« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #006「堕ちる心」 | トップページ | シャングリ・ラ 第19話「東京空襲」 »

2009年8月13日 (木)

うみねこのなく頃に episode Ⅱ-I「middle game」

2巡目の世界。
右代宮譲治と紗音のラブラブ水族館デートから開始。
紗音の本名は小夜と言い、紗音というのは使用人としての名前らしい。
つまり何か、金蔵爺さんはわざわざ使用人にそんな中二くさい名前を付けているという事か。一族の名前と言い、この中二くさい命名は全て金蔵の趣味なのか。

1985年12月――
嵐の中、願いを叶えるために、ベアトリーチェとの約束である鏡を破壊する紗音。

1984年10月――
島に集合した一族。紗音はドジを踏むも譲治がフォロー。
朱志香は譲治との関係を応援しているものの、使用人と息子がくっつくのが気に入らない絵羽は、譲治に名のある家柄の娘との見合いがある事をわざわざ紗音に語って聞かせたり、と嫌な女をアピール。
紗音の足には一族と同じ紋様があるのは何故なんでしょうか。タイツか何か?

自分の教養の無さや家柄も釣り合わない事は承知しているものの、それなら何故愛などあるのかと悩んでいたところに現れたベアトリーチェは、彼女の望みを叶えてやると笑う。
交換条件として近くの岩礁に鳥居と祠があり、その祠の中にある鏡を割って欲しい申し出る。鏡があると、ベアトリーチェは力を発揮出来ないらしい。
しかし紗音は申し出を拒絶。これまで平和に過ごせており、これからも同じ平和を過ごせるが、鏡を割って魔女が力を取り戻せば何が起きるのか判らないから。

紗音を虐めるな、と現れた嘉音だが、相手がベアトリーチェと気付いて狼狽。
自分に無礼な態度を取った相手に容赦しないというベアトリーチェをなだめた紗音に、ベアトリーチェは蝶のブローチを残す。
鏡を割らなければ、今まで通り。つまり紗音と譲治の関係も今のままで進展する事がない。
で、結局鏡を割ったという事ですが、何か切っ掛けのようなものがあったのかどうか、描いていない理由があるのだろうか。後ほど明らかになるとか?

1986年8月――
沖縄まで行きながら何もしていない譲治と紗音。しかし幸せそうにする紗音に、自分も彼氏が欲しいと身もだえる朱志香は突然むせかえる。
どうやら気管支喘息を患っているようだ。
朱志香は誰か好きな人がいるらしいが、相手はこの時点では不明。既に出ている人物なのか、それともまだ現れていない人物なのか。実は譲治、とかならドロドロしそうだよな。残念ながらそれはないんだけど。

ベアトリーチェとお茶をする紗音。
譲治との切っ掛けを与えてくれたが、二人の関係をこれから永遠のものにするには自分たちの努力でするべきだと、蝶のブローチを返そうとする。
しかしベアトリーチェは友情の証に持っておいて欲しいと願う。
願いをする者は多くても、願いが叶った後も感謝の気持ちを持ち続ける者は少ない、という。
ちょっと寂しさを演出して、紗音の心を掴んでいるという感じだろうか。

この島でベアトリーチェの姿を見ることが出来るのは、紗音と嘉音の二人だけ。
金蔵は才能が無いのに必死にベアトリーチェを呼び出そうとしているので、憐れに思って近づいた結果、東洋の能力者の力で島に縛り続けられる事になってしまったらしい。
鏡は封印の一端でしかないんだね。

夜の海も青く見えるという紗音。それこそが禁断の果実で「愛」を知った人間である証。
そこで紗音はベアリーチェの蝶のブローチを嘉音にあげて、朱志香の事で話を。

朱志香の学校の学園祭に、彼女の彼氏のフリをしてやってきた嘉音。
服装がずいぶんと痛々しいです。何のコスプレですか、それは。
朱志香はトモダチに色々と問題があるようだ。
朱志香はバンドをやっているようで、楽しそうに演奏する朱志香に少し嘉音も心を動かされたご様子。
『どっきゅん☆ハート』歌:右代宮朱志香(井上麻里奈)

なんて痛々しい歌でしょうか。こんなので盛り上がるのは秋葉の人々ぐらいです。
てか、朱志香って毎日島から船か何かで学校に通ってるのか?

右代宮家の令嬢であると同時に、好きな事を見つけてもう一人の自分を作り出している朱志香。
しかし自分を家具だと言う嘉音は、もう一人の自分を見つける事は出来ない、と。
右代宮家で使用人は家具扱いという事なのか。
紗音から朱志香が嘉音の事を好きだと聞かされた嘉音だけど、人間と家具は恋愛を出来ない。紗音と譲治も必ず破綻すると突き放す。

嘉音の前に現れたベアトリーチェ。
彼女の魔力でも生まれなかったもう一組のカップル。
嘉音は恋のキューピットなどではなく、単に敵うはずのない幻想を与えているに過ぎないと批判する。
自分の魔力はいずれ満ちて、この島の主として蘇る。そしてその時こそ黄金郷の扉が開かれると笑いながら姿を消す。
紗音はベアトリーチェにもてあそばれているだけ、という事か。

恋にも黄金にも落ちないのは人間ではない。
蒔いた恋は3つ。
金蔵→ベアトリーチェ
紗音→譲治
朱志香→嘉音

今回は例の事件が起きるより前からスタート。
魔女なんて存在しねぇ、と必死に訴えていた戦人の前回のラストをまるまる否定するような始まりです。戦人が可哀想になるよな。
恋バナ中心となるのか。

判ってはいましたが、当然このシリーズもひぐらしと同じくループもの。
正直言えば、こういう方法で各キャラクターを深く描いたりしているという事なんだろうが、そんな事をしなければ描けないのだという感じだな。
1回では描ききれないライターの能力の低さをアピールしている、としか思えないというか。限られたもので、どれだけ描けるかがライターの能力という事で、安易にループをして書き直しをしてしまうこのチームのゲームというのはどうなのか、と。
たぶん、うみねこシリーズが終わって、もう一回やったら見限られるだろうな。

NEXT episode Ⅱ-Ⅱ「early queen move」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #006「堕ちる心」 | トップページ | シャングリ・ラ 第19話「東京空襲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に episode Ⅱ-I「middle game」:

» うみねこのなく頃に Epsoide II - I [アミューズエイド]
 [画像] ジェシカ:えっ!?シャノンって、ジョージ兄貴のことが好きじゃなかったの?  [画像] シャノン:私はジェシカ様一筋ですよ♪ ジェシカ:えっ、それって・・・・・・  [画像] エヴァ:ウチのジョージちゃんは今度、お金持ちのお嬢様とお見合いをするのよ♪ ジョージ:ママ〜ン♪その子はシャノンよりおっぱいが大きいの?  [画像] エヴァ:DA☆KA☆RA・・・・・・  [画像] エヴァ:お前みたい... [続きを読む]

受信: 2009年8月13日 (木) 18時44分

« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #006「堕ちる心」 | トップページ | シャングリ・ラ 第19話「東京空襲」 »