« 咲-Saki- 第21局「追想」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第二十章「愛しき人」 »

2009年8月30日 (日)

真マジンガー 衝撃!Z編 第22話「夢幻! 眠れる繭のあしゅら!」

Dr.ヘルはいずれバードス島とトリスタンとイゾルデを返してもらうというゴーゴン大公の幻を目にする。
ピグマン子爵はダメージもようやく回復して、戦えるようになってきた。
回復早いな。
繭の中で眠り続けるあしゅら男爵。

ケドラが見せた過去の記憶の中で、ミケーネを裏切ったあしゅら男爵は、記憶の世界から戻って以降、Dr.ヘルの前から姿を眩ませていた。彼をようやく補足したブロッケン伯爵たちは、あしゅら男爵を追いつめるとエネルガーZで捕獲。その際にピグマン子爵があしゅら男爵と入れ替わり、あしゅら男爵としてくろがね屋に潜伏した。
あの時いたのは本物のあしゅら男爵だったのだね。あしゅら男爵にくろがね屋に行かれると困るというのは本当の話だったわけだ。

肝心のあしゅら男爵は治療。
結局あしゅらがあの繭にいたのは、単に治療にはアレが一番良かったからなのか?
繭の中で夢を見る事に……


……て、ただの総集編じゃねぇかよ!!

タダでさえ、マジンガーZ誕生から、ミケーネとの決着をやるから話数が少ないのに、総集編を入れてどうするよ。

そういや、ゼウスは戦いの後に何処へ消えたのでしょうか?
日本の富士山麓にだけジャパニウム鉱石があるという事は、富士山地下でハーデス復活に備えて眠っているのかな。


Bパートはくろがね屋で錦織つばさによる回想。
前回のラストで、出入りじゃ出入りじゃと騒いでいた割に、平穏そのものだな。

どうやらつばさは剣鉄也の敵討ちのため、彼を殺す切っ掛けを作った兜剣造の一族である兜の家を利用しようとしていたらしい。が、今では甲児が菊ノ助の肩を簡単に触れるほどに成長し、借りが出来るほどに成長するという予想外の事態。
甲児は何時の間にそんなに強く成長していたんだ。

ヌケとムチャは、ボスが自分のロボットを手に入れるため、光子力研究所でバイトをしているため、甲児に土下座して弓弦之にロボットを作ってくれるように懇願。
了承しない甲児に代わって、ツテがあるという暗黒寺刑事が承諾しました。
て、あれ? 前にボスボロットに乗ってなかったか? 壊れてしまったんだっけ……
暗黒寺の心当たりって剣造だろうか。それとも三博士でしょうか。
たぶん剣造だろうな。

つばさは焦臭さを感じて、密かに作戦変更
暗黒寺の動きから、剣造の気配を感じ取っているという事でしょうけど。

ふたたびバードス島。
目覚めたあしゅら男爵は甲児に神々を殺されて怒り狂い、自らの裏切りを詫びようと自決しようとするも体が言うことを利かない。
あしゅらの体は、つばさやDr.ヘルに逆らえない他に、Dr.ヘルが生きている間は自害出来ないように暗示が掛けられていたらしい。

あしゅらが愛おしいからとかなんとかDr.ヘルは言ってますが、なんか良いように丸め込まれているようにしか見えませんよ……
そんなあしゅらのためにDr.ヘルが用意した最強の機械獣。
機械獣あしゅら男爵……
……いや、それはどうかと。
こんなものが本当に嬉しいのでしょうか。

Dr.ヘルはあしゅら男爵、ブロッケン伯爵、ピグマン子爵を引き連れ、バードス島で光子力研究所を目指す。

次回 第23話「接近! 機械獣あしゅら男爵!」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 咲-Saki- 第21局「追想」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第二十章「愛しき人」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真マジンガー 衝撃!Z編 第22話「夢幻! 眠れる繭のあしゅら!」:

« 咲-Saki- 第21局「追想」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第二十章「愛しき人」 »