知っていたようで、剣造やDr.ヘルを殺したと言っていることと関係しているということだろうか。
甲児が出て行く時に、どのみち剣造は死んでいたと言っていたので、ケドラに体を乗っ取られたとかなんだろうか。やむなく殺したというところなのかな。

で、ボスがボスボロットを造っているのですが、本当に何時の間に造ったのだろうか。
みんながドイツに行っている間に?

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第16話「発掘! 戦闘頭脳ケドラ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

咲-Saki- 第15局「魔物」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
副将戦、前半戦。
半荘オーラスで原村和のパーフェクトゲームを阻止した上、逆転のトップに立った龍門淵高校 龍門淵透華。しかし鶴賀学園 東横桃子のリーチに気付かず、単純な振り込みをしてしまう。
それは存在感マイナスのため、彼女のリーチや捨て牌に一切気がつかないという恐ろしい体質故だった。

オープニングが新しくなりました。
新オープニングテーマ「bloooomin'」Little Non

Watch Saki OP2 bloooomin in ã�¢ã��ã�¡  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

後半戦も同じく透華はステルスモモのリーチに振り込むという開始。
何が起きているのか、本人すら判らない。
「まだ、これからっすよ」
笑うモモ。
和が前半戦同様に早い手作りでリーチを仕掛けてくる。
即座に下りる風越女子 深掘純代と透華。
おっぱいさん、相変わらずチョーシいいっすね。
 でも、もうこっちも下りないっすよ」
だが、モモは自らの体質故に危険牌を捨てる。
おっぱいさん呼ばわり……この作品で和は常におっぱいしかないような扱い……

続きを読む "咲-Saki- 第15局「魔物」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月17日 (金)

狼と香辛料Ⅱ 第2話「狼と嵐の前の静寂」

リュビンハイゲンでの出来事を思い出し、狼の姿で立ち去るホロの姿に、ロレンスは必死に呼び止めていたところで、夢から覚めた。

クラフト・ロレンスは北の情報を集める為、マルク・コールに歴史を綴っている年代記作家の事を訊ねました。
マルクが紹介したのは、恐れ知らずの銀を扱う商人のギ・バトス。ちょっとヤバイ奴らと関わっているらしい。

意外にもホロは文字が読めないらしい。
ロレンスに届けられた手紙には、武具の価格崩落について注意するようにというものでした。誰からの手紙なんだろう。
今日は祭りだとはしゃぐホロですが、ロレンスは回る所が出来たから行けなくなってしまう。
残念そうにしたのは、本当に演技なのかどうか。

続きを読む "狼と香辛料Ⅱ 第2話「狼と嵐の前の静寂」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。 第2話「春の長日を恋ひ暮らし」

4人となった野球のメンバー。
鈴川小梅は知り合いの靴屋さんにグローブの寸法直しをお願い。皮物ならなんでも扱っているという事で、快く引き受けてくれました。

早朝から練習するために、鈴川小梅も早起きですが、親に野球の事は黙っているので言い訳が補習というのが……
今後も親には内緒で続けて行くんでしょうが、そのうちにバレるんだろうね。
途中で小笠原晶子の車に乗せて貰って学校に着くと、川島乃枝だけがいて、宗谷雪がいない。
と、思ったら野球には監督が必要だからと本場アメリカ出身のアンナ・カートランドを連れてきました。
アメリカ人だから野球に詳しいとは限りませんけど、彼女は野球が出来るようです。

晶子をピッチャーに、小梅をキャッチャーに指名。
ピッチングをさせてみるもののも、ちゃんと届かない。変わってお手本を見せたアンナの球は剛速球でした。素人の晶子に捕れるわけもない。
ムチャしすぎだ。
バッティングが駄目なみんなに変わってのお手本では、お約束のようにホームランで校舎の窓硝子を割ってるし。
彼女らの仕業とばれなかったのは、女性が野球なんてやるわけがないという思い込みがあるからだろうな。

続きを読む "大正野球娘。 第2話「春の長日を恋ひ暮らし」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第16話「アンダーグラウンド」

月に向かったにもかかわらず、巨大な手によってアースダッシュに弾き返されたダン・JDたち。
彼らを乗せたムーンキャノンは大地に激しく叩き付けられてしまった。
ムーンキャノンの発射角度に誤差が生じ、月の裏側にある防衛装置にダンたちが引っかかってしまった事を知ったジェームズ・ローンとスラッシュ・キーンズは、急いで捜索隊を編成する事にする。
スラッシュは相変わらず時間がないのに、と苛立たしそう。

第3章突入です。
またオープニング映像がマイナーチェンジしているかな。

ムーンキャノンから弾き出されたダンとスパンキー。
「ここはどこだ?」
「惑星アースダッシュ。
 私たちが飛び出した筈の星」

地獄の一丁目……て、感じね」
セラ・D・ミランダの言葉に驚くダン。
まさかの逆戻り……

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第16話「アンダーグラウンド」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

涼宮ハルヒの憂鬱 第16話「エンドレスエイト」 パート5

そろそろ終わって欲しいエンドレスエイト5週目開始

何かおかしい、なんとなくそんな気がした。
もはやおなじみのパターンで、キョンがテレビで高校球児の試合を見ているところに、涼宮ハルヒから電話が掛かってきて、水着を持参して自転車に乗ってやってくる様に告げられるところからスタートと。

「夏は夏らしく、夏じみたことを……」
という台詞を下に市民プールからスタート。
「超能力、禁止!」
中の人のアドリブだろうな、これ。
プールでの遊びシーンがいつもよりアップのシーンが多いな。

夏休みの活動計画を書いた予定表。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第16話「エンドレスエイト」 パート5"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月16日 (木)

プリンセスラバー! 第2話「学園と再開」

リムジンで移動中、居眠りをした有馬哲平は専属メイド藤倉優の胸枕で居眠り……
肩でなく、胸で支えるって、どんなけ弾力があって頑丈な胸ですか!?

突然環境を変えてしまったという有馬一心は、自分が娘の時同じ事をしているのではないかと口にする。
与えられた環境で、何を選ぶかは本人次第だという優。

一心が使用しなくなった豪邸に住む事になったようですが、一心とは別居なのか。
メイドが沢山。てか、メイドしかいねぇ。男の使用人はいないのか?
庭師とか、コックとかならいるのかな。
しかし何処の三千院な世界の日本だよ、という気がしてならない。

続きを読む "プリンセスラバー! 第2話「学園と再開」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANNAN (428 the animation) 第2話「邪気乱遊戯」

少しずつ登場人物について判り始めました。
大沢マリアは池袋で発生したウィルステロの被害者らしい。しかも単純な被害者ではなく、誘拐されて直接ウイルスを投入されたという事で、事件の中心人物のようだ。そして御法用実はその事件を追っていたようです。
その事件の犯人が蛇なんだろうな。
おそらく、この事件というのがゲーム本編なのでしょう。
一部記憶を失っているというのは、抗ウィルス剤の副作用なのか、それともウィルスの影響とかあるのか。

リャン・チーはアルファルドをお姉様と呼んでいるけど、実姉ではなく、百合的な意味のお姉様なんだろう。リャン・チーの方は敬愛しているけど、アルファルドの方はかなりつれない。サンタナは八つ当たりされてますが、ドMなんで喜んでいるし。

続きを読む "CANNAN (428 the animation) 第2話「邪気乱遊戯」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月15日 (水)

宙のまにまに 第2話「ファーストスター」

桜の季節を過ぎても部員獲得数0の明野美星たち天文部の面々は、大八木朔の教室に入り浸りとなる。
美星だけではなく、矢来小夜も同行しており、江戸川正志は美人の先輩方と一緒で羨ましい、と。
既に写真部に入っているため、天文部には入部できないと残念がる小夜に、正志は悔しがる羽目に。どうやら水着撮影会目当てに入部したようだ。
確かに、小夜は美人なので、彼女目当てで入部しようとする奴がいても不思議ではなさそうなんだけどね。

その事が気に入らない蒔田姫。姫は1年生同士で親睦を深めなければならないから、上級生が来たら迷惑だと講義するも、姫が2年生でもふわふわな髪の可愛い子だと有名だという美星は大喜び。
美星と姫の会話は噛み合わない……
美星はどこまでも天然。

受験の時のバスで朔と出会った姫は、髪の毛が朔のボタンに絡みつくが、朔は気にした様子もなく、コンプレックスだった髪が綺麗だと褒められて以来、好きになったらしい。
朔と同じクラスになって喜んだものの、肝心の朔は美星の事をまるで覚えていなかった。
中学までの髪の毛はもっとチリチリでからかいの対象だったの手入れしたようですが、昔を知り「ドリフ」のあだ名で呼んだ元同級生には膝蹴り……
テンパの爆発頭という事ですか。

続きを読む "宙のまにまに 第2話「ファーストスター」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第15話「カンディド」

皇帝にガイウスが援軍を求めてきた事を報告するクレオン。
元老院はガイウスが形振り構わず戦うだろうといい、黒き魔王がネクロムの力で倒れるだろうと告げる。
クレオンはただの市長ではなく、皇帝と繋がる12精霊の一人という事か。

リアンノンの夢。
1人決着の為に皆の下を去ろうとするアロウンを呼び止めようとするプリムラ。
しかしアロウンは自分1人が行く事で、皆の運命が切り拓けるのならば、とプリムラにプィルの事を託して立ち去る。
その戦いでアロウンは一度命を落としたものの、同時にプィルたちはアロウンが12精霊たちを引き受けたから勝利する事が出来たというところかな。

進軍を始めた帝国軍に対して先制攻撃を仕掛けるべく森を進むゲール族。
リアンノンはアロウンに良くない事が起きるとアロウンを止めようとする。だがアロウンは結末を判っている、と、進むしかないのだと告げる。
ラスティも何故か体調が悪そう。
リアンノン、久しぶりの予言は悪いものでした。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第15話「カンディド」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャングリ・ラ 第15話「迷走敗退」

石田香凛は台湾のヘッドリースに成功したと喜ぶが、張(チャン)は彼女の国が大変な事になっていると忠告する。そんなチャンの言葉に耳を傾けようとしない香凛とクラリス・ルッツ。
メデューサはチャンの考えは危険だと彼のアクセス権を制限してしまう。
「甘い事を言っていたら、お金儲けなんて出来ないんだから」
チャンの忠告を無視し続ける香凛、のっけからピンチの匂いがプンプンと。
調子の良いときほど、注意しなければいけないのだけど、カーボニストとして頭は良くても、その辺がまだ判っていないのだね。

北条國子の下に武彦から連絡が入り、政府の奴らがやってくれたという。そこに駆けつけてきたモモコ。。
有毒ガスが発生して、互いに相手によるガス攻撃ではないかと疑心を抱く。
化学兵器は条約違反であるため、重い炭素指数を課せられることになるという。

続きを読む "シャングリ・ラ 第15話「迷走敗退」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月14日 (火)

うみねこのなく頃に episode I-Ⅱ 「first move」

誰かが薔薇庭園で真里亞に白い傘を貸したという桜座だが、親族はもちろん使用人たちも誰も傘は貸していないという。
真里亞はベアトリーチェが貸してくれたと笑うが、誰も信じてはいない。
否定はしていないが、ここでそんな訳が無い、と否定したら真里亞が怒り出したりしたのだろうか。

食事が終えると、真里亞はベアトリーチェに貰ったという家紋の入った手紙を読み始める。
そこにはベアトリーチェが契約の終了が金蔵から知らされたと告げる。
契約に従い、黄金を回収して右代宮家の全てをもらうというベアトリーチェだが、金蔵との取引により唯一隠し黄金を誰かが見付けたら黄金は全て右代宮家に返還するという。
黄金の発見は、一族に限らないという内容。
手紙を読む時の真里亞はまるで別人ですが、竜騎士07の作品では珍しいことでもない。気にしたら負けだ。

霧江は戦人はベアトリーチェは19人目ではなく、18人の中の誰かではないかという推理を披露する。
留弗夫と霧江は夫婦揃って死亡フラグ立ててます。

続きを読む "うみねこのなく頃に episode I-Ⅱ 「first move」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第2話「指輪の心 巫女の心」

天神子島にやってきたマリンとウリン。
宮守夏音の指輪を探している間に、ウリンは島にあった棺の封印を外してしまう。
封印が破れると同時に降り出した雨の中、ウリンを探すマリンと夏音。
雨の中、泣きながら蹲るウリンを見付けた夏音とマリンだが、近くにあった亀の彫像が光を放ちながら崩れていた。
「とうとうこの日が来てしまったか」

「妹を見付けてくれて、ありがとう。
 愛してるー!!」

ウリンを見付けてくれた事を感謝して夏音に抱きつくマリン。
大好き、というマリンに戸惑う夏音。
マリンちゃんは愛に満ち溢れすぎです。中の人は結構色んな役をやるなぁ。

その時、突然やってきた亀が二本足で立ち上がると「巫女はこちらか」と喋る。
帽子から出てきた青い光が、マリンの下に飛んでくる。
亀はマリンをセドナを倒す『海の巫女』と呼ぶ。
亀の正体は空の世界に行ったまま帰ってこなかったという長老の松本だった。
亀のくせに二本足で立ち、しかも帽子とか被ってるし。

続きを読む "うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第2話「指輪の心 巫女の心」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懺・さよなら絶望先生 第2話「持つ女/おろしや国タイム譚/晒しが丘パート2」

■前巻までのあらすじ
相変わらず全く関係ない話。
妙になまりのあるナレーション。しかもコナン君……
これって、毎回続くんだね。

■持つ女
別の才能があったかもしれないのに、他の才能故にもう一つの才能が活躍されなかった。
二物三物を与えられた人間にイライラする木津千里ですが、暴走には早すぎるとみんなに取り押さえられるハメに。
芸能人が二物三物与えられているように見えるのは、どれも中途半端だからだ、と。ん~、むしろ一物の力を利用して、二物三物を底上げしているパターンの方が多い気がするけどね。
世間で日の目を見なかった人の集う、才能のツインタワーへ。

最上階で待っていたのは、第二第三の才能を発揮した藤吉晴美。
マンガさえ描いていなれけば、あらゆるスポーツで活躍していた、と。
眼鏡は実は拘束具。ドラゴ○ボールよろしく、もの凄い重たいです。
相変わらず超人な藤吉。

続きを読む "懺・さよなら絶望先生 第2話「持つ女/おろしや国タイム譚/晒しが丘パート2」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月12日 (日)

仮面ライダーディケイド 第24話「見参侍戦隊」

今回はシンケンジャーとリンクしたお話。
なのに、シンケンジャーは一回休み。1つの世界で2話構成だから、次回に解決するから、1回休む時がちょうど良いという事なのか。

井上マジックによりグタグタで終わった大樹の世界。
続いてはシンケンジャーの世界へ。
梅盛源太(相馬圭祐)の烏賊折神を海東大樹(戸松公人)が盗んでしまいました。

門矢士(井上正大)のカードには烈火大斬刀が映っています。シンケンジャーカードではなく、アイテムカードなのか。
士は黒子になってしまいました。
シンケンジャーに接触するには、黒子になるしかないよな。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第24話「見参侍戦隊」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

戦場のヴァルキュリア 第十五章「歌姫の過去」

食事中も暗く沈んだ様子の第七小隊。
ウェルキン・ギュンター少尉とアリシア・メルキオット軍曹がみんなの心配しているところへやってきたファルディオ・ランツァート少尉。二人が並んで立っている様子に顔を曇らせながらも、アリシアの事を心配して見せたファルディオは、自分まで落ち込んでいられないというアリシアを強いと頭を笑う。顔を赤らめるアリシアと、ファルディオの様子に少し落ち込むウェルキン。
ここは相変わらずウェルキンが煮え切らない状態が続いています。

義勇軍第3中隊長エレノア・バーロット大尉は小隊長を集めると、隊員達の肉体的・精神的疲労が大きいと宴を催す事を報せる。戦時中であると批判的な小隊長が出る中、ファルディオはガス抜きも必要と賛同。エレノアはそんなファルディオに、気を遣いすぎるなと注意を促す。
流石は中隊長だけあって、ファルディオが無理をしているというところに感づいていたようだ。他の為に無理を続けていれば、彼自身の精神が壊れるという事に危惧しているっぽいが。
ウェルキンはエレノアの言葉通り、ファルディオが無理しているのを感じ取っていた。しかし国を思うのなら、立ち止まっていられないというファルディオは、アリシアが自分の心を癒してくれるという。
ウェルキンとアリシアがただの関係には見えないというファルディオだが、ウェルキンはあくまでも上官と部下でしかないと答える。
そもそも恋をした事がないから、自分が恋をしているという自覚すらないのかもしれないな。ファルディオに気を遣ってしまっている、という事も考えられるのだけど。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第十五章「歌姫の過去」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

化物語 第2話「ひたぎクラブ 其ノ貳」

豪邸だと聞いていた戦場ヶ原ひたぎの家。
しかしひたぎは母親が怪しい宗教に填って、財産を注ぎ込んで、それでも飽きたらず多額の借金を背負ってしまった。
両親は協議離婚の末に、ひたぎは父親と二人で暮らす事になったという。
住んでいるのは民倉荘というボロボロのアパート。
なんか、作りかけなのか、それとも古くなっただけなのか。感じからすると作りかけで放置されているという雰囲気だけどな。

オープニングテーマ『staple stable』 歌:戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)
Youtube動画:

今回のオープニングって、今回限りのものなんだろうか。

忍野が老人に影を売ったという昔話を聞かせる。
影を金貨10枚で簡単に売った若者は、町の人々から影がないのはブキミだと迫害を受けてしまったのだという。
若者は老人を捜すも、老人は見付ける事が出来なかったという。
この話は聞いた事があるな。タイトルとか一切覚えていないけど。

助けないが、力は貸すという忍野メメは身体を霊水で清めて、清潔な服で夜中0時にもう一度来るように告げる。

続きを読む "化物語 第2話「ひたぎクラブ 其ノ貳」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真マジンガー 衝撃!Z編 第15話「対決! 悲しみの青きドナウ!」

シュトロハイム・ハインリッヒと錦織つばさの前にあったローレライの立体映像が、突如死んだ筈の兜剣造の姿へと変貌する。
更に城の制御が失われ、防御システムが二人に対して襲いかかる。
連携してこれと戦うシュトロハイムとつばさ。
つばさは10年前にバードス島で剣造を殺害したという。
兜の一族はどこまでも自分の邪魔をするというシュトロハイムは、剣造の息子である兜シローを使って復讐を考えているのだという。
剣造たちの会話がシローとローレライの下にも届く。
剣造がシステムが城全体に繋がっているから、彼らの会話は違う部屋にいたシローたちにも聞こえるようになったという事だろうか。
友達を作るだけなら、確かにシローである必要なんてなくて、テキトーに近くの町の住人とかにしても良かったのだから、シローを選択したのは復讐の意味合いが強いわけだな。

シュトロハイム博士が生み出そうとしていたのは、心を持ったロボットだった。ロボットに心を宿す事で、より早いスピードを与えるというのがシュトロハイムの考え。
シュトロハイムの研究の危険を感じた兜十蔵博士は、完成前にシュトロハイムを殺害した。
Dr.ヘルによって甦ったシュトロハイムはドナウα1にあらゆる感情を与えたが、唯一、どうしても大切なものを失った時にだけ生まれる感情がまだ与えられていなかった。
事故ではなく、シュトロハイムは殺害されていたのか。
哀しみ、つまりドナウの心であるローレライとシローを仲良くさせて、シローを殺害する事でローレライに哀しみを与えようという訳だ。あくまでもローレライをロボットの一部として見ているという感じだな。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第15話「対決! 悲しみの青きドナウ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月11日 (土)

咲-Saki- 第14局「存在」

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
副将戦、前半戦の半荘を南四局まで進んだところで、原村和のみが和了しており、このままでは彼女のパーフェクトゲームとなってしまう。その事に気付いた龍門淵透華は闘志を滾らせ、ここからが勝負だと気合いを入れる。

・副将戦
清澄高校  原村和   1年生
龍門淵高校 龍門淵透華 2年生
風越女子  深掘純代  2年生
鶴賀学園  東横桃子  1年生

続きを読む "咲-Saki- 第14局「存在」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

狼と香辛料Ⅱ 第1話「狼とふとした亀裂」

第2期スタート。
原作小説の3巻に当たる話のようです。今回は3巻と5巻がアニメ化らしい。何故4巻が飛ばされるのかは不明。

オープニングテーマ「蜜の夜明け」 歌:新居昭乃

雪の夜。仲間である狼たちの下を去り、ロレンスの下へ向かうホロだが、クラフト・ロレンスは骨となっていた。更に赤い幕が仲間とホロの間も遮る。
目を覚ましたホロに、ロレンスは上手そうな肉を食べたところで目を覚ましたのかと問い掛けるが、ホロは故郷ヨイツの夢だと語る。
ホロの頭を撫でるロレンスに身を寄せるホロ。
「素直な気持ちを言っても良いかや?」
「ああ」
「腹が減った」
いきなりホロとロレンスのベタ甘カップルぶりからスタートです。
ホロの尻尾はカイロ代わり。
てか、もう完全に前作を見ている事が前提で、ホロの正体とか、ホロとロレンスの関係とかを一切説明するつもりないよね。

続きを読む "狼と香辛料Ⅱ 第1話「狼とふとした亀裂」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

大正野球娘。 第1話「男子がすなるという、あれ」

関東圏より1週遅れで開始。
最初にタイトルを見た時は「男子がするな」だと思っていました。

オープニングテーマ「浪漫ちっくストライク。」

歌:鈴川小梅(伊藤かな恵)・小笠原晶子(中原麻衣)・川島乃枝(植田佳奈)・宗谷雪(能登麻美子)

大正14年(1925)4月 東京市麻布区

セーラー服を両親から差し出されて喜ぶ鈴川小梅は、着物からセーラー服に着替えて登校。
ミュージカルよろしく、歌と共に東京の町並みとかが紹介されていく……と、思ったら夢オチでした。
Youtube動画:挿入歌 「東京節」

続きを読む "大正野球娘。 第1話「男子がすなるという、あれ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月10日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第15話「ラン・アンド・キャノン」

OCBリーグで優勝を果たしたチーム『バスカッシュ』。
月へ向かうため、のどかな山間を進んでいた。和むベル・リンドンたち。
ダン・JDたちはこんなところに月へ行く手段があるのかと懐疑的だったが、アラン・ネイスミスが「来る」と告げると爆音と共に強い風が吹き、遠くで何かが空へと飛び上がっていた。それこそが、月へと上がる唯一の手段、ムーンキャノン。
前に出た時も森に包まれた自然豊かな街という感じでしたが、かなり長閑な自然に囲まれた国のようです、フローラの故郷は。

自然に恵まれた月に一番近い国、スカイブルーム王国。
全てが大理石で造られたた美しい街。

荷物チェックをする兵士に、正体がばれないように身体を小さく縮めるアラン。
街に配備された軍用ビックフットに、ソーイチ・アユカワは面白く無さそう。
実は彼らが月で研究していたのは、こーゆーものなんだろうか。

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第15話「ラン・アンド・キャノン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの憂鬱 第15話「エンドレスエイト」 パート4

何かがおかしい。
そう感じるキョンが高校野球の試合をテレビで見ていると、涼宮ハルヒから電話が掛かってくる。
2時ちょうどに駅前に水着を持って、自転車に乗ってくるように命じるハルヒ。
何故かハルヒの言う事が判ったキョン。
キョンの妹もテレビで選手がホームランするのがなんとなく判ったりしている。妹も既視感を覚えるようになったようだ。

そんな訳で既に4週目
果たして今週はどうなるのか。
相変わらず服装が毎回違います。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第15話「エンドレスエイト」 パート4"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月 9日 (木)

プリンセスラバー! 第1話「馬車と姫君」

朝から剣の鍛錬をする小林哲平。
そば屋の息子のようで、豪快な父親とエロい体の母親の息子っぽい。
資産家が襲われるという事件が連続しているというニュースを見た両親は、もし巻き込まれたらどうかするかと問い掛ける。
「なんとかする」と笑う彼に、両親も笑顔で返す。
両親の反応からして、実は裕福な家の人間だというオチですかね。
学校へ自転車で向かう哲平を見送る両親。
それが二人を見た最後となった。
明確に死んだ場面が出てないので、本当に死んでいるのかどうかは怪しいところ。

両親が亡くなってから2ヶ月。
墓参りに言っていた哲平は、資産家を襲うという男たちの姿を目撃する。
両親が死んでから二ヶ月の間、彼は何をしていたんだろうか。
貯金を使って生活を続けていたのかな。

続きを読む "プリンセスラバー! 第1話「馬車と姫君」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN (428 the animation) 第1話「洪色魔都」

えっと……さっぱり判りません
元々がゲームの外伝を広げてアニメ化しているらしいですが、人物の関係も世界観も組織とかも一切訳判らないまま。
判ったのは、舞台が中国という事と、カナンと呼ばれる少女が共感覚とやらを持っているのだろうという事ぐらいだろうか。

カナンが大沢マリアと知り合いらしいが、その辺はおそらく原作ゲームでの事だろうから、どういう関係なのかとかもさっぱり。
見るとは思うが、レビューは諦めるかな。
デキは良い方なんだと思うが、レビューするのも大変っぽいので。
水曜日は他にも2本あるしな。

続きを読む "CANAAN (428 the animation) 第1話「洪色魔都」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宙のまにまに 第1話「天文部へようこそ!」

高校生となった大八木朔は7年ぶりにかつて小学校1・2年生の期間過ごしていた町に戻ってきた。

幼い頃、読書好きだった朔だが、同じマンションに住んでいた明野美星ことみーちゃんに引っ張りまわされる日々を過ごし、挙げ句に引越しの決まったある夜に星の光を別けてあげると木に登ったみーちゃんが木から落ちてしまい、咄嗟に助けたものの腕を骨折するという酷い目に合っていた。
おかげで彼にとっては忌まわしい土地のようですが、母親の大八木かほるは気にしていないどころか超ハイテンション。テンション高すぎるだろう。

いざ高校に入学してみると、いきなり屋上から天文部への入部勧誘の叫びを上げている美星を見つけて「みーちゃん」と口にしてしまい、発見されました。
全く変わっていない美星。
美星のストーカー行為から逃げ回っていた朔ですが、結局捕まってしまう。

続きを読む "宙のまにまに 第1話「天文部へようこそ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 8日 (水)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第14話「白の精霊」

朝からアルサルやモルガンに狩りへと駆り出されて、眠そうにしているアロウン。
墓に眠ったままでいれば良かったというアルサルに、アロウンはそれもありだと言う。
彼らを見張っていた帝国の間者がいたが、アロウンは気付いているぽいよな。本当に眠いというところもあるけど、わざとだらしないところを見せてるのではないかと言う感じもする。

墓に行くと言うアロウン。
今のゲール族には先立つものが足りないが、アロウン陵の墓には多くの財宝が眠っているという事。
帝国は障害があったため、縦穴を掘って一気に墓まで進んだようだ。
外見的にはかなりボロボロではあるけど侵入者迎撃のシステムがあるので、盗掘にはあっていないのね。
そして相変わらず主力が全員出てきています。本当に毎度毎度ですが、この間に襲撃を受けるとか考えていないのだろうか。

頭痛を感じるリアンノン。
今後こーゆーイベントが増えてくるのかな。
アロウンの「ひらけごま」で簡単に墓の入り口が開きました。
アルサルは絶句。
合言葉だけでなく、アロウンが口にしたという事が重要なのだろう。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第14話「白の精霊」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャングリ・ラ 第14話「変貌都市」

アバンではアトラスに突入した北条國子たちメタル・エイジを待つドゥオモの人々。

2クール目に入ってオープニングの映像が少しずつ代わってる?

「入らないからって無理しちゃダメ、徐々に慣らさなきゃ」
相変わらず、エロ発言の目立つモモコさん。流石の國子もこの台詞には思う所があったようだ。
勝負下着は白より赤がいい、と。
つまり今の國子のパンツは……
でも、私的には勝負下着は赤より白ですよ。特に國子ぐらいの年齢なら、赤の下着を履いてるより、むしろ白の方が男には効果的。

続きを読む "シャングリ・ラ 第14話「変貌都市」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 7日 (火)

うみねこのなく頃に episode I 「opening」

竜騎士07の第2弾
原作は知らないが、どうやらこれもループものらしい。またグダグダと続く作品の訳か。
ひぐらしと違って、最初からファンタジーものだと開き直った作品ですが、正直代わり映えはしない。

今度の話は一族の遺産が絡み、そこに魔女だの悪魔だののオカルトが加わるらしい。
Youtube動画
オープニングテーマ『片翼の鳥』志方あきこ

続きを読む "うみねこのなく頃に episode I 「opening」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #001「海の心 空の心」

近畿は最速の中部日本放送から2週遅れという地上波で一番遅い放送なので、レビューは簡単に。

オープニングテーマ「violet」marble

海での散歩中に空から落ちてきた指輪を拾ったマリンは、指輪を返す為に引き止めようとしたウリンと共に空(地上)へ行く事に。
サムは空へ行くと聞かされてなんとも思っていなかったが、二人の姉妹であり友人であるワリンは空は眩しすぎて危険なところだから、とマリンたちの身を案じる。
海人であるマリンたちは地上では呼吸できないが、腕輪の力で呼吸出来るようになりました。鰓呼吸では無さそうなので、単純に水中の酸素を取り込む身体機能が備わっているという事か。

天神子島は今お祭りの真っ只中。
宮守夏音は母・宮守都にインチキ占いを任される。
娘の制服して女子高生に扮するとか都はやりたい放題だな。
実はマリンが拾った指輪を捨てたのは夏音でした。彼氏に振られて彼から貰った指輪を投げ捨てたらしい。
オーラが黒すぎる

続きを読む "うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #001「海の心 空の心」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懺・さよなら絶望先生 第1話「楽園への道/春の郵便配達は二度ベルを鳴らす/晒しが丘」

前巻までのあらすじ……全く関係ねぇ!!
そんな訳で始まりからカオスを思わせる第3期。

オープニングはまたもオーケン
『林檎もぎれビーム!』 大槻ケンヂと絶望少女達


Aパート「楽園への道」
験担ぎの話。

千里ちゃんの台詞ごとに、右下に句読点だの感嘆詞が表示されてますね。

糸色望先生の名前が縁起悪いと軟禁されるも、2年へ組の生徒達が救出に来る話。
藤吉の運動神経は相変わらず超人的。
頭突きをする加賀愛の石頭っぷりは素晴らしい。
絶望先生にはオチが無いから、縁起が良い、というオチ……落ちてない。

キャラクター紹介か、一応各キャラクターに名前が表示されています。

続きを読む "懺・さよなら絶望先生 第1話「楽園への道/春の郵便配達は二度ベルを鳴らす/晒しが丘」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターミネーター4 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
死刑囚マーカス・ライト(サム・ワーシントン)はサイバーダイン社から非献体としての要請されていた。
兄たちを殺した罪を感じていた彼は2回目のやり直しをする気はないとこれを拒み続けていたが、死刑執行当日、再三に渡って説得に来た博士にキスと引き換えに非献体となるサインをするのだった。

2018年──
地球上のあらゆる都市は、人類に反旗を翻したアメリカ軍の採用した超高性能コンピューターネットワーク「スカイネット」による核攻撃を受けた事で世界は荒廃していた。
スカイネットによるミサイル攻撃の日を、人々は「審判の日(ジャッジメント・デイ)」と呼ぶ。
スカイネット率いる機械軍は人類に対する最後の総攻撃を仕掛けようと準備を進めていた。

未来から送り込まれたターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)の活躍で「審判の日」を生き延び、レジスタンスの部隊長となっていたジョン・コナー(クリスチャン・ベール)はスカイネット研究所での機械軍との抗戦の最中、スカイネットが人々を生け捕りにし、生体細胞を複製しようとしている事実を知る。
スカイネットはついに、人間そっくりの姿をした民間潜入型ターミネーター「T-800」の開発に着手していたのだ。
その情報に危機感を覚えたジョンは一人研究所から地上へと上がるが、地上に展開していたはずの部隊は全滅していた。ヘコリプターにて上昇しようとしたジョンに襲い掛かるターミネーター「T-600」。その時、地下研究所が爆破され、地下に残っていた仲間たちも命を落としてしまう。

続きを読む "ターミネーター4 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

暴走を始めた保管されていた第3使徒に対して、鼻歌を歌いながらエヴァンゲリオン仮設5号機で撃退に向かう真希波・マリ・イラストリアス。仮設機の力では使徒に対して友好に戦う事が出来ないが、マリは稼動限界直前の仮設5号機の腕を一本犠牲としながら、遂に使徒の殲滅に成功する。
仮設5号機の自爆プログラムが作動し、支部諸共吹き飛ばしてしまう。
全ては碇ゲンドウと通じる加持リョウジの計画通りだった。
彼は北極より「ネブカドネザルの鍵」を持ち出していた。

碇シンジは3年ブリに父親である碇ゲンドウと共に、母碇ユイの墓参りをする。
墓参りを終え、ゲンドウはVTOL機で去りシンジは葛城ミサトの車で帰宅する。その途中、海上を歩行する第7使徒を目撃する。
上空より特務機関Nervへドイツから輸送されていたエヴァンゲリオン2号機が飛来、華麗に第7使徒の撃破に成功する。

続きを読む "ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月 5日 (日)

仮面ライダーディケイド 第23話「エンド・オブ・ディエンド」

海東大樹(戸松公人)に襲いかかった禍木慎(杉浦太雄)から、三輪春香(三津谷葉子)が庇って妨害。
フォーティーン(伊藤高史)の手先になった海東純一(黒田勇樹)に目が似ているから、という理由のようだ。
あれだけの攻撃を喰らっても大樹はピンピンしています。

村人が襲いかかってきたので逃げ出した門矢士(井上正大)たちは、光夏海(森カンナ)と合流して小野寺ユウスケ(村井良大)がローチに連れ去られた事を知る。
そこにやってはきた純一。
昔は純一と大樹は立場が逆転。
大樹はどうやら洗脳されていたのではなく、フォーティーンの力を使って世界を平和にすると信じていただけのようだ。
大樹に隠れ家を発見されて、あっさり捕まった純一。
えっと……彼がいてもたぶんこの世界は救われなかった気がしますけど。大樹のせいというよりも、単にライダーたちが弱かっただけなんでは。

続きを読む "仮面ライダーディケイド 第23話「エンド・オブ・ディエンド」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

侍戦隊シンケンジャー 第二十幕「海老折神変化(えびおりがみへんげ)」

今期から日曜日のレビューが4本になってしまったので、簡単に。
ことはの誕生日祝いの準備をひそかに準備。
殿はケーキ屋へ買いに行きました。初めてのお遣い?

人間の魂を喰らうアヤカシ・ウタカサネ(声:斎賀みつき)。
彼に魂を喰われた人間は丸1日で死んでしまう。
花織ことは(森田涼花)を含めた54人の人々が魂を食べられてしまうが、助けるにはウタカサネを倒すしかない。しかしウタカサネは三途の川に引き籠もって手の打ちようがない。
三途の川に引き籠もってしまえば手が出せないのだから、なかなか賢いな。

手の打ちようのない彼らにヒントを与えたのは腑破十臓(声:唐橋充)。
生きた人間が三途の川を渡るのは、人の道から外れた事を成して生きたまま外道に身を堕とす
十臓はそうやって外道衆となったという事のようだ。
ま、予想通りではありますが、外道衆になるためにそうしたのか、それともたまたまなったのかは不明。どちらかにしても、過去にかなりの大罪を犯しているというのは間違いないのだろう。たぶん太夫も同じなんだと思うけど。

続きを読む "侍戦隊シンケンジャー 第二十幕「海老折神変化(えびおりがみへんげ)」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戦場のヴァルキュリア 第十四章「ファウゼンの選択」

オープニングが変わりました。
「カナシミレンサ」MARIA

絵柄がゲームに合わせたものが、普通のアニメ絵になって、なんかりんしんっぽい感じになったなぁ。
アリシアとセルベリアが互いに、槍と盾を手に青い光を纏いながら戦うという、もはや違うアニメのようになっています。てゆーか、あれが現実になるとしたら、ヴァルキュリア人というのはもの凄い超戦士という事になるのですが。
サ○ヤ人か何かですか……

3つチームに分かれて装甲列車エーゼルの破壊、ダルクス人収容施設の開放、帝国軍への陽動を行う事になったウェルキン・ギュンター少尉率いる第七小隊とファルディオ・ランツァート少尉率いる第一小隊、そしてザカたちファウゼンのゲリラ。

ザカとロージーの仲は相変わらず険悪で、互いに反発しあう。
収容施設を開放したロージーは、あまりにも劣悪な環境に顔を歪める。ザカはこの光景を目に焼き付けておけと言う。ダルクス人というだけで人格も何もかも無視され、労働を強いられて、豚小屋のような場所で寝て、朝になればまた働かされるのだ、と。
最低限眠るだけの場所で、掃除すらまともに出来ていないのですね。刑務所の方がまだ良い環境かもしれないな。

続きを読む "戦場のヴァルキュリア 第十四章「ファウゼンの選択」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

化物語 第1話「ひたぎクラブ 其ノ壹」

新房昭之監督/シャフトで送る今作。いかにもな感じのする作品となっています。
サブタイトルがメインとなるヒロインにより、「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」「するがモンキー」「なでしこスネイク」「つばさキャット」と続くようです。「蟹」「蝸牛」「猿」「蛇」「猫」という順番なんですね。

いきなりのパンチラシーンからスタートという斬新すぎて呆然とする始まり。
直江津高等学校に通う阿良々木暦は衝撃的な事件に遭遇。

大量の文章が一瞬画面に表示されるという、絶望先生に近い手法。文章読む為には、録画していちいち制止しないとダメです。

吸血鬼らしき女性と、逃げる阿良々木暦、彼らの前に現れた忍野メメという映像が流れる。
3年間阿良々木暦と同じクラスで、教室の隅でいつも本を静かに読んでいる物静かな少女戦場ヶ原ひたぎ。
イジメにあっているわけではないが、友達は1人もいない。
屋上から落ちてきたひたぎを抱き留めると、その身体は異様に軽い事を知る。
ちなみにあんな上から落ちてきた人間を受け止めると、落ちてきた人間は助かるが、受け止めた人間は大怪我、もしくは死んでしまいますよ。

続きを読む "化物語 第1話「ひたぎクラブ 其ノ壹」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真マジンガー 衝撃!Z編 第14話「慙愧! 暴かれる兜家の大罪!」

錦織つばさは事故死したと言われていた兜シローの母親だった。
シュトロハイム博士によって語られた真実。
ガミアQ3の修復をシュトロハイムに依頼しにきた錦織つばさ改め、兜つばさ。
父、兜剣造について語るというシュトロハイム博士。

一方、兜甲児はクロスと共にパイルダーの修理中。
今回の出番はこれだけです。主人公なのに……

暗黒寺刑事は鉄十字に変装して、あしゅら男爵に同行。
ま、当然こういう展開だろうね。

続きを読む "真マジンガー 衝撃!Z編 第14話「慙愧! 暴かれる兜家の大罪!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 4日 (土)

宇宙をかける少女 第26話(最終回)「あしもとに宇宙(そら)」

プリンス・オブ・ダークネスとなったレオパルドを倒す為の作戦を敢行する獅子堂家とその同志達。
獅子堂風音は改めて作戦概要を説明する。
レオパルドを倒すには、7つの太陽からのエネルギーを遮断し、ブレインを守るQTローズを無効化しなれけばならない。
7つの太陽は人工天体のため、現在の爆薬の保有量では破壊は困難を伴う事から、プロキシマの冠を切り離すしかないとゆぴたんが補足。
最終回ということでか、ゆぴたん復活
冠の切り離しとQTローズの無効化はは長老達とエル・スール、神凪いつきたちが担当。
河合ほのかたちイグジステンズは獅子堂秋葉と共にブレインの攻撃を担当する。
神楽も秋葉に同行。操られていても、自分がした事の罪は消えないという神楽は、それはナミも同じであり、戻るかどうかは彼女次第だという。が、やれる事はやってみるという神楽。
ネルヴァルを捕まえたら、壊される前にいたぶってやりたいから自分のところに連れてきて欲しい、と。
神楽は相変わらずの性格。
ブーゲンビリアとミンタオももちろん作戦に参加です。
ブーミンは地味に頑張ってます。

続きを読む "宇宙をかける少女 第26話(最終回)「あしもとに宇宙(そら)」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

咲-Saki- 第13局「微熱」

決勝戦へと臨む原村和の下に駆けつけた宮永咲の応援に、やる気を見せる和。
龍門淵透華は、和に決着をつけようとビームを飛ばすも、シールドに阻まれた上に、深掘純代に吹き飛ばされた。
原作ではシールドではなく、ビームが和を避けてしまってるのですけどね。

・副将戦
清澄高校  原村和   1年生
龍門淵高校 龍門淵透華 2年生
風越女子  深掘純代  2年生
鶴賀学園  東横桃子  1年生

和をへこましてやるとやる気満々の透華。
同じ理論派である打ち手の透華と和の対局は、わずか2回では本当の実力差が明確に判るとは限らない。
解説の藤田靖子プロはこの対局を勿体ないと感じる。
デジタル打ちが揃ったこの副将戦だが、今年のルールは赤ドラや試合数の少なさから運の要素が強く、なるで特殊な子供を選抜するシステムのようだ、と。
実はこの予感が当たってるとかいう展開が待ってたら凄いよな。
何か理由があって、そーゆー子供たちを集めてるとか。
世界大会への布石とか、宇宙人との戦いとか……(後者はあり得ませんから)

続きを読む "咲-Saki- 第13局「微熱」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん!-K-on!- #13(番外編)「冬の日!」

冬のある日。
家でパソコンを触る秋山澪。
寒さを堪えながら電車を待つ琴吹紬。
身を縮めながら、誰かを待っているかのように1人歩く田井中律。
道の途中で見付けた猫に触れようとしてうなり声を上げられる中野梓。
鼻歌を歌いながら、妹の平沢憂と2人で仲良く歩く平沢唯。

寒さに鼻水を垂らしながら部室にやってきた唯は、律の頬を冷たい手で触れる。
ああ、こーゆー事ってやったなぁ。襟クビから手を突っ込んだり……

続きを読む "けいおん!-K-on!- #13(番外編)「冬の日!」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 3日 (金)

バスカッシュ! -BASQUASH!- 第14話「スプラッシュ・ダッシュ・クラッシュ!」

強い遺伝子を欲するセラ・D・ミランダは、母親を捨てたロベルト・ガンビートを嫌うも、自分のやりたいことをやるだけだという。
アイスマン・ホッティはファルコン・ライトウイングを恨んでいたものの、今は殺したいという思いは消え、ただ勝利する事だけを望んでいた。
月のムーニーズへと戻ったルージュに、明日の試合に絶対に勝って月へと行く事を誓うダン・JD。
3者3様の思いを持ち、決勝戦へと挑むチーム「バスカッシュ」。

「血筋……遺伝子……
 母さん、決着をつけるわ。
 私の戦いに!」

チャンピオンシップもいよいよ明日、チーム「バスカッシュ」とキング・オブ・キングスとの熱戦でピリオドを迎える。
熱気・リズム・歓喜。
街中がバスカッシュに酔いしれ、誰もが眠れない夜を送った。
クライマックスの後に、この町は新たに生まれ変わる。
何の心配も無いはずなのに……
「嵐が……近い」
何かの予感を感じ取るフローラ・スカイブルーム。

続きを読む "バスカッシュ! -BASQUASH!- 第14話「スプラッシュ・ダッシュ・クラッシュ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「エンドレスエイト」 パート3

夏休み、最後の2週間を延々と繰り返し続けてきたキョンたち。
何かがおかしいという思いを抱き、テレビで高校野球を何となく見ていたキョンは、ハルヒから電話が掛かってくる気がして、予想通りにハルヒから水着と充分なお金を持ち、自転車に乗って駅前に来いと言い出す。
それら一連のやりとりに、何となく覚えのあるキョン。
「夏は夏らしく、夏じみた事をやらなければならないのよ!」
市民プールへと行くのだと言い出したハルヒ。
こうしてまた新たな2週間が始まる。
やり残した感覚のある涼宮ハルヒを満足させなければ、この無限ループを脱する事は出来ない。
そんな訳で3回目!!

市民プールでデジャブを覚えるキョンや古泉一樹。
デジャブは良くある事だと思うキョンだが、ハルヒにビーチボールをぶつけられた朝比奈みくるを見て……
前よりもデジャビュが強くなっているようです。一度認識した事で、違和感を覚えるのが強くなっているのかな。

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「エンドレスエイト」 パート3"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 2日 (木)

リストランテ・パラディーゾ #11(最終話) Ultimo「リストランテの人々」

料理の本を熱心に読むニコレッタ。
ニコレッタの家に来ていたオルガが見た事のないお鍋に残していた一枚の紙。

オルガの誕生日が近い事を忘れていたというニコレッタ。クラウディオは毎年『カゼッタ・デッロルソ』で誕生日会をを開いていると言う。ニコレッタに招待状は届いていない。自分の事をオーナーであるロレンツォに知られたくないのだから仕方がないというニコレッタだが、クラウディオは一緒に祝って欲しい筈だと語る。
長い間離れて暮らしていた母親の誕生日を把握していろという方が無茶というものだ。
日本だとなかなか大人になって誕生日パーティを開く事が少ないですよね。
芸能人だの、権力持ちだのは別なんでしょうが。

少し痩せたというクラウディオに、ヴィートは指輪を外してしまえば良いと、これまで何度も繰り返してきた遣り取りを行う。クラウディオは忘れられないのではなく、忘れたくないのだと感じる。
指輪を外そうとしたクラウディオに、簡単にそんな事をしないで、とスパゲッティをぶちまける。
ルチアーノも止めようとしていましたが、それよりも早く動いたニコレッタにみんな呆然。
しかし料理人ともあろう者が、食べ物を粗末にしてはいけません。

続きを読む "リストランテ・パラディーゾ #11(最終話) Ultimo「リストランテの人々」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のあらし! 第13話(最終回)「プレイバックPart1」

着替える上賀茂潤とカヤ。
食事をする伏見やよゐと山崎加奈子。グラサンはすっかり小間使い。

八坂一のところにやってきた嵐山小夜子。
いきなりヘソからというところが、このアニメだよな。
八坂一は自由研究でサクランボウ爆弾を作成した。
デジャブ? いやいや、内容的には第1話の前だ。
最終話が第1話へと続く、というループ型にするのはシャフト&新房監督らしいやり方だ。

あらしは「爆弾」というのが行けてない、と「キューティーチェリーちゃん」と命名。
第1話と同じ展開が進みます。

続きを読む "夏のあらし! 第13話(最終回)「プレイバックPart1」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第13話「ブリガンテス」

帰還したリアンノンに喜ぶ妖精族。妖精族と共にいるリアンノンの姿は、まるで妖精族と変わらないというオガム。
ま、外見的にはそもそも妖精族と人間って区別つかないですけど。

アロウンとオガムはガイウスがいよいよ攻めてくると予測していた。
敵の大規模戦力に対して、対抗策が必要となる。
数がいる上に統率されたガイウスの軍が相手では今のままでは勝てないのか。
モルガンは島中の部族に呼びかければ良いと告げるも、オクタヴィアは反抗しなければ平和に暮らせるのに賛同してくれるとは思わないと語る。
オクタヴィアの言葉に納得するモルガンだったが、アロウンは彼女の策も悪くないと言い出す。
妖精の森に住む最大最強の部族ブリガンテス族と交渉する事を提案。
オガムはブリガンテス族から別れたのがゲール族である事を告げる。
ブリガンテス族とゲール族が血の繋がりがあると知ったリアンノンは愕然とする。
ゲール族はこの島の出身なんだから、同族がいても不思議ではないよな。
妖精王の末裔とそれに付き従って移動したのがゲール族で、それ以外がブリガンテス族という事か。

続きを読む "ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第13話「ブリガンテス」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 1日 (水)

シャングリ・ラ 第13話「飛行少女」

メタルエイジの総裁である必要はなく普通の少女でいればいいというモモコ。
メタルエイジの一員となる事を否定しながら、その近くに身を置き続けてきた北条國子。
様々な事が重なり、國子は自らがメタルエイジの総裁となる事を決意した。

政府は地上に残された人々を見捨てた。
自分たちが生きる場所を自らの力で勝ち取るため、アトラスへと乗り込む事を全ての同志たちに伝える國子。
ドゥオモのメンバーだけでなく、全てのメタルエイジが一斉放棄をするんだな。いきなり全面戦争となってきました。

出撃の準備を整えるメタルエイジ。
武彦をからかうモモコに笑うメタルエイジに、北条凪子は緊張感がないと笑う。
「総裁……恐れてはなりませんぞ。
 アトラスで何があろうと」
凪子の言葉に國子は必ずみんなの未来を勝ち取ってみせると誓う。

続きを読む "シャングリ・ラ 第13話「飛行少女」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

黒神 The Animation Episode23(最終回)「道」

ウェディングドレスに身を包んだ佐野茜。
「今日の日があるのは……クロちゃん、あなたのおかげ。
 出来ればもう一度、貴女に会いたい」

果たして結婚相手は……これで蔵木だったり、全然知らないキャラだったらその方がビックリだよ。

兄である獅子神黎真を追って人間の街へと下りてきたクロ。
そこは人と物で溢れた世界だった。
「何か」に縛られている人だが……
清き処に住んでいたクロは、当然一人で人間界に降りてきて直ぐに出来ようなど出来なかったのだろう。

母親代わりとして伊吹慶太に接してきた茜だが、いつの間にかその気持ちは……
茜のお友達にも慶太の事はバレバレだったんだ。まぁ、隠せるタイプじゃないしな。

かつて黎真を慕うクロに母は何時までも彼の後を追うのではなく、自分で考えて自分が正しいと思う進む道を進まなければならないと諭した。
この時、クロ母はあの夢を見た前だったのか後だったのか。

続きを読む "黒神 The Animation Episode23(最終回)「道」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »