« 真マジンガー 衝撃!Z編 第17話「共闘! 危険な過去への旅!」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第十七章「精霊節の贈り物」 »

2009年7月26日 (日)

化物語 第肆話「まよいマイマイ 其ノ壹」

「蝸牛の迷子」だと言った八九寺真宵について確認するため、阿良々木暦が忍野メメに電話すると、彼は『迷い牛』であると説明する。
なぜかひたぎがこの時点で一緒にいませんが、それは本編で判るでしょう。

予想通りに来ました、新オープニング。
「帰り道」 歌:八九寺真宵(加藤英美里)

やはりそれぞれのキャラクターの第2話で、各キャラクター専用のオープニングが差し込まれるようだ。歌は基本的にキャラソンなんだね。歌詞はmeg rockが作ってるのか……
このクオリティのオープニングなどを毎回作り替えていくシャフトの能力の高さには脱帽です。

テキストで暦が春休みに吸血鬼に襲われて吸血鬼になった事や、通りすがりの仮面ライダーメメに助けられて、その結果人間に戻れた事。ただし、月に一回血を吸われて、視力などが異常に高まる事などが説明された。

突然立ち止まった戦場ヶ原ひたぎは、交差点のあたりが自分の家だったと説明。区画整理のため、彼女の家だったところは取り壊されてしまったという。
何故か真宵は阿良々木の背中に隠れて、ひたぎには近づこうとしない。
阿良々木に引っ付いて離れようとしない真宵は、自分も引っ付きたくないと主張。PTAに訴えるとか言い出している。PTAは凄い主張。ああ、確かに凄いよね。給食費を払えと言ったら、逆ギレされたり……
PTAの正式名称について語るひたぎ。さすがに博識で、阿良々木も関心ですが、そこですぐに虚仮下ろされるのが阿良々木という人物とひたぎの関係。
「あなたが浅学非才なだけよ、阿良々木くん」
「語呂が良いから、浅学と言われるのには文句がないが……
 しかし非才はこの場合余計では」
「そうかしら。
 では、悲惨と置き換えておくわ」
相変わらず軽やかな毒舌っぷり。

住所の場所に何があるのか問いかける阿良々木ですが、なかなか答えようとしない真宵。
この程度のことは日常自販機らしい……定価販売って。
妹二人は下手に出ると、簡単に懐柔できるが、真宵はそうはいかない。と、思ったら1000円払ったらあっさりとしゃべり出した。
親戚の綱手さんが住んでいるらしい。
馬鹿な子供だった……て、そもそも自分が聞き出さなければならない話でもないのに、1000円も支払ってる時点で、阿良々木はかなりおかしいと思うのですが、その矛盾に先に気づけ。

阿良々木と真宵がツーリングだのフォーリングだの、阿良々々木だの、バスガスバクハツだのとくだらない会話をしている間に、先を進んで黙々と道案内をしていたひたぎは、目的の場所を行き過ぎてしまったと逆戻り。
この辺で今後の展開が見えてくるわけで。

真宵がひたぎを極端に避けているのは、ひたぎから「邪魔だ、どっかに消えろ」という強い意志を感じて嫌われていると思っていたかららしい。
ひたぎに子供が嫌いかと尋ねれば、大嫌いで「一人残らず死ねばいいのに」とまで言ってのけた。
中学生の時に、7歳の子供とぶつかったひたぎは対応が判らずにめいっぱい下手に出てしまったため、そんな自分が許せなくなり、以来子供を人間としてみないようにまでしているらしい。
ひたぎ、恐ろしい子!!
てか、いくら対応が判らないとは言え、そこまで下手に出るとは。

また行き過ぎてしまったというひたぎ。
先ほどは責められても仕方ないと下手だったのに、責められるものなら責めてみろ、と今度は高飛車な態度……
迷うはずのない作りとなっているはずなのに、何故か目的地へとたどり着くことが出来ないため、GPS機能を使用しようとすると、突然圏外となってしまった。
真宵は何度言っても辿り着けないから、自分は絶対に母親の下へ辿り着けないという。
「私は……蝸牛の迷子ですから」
真宵によって辿り着けないように邪魔がされてしまっているという事か。
逆に真宵を置いて一人で探しに行けば見つける事が出来るのだろうか? それとも真宵のために探したら、その時点でもう駄目なのか。

パスワード『携帯電話』

そこでメメに相談することになり、ひたぎが直接メメの家へと向かうことに。
ひたぎが向かうのは、ひたぎがまよいと二人きりでいたくないからなんだね。

暗く沈んで阿良々木から離れていた真宵ですが、アイスクリームであっさり懐柔。
相変わらずお子様です。
母親は既に自分の母親ではない。
綱手は真宵の旧姓で、父親に引き取られた事で八九寺へと変わった。
色々と大変だったのだと、頭を撫でようとした阿良々木にいきなり噛み付いた真宵。
話さないので、腹へ殴りつけるという凶行。しかも倒れた真宵の胸を思わず掴んだりしてるし。しかもそれでもまだ離さないのでもう一撃を加えて気絶させる阿良々木。
またも勝ち誇ってます……暦はアホな子です。しかも子供相手に軽くセクハラかよ。

そこに今度は羽川翼が登場。
暇つぶししているという阿良々木に、翼は自分もだという。
家に居辛いから日曜日は散歩の日なのだという翼を、阿良々木は気の使いすぎだと言う。
翼の家庭の事情とか、その辺はすべて彼女のターン「つばさキャット」で明らかになるのかな。
阿良々木が知っているのは、春休みに彼女の問題を解決した時に知ったのでしょうが。

意識を取り戻した真宵に対して、翼は上手く立ち回って阿良々木に噛み付いた事をあっさりと謝らせ、阿良々木には子供を殴ったら叩いた理由をきちんと説明しなければならないと忠告する。
殴ったところは見てないのかと思いきや、ばっちり見られていたのか。

迷子なら案内するという翼に、ひたぎが人を呼びに行っていると説明すると、翼は先に阿良々木がひたぎの事を訊いてきた事なども併せて、二人の関係を色々と妄想。
やおい女子も真っ青な妄想力だという阿良々木に、そもそも『やおい』という単語が通じない翼。
「やまナシ おちナシ 意味深長」いや、なんで最後だけ間違ってる?
それだと、やおい本とかは実は凄い意味のある代物になっちゃいまぜ。

おじゃまになるから、と立ち去ろうとする翼に、最後に「綱手」という家について訪ねるも、彼女の膨大な脳内データバンクにも該当データは存在しませんでした。
(パララッラー♪)
五月十四日日曜日十四時十五分三十秒
阿良々木は戦場ヶ原の携帯番号を入手した。

そしてアバンへ。

メメはひたぎを「ツンデレちゃん」と命名。
メメは短期間で幾つもの怪異に出くわした阿良々木に、呆れを通り越して関心すらする。
蝸牛に出くわしたのが八九寺真宵という少女だと知ると、メメはあっさりと納得し、『東雲物語 第五節』と翼と同じ事を口にする。

電話の向こうでは、ひたぎが責任を感じてしまっているらしい。
そのひたぎにホッチキスでの攻撃を受けたようです。
ひたぎの事を言ってしまったから、怒り出したという事か。てか、体は治ってもホッチキスとか持ち歩いてるのは変わらないのな。
そこでメメは蝸牛対策をひたぎに教えることに。
蝸牛は蟹と違って神様ではないから、儀式などは必要としない。幽霊などのお化けの類だという。
八九寺は四国八十八カ所などと同じ類のもの。しかも厄に通ずる、と。そのせいで八九寺の名は廃れてしまったが、そんな中で八九寺真宵などという意味ありげな名前が付けられた少女。
メメは最初の段階でそれを感じてくれていたら良かったのに、と詳細はひたぎに伝えるも、彼女がそれを上手く伝えてくれたら良いのに、と言い残して電話を切る。
何か問題がありそうなのに、そのままというのはどういう事なのか。

エンディングテーマ「君の知らない物語」 supercell

今回のエンディングはなんとスタッフロールが上から下へ流れるという、普通とは逆パターン。

次回 第伍話「まよいマイマイ 其ノ参」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第17話「共闘! 危険な過去への旅!」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第十七章「精霊節の贈り物」 »

化物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/45743623

この記事へのトラックバック一覧です: 化物語 第肆話「まよいマイマイ 其ノ壹」:

» 化物語 第4話 [モノクロのアニメ]
まよいマイマイ その弐 ここいらで、そろそろ春休みの話をしよう。 春休みのことだった。 僕は吸血鬼に襲われた。美しい鬼に。血も凍るような、美しい鬼に――襲われた。体内の血液を搾り取られた。その結果、僕は吸血鬼になった。 その地獄から救い出してくれたのは、通りすがりのオッサン、もとい、忍野メメだった。 そして僕は人間に戻った。 まあ、大した話ではない。めでたしめでたしと言うほどのこともない。 すでに解決した、終った話題である。いくつか残っている問題らしきものは、月一で血を飲まれ続け、... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 15時43分

» 化物語 第4話 『まよいマイマイ 其ノ貳』 感想 [独り言の日記]
nbsp;  前回、OPがなかった。その代わりなのか今回は流されましたが、真宵オンリーのOP。   このOPは、流石に参った!!今までのこのアニメの印象がまるっきり変わってしまったわ。  ロリをどんだけ強調しているんだよ!!  一部のアキバ系は喜びそうだけど(笑) nbsp;   さて、道に迷って困っている八九寺真宵。  今は、ここら辺の立地に詳しいひたぎの案内の元、目的地に向かう途中。    道中、中学の時まで住んでいた家が、今は区画整理により無くなっていた事... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 19時22分

» ◎化物語第3話「まよいマイマイ其ノ壹」 [ぺろぺろキャンディー]
今回は、いわゆる、小学生にニフラムといわれたって話ですね。母の人からはじまった?公園で、コヨミはヒタギに会う。ヒタギの私服可愛すぎる。ヒタギは、横に座る。急接近。ケメコ先生エロすぎる。そして、「一つだけなんでもお願いを聞いてくれる」といいだす。毎朝裸エ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 20時01分

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第17話「共闘! 危険な過去への旅!」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第十七章「精霊節の贈り物」 »